広告募集
ビジネス

はじめての三国志

menu

はじめての変

成り上がり?ネズミが李斯の運命を変えた!

この記事の所要時間: 658

李斯

李斯(りし)はキングダムでは呂不偉の配下として登場しています。

 

現時点では、大した事はありませんが、李斯こそは、その後2000年続く

中国王朝の基礎、中央集権制を完成させた人物として多大な功績を残した人物なのです。

そんな李斯も、元々は故郷、楚の小役人として平平凡凡な人生を終える予定でした。

ところが、鼠との出会いが彼の運命を激変させるのです。

 

 

小役人として楚に仕える李斯

 

李斯の産まれた年は、分かっていませんが、楚の上蔡(じょうさい)という土地の

出身で学問が出来る環境にはあったようです。

若い頃の李斯は、キングダムの他の英雄達と違い、これという野心も無い

マイホーム主義でただ、定時に出勤して帰るという日々を送っていました。

 

このままなら、多少の変動はあるにせよ、李斯の名前が

歴史に出る事は、決して無かったでしょう。

 

李斯の運命を変えたトイレの鼠と倉庫の鼠

photo credit: Baby Mouse via photopin (license)

photo credit: Baby Mouse via photopin (license)

 

順風だけど物足りない毎日を過ごしていた李斯。

ある日、いつものようにトイレに立つと糞便桶の中で鼠が蠢いているのを目にします。

トイレの鼠は、人の糞便を喰らい臆病で人の姿を見ると逃げ去ってしまいます。

 

それから、李斯は食糧の在庫を確認する為に、倉庫に向かいます。

そこにも鼠がいました、ここの鼠は米をたらふく食べて丸々太り、

人間が近づいても逃げようともしません。

 

李斯の脳天に衝撃が走る

李斯 ネズミ

これを見た瞬間、李斯は頭に雷を受けたような衝撃を受けます。

 

「便所の鼠も倉庫の鼠も同じ鼠に違いはない・・

だが、便所の鼠は糞便を喰い人の姿を見るとコソコソ逃げる。

一方で倉庫の鼠はどうだ?貧民なら口に出来ない米をたらふく食い

人が来ても逃げようともしないではないか

 

自分は楚という今にも滅びそうな国で便所の鼠のように、

何かに怯えながらいきている、こんな人生は真っ平だ!

どうせ生きるのなら、俺は倉庫の鼠になるぞ」

 

 

李斯は悟りました、人間も鼠も同じであり、

能力云々ではなく、その時にどこにいるかが大事であると、、

 

李斯、楚の役人を辞めて荀子の門を叩く

photo credit: ~(_|_)~ via photopin (license)

photo credit: ~(_|_)~ via photopin (license)

 

李斯は、その日の内に辞表を出して役人を辞め、お金を工面して

荀子(じゅんし)の門を叩いて、その門下生になりました。

 

荀子は法家の思想を教える人物で、李斯はここで一から法家を学び

当時、中国を支配する勢いのあった秦に仕えようと思ったのです。

 

関連記事:孔子・孟子・筍子?儒教(儒家)ってどんな思想?

関連記事:儒教(儒家)ってどんな思想?|知るともっとキングダムも理解できる?

 

李斯、呂不偉(りょふい)の推挙で秦に仕官する

呂不韋

 

学びを終えた李斯は、秦に入り当時大勢の食客を抱えていた

呂不偉に採用されます。

法家の知識に優れた李斯は、呂不偉に重宝される事になったのです。

 

関連記事:衝撃の事実!呂不韋は始皇帝の父だった?諸子百家のいいとこ取りの雑家

 

李斯、嫪毐(ろうあい)・呂不偉の禍で追放されそうになる

嫪毐 ろうあい

 

その後、呂不偉の引き立てで秦王政に会った李斯は、

金銭で六国の切り崩しを図る事を提言して注目され、

実際に各国に入り将軍と王族の離間工作を計り成功します。

 

ところが紀元前237年、他所者の嫪毐(ろうあい)が反乱を起した事で、

秦の中で、外国籍の家臣の不信感が増大して追放運動が起きました。

呂不偉も処分され、楚の出身である李斯も追放されかけます。

 

関連記事:嫪毐(ろうあい)ってどんな人?男のウェポンで天下に名をとどろかせる

 

李斯、諫逐客書を提出し、行き過ぎを諌める

李斯

 

しかし、ここで李斯は哀れみを請うのではなく一転して攻めに出ました。

諫逐客書(かんちくきゃくしょ)という書を出して、

これまでいかに秦が他所者を厚遇した為に発展してきたかを

理路整然と説明してきたのです。

 

秦王政は、李斯の態度に感心し、追放令を撤回すると共に、

これまで以上に李斯を重く用いるようになります。

 

李斯焦る、秦王政が韓非を呼び寄せる

韓非 キングダム

ようやく秦王の心を掴んだ李斯ですが、この頃、政は、

韓非子(かんぴし)という法家の理論書に夢中になります。

 

「余は、この本を書いた人物に会えたなら死んでも悔いはない」

韓非子を読み終えた政は、感激し口々にこのような事を言いました。

 

たまたま、韓非を知っている家臣がいて、韓非は韓の王族であると

言ったので政は、韓に使いを遣り韓非子を呼び出します。

 

李斯はこれを聴いて危機感を持ちました。

韓非は、荀子の所で学んでいた頃の同門で学力においては、

李斯が全く及ばない程の天才だったからです。

 

関連記事:武経七書(ぶけいしちしょ)って何? 兵家を代表する七つの書物

関連記事:諸子百家(しょしひゃっか)ってなに?|知るともっと三国志が理解できる?

関連記事:劉禅が読んだ韓非子ってどんな本?

関連記事:キングダム時代に活躍した法家 商鞅と韓非はどんな人?

 

李斯、讒言によって韓非を毒殺

photo credit: Purple Tomato via photopin (license)

photo credit: Purple Tomato via photopin (license)

 

ところが、韓非には吃音があり人前では碌にしゃべれない人でした。

書のような雄弁な人物をイメージしていた政は「あれ?」とガッカリし

韓非をしばらく秦に留めておきます。

 

これは李斯にとってチャンスでした、すかさず李斯は政に対して

韓非の悪口を吹きこみます。

 

政は、これを真に受け韓非子を獄に繋いでしまいます。

李斯は、さらに讒言して、とうとう韓非に毒を与えて自殺させました。

 

始皇帝、天下を統一李斯は中央集権制を主張

photo credit: 140519 via photopin (license)

photo credit: 140519 via photopin (license)

 

紀元前221年、秦は史上初めて中国を統一します。

多くの家臣は、それまでの殷(いん)や周(しゅう)のように、

それまでの六国の地域に秦の皇族を派遣して王に封じる封建制の政治を提言しました。

 

しかし、李斯はこれに猛烈に反対して中央集権制を述べます。

 

「そもそも、殷・周の政治の衰えは、長い歳月の間に

本国に暗君が出て、周辺国に賢公が出た事にあります。

こうして、何百年が経過すると諸国の力は本国を上回り、

やがて、これを軽んじるようになりました。

秦の時代を千年太平にするには、諸国に王など置かない事です」

 

李斯は、こう封建制のデメリットを主張した上で

中国全土を36の郡に分けて、さらに郡の内部に県を置いて

そこに、中央から役人を派遣して統治すべきと主張します。

 

役人は、任期制にして数年で変えて、地元と癒着しないようにして

潜在的な王が出るのを防ぎ、すべての権力を皇帝が保有するように

して権力の集中を計るものでした。

 

始皇帝は、これを採用し秦は史上初の中央集権の国になります。

同時に、この体制は以後2000年、歴代の王朝が踏襲していきました。

 

関連記事:中国最古の王朝 殷とはどんな国だったの?

関連記事:秦の始皇帝が造り出した伝国の玉璽

関連記事:中国の氏・姓の成り立ちをどこよりも分かりやすく解説!

 

現在の日本だって李斯の考えを受け継いでいる

photo credit: 141207 via photopin (license)

photo credit: 141207 via photopin (license)

 

現在の日本だって王政ではありませんが、中央から役人を派遣して、

地方の行政を担わせている点は中央集権制です。

李斯の考えた政治システムは断片的に日本にも影響を与えているのです。

 

 

李斯、始皇帝の死により己を見失う

始皇帝 キングダム

 

紀元前210年、始皇帝は中国に君臨する事11年で死去します。

それは巡幸中の出来事でした。

 

遺言では、長子の扶蘇(ふそ)に皇帝を継げとされていましたが、

これは李斯にとって都合が悪い事でした。

何故なら、扶蘇は李斯が推進した言論弾圧、

焚書坑儒(ふんしょこうじゅ)に反対した人物だったからです。

もし、扶蘇が皇帝になれば、自分は罷免、

悪ければ誅殺されると李斯は恐れます。

 

そして、宦官趙高(ちょうこう)

「遺言書を偽造して、末子の胡亥(こがい)に皇位を継がせる」

という陰謀に乗ってしまったのです。

 

李斯は早まったというしかありません、

この選択は、保身しか頭にない趙高を増長させて、

秦を崩壊に導くカウントダウンだったからです。

 

関連記事:始皇帝が中国統一後、わずか15年で秦が滅亡した理由|始皇帝がブサメンだったから?

 

李斯、自分の浅墓さを悔みながら斬殺される

photo credit: Yogic via photopin (license)

photo credit: Yogic via photopin (license)

 

李斯は、趙高をただの保身に長けた宦官としか

思っていませんでしたが、趙高は、李斯の想像の上を行きました。

胡亥を皇帝につけた趙高は、郎中令に就任して宮廷の一切の仕事を

取り仕切り、誰であっても趙高の了解なしに皇帝には面会できません。

 

これでは幾ら、李斯が皇帝に諫言しようとしても不可能です。

さらに、趙高は嘘の情報で胡亥を安心させていたので、

李斯が持ってくる緊急の情報を胡亥は理解出来ませんでした。

 

その最中でも趙高は、自分に逆らいそうな人間を逮捕させて、

罪をでっちあげ、殺すという事を機械的に繰り返します。

その犠牲者は数万人と言われ、秦を支えた名将や文官は、

あらかた始末されました。

 

やがて趙高は、諫言を繰り返す李斯が邪魔になり、

でっち上げの罪を着せて李斯を拷問に掛けました。

老齢で衰えていた李斯は拷問に耐えかねて嘘の自白をし、

腰を境に体を真っ二つに斬る腰斬という刑を受けます。

 

李斯「わしが浅墓であった、このままでは万人の血と汗で築いた秦が滅ぶ」

 

李斯は、己の判断の浅墓さを悔みながら、一族郎党と共に、

刑場の露と消えてしまいました。

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

李斯は、先見の明もあり、官吏としても優秀で、言論弾圧や、

同窓生である韓非を殺した点などを除いても、

中央集権制を確立して皇帝権力の強化を図るなど、

中国の政治システムの発展に多大な功績を残しました。

 

最後に趙高に加担するという愚策さえなければ、

秦も短期間で滅びもしなかったでしょう。

 

千年続く不朽の帝国を夢見ながら、最後の最期で

自分の保身を選んだ事が、李斯の最初にして最大の失敗でした。

 

関連記事:史上最高の天才将軍 韓信(かんしん)は性格にかなり問題あり?

関連記事:キングダムと三国志の違いって何?時代を追ってみる

関連記事:キングダムのレジェンド、楽毅(がくき)は何をした人?

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー

 

 

 

こちらの記事もよく読まれています

項羽と劉邦

 

よく読まれてる記事:滅びゆく秦、そして中国に二人の巨星が現れる

 

劉邦おんぶ 優秀な人材

 

よく読まれてる記事:人材を使いこなす事で天下を取った劉邦

 

悲劇の英雄 項羽1

関連記事:項羽はあれだけ最強だったのに何故、天下を取れなかったのか?

 

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。
もちろん、食べるのはサーモンです。

 

はじめての三国志 アンケートのお願い

曹操 ゆるキャラ

 

サイトが見づらい、この武将をもっと取り扱ってほしいなど要望がありましたらこちら

関連記事

  1. 集まれ曹操の25人の息子たち・その2
  2. 【水滸伝】可哀想すぎる強引な梁山泊のスカウトが悲劇を産む
  3. 【はじめての孫子】第11回:兵は多きを益ありとするに非ざるなり。…
  4. もし赤壁の戦いで曹操が死んだら歴史はどうなっていたの?
  5. 狂気!我が子を後継者にしなかった夫への報復!袁紹の愛人5人を切…
  6. 老将・黄蓋(こうがい)は異民族討伐のプロだった
  7. 伍子胥(ごししょ)とはどんな人?復讐の鬼となり、楚を滅亡寸前まで…
  8. 項燕(こうえん)とはどんな人?信と蒙恬を撃破する王騎レベルの名将…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【シミルボン】こいつを捕まえたら1万銭!三国志の時代にもあったWanted
  2. 曹丕(そうひ)得意の詩で蜀の調理法を斬る
  3. キングダム 512話 ネタバレ予想:列尾危うし!王翦の次の秘策を徹底予想
  4. 三国志の時代、一番本を持っていた武将は誰だったの?
  5. 106話:関羽 傲慢すぎて魏と呉の秘密同盟のきっかけに
  6. 領土割譲という大事件、三国成立は魯粛の目論見?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

曹操軍の参謀、荀彧(じゅんいく)ってどんな人?官渡の戦いでの大勝利も一通の手紙のおかげ? 楽進(がくしん)ってどんな人?演義では地味だが正史では大活躍しちゃうよ? 三国志探索・蜀の楊儀ファンはいるのだろうか?生き方が不器用な楊儀 龐統の死後、その一族はどうなったの?魏に降った一族たちの数奇な運命 劉備と呂布を仲たがいさせよ!駆虎呑狼の計 今川家のポンコツではなかった今川義元の前半生に迫る! 張羨(ちょうせん)とはどんな人?天下分け目の荊州合戦、劉表と争った南郡の支配者 はじめてのプロ野球(三国志風)まだまだいるぞ!日本球界の若きホープ

おすすめ記事

  1. 【キングダム】趙の慶舎(けいしゃ)は実在したの?史実を元に真実の姿を解説
  2. 馬超(ばちょう)蜀に入った時にはピークを過ぎていた?
  3. 【特別企画】関羽の最強の噛ませ犬は誰か?最強決定戦!!
  4. 【日本最大ミステリー遂に解明か?】邪馬台国・卑弥呼の正体につながる新たな手がかりを発見!
  5. キングダムと三国志の豪傑を対比|王騎と言えば誰?
  6. 甘過ぎるおかん孔明!部下に厳しく出来ない事実が発覚!
  7. 実在しません!でもめちゃ有名な貂蝉に隠された不滅の人気の秘密は?
  8. 【水滸伝】可哀想すぎる強引な梁山泊のスカウトが悲劇を産む

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP