広告募集
項羽vs呂布

はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

今川家のポンコツではなかった今川義元の前半生に迫る!

この記事の所要時間: 214




おんな城主03b 今川義元セリフあり

 

みなさん突然ですが、今川義元のイメージはどのような印象を持っていますか。

戦国無双などで知られる公家の服をきて蹴鞠をけっている様子を想像している方が

多くいらっしゃるのではないのでしょうか。

しかし彼はそんな見た目をしていたわけではなく、かなりしっかりとした武将であったのを

知っていましたか。

今回はそんな義元の幼少期から家督相続までをご覧に入れたいと思います。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:おんな城主 直虎を100倍楽しむ!今川に呪われてしまった井伊家宗家




お寺へGO!!

寺 f

 

今川氏親(いまがわうじちか)の息子として誕生することになります。

だが今川義元は氏親の何番目の子供かわかっておりません。

それの原因はしっかりとした資料が残っていないからです。

そのため彼は三男として生まれているという説やいやいや義元は四男か五男だったのではないか

という説もあるそうです。

しかし一つ言えることは彼は今川家の嫡男ではないということです。

そのため彼は父・氏親から「ポケモンGOじゃなくてお寺へGOしてきてね。

スマホないからGPS使えないけど頑張ってね」と言われ、4歳で善得寺へ行くことになります。

この善得寺へ行ったことが義元にとって運命の出会いが待っておりました。




太原雪斎に修行をつけられる

竹 f

 

GPSがないため幼い義元は自力で善得寺に向かうことになります。

そしてここで彼は太原雪斎(たいげんせっさい)という和尚に付けられて、

修行に励むことになります。

そして彼は7歳にして得度をして梅岳承芳(ばいがくしょうほう)という僧名で

活動していくことになります。

彼は得度した後京都の建仁寺へ師匠である太原雪斎と共に向かいます。

この建仁寺で禅の修行を積みながら文化的素養も培われていくことになります。

 

関連記事:仏門教師・太原雪斎とはどんな人?今川義元の幼少期・青年期を支えた坊主軍師

 

歌会に参加

禅 竹 f

 

義元は建仁寺で禅の修行を積みながら駿河(するが)へ行たりしています。

駿河へ行った際に公家衆と歌会を開いており、

禅の修行だけでなく文化的素養を身につけていることが明らかになっております。

また彼は京都にいるときにも公家と交わって情報収集を行ったりしております。

このような生活を続けている最中、突然駿河にいる兄氏輝から手紙が届きます。

この手紙の内容は「武田家が駿河侵攻を企んでいるようなので、

お前は至急駿河に帰還して善得寺に入るように」と書かれておりました。

この手紙を師匠である太原雪斎にも見せて帰国したほうが聞くと雪斎は

「氏輝様のいうことを無視するわけにも行きますまい。

すぐに支度してここを立ちましょう。」と言って京都の生活を捨てて、

故郷である駿河へ戻っていくことになるのです。

 

師匠と母の助けを借りて今川家当主へ

劉邦 竹 冠

 

義元は故郷である駿河に到着すると兄へ帰国の報告をしてから善得寺へ向かいます。

この地で禅の勉強をしていると駿河の今川館から急報が届きます。

その内容は「今川氏輝さま。次男の彦次郎さま死す」との内容でした。

この内容に驚いた義元は雪斎にも手紙を見せます。

雪斎も驚いておりましたが、彼はすぐに義元の母親である寿桂尼に相談して

義元を仏門から還俗(げんぞく)させて義元を名乗らせて

今川家の当主として氏輝の跡を継がせようと行動を開始します。

しかし今川家には義元の兄がおり、

この兄が氏輝の跡を継いで今川家の当主になろうと考えて挙兵。

義元も兄に負けるわけには行かないため兄貴討伐のために軍勢を率いて戦いを挑みます。

この戦いで義元は勝利することになるのですが、この勝利を得ることができたのは雪斎と寿桂尼

そして同盟国である北条家の支援があるおかげでした。

何はともあれ義元は正式に今川家の当主として君臨することになるのです。

 

戦国史ライター黒田レンの独り言

黒田廉

 

義元は戦国乱世においてけっしてポンコツな武将でないでしょう。

それを証明するための証左として仏門に入っている時に禅の修行や文化的素養、

そして武経七書(ぶけいななしょ)と言われる兵法書をよんでいたことが挙げられます。

また彼が巷で噂されている通りのポンコツ武将なれば、

今川の新当主になることはできなかったでしょう。

ポンコツがなれるほど戦国時代は甘くはないのですから・・・・。

 

参考文献 戦国大名今川氏と葛山氏 吉川弘文館 有光智學著など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:楽しみながら戦国時代のエピソードを学べる歴史マンガ3選

関連記事:おんな城主 直虎を100倍楽しむ!今川に呪われてしまった井伊家宗家

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 石奮(せきふん)とはどんな人?真面目で頑固者な性格が愛されて富貴…
  2. 若し頃の劉備は暗殺されそうになったり、カッコ悪かったりと散々だっ…
  3. 40代の劉邦が20代の項羽を討ち天下統一することは天命だった!?…
  4. 迷信を利用して統治を行った魏の西門豹(せいもんひょう)に迫る!
  5. 毛利家に敗北して浪人となった山中鹿之助の修行
  6. 王修(おうしゅう)とはどんな人?袁譚を最後まで支え続けた忠臣に曹…
  7. 日本の戦国時代はどうして起きたの?原因をざっくりと解明
  8. 秦王政はなんで始皇帝と名乗り始めたの?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【第2話】戦え!于禁文則ん「李典曼成」
  2. 三国志の時代の年末からお正月の過ごし方!当時の食生活も見えてくる!
  3. 蜀のブサメン軍師、龐統は魯粛のスパイだった?劉備と龐統、仮面主従の真実
  4. 【三国志の3大軍師を比較】孔明、周瑜、郭嘉の●●●ランキング!
  5. 【三国志時代の正月風景】英雄達も正月くらいはのんびりしていたの?
  6. 【官渡の戦い前哨戦】文醜はどうして敗北することになったの?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

衛青(えいせい)とはどんな人?前漢時代最強を誇っていた匈奴を打ち破って漢の領土を回復させた武人 劉備は劉安という人物の妻を食べたの?食人文化と明清時代の風習 【センゴク】何で信長は比叡山焼き討ちをしたのか? 関羽廟だけじゃない!結構な人気がある張飛廟を徹底紹介! え?武田勝頼って武田家二代目代理なの!? 官渡の戦いを終戦に導いた許攸(きょゆう)は偉大なの!? 【三国志の疑問】どうして宦官は消滅しなかったの? 実子劉禅(りゅうぜん)と養子劉封(りゅうほう)の明暗

おすすめ記事

  1. 曹操の迅速な機動力VS劉備の逃げ足の速さ
  2. 【軍師連盟】司馬懿が起こしたクーデターは博打だったの?
  3. 50話:捨てる神あれば、拾う神、劉備、趙雲と再会
  4. 【元祖妖怪ウォッチ】孫権や諸葛恪、朱桓が目撃した妖怪を徹底分析!
  5. 韓宣(かんせん)とはどんな人?曹植が口喧嘩して勝つことのできなかった人物
  6. こんなの絶対に入りたくない!三国志の時代の牢獄は酷すぎた…当時の刑罰も合わせて紹介
  7. 袁紹本初(えんしょう・ほんしょ)とはどんな人?曹操の最大のライバル
  8. 【三国志の分岐点】最大のチャンスを見逃してしまった曹操のミス

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP