成り上がり?ネズミが李斯の運命を変えた!


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

李斯

 

李斯(りし)はキングダムでは呂不偉の配下として登場しています。現時点では、大した事はありませんが、李斯こそは、その後2000年続く中国王朝の基礎、中央集権制を完成させた人物として多大な功績を残した人物なのです。そんな李斯も、元々は故郷、楚の小役人として平平凡凡な人生を終える予定でした。ところが、鼠との出会いが彼の運命を激変させるのです。


小役人として楚に仕える李斯

楚の旗と兵士

 

李斯の産まれた年は、分かっていませんが、楚の上蔡(じょうさい)という土地の出身で学問が出来る環境にはあったようです。若い頃の李斯は、キングダムの他の英雄達と違い、これという野心も無いマイホーム主義でただ、定時に出勤して帰るという日々を送っていました。このままなら、多少の変動はあるにせよ、李斯の名前が歴史に出る事は、決して無かったでしょう。


李斯の運命を変えたトイレの鼠と倉庫の鼠

 

順風だけど物足りない毎日を過ごしていた李斯。ある日、いつものようにトイレに立つと糞便桶の中で鼠が蠢いているのを目にします。トイレの鼠は、人の糞便を喰らい臆病で人の姿を見ると逃げ去ってしまいます。それから、李斯は食糧の在庫を確認する為に、倉庫に向かいます。そこにも鼠がいました、ここの鼠は米をたらふく食べて丸々太り、人間が近づいても逃げようともしません。


李斯の脳天に衝撃が走る

李斯 ネズミ

 

これを見た瞬間、李斯は頭に雷を受けたような衝撃を受けます。

 

「便所の鼠も倉庫の鼠も同じ鼠に違いはない・・だが、便所の鼠は糞便を喰い人の姿を見るとコソコソ逃げる。一方で倉庫の鼠はどうだ?貧民なら口に出来ない米をたらふく食い人が来ても逃げようともしないではないか。自分は楚という今にも滅びそうな国で便所の鼠のように、何かに怯えながらいきている、こんな人生は真っ平だ!どうせ生きるのなら、俺は倉庫の鼠になるぞ」

 

李斯は悟りました、人間も鼠も同じであり、能力云々ではなく、その時にどこにいるかが大事であると、、


李斯、楚の役人を辞めて荀子の門を叩く

強引に法律の改革を行う商鞅(しょうおう)

 

李斯は、その日の内に辞表を出して役人を辞め、お金を工面して荀子(じゅんし)の門を叩いて、その門下生になりました。荀子は法家の思想を教える人物で、李斯はここで一から法家を学び、当時、中国を支配する勢いのあった秦に仕えようと思ったのです。

 

関連記事:孔子・孟子・筍子?儒教(儒家)ってどんな思想?

関連記事:儒教(儒家)ってどんな思想?|知るともっとキングダムも理解できる?

【次のページに続きます】

次のページへ >

1

2 3>

関連記事

  1. アンティキティラ島の機械
  2. 司馬懿

    はじめての変

    司馬懿が三国志演義に初登場するのはどのタイミングなの?

    『三国志演義』の主人公は、言わずもがな劉備…

  3. 歯痛に悩む陸遜
  4. 三国志大学を目指す曹操
  5. 郭嘉が亡くなり悲しむ曹操

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“楚漢戦争

“荀彧

“3冊同時発売"

“魏延

“馬超

“官渡の戦い"

“馬謖"

“郭嘉

“if三国志

“三国志人物事典

まるっと世界史




PAGE TOP