戦国最強の同盟を成立させた名軍師・太原雪斎(たいげんせっさい)の活躍




おんな城主03b 今川義元セリフあり

 

戦国モノのゲームをやったことがある方なら今川義元(いまがわ よしもと)を知っていると思います。ゲームをやっていなくても歴史の授業に必ず出現する人物です。

 

若き頃の織田信長に敗れる今川義元

 

彼は織田信長に奇襲作戦で討ち取られてしまったためか、だいたいポンコツ扱いされてしまいます。しかし史実では信長に討ち取られるまでは名将といってもいいほどの活躍をする人物なのですが、そんな彼を支え続けていたのが太原雪斎(たいげんせっさい)と言われる人物です。

 

今川義元

 

彼は今川義元の軍師として活躍することになるのですが、今回は彼の外交官としての活躍をご紹介したいと思います。

 

関連記事:仏門教師・太原雪斎とはどんな人?今川義元の幼少期・青年期を支えた坊主軍師




今川義元の軍師として

今川義元

 

今川義元(いまがわよしもと)は家督争いを制して今川家の当主に就任します。彼は自分の学問の師匠である太原雪斎を軍師として迎えるべく今川家の本拠地の近くにある臨済寺を設立し、兄氏輝の菩提寺とします。

 

太原雪斎

 

この菩提寺の当主に雪斎を任命します。こうして雪斎は氏輝を弔う役目をおいつつ義元が困ったら相談に乗ることのできる軍師としての役割を担うことになるのです。




武田家との同盟

真田丸02(武田信玄)

 

義元が今川の当主となってからも武田家とのいざこざは収まりませんでした。そこで雪斎は武田の当主である信虎(のぶとら)の娘を今川義元の嫁に貰うことで、今川と武田の同盟を結ぼうと考えます。

 

甲斐統一を果たす武田信虎

 

この計画はすぐに実行に移されることになり、信虎もこの婚姻に賛成します。こうして今川家と武田家は同盟を結ぶことになるのですが、ここである問題が発生することになるのです。

 

東の覇者の怒り

北条早雲

 

今川氏は長年関東の大名である北条氏と同盟を結んでおりました。しかし北条家は長年武田と争っており、自分達の敵である武田家と同盟を結んだことに激怒。そして北条家の当主である北条氏綱(ほうじょううじつな)は自ら兵を率いて関東と駿河へ攻撃を仕掛けてきます。

 

今川義元の右腕として手腕を発揮する太原雪斎

 

この戦いにおいて雪斎は自ら今川軍を率いて北条勢と激闘を繰り広げることになるのです。雪斎の戦い方は見事で北条軍を相手に速戦でケリをつけることをしないでダラダラと戦いを行っていきます。

 

その間彼は得意の外交戦術を駆使することでこの難局を打開しようと考えます。

 

武田信玄

 

この時に彼が目をつけたのが甲斐の信虎を追放して新たに武田家の新当主に就任した武田晴信(たけだはるのぶ)です。

 

武田家を仲介にして北条家と和睦する

武田信玄も気に入る蘆名盛氏

 

雪斎は武田晴信と会見して「北条家と和睦するための仲立ちになってくれないか」と相談。晴信は気前よく雪斎の要請を快諾して北条と今川の和睦の仲立ちとなってくれます。こうして長きにわたった北条と今川の戦は和睦となって停戦状態へ持ち込んだことにより、集結することになるのです。そして雪斎はこの和睦が締結された際に新たな外交策を展開しておりました。

 

戦国最強の同盟

北条氏康

 

和睦が締結されて今川と北条の争いは収まったかのように見えましたが、北条家の次世代当主である北条氏康(ほうじょううじやす)は再び今川家へ攻撃を行ってきます。

 

鉄砲隊を率いる今川義元

 

この攻撃を知った義元はすぐに晴信に援軍を要請。晴信は自ら軍勢を率いて今川軍と合流して北条家と決戦することになります。しかしこの戦いの時に雪斎は武田・北条の大将クラスの幕僚達を駿河の善得寺に集合させて、「我らがここで大戦を行っても他国を喜ばせることになるだけではないか。ならばここで過去の遺恨を捨てて北条・武田・今川の三者同盟を結ぶのはどうであろうか。」と相談。

 

この相談を受けた北条と武田の幕僚は急いで帰還して、武田は晴信へ、北条は氏康へそれぞれの大将へ指示を仰ぎます。その結果武田・北条それぞれ異存はないことがわかります。

 

さらに武田家は北条へ娘を送って氏康の嫡男である氏政と婚姻を交わしており、また義元の娘は晴信の嫡男である義信と婚姻関係にあるため、婚儀を交わしていないのは今川と北条の間だけでした。

 

今川氏真

 

そして今川家と北条家は何度か使者を往来させて婚姻の日取りや場所等を決めた結果、義元の嫡男である氏真(うじざね)と北条氏康の娘が婚姻することに決定。

 

太原雪斎

 

ここに戦国最強である今川・北条・武田の同盟が成立することになり、後世この三者の同盟を甲斐・相模・駿河の前の一字をとって「甲相駿(こうそうすん)同盟」として有名になることになります。この同盟を斡旋したのが義元の軍師である太原雪斎のおかげでした。

 

戦国史ライター黒田レンの独り言

黒田廉さん02b 背景あり

 

太原雪斎の活躍によって戦国最強といっても過言ではない三者同盟が成立します。この三者同盟は今川義元が桶狭間の戦いで戦死するまで継続することになります。

 

そして太原雪斎が成立させたこの三者同盟によって各々の大名は隣国へ勢力を拡大することができるようになり、三者は強力になっていくことになるのです。

 

関連記事:楽しみながら戦国時代のエピソードを学べる歴史マンガ3選

関連記事:おんな城主 直虎を100倍楽しむ!今川に呪われてしまった井伊家宗家

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—




関連記事

  1. 南蛮胴を身に着けた織田信長
  2. 経済政策が得意な織田信長
  3. キレる織田信長
  4. 明智光秀は鉄砲の名人 麒麟がくる
  5. 豊臣秀吉 戦国時代

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

3冊同時発売




PAGE TOP