よかミカンの三国志入門
三顧の礼




はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

戦国最強の同盟を成立させた名軍師・太原雪斎(たいげんせっさい)の活躍

三国志ライター黒田レン




おんな城主03b 今川義元セリフあり

 

戦国モノのゲームをやったことがある方なら今川義元(いまがわ よしもと)を知っていると思います。

ゲームをやっていなくても歴史の授業に必ず出現する人物です。

彼は織田信長に奇襲作戦で討ち取られてしまったためか、

だいたいポンコツ扱いされてしまいます。

しかし史実では信長に討ち取られるまでは名将といってもいいほどの活躍をする人物なのですが、

そんな彼を支え続けていたのが太原雪斎(たいげんせっさい)と言われる人物です。

彼は今川義元の軍師として活躍することになるのですが、今回は彼の外交官としての

活躍をご紹介したいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:仏門教師・太原雪斎とはどんな人?今川義元の幼少期・青年期を支えた坊主軍師




今川義元の軍師として

 

今川義元(いまがわよしもと)は家督争いを制して今川家の当主に就任します。

彼は自分の学問の師匠である太原雪斎を軍師として迎えるべく今川家の本拠地の近くにある

臨済寺を設立し、兄氏輝の菩提寺とします。

この菩提寺の当主に雪斎を任命します。

こうして雪斎は氏輝を弔う役目をおいつつ義元が困ったら相談に乗ることのできる軍師としての

役割を担うことになるのです。




武田家との同盟

真田丸02(武田信玄)

 

義元が今川の当主となってからも武田家とのいざこざは収まりませんでした。

そこで雪斎は武田の当主である信虎(のぶとら)の娘を今川義元の嫁に貰うことで、

今川と武田の同盟を結ぼうと考えます。

この計画はすぐに実行に移されることになり、信虎もこの婚姻に賛成します。

こうして今川家と武田家は同盟を結ぶことになるのですが、

ここである問題が発生することになるのです。

 

東の覇者の怒り

 

今川氏は長年関東の大名である北条氏と同盟を結んでおりました。

しかし北条家は長年武田と争っており、自分達の敵である武田家と同盟を結んだことに激怒。

そして北条家の当主である北条氏綱(ほうじょううじつな)は自ら兵を率いて関東と駿河へ

攻撃を仕掛けてきます。

この戦いにおいて雪斎は自ら今川軍を率いて北条勢と激闘を繰り広げることになるのです。

雪斎の戦い方は見事で北条軍を相手に速戦でケリをつけることをしないでダラダラと戦いを

行っていきます。

その間彼は得意の外交戦術を駆使することでこの難局を打開しようと考えます。

この時に彼が目をつけたのが甲斐の信虎を追放して新たに武田家の新当主に就任した

武田晴信(たけだはるのぶ)です。

 

武田家を仲介にして北条家と和睦する

 

雪斎は武田晴信と会見して「北条家と和睦するための仲立ちになってくれないか」と相談。

晴信は気前よく雪斎の要請を快諾して北条と今川の和睦の仲立ちとなってくれます。

こうして長きにわたった北条と今川の戦は和睦となって停戦状態へ持ち込んだことにより、

集結することになるのです。

そして雪斎はこの和睦が締結された際に新たな外交策を展開しておりました。

 

戦国最強の同盟

 

和睦が締結されて今川と北条の争いは収まったかのように見えましたが、

北条家の次世代当主である北条氏康(ほうじょううじやす)は再び今川家へ攻撃を行ってきます。

この攻撃を知った義元はすぐに晴信に援軍を要請。

晴信は自ら軍勢を率いて今川軍と合流して北条家と決戦することになります。

しかしこの戦いの時に雪斎は武田・北条の大将クラスの幕僚達を駿河の善得寺に集合させて、

「我らがここで大戦を行っても他国を喜ばせることになるだけではないか。

ならばここで過去の遺恨を捨てて北条・武田・今川の三者同盟を結ぶのはどうであろうか。」と相談。

この相談を受けた北条と武田の幕僚は急いで帰還して、

武田は晴信へ、北条は氏康へそれぞれの大将へ指示を仰ぎます。

その結果武田・北条それぞれ異存はないことがわかります。

さらに武田家は北条へ娘を送って氏康の嫡男である氏政と婚姻を交わしており、

また義元の娘は晴信の嫡男である義信と婚姻関係にあるため、

婚儀を交わしていないのは今川と北条の間だけでした。

そして今川家と北条家は何度か使者を往来させて婚姻の日取りや場所等を決めた結果、

義元の嫡男である氏真(うじざね)と北条氏康の娘が婚姻することに決定。

ここに戦国最強である今川・北条・武田の同盟が成立することになり、

後世この三者の同盟を甲斐・相模・駿河の前の一字をとって「甲相駿(こうそうすん)同盟」として

有名になることになります。

この同盟を斡旋したのが義元の軍師である太原雪斎のおかげでした。

 

戦国史ライター黒田レンの独り言

黒田廉さん02b 背景あり

 

太原雪斎の活躍によって戦国最強といっても過言ではない三者同盟が成立します。

この三者同盟は今川義元が桶狭間の戦いで戦死するまで継続することになります。

そして太原雪斎が成立させたこの三者同盟によって

各々の大名は隣国へ勢力を拡大することができるようになり、

三者は強力になっていくことになるのです。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:楽しみながら戦国時代のエピソードを学べる歴史マンガ3選

関連記事:おんな城主 直虎を100倍楽しむ!今川に呪われてしまった井伊家宗家

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 魏の三代目皇帝・曹芳(そうほう)就任により魏は滅びの道を歩んだ?…
  2. 【劉備の初代軍師・徐庶】剣術家から学問の道へ変更したきっかけとは…
  3. 陸抗 陸抗(りくこう)ってどんな人?父の無念を晴らした孫呉最後の名将
  4. 【正史三国志から見る】謀反人にされてしまった魏延は本当に反逆する…
  5. 【三国志事件簿】名探偵コナンもお手上げ?二宮の変とは一体どんな事…
  6. 孤高の天才参謀・竹中半兵衛重治は知略で君主を追い出した!?
  7. 前漢の景帝の尊厳を保たせるために行った領地削減政策は裏目になった…
  8. 高平陵の変は名士代表・司馬懿と反名士・曹爽の対立だった!?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 新選組の土方歳三

おすすめ記事

  1. 【これだけ読めば大体わかる】山崎賢人主演!キングダム実写化の内容を大胆予想!
  2. 胡昭(こしょう)とはどんな人?司馬懿の命の恩人で曹操の招きに応じながらすぐに辞職した男
  3. 【魏の名将五人衆】 五大将軍に数えられる武将たち
  4. そうか!曹叡が豹変したのは、孔明が死んだからではなかった!
  5. 【超レアな儀式】真の皇帝にしか許されない封禅の儀式って何?
  6. 楊奉が袁術から離反しなければ官渡の戦いは袁術vs袁紹になっていた!?

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 信長の野望・革新 with パワーアップキット

おすすめ記事

月刊はじめての三国志2018年9月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました 【橋本左内の名言】人生に迷ったあなたに贈る魂の言葉6選 曹丕の残忍さがよく分かる曹丕の妻、甄氏の悲劇 三国志の覇者・曹操の妻13人を紹介! 張嶷(ちょうぎょく)とはどんな人?異民族討伐のプロであり陳寿も認めた忠義と信義【後編】 【王翦 vs 李牧】信は王翦により苦境に立たされる? 騎馬兵にあこがれる歩兵 三国志の有名武将のように私も歴史に名前を残したい!どうしたらいい? やる気あんのか!?董承のペラペラ曹操暗殺計画

おすすめ記事

  1. 三国志 Three Kingdomsの諸葛亮がいじわるすぎる!
  2. 三国志に登場する兄弟最強は誰だ!?三国志最強兄弟賞(SSK)
  3. 【転職三国志】狙うなら一国一城の主編
  4. そうか!曹叡が豹変したのは、孔明が死んだからではなかった!
  5. 趙直(ちょうちょく)とはどんな人?夢占いで人の運命を占った蜀の天才占い師
  6. いい部屋ネットが必要?三国志時代の家事情 長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)
  7. 【キングダム】用心深い男、王翦の幸せな最期を大胆予想
  8. 劉邦の配下は悪党ばかりで最悪な軍だった?【前半】

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP