広告募集
北伐

はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

出雲の麒麟児・山中鹿之助の青年期に迫る

この記事の所要時間: 258




 

中国地方は尼子氏と大内氏の両巨頭がしのぎを削って戦っておりました。

しかし大内氏が陶晴賢(すえはるかた)に討ち取られ、陶氏が毛利元就(もうりもとなり)との戦で

壊滅すると毛利氏が勢力を拡大していくことになります。

出雲の大勢力であった尼子氏も毛利氏によって

本拠地月山富田城(がっさんとだじょう)を陥落させられてしまいます。

こうして尼子氏の勢力は消滅したかに見えましたが、一人の忠臣が尼子氏再興をするべく

奔走することになります。

その人物の名を山中鹿之助(やまなかしかのすけ)と言います。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:仏門教師・太原雪斎とはどんな人?今川義元の幼少期・青年期を支えた坊主軍師




幼少期から剛勇をふるう鹿之助

竹 f

 

山中鹿之助は尼子家臣である山中幸満(やまなかゆきみつ)の息子として誕生します。

彼は幼少期から兵法書などを読みあさっており、軍に対して強い憧れを抱いておりました。

その彼は16歳の時に一騎打ちで敵将の首を見事上げて輝かしい初陣を果たすことになります。

こうして鹿之助の名前は尼子家中にも広まっていくことになります。

 

殿でも活躍する鹿之助

 

鹿之助は尼子家中でも屈指の猛将としてその名を轟かせることになります。

彼の戦上手は戦場での一騎打ちだけではなく殿においてもその能力が発揮させることになります。

毛利氏は尼子氏を倒して中国地方の覇者たる地位を手に入れるため月山富田城を包囲するため、

月山富田城近辺になる支城郡を攻略するべく攻撃を開始します。

尼子氏も毛利軍の支城攻撃をただ黙って見てるわけにいかず、救援軍を派遣。

しかし尼子軍が支城救援のために出した軍勢は間に合わずに陥落してしまいます。

そして毛利両川の吉川元春(きっかわもとはる)と小早川隆景(こばやかわたかかげ)の

軍勢が尼子軍に猛攻を仕掛けてきます。

尼子軍は支城救援軍に参加していた山中鹿之助を殿に据えて

本隊は月山富田城へ帰還することにします。

鹿之助は200人の兵で殿を任されると猛攻を仕掛けてくる

吉川・小早川の軍勢に対して果敢に攻撃を仕掛けて、

両軍が退いた隙に一気に退くことを幾度か行い無事に月山富田城へ入城します。

鹿之助は殿の時の戦いで毛利両川の軍勢を七度も追い返しております。

武勇に優れている鹿之助を見た尼子家臣は鹿之助のことを「出雲の麒麟児」と

言って褒めたたえます。




激戦:月山富田城攻防戦

炎 s

 

毛利軍は月山富田城の支城郡をひとつずつ丁寧に攻略していき、ついに尼子氏の本拠地である

月山富田城攻略へ向けて攻撃を開始します。

鹿之助もこの戦いに参加して毛利軍迎撃のために城門守備を任されます。

毛利軍は激しい攻撃を幾度も行っていきますが、鹿之助は攻め寄せてくる毛利軍を迎撃して

幾度も追い返すことに成功します。

毛利軍は鹿之助らの活躍によって月山富田城攻略戦は長引いていくことになります。

この激戦と言われる月山富田城攻防戦の最中、鹿之助は毛利軍の猛将として名高い品川大善

(しながわだいぜん)と一騎打ちを行い見事討ち取ることに成功。

この戦いに勝利したことで尼子軍の士気は一気に上昇していくことになります。

しかし毛利軍度重なる猛攻によって月山富田城の将兵は死傷していきます。

また支城郡が全て奪取されたことで補給が滞り始め、月山富田城の兵糧がすくなっていきます。

この状況を知った尼子家の当主義久は毛利軍に降伏することを申し入れます。

この申し入れは受理され、尼子氏は毛利家に降伏。

鹿之助は浪人となってしまうのです。

 

戦国史ライター黒田レンの独り言

黒田廉さん02b 背景あり

 

鹿之助は尼子氏の本拠地落城によって浪人になってしまいます。

そして彼は月山富田城の近くで三日月に向かって「我に七難を八苦を与えたまえ、

そしてこの七難八苦をクリアしたならば尼子氏再興を許可していただきたい」と

お願いします。

このお願いをした後彼は尼子再興へ向けて奔走することになります。

 

参考文献 洋泉社 消えた戦国武将とその後など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:楽しみながら戦国時代のエピソードを学べる歴史マンガ3選

関連記事:おんな城主 直虎を100倍楽しむ!今川に呪われてしまった井伊家宗家

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第七話「検地がやってきた」…
  2. 意外と知らない楚漢戦争時代の戦い!命からがら逃げれた滎陽城篭城戦…
  3. 胡昭(こしょう)とはどんな人?司馬懿の命の恩人で曹操の招きに応じ…
  4. 華歆(かきん)とはどんな人?孫呉の英雄達に仕えた文官
  5. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十四話「徳政令の行方」の…
  6. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第22話「虎と龍」の見どこ…
  7. 信玄の敵は謙信ではなかった?武田家を揺るがす最強の敵出現
  8. 【衝撃の事実】日本の戦国時代にも三顧の礼があった!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. まだまだいた三国志の名外交官たち5選
  2. 孔明や安倍晋三も真似た『国家百年の計』って一体誰の言葉?現在でも使える春秋戦国時代の名言
  3. 顧雍(こよう)とはどんな人?孫権から絶大な信頼を得ていた呉の二代目丞相へ抜擢された政治家
  4. 顔良(がんりょう)ってどんな人?袁紹軍の勇将として名をはせた剛勇
  5. 漫画「センゴク」と「史実」から見る姉川の合戦
  6. 【お知らせ】はじめての三国志メモリーズに3名の猛将を追加しました

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

狂気!我が子を後継者にしなかった夫への報復!袁紹の愛人5人を切り刻んだ劉氏の怨念 【三国志の食事】劉備・曹操・孫権も食べていた!?三国時代の食事風景とは(デザートもあるよ) 日本にも冥婚があった?東北や沖縄に伝わる死者の結婚式 【シミルボン】残念、五虎将軍になった時にはピークを過ぎていた馬超 びっくり!五丈原の戦いの戦費、現在で換算すると、なんと○○円! 【キングダム】李牧を死に追いやる佞臣、郭開(かくかい)とはどんな人? 関羽は本当に忠義の士だったの?三国志のタブーに挑む! 龐徳(ほうとく)ってどんな人?忠烈な最期を称えられた魏(義)の猛将

おすすめ記事

  1. 【マイナー文官列伝】有名じゃないけど優れた才能を持った建安七子・王粲ってどんな人
  2. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース14記事【11/28〜12/4】
  3. 甲斐の虎と越後の龍が行った激戦!川中島の戦いって一体どちらが勝ったの?
  4. なぜ司馬遷は腐刑を受けることになったの?驚きの理由とは!?
  5. キングダム 524話 ネタバレ予想:朱海決戦はどのように推移する?
  6. 陳矯(ちんきょう)とはどんな人?忠誠心と優れた決断力を持っていた魏の文官
  7. 屁理屈から論理的に導く名家ってどんな人達?
  8. 韓玄(かんげん)とはどんな人?劉備に降伏した長沙太守

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP