【キングダム】史上最悪の宦官 趙高(ちょうこう)誕生秘話


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

宦官の趙高(キングダム)

 

最近のキングダムで登場した不気味な宦官、趙高(ちょうこう)。今は秦王政と何の関係もありませんが、この後、政が始皇帝になった後から、非常に寵愛されて、側近として仕えるようになります。

 

死期を悟った始皇帝(キングダム)

 

そして、始皇帝没後は、史上最悪の宦官として後世に悪評を残すのです。さて、本編キングダムでは、そこまで行くか分かりませんが、はじさんでは、趙高の暴虐と末路までを辿ってみましょう。

 

関連記事:三国志を楽しむならキングダムや春秋戦国時代のことも知っておくべき!

関連記事:キングダムと三国志の違いって何?時代を追ってみる


罪を得て去勢され、秦の宦官に抜擢

宦官の趙高

 

趙高の前半生については分かっている事が少ないのですが、閻楽(えんらく)という義理の息子がいる事から、女児がいた事は推測できます。つまり、大人になってから、自ら宦官になったか、或いは、何らかの罪に加担して連座制で宮刑を受けたかでしょう。

 

胡亥

 

趙高は、基本、真面目で秦の法律に詳しく法律の事は直ぐ返事が出来ました。始皇帝(しこうてい)は、これを便利に思い趙高を側に置くようになります。さらに末っ子の胡亥(こがい)の家庭教師に趙高を任命しました。

 

関連記事:人々の鑑になった良い宦官達


始皇帝、五回目の巡幸の最中に死去、趙高の野心が爆発する

始皇帝

 

中国の人民をこき使い、傍若無人に振る舞った始皇帝は、五回目の巡幸の途中で死去します。しかし、この時、始皇帝は極端な猜疑心の塊になっていて、寵臣の趙高と僅かな人間以外とは面会しなくなっていました。始皇帝の死骸は轀輬(おんりょう)車という温度調節が出来る車に置かれたままで、その死を知っているのは、医師と趙高位しかいませんでした。

不老不死を求める始皇帝

 

始皇帝は不老不死に執念を見せますが、同時に自分の死後の遺言には今は北方で匈奴に備えている長男の扶蘇(ふそ)を呼び寄せて二世皇帝に立てるようにと書いていました。しかし、そうなれば扶蘇とは何の繋がりもない趙高はお払い箱です。最悪、始皇帝の悪行の責任を取らされ誅殺される可能性もあります。

 

「扶蘇に皇帝になってもらうわけにはいかぬな・・」

 

密室の中で趙高は、始皇帝の遺言を書き換えます。長年、始皇帝の側にいて、その字を代筆した事もある勤勉な趙高にとり遺言の偽造は難しくありませんでした。

 

関連記事:始皇帝が中国統一後、なんで中国全土を巡幸したの?全巡幸をストーキングしてみた

関連記事:始皇帝が中国統一後、わずか15年で秦が滅亡した理由|始皇帝がブサメンだったから?


丞相、李斯(りし)を巻き込む!

李斯 ネズミ

 

しかし、趙高は飽くまで後宮の仕事をする人間に過ぎません。この遺言の偽造を可能にするには表の仕事をする秦の丞相、李斯(りし)を巻き込む必要がありました。この李斯も今は呂不偉の配下としてキングダムに出ていますね。趙高は始皇帝の死を知らせて李斯に遺言書の偽造を打ち明けます。李斯は最初、とんでもない事だと反対しました。

 

蒙恬

 

「何をノンキな事を、、扶蘇が二世皇帝になれば、側近の蒙恬(もうてん)が丞相になるは必定、あなたは用済みです。それに、秦の歴史では王が変わると、前の重臣が粛清されるのが習いではありませんか?それとも、李斯殿は一つも悪事をした事がないとでも?」

 

漢帝国の宿敵で匈奴の名君(匈奴族)

 

李斯は脂汗をかいて、趙高の計画に乗りました。蒙恬もキングダムに登場する爽やかイケメンの青年ですが、後には、始皇帝の長子扶蘇の側近として北方の匈奴に備えます。趙高は、遺言書を偽造して扶蘇には死を命じ、二世皇帝には、末っ子の胡亥を立てると書きました。

 

関連記事:衝撃の事実!呂不韋は始皇帝の父だった?諸子百家のいいとこ取りの雑家

関連記事:成り上がり?ネズミが李斯の運命を変えた!


趙高、郎中令に就任して皇帝を籠絡し権勢を奮う

胡亥

 

即位を渋る胡亥を説得した趙高は、自身が宮殿の全てを取り仕切る為に郎中令に就任し、胡亥にあらん限りの贅沢をさせました。こうして胡亥は外の状況を遮断され、何も知らない暗君になります。

 

強引に法律の改革を行う商鞅(しょうおう)

 

趙高は代わって実務を執り行い、胡亥即位に反対する重臣や、皇族、邪魔になりそうな人間は全て、その親戚縁者に至るまで、尽く、法律知識を駆使して冤罪を造り処刑しました。

逃亡兵の妻子(女性)に処罰を加える法律

 

その数は数万人とも言われ、帝都咸陽で泣き叫ぶ人の出ない日は無い程でした。趙高の保身の為の愚行により秦を支えてきた名将、功臣は殆どいなくなります。キングダムの漫画に出て来る秦王政を支えた人物やその子孫の大半は、この趙高の手により命を断たれるのです。

 

関連記事: 【キングダム ネタバレ注意】秦・中華統一後に蒙恬(もうてん)一族が滅びる理由とは?

関連記事:キングダムの時代に開花した法家の思想

関連記事:【キングダム ネタバレ注意】秦・中華統一後、王賁(おうはん)は今後どうなる?

【次のページに続きます】

次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 隕石が地球に落ちるシーン(ツングースカ大爆発)
  2. 顔良と文醜
  3. 魯粛と周瑜が詐欺を決行
  4. 給料である塩が貰えずに困っているローマ兵
  5. 曹宇

    デザイン担当:よりぶりん

    集まれ曹操の25人の息子たち・その2

    曹操の13人の妻と25人の息子たちを、一挙公開!その2です。…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“脱税の歴史

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

PAGE TOP