架空戦記
ビジネス

はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

仏門教師・太原雪斎とはどんな人?今川義元の幼少期・青年期を支えた坊主軍師

この記事の所要時間: 259




おんな城主03b 今川義元セリフあり

 

戦国無双やその他の戦国系のゲームでも今川義元はポンコツ扱いにされておりますが、

実はそんなことはありません。

義元には優秀なお師匠さまがおり、その名を太原雪斎(たいげんせっさい)といいます。

この人に色々と教えてもらったことで東海一の弓取りとしてその名を轟かせることになり、

実際は全然ポンコツな武将ではありませんでした。

そんな義元をどのように教育していったのか教師太原雪斎についてご紹介しましょう。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:おんな城主 直虎を100倍楽しむ!今川に呪われてしまった井伊家宗家




善得寺へ

禅 竹 f

 

太原雪斎は今川家の家臣である庵原家に誕生します。

彼は幼少期に善得寺へ入れられることになります。

この寺の和尚から禅の教えを受けた後、京都五山と言われた建仁寺(けんにんじ)へ行き、

ここでより高度な禅について学んでいきます。

こうして禅の世界においてその実力を表していくことになるのです。




今川義元の教育係に

 

こうして建仁寺で禅について日夜研鑽していた太原雪斎ですが、

そんな彼の元に今川家の当主である氏親(うじちか)から手紙がやってきます。

その手紙には「家の五男を君に教育してもらいたのだがどうであろうか。」と書いておりました。

この手紙を読んだ雪斎は禅の道をもっと研究して行きたい気持ちがある反面、

父が今川家の家臣であったために断りづらいこともあり、どうすればいいのか迷ってしまいます。

もし氏親の誘いを承諾した場合、建仁寺を出て今川家へ戻って教育しなくてはなりません。

そのため彼はそして迷いに迷った挙句、氏親の誘いを受けて駿河(するが=現在の静岡県)の

今川館へ行き義元の教育役となることを決意するのです。

この時雪斎は大体27歳。

義元は4歳でした。

 

雪斎の教育方針は兵法書と禅

禅 f

 

雪斎は義元の教育係として就任すると義元に禅を学ばせようと考えておりました。

そして彼は駿河のお寺で禅を学ばせるよりも本場の禅を学ばせたいと思い、

義元を連れて再び建仁寺へ向かいます。

この建仁寺で義元に朝から晩まで禅とはなんぞということを叩き込んで行きます。

義元は飲み込みが早くすぐに禅について吸収していくことになります。

雪斎は義元に禅ばかりではなく戦国時代に日本が突入していることから、

兵法書を読ませたいと考えておりました。

そこで彼は建仁寺を出て京都の妙心寺へ移ります。

この寺では禅のほかに武経七書(ぶけいななしょ)と言われる書物が所蔵されており、

義元と雪斎は互いにこの兵法書を読んで兵学について学んでいくことになります。

 

 

今川と武田の争いに巻き込まれる

真田丸02(武田信玄)

 

師匠雪斎と弟子義元の師弟関係は良好で互いに色々な書物や禅について研究しておりました。

そんな中、駿河の今川家から手紙がやってきます。

その手紙の内容は兄氏輝(うじてる)が「甲斐(かい=現在の山梨県)の

武田家が今川に攻めてきそうなのだそのため善得寺に急いで戻ってきてくれ」との内容でした。

雪斎と義元はなぜ戻らなくてはならないのかわかりませんでしたが、

氏親の要請を無視するわけにもいかないので、すぐに駿河へ向けて出発します。

 

関連記事:これぞジパングの国!武田信玄の金山採掘法と採掘された金の使いみちが気になる!

関連記事:暴走しているオヤジを追放して当主に就任した武田晴信(たけだはるのぶ)

 

今川家の家督争い

炎 s

 

雪斎と義元は駿河に到着すると善得寺へ入り次の指示を待っておりました。

だがここで指示待ちをしていた二人に大事件が発生します。

その事件とは氏輝の死と次男の死でした。

前当主である氏親の息子は現今川当主である氏輝・次男を含めて六人兄弟でした。

六男は尾張にある今川家の分家に養子出されていたので、

駿河今川家の当主になる資格はありません。

また四男は家督相続を放棄してしまったため実際に残ったのは三男と義元の二人になります。

こうして今川家当主をめぐって争いが勃発します。

雪斎はもちろん義元の味方について今川家の重臣達を説得して、

次々に義元に味方するように工作を行います。

また義元の母親である氏親の正妻であった寿桂尼(じゅけいに)が義元を応援したため、

四男との差は決定的になります。

そしついに義元と四男は兵を持って戦いを始めます。

この戦いは以外にも長引くことになるのですが、雪斎の智謀や義元側の家臣らの働きによって

四男を討伐することに成功。

そして義元が今川家の当主として君臨することになるのです。

 

戦国ライター黒田レンの独り言

黒田廉

 

雪斎の工作活動の結果義元に多数の家臣が味方することになった事で

兄を凌駕する勢力を保持することになり、

ついに兄を倒して義元が今川家の新当主に就任することになります。

またこの時に雪斎と義元の母寿桂尼は足利幕府の将軍に義元が今川家の新当主になるための

許可を申請しております。

この申請は将軍が許可したことで実力・名実共に今川家の当主として君臨することになるのです。

このようなあまり表に出ないような働きをした雪斎は、

新君主・義元と共に今川家を盛り上げていくことになるのです。

 

参考文献 名軍師ありて名将有り 小山田哲夫著など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:楽しみながら戦国時代のエピソードを学べる歴史マンガ3選

関連記事:おんな城主 直虎を100倍楽しむ!今川に呪われてしまった井伊家宗家

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【春秋戦国時代の謎】どうして秦が天下統一することができたの?【法…
  2. 【センゴク】想定外!織田信長を討った明智光秀の誤算ってなに?
  3. 【衝撃の事実】孫策の○○で孫呉が滅びる原因となった!
  4. 【初めての戦国史】尼子氏再興作戦決行!!しかし・・・・
  5. 戦国最強の同盟を成立させた名軍師・太原雪斎(たいげんせっさい)の…
  6. 【砕けた友情】刎頸の交わりで結ばれた二人の絆にヒビが・・・・
  7. 【キングダムの登場人物の子孫達】東晋時代の王賁の子孫の政治手腕と…
  8. 華歆(かきん)とはどんな人?孫呉の英雄達に仕えた文官

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【センゴク】明智光秀へ「ありがとう」と感謝しなくてはならない大名達を紹介
  2. 漢の名将韓信が敗北したことがあるってホント!?
  3. 張嶷(ちょうぎょく)とはどんな人?異民族討伐のプロであり陳寿も認めた忠義と信義【後編】
  4. 龐徳(ほうとく)ってどんな人?忠烈な最期を称えられた魏(義)の猛将
  5. 【歴史が変わった?】袁術が献帝を擁護していたらどうなってたの?
  6. 蜀の二代目皇帝・劉禅とケンシロウの共通点

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【不仲説】三国志で一番不仲武将をランキング形式で紹介! 正史三国志・蜀書で見る蜀で忠誠度の高い武将ランキングを発表! え!そんな理由なの?丁儀は曹丕に馬鹿にされたから曹植を応援した? 【はじさん編集部】第2話 三国志なんか読むな!(泣)新橋の夜に吠える はじ三の犬達 張角(ちょうかく)ってどんな人?太平道を創始した男の悲しい人生 115話:蜀キラー陸遜、火攻めで劉備を打ち破る!夷陵の戦い完結編 【戦国四君の食客の名言】人間関係を達観した馮驩の名言 【お知らせ】はじめての三国志を常時SSL化しました。

おすすめ記事

  1. 【素朴な疑問】中国にも梅雨はあるの?霉雨になると関羽の古傷も傷んでいた!
  2. ネタバレ注意!政の配下となった李斯の最期が残念すぎる
  3. 【はじさん編集部】第2話 三国志なんか読むな!(泣)新橋の夜に吠える はじ三の犬達
  4. 「はじめての三国志」のロゴが完成しました
  5. 【俺たちだって五虎将だ!】魏の五虎将たち~張郃篇~
  6. 【はじめての孫子】第10回:九変の利に通ずる者は、兵を用うることを知る
  7. 前漢の景帝の尊厳を保たせるために行った領地削減政策は裏目になった理由
  8. なぜ袁紹は小勢力の曹操に敗北してしまったの?原因は名士だった!?

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP