日常生活

はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

今川家のポンコツではなかった今川義元の前半生に迫る!

この記事の所要時間: 214




おんな城主03b 今川義元セリフあり

 

みなさん突然ですが、今川義元のイメージはどのような印象を持っていますか。

戦国無双などで知られる公家の服をきて蹴鞠をけっている様子を想像している方が

多くいらっしゃるのではないのでしょうか。

しかし彼はそんな見た目をしていたわけではなく、かなりしっかりとした武将であったのを

知っていましたか。

今回はそんな義元の幼少期から家督相続までをご覧に入れたいと思います。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:おんな城主 直虎を100倍楽しむ!今川に呪われてしまった井伊家宗家




お寺へGO!!

寺 f

 

今川氏親(いまがわうじちか)の息子として誕生することになります。

だが今川義元は氏親の何番目の子供かわかっておりません。

それの原因はしっかりとした資料が残っていないからです。

そのため彼は三男として生まれているという説やいやいや義元は四男か五男だったのではないか

という説もあるそうです。

しかし一つ言えることは彼は今川家の嫡男ではないということです。

そのため彼は父・氏親から「ポケモンGOじゃなくてお寺へGOしてきてね。

スマホないからGPS使えないけど頑張ってね」と言われ、4歳で善得寺へ行くことになります。

この善得寺へ行ったことが義元にとって運命の出会いが待っておりました。




太原雪斎に修行をつけられる

竹 f

 

GPSがないため幼い義元は自力で善得寺に向かうことになります。

そしてここで彼は太原雪斎(たいげんせっさい)という和尚に付けられて、

修行に励むことになります。

そして彼は7歳にして得度をして梅岳承芳(ばいがくしょうほう)という僧名で

活動していくことになります。

彼は得度した後京都の建仁寺へ師匠である太原雪斎と共に向かいます。

この建仁寺で禅の修行を積みながら文化的素養も培われていくことになります。

 

関連記事:仏門教師・太原雪斎とはどんな人?今川義元の幼少期・青年期を支えた坊主軍師

 

歌会に参加

禅 竹 f

 

義元は建仁寺で禅の修行を積みながら駿河(するが)へ行たりしています。

駿河へ行った際に公家衆と歌会を開いており、

禅の修行だけでなく文化的素養を身につけていることが明らかになっております。

また彼は京都にいるときにも公家と交わって情報収集を行ったりしております。

このような生活を続けている最中、突然駿河にいる兄氏輝から手紙が届きます。

この手紙の内容は「武田家が駿河侵攻を企んでいるようなので、

お前は至急駿河に帰還して善得寺に入るように」と書かれておりました。

この手紙を師匠である太原雪斎にも見せて帰国したほうが聞くと雪斎は

「氏輝様のいうことを無視するわけにも行きますまい。

すぐに支度してここを立ちましょう。」と言って京都の生活を捨てて、

故郷である駿河へ戻っていくことになるのです。

 

師匠と母の助けを借りて今川家当主へ

劉邦 竹 冠

 

義元は故郷である駿河に到着すると兄へ帰国の報告をしてから善得寺へ向かいます。

この地で禅の勉強をしていると駿河の今川館から急報が届きます。

その内容は「今川氏輝さま。次男の彦次郎さま死す」との内容でした。

この内容に驚いた義元は雪斎にも手紙を見せます。

雪斎も驚いておりましたが、彼はすぐに義元の母親である寿桂尼に相談して

義元を仏門から還俗(げんぞく)させて義元を名乗らせて

今川家の当主として氏輝の跡を継がせようと行動を開始します。

しかし今川家には義元の兄がおり、

この兄が氏輝の跡を継いで今川家の当主になろうと考えて挙兵。

義元も兄に負けるわけには行かないため兄貴討伐のために軍勢を率いて戦いを挑みます。

この戦いで義元は勝利することになるのですが、この勝利を得ることができたのは雪斎と寿桂尼

そして同盟国である北条家の支援があるおかげでした。

何はともあれ義元は正式に今川家の当主として君臨することになるのです。

 

戦国史ライター黒田レンの独り言

黒田廉

 

義元は戦国乱世においてけっしてポンコツな武将でないでしょう。

それを証明するための証左として仏門に入っている時に禅の修行や文化的素養、

そして武経七書(ぶけいななしょ)と言われる兵法書をよんでいたことが挙げられます。

また彼が巷で噂されている通りのポンコツ武将なれば、

今川の新当主になることはできなかったでしょう。

ポンコツがなれるほど戦国時代は甘くはないのですから・・・・。

 

参考文献 戦国大名今川氏と葛山氏 吉川弘文館 有光智學著など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:楽しみながら戦国時代のエピソードを学べる歴史マンガ3選

関連記事:おんな城主 直虎を100倍楽しむ!今川に呪われてしまった井伊家宗家

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 范増(はんぞう)とはどんな人?項羽軍の頭脳として活躍した老軍師
  2. 【キングダム】呂不韋の一字千金とはどんな名言なの?
  3. 【衝撃の事実】孫策の○○で孫呉が滅びる原因となった!
  4. 小早川秀秋は関ヶ原の戦いでなんで西軍を裏切ったのか?
  5. 軍略にも才能を発揮した蒋済(しょうさい)の進言集
  6. 隗より始めよとはいったい何?最強の自薦方法だけど就職活動には使え…
  7. 始皇帝死後、秦は滅亡せず三代目まで続いてたってホント?
  8. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第六話「初恋の分かれ道」の…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 鄧禹(とうう)とはどんな人?光武帝の親友だが戦争にべらぼう弱い雲台二十八将の1人
  2. 三国一のヨイショ男、曹操の部下の褒め方が半端ない
  3. 三国志ロワイヤルDeNAにおとぼけが突撃じゃ!
  4. 【劉備の初代軍師・徐庶】剣術家から学問の道へ変更したきっかけとは?
  5. 曹操の魅力とは?武将アンケート同立2位
  6. 【軍師連盟】晩年の司馬懿には欠点はなかったの?

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

伝説が歴史となる!近年の発掘調査で発見された曹操の陵墓 趙、韓、魏を産んだ超大国、晋(しん)とはどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介 78話:龐統初登場、連環の計発動! 121話:孔明、後継者姜維(きょうい)を得る キングダム 510話 ネタバレ予想:李牧が王翦に仕掛けた罠とは何なの? 舛添都知事「五千万問題」三国志の時代だと、どんな罪? 播磨の豪族から出現した自信家・黒田孝高の誕生と初陣 1話:中国最古の王朝 殷とはどんな国だったの?

おすすめ記事

  1. 卞夫人のライバル?息子がすべて優秀な環夫人
  2. 孫呉が天下統一できる可能性が2回もあった!?黒田レンの考察
  3. 【キングダム】王賁の子孫はついに○○になっちゃったってホント!?
  4. 108話:三国志を牽引した風雲児曹操、志半ばで死ぬ
  5. 李通(りつう)とはどんな人?義侠心に溢れた魏の知られざる勇将
  6. 後宮の美女達にも階級ってあるの?気になる~♪
  7. 仰天!三国志の時代にはナビゲーション技術があった!?
  8. 赤眉軍(せきびぐん)とは何者なの?後漢演義最強のDQN軍団

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP