朝まで三国志軍師
まだ漢王朝で消耗してるの?




はじめての三国志

menu

はじめての変

【歴史を変えた名言】この名言によって歴史は変わった「断じて行えば鬼神もこれを避く」

この記事の所要時間: 239




曹萌

 

宦官は善良な人物もいますが、

大体宦官は権力を握るために悪いことをいくつもしでかしております。

そのため後漢王朝の末期には悪いことをし続けた宦官を排除するため、

何進(かしん)が各地の群雄を呼び寄せております。

そしてこれから紹介する宦官も悪い人物です。

この悪い宦官の名前を趙高といいます。

彼が始皇帝の次男に向けて放った「断じて行えば鬼神もこれを避く」と言う言葉を発したことで、

歴史は大き変わることになるのです。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

はじめての三国志:全記事一覧はこちら




始皇帝死す・・・・悪謀が始まる

始皇帝

 

秦の始皇帝は旅好きで、毎年全国を巡察する目的で旅を始めます。

今回も始皇帝は次男・胡亥(こがい)、宰相・李斯(りし)、宦官・趙高(ちょうこう)

などを連れて旅に出ます。

彼はこうして巡察を目的として旅を開始しますが、

砂丘と言われるところで病が重くなってそのまま亡くなってしまいます。

始皇帝は亡くなる間際、趙高へ太子である扶蘇(ふそ)へ手紙を出します。

趙高は始皇帝が亡くなってからこの手紙を勝手に拝見。

そこには「お前は蒙恬(もうてん)に兵を預けて、首都・咸陽(かんよう)へ帰還すべし。

帰還後は私の死骸を葬れ」と書いてありました。

これは扶蘇が次世代の皇帝として命じられている意味を含んだ手紙でした。

この手紙を趙高はあろう事か自らの服の中に入れて、扶蘇の元へ送りませんでした。

そして彼はある謀略を思いつきます。




趙高の謀略その1:胡亥を必死に説得

胡亥

 

趙高は始皇帝の手紙を読み終わると次男である胡亥(こがい)の所へ行き、

「胡亥様。陛下亡き後はあなた様が次世代の天子になるしかありません。」と説得します。

趙高の言葉を聞いた胡亥は「いや。長男である扶蘇が皇帝になるに決まっているだろう。

また古代から長男が父の跡を継ぐことが決まっており、私が皇帝として就任することはない。

さらに私には兄に一つとして勝ることができない。

このようなポンコツが皇帝の位についても誰もついてこないだろう」と趙高の言葉を否定します。

趙高はめげずに胡亥説得にあたります。

胡亥は最初こそ皇帝へ就任することは反対しておりましたが、

だんだん趙高の言葉を聞いているうちに皇帝になってもいいかな~と考えがぐらつき始めます。

趙高は胡亥が皇帝の位に就任しても言いような素振りを見せ始めたため、

彼はここで決めゼリフを決めます。

 

趙高の決め台詞「断じて行えば鬼神もこれを避く」

趙高 キングダム

 

趙高はみずからの言葉によって否定的な言動を繰り返していた胡亥の気持ちが、

次第にぐらついていることを見てとり、決めゼリフを彼に向かって述べます。

その決めゼリフは「断じて行えば鬼神もこれを避く」です。

この意味はグズグズと決断を決めかねている場合に励ます言葉として用いられます。

趙高の決めゼリフを聞いた胡亥は皇帝になる意思を固めることになるのです。

そして趙高は胡亥の説得に成功した後、丞相である李斯に対しても必死に説得を行い、

彼を仲間に引き入れることに成功します。

こうして始皇帝の死体が乗っている車の中で歴史を変える大きな悪謀が結構されることになったのです。

 

春秋戦国時代ライター黒田廉の独り言

黒田廉さん02b 背景あり

 

もし趙高がこの決めゼリフを言わなければ、

胡亥は皇帝になることもなかったのではないのでしょうか。

趙高の説得が失敗に終われば、始皇帝の長男である扶蘇が皇帝の位に就任することになり、

秦の国は磐石な体制を築くことに成功したかもしれません。

とすれば漢王朝は発足せず、三国志は生まれなかったかもしれません。

このように考えていくと趙高のおかげでその後歴史が運命付けられたと言っても、

言い過ぎではないような気がします。

皆さんはどのようにお考えでしょうか。

「今回の春秋戦国時代のお話はこれでおしまいにゃ。

次回もまたはじめての三国志でおあいしましょう。

それじゃあまたにゃ~」

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:鬼畜なのは桓騎だけではない!残虐性を兼ね備えた歴史上の人物3選

関連記事:【キングダム】桓騎の死に方を史実を元に3つネタバレ予想

 

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第5部
  2. 楊修(ようしゅう)とはどんな人?頭が良すぎて曹操から死を賜った悲…
  3. 呉の家臣団の組織関係が孫策時代と孫権時代が全く違い面白い
  4. 徐庶くんはマザコンだった?劉備と孔明を引きあわせた立役者
  5. なぜ袁紹は小勢力の曹操に敗北してしまったの?原因は名士だった!?…
  6. 趙儼(ちょうげん)とはどんな人?三国志時代の調整力を備えた魏の文…
  7. 【特別企画】kawausoがあなたの夢を叶えます!三国志にタイム…
  8. 【戦国四君物語】史記から見てみた魏の信陵君ってどんな人?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【三国天武 攻略その2】周瑜や姜維など三国天武の強いイケメン武将と新武将として登場した南蛮王の奥さんを紹介
  2. 冒頓単于(ぼくとつぜんう)とはどんな人?漢帝国の宿敵で匈奴の名君Part.2【完】
  3. 【華麗なる名門一族】袁紹のおじいちゃん達ってどのくらいすごい人だったの?
  4. キングダム 516話 ネタバレ予想:城を追い出された難民はどこへ向かうの?
  5. 【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第一話「井伊谷の少女」の見どころ紹介
  6. 【春秋五覇の一人】穆公のおかげで後進国からのし上がった西の国・秦

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

実は大激戦だった!劉備の蜀獲りを地図で見ると意外なこともわかる! 出雲の麒麟児・山中鹿之助の青年期に迫る 孫晧(そんこう)とはどんな人?呉のラストエンペラー「暴君」の名をほしいままにしたが、実は… 【はじめての方へ】難しい三国志サイトに飽きたら、黙ってココをCLICK!! 「豎子に名を成せり」とはどのような意味なの?龐涓(ほうけん)の名言 蜀漢の外戚・呉懿(ごい)は有能なのに地味で実は孔明に敬遠されていた? 2分で分かる合肥の戦い その2 孫権の度胸の良さとは!? どうして陳宮は呂布に従えたの?呂布を見捨てなかった天才軍師の生涯

おすすめ記事

  1. 隗より始めよとはいったい何?最強の自薦方法だけど就職活動には使えない?
  2. 九州制覇へ向けて驀進するぜ!島津家棟梁・島津義久の九州制覇戦
  3. 121話:孔明、後継者姜維(きょうい)を得る
  4. 孫策が生きていたら三国志はどうなったの?
  5. 張良(ちょうりょう)とはどんな人?高祖劉邦の右腕として活躍した天才軍師(2/3)
  6. 西郷隆盛は本当に「ごわす」「おいどん」と鹿児島弁を言ってたの?
  7. 劉備も孫権も黄巾賊と変わらない!三国志の蜀の皇帝劉備と呉の皇帝孫権は魏王朝から見たら黄巾賊と同じだった!?
  8. 趙雲の墓は存在するの?中国の三国志観光スポット旅行

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP