広告募集
ビジネス

はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

馬場信春(ばばのぶはる)とはどんな人?鬼と呼ばれた武田四名臣の一人

この記事の所要時間: 259



kawausoと呂布と張遼

 

三国志の時代「鬼神の如き強さ」や「鬼神の如き働き」と呼ばれる呂布(りょふ)という人物がいました。

彼は本当にものすごい強さで敵兵をバッタバッタと打ち倒して行きます。

日本の戦国時代にも「鬼」と呼ばれる武将が各地でちらほら出てきます。

今回は武田家にいた「鬼」こと武田四名臣のひとりである鬼美濃(おにみの)

馬場信春(ばばのぶはる)をご紹介したいと思います。

 

関連記事:暴走しているオヤジを追放して当主に就任した武田晴信(たけだはるのぶ)

関連記事:これぞジパングの国!武田信玄の金山採掘法と採掘された金の使いみちが気になる!




初陣で敵将を討ち取る

馬場信春 wiki

馬場信春 wikipedia

 

馬場信春は当初武川衆と言われる部隊の一員として武田家に参加。

彼は信玄が当主となってから行われた信濃攻略戦で初陣を飾ることになり、

この初陣で敵将を討ち取る剛勇ぶりを見せます。

そしてその後も戦に参加して活躍していくことになり、

侍大将へ出世を果たすと共に家老衆に名を連ねることになります。

この時与えられた兵数は山県昌景より少なく120騎ほどでした。




武田家の大戦にすべて参加して活躍

真田丸02(武田信玄)

 

信春は信玄から軍勢を与えられると信濃攻略戦を皮切りに多くの戦に参加しております

特に信玄の生涯のうちで行われた大戦には必ず参加しており、

有名な大戦だけでも上杉軍との激闘を行った川中島の戦い。

この川中島の戦いで信春は武田軍別働隊の総大将として軍勢を率いて戦いに参加しております。

また今川家の領土である駿河(するが)へ侵攻した際の戦や北条軍との決戦である

薩田峠(さつたとうげ)の戦いなど多くの戦いに参加して活躍しております。

 

鬼の誕生

鬼 f

 

信玄は多くの戦で活躍している馬場信春をある日呼びつけます。

信春は緊張した面持ちで信玄の前に参上。

信玄は信春がやってくると「我が武田家の重鎮であった原虎胤(はらとらたね)が

隠居していることは知っているだろう。

彼は現役時代鬼美濃と呼ばれて他国でも大いに恐れられた武将である。

信春よお前もいくつもの戦で活躍しているが虎胤のような武将を目指すために、

特別に美濃守(みののかみ)を名乗ることを許すゆえ精進せよ」と言われます。

信玄の一声によって武田家臣では珍しく官職名を名乗ることをゆすされ、

他国の大名から鬼美濃としてその戦上手を恐れられることになります。

 

壮絶な最後

馬場信春 wiki

馬場信春 wikipedia

 

鬼美濃こと馬場信春は大いに活躍してその名を高め、

鬼美濃の名は他国の武将や大名から恐れられる存在になっていきます。

武田信玄が西上作戦の途中で亡くなると、

当主に若い勝頼(かつより)が就任。

彼は父を信玄を超えるために領土拡張政策を無理に行っていき、

主に徳川家の三河(みかわ)や遠江(とおとうみ)方面に幾度も出陣。

この時信春も従軍しており、どの戦でも戦功を上げておりました。

勝頼に領土を奪われ続けていた徳川家は同盟していた織田家へ援軍を要請。

織田信長は武田家に大打撃を与えるため、長篠の地へ向かいます。

兵数で劣勢であった勝頼ですが、武田の強さを信じて徳川・織田連合軍を叩き潰そうと考えて

長篠の地で決戦を行おうと考えます。

しかし重臣であった信春は決戦をやめるように勝頼に訴えます。

だが勝頼は信春の意見を採用しないで長篠へ向かいます。

この戦いの結末は武田軍の大敗北で終了することになります。

信春は若き当主勝頼を甲斐へ逃すために

数10騎の軍勢を率いて殿として一番最後に撤退を開始。

追撃してくる徳川軍や織田軍と壮絶な戦を展開して勝頼が逃げる時間を稼ぎます。

しかしたった数10騎では追撃してくる大軍に勝てるわけなく、

鬼美濃と言われた馬場信春は討ち死にしてしまいます。

彼が殿としていなければ勝頼は甲斐に戻ることができなかったかもしれません。

 

戦国史ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

馬場信春は生涯で多くの戦に参加しており、戦に参加した回数はなんと70回以上にのぼり、

この大小含めた70回の戦の中で一度もかすり傷を負わなかったそうです。

鬼と呼ばれた人物がどれほどすごいかお分かりになるであろうと思います。

三国志の武将達にも引けを取らない馬場信春をご紹介しました。

 

参考文献 武田信玄 吉田龍司著など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:楽しみながら戦国時代のエピソードを学べる歴史マンガ3選

関連記事:おんな城主 直虎を100倍楽しむ!今川に呪われてしまった井伊家宗家

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 述志の令をもとに曹操の若かりし頃の夢を考察してみる
  2. 伏皇后問題が荀彧の死の原因か!我が子房・荀彧の死因に迫る!
  3. 【武田信勝の苦悩】偉大なる父の跡を継いだ若き当主に問題発生
  4. 赤壁の戦いに曹操軍が敗北した原因って実は火計じゃなかった!?
  5. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第25話「材木を抱いて飛べ…
  6. 【キングダムに登場した子孫達】王賁の子孫は三国時代で大活躍
  7. 曹丕のいじめ・パワハラに悩まされた被害者たちを紹介
  8. ええっ?蒙驁(もうごう)将軍は史実では秦の六大将軍に並ぶ超名将だ…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース14記事【8/1〜8/7】
  2. 孟嘗君(もうしょうくん)とはどんな人?戦国七雄に絶大な影響力を及ぼした戦国四君【成人編】
  3. 【架空戦記】時空を超えた対決!韓信VS 諸葛亮孔明の一本勝負
  4. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース21記事【7/10〜7/16】
  5. 【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第二話「崖っぷちの姫」の見どころ
  6. 武田勝頼の自信を信長・家康連合軍に打ち砕かれた長篠の戦い

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【驚愕の事実】三国志ではなく五国志だった!士燮(ししょう)勢力の台頭 【衝撃の事実】日本の戦国時代にも三顧の礼があった! 曹丕、女心を詩で歌う ごめんねディスしてキャンペーン 三国志|前半戦のまとめその3(長坂の戦いまで) 【これだけ読めば大体わかる】山崎賢人主演!キングダム実写化の内容を大胆予想! 122話:孟達の心変わり!孔明の失敗と司馬懿の復活 司馬炎(しばえん)ってどんな人?三国時代を終わらせたスケベ天下人 【キングダム】秦の旧六大将軍と新六大将軍を大胆予想!

おすすめ記事

  1. 【キングダム】秦の六大将軍は史実でも存在するの?
  2. 【九州三国志】『三國志』は中国だけじゃない!日本の三国志事情 Part.1
  3. 王翦はどういう性格だったの?キングダムに学ぶつかみづらい男の処世術
  4. 孫香(そんこう)とはどんな人?そんな人いたんだ!最期まで袁術に尽くした孫家の将
  5. 三国志の故事成語『苦肉の策』(くにくのさく)って何?
  6. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第20話 「罪と罰」の見どころ紹介
  7. 三国志時代の通信手段は何だったの?気になる三国時代の郵便事情
  8. 65話:絶望する劉備に孔明が授けた天下三分の計

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP