架空戦記
北伐

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

人の見栄がビジネスチャンス!後漢で繁盛した秘商売とは?

この記事の所要時間: 251




女 金

 

後漢の時代は、長い平和が続き、商業が空前の発展を遂げた時代です。

人々は地道に田畑を耕すより、その日働けばその日に銭が手に入るビジネスに

魅力を感じ、仕事を2つ3つと掛け持ちする人々も出現します。

そんな中、大都市洛陽では、あるビジネスが非常に儲かるとして流行しました。

人の見栄に目をつけた、そのビジネスとは、一体何の事でしょうか?

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:後漢の時代のお金の常識に迫る!当時の金融はどんなモノだったの?




非常に儲かる!その商売とは○○屋!

代筆屋 商売

 

後漢の安帝の時代、西暦107年~124年頃、

都である洛陽の市中に筆と竹簡を持って立っている人達が現れました。

彼等の仕事とは、何と代筆屋!客に頼まれて代わりに筆耕(ひっこう)をする

ビジネスをしていたのです。

 

当時は識字率が低く、文字を書ける人が少なく、士大夫と呼ばれる

知識人階層でも、それを恥じて書きませんでした。

代筆屋は、そこに目をつけて謝礼の代わりに文字を書いて、

生活を立てるという事をしていたのです。




単純に識字率ではない、文字へのコンプレックス

曹操 手紙

 

しかし、よく考えると、この識字率というのはオカシイ話です。

代筆屋が出てくる位であれば、洛陽の中を頻繁に手紙が往復していた筈で

往復していたなら、読む事は出来たと考えられるからです。

 

つまり手紙のやりとりをする人々は文盲ではなく、

文字を読む事は出来たという事になります。

では、どうして自分では書かないのか?それは字が下手であったり、

文章の言いまわしに自信が無かったのです。

 

現代でも、綺麗な女性やイケメンが、下手な字を書いたら、

「あれ?」ってなりますよね、文字がキレイなだけで知的に見える

という経験を持つ人もいるのではないでしょうか?

 

後漢の時代でも、下手な文字や変な言いまわしの手紙を送り、

恥をかく事を恐れた見栄っ張りな士大夫やお金持ちが、

代筆屋を使って筆耕してもらい、それを、さも自分が書いたようにして、

出していたのだと思われます。

 

つまり、代筆屋はただ文字が書けるばかりではなく、名文家で、

美しい文字を書く事が出来る技能職だったのです。




1日で車に衣冠と宝玉が一杯になった!

荀攸

 

代筆屋の商売は、社会的にステータスがある人々を相手にしていました。

筆耕の謝礼は、男の客は衣や冠、女の客は宝玉を贈っていたようです。

腕ききの代筆屋には、筆耕を頼むお客が途切れず、たった一日で

車は、衣服と冠、そして宝玉で満ちたと言われています。

 

その謝礼を考えると、やはり代筆屋を利用したのは、文字に親しんでいる

士大夫階級や大金持ちだと考えられます。

手紙一つでも見栄を張りたい、恥をかきたくないという特権階級の見栄が

このような代筆屋に多くの富をもたらしたのです。

 

肘や腕を宙に浮かせて書いた、能書家達

趙雲と毛利勝永

 

筆で書く文字は、ボールペンや万年筆と違い、何を書こうか?と

悠長に考えている間に墨が乾燥してしまいます。

そこで、沈思黙考して内容を固めると一気呵成に書き上げました。

 

晋の時代の武将、桓温(かんおん)が鮮卑(せんぴ)族を討伐した時、

袁宏(えんこう)にその戦勝報告文を書かせていますが袁宏は能書家でした。

彼は、馬前に寄って、手の筆を休めず、たちまちの間に

竹簡七枚を書きあげたと言われています。

 

また、魏の武将である夏侯玄(かこうげん)は、

柱に寄って文字を書いていましたが、柱に雷が落ち、柱も衣服も焦げる

被害を受けますが、彼は、書くのに集中していたので、

少しも気づかず、平然としていたと言われています。

 

当時は、机が普及していないので、両者とも肘や腕浮かせて、

文字を書いていますが、それでも少しも文字が安定感を失わないので

当時の人はその文字を美文として称えました。

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

いかがだったでしょうか?文字が下手というコンプレックスと、

他人に見栄を張りたいという金持ちや士大夫の需要を掴んだ代筆屋。

その目の付け所の良さには、驚いてしまいますね。

 

もしかすると、手紙をくれた方も代筆屋、返事を書いた方も代筆屋という

奇妙な光景も洛陽では日常で見られたかも知れません。

 

もっとも、ただ、文字が書ければいいだけではなく、

美文で名文が書けないといけないので、

誰でもできるという仕事ではないという所が難点ですね。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:三国志時代に降伏や降参するときはどうやってサインを出していたの?

関連記事:【素朴な疑問】三国志時代はどうやって兵士を集めていたの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 曹操の分身!夏侯惇(かこうとん)の生涯
  2. 113話:老将・黄忠死す、次々と天に還る五虎将軍
  3. 趙雲子龍は何歳だったの?五虎大将軍の年齢に迫る!
  4. 三国志の時代に実際にあった計略について徹底紹介
  5. 三国志一騎打ちの強さベスト10!一騎当千は誰だ!
  6. 安保法案ってなに?三国志で理解する安保法案【今さら聞けない】
  7. 諸子百家(しょしひゃっか)ってなに?|知るともっと三国志が理解で…
  8. これはみみっちい・・実は手紙をガン見していた曹操の逸話

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 殷の紂王(ちゅうおう)とはどんな人?悪逆非道の限りを尽くした殷朝最後の帝辛
  2. 五丈原の戦いの裏側で活躍した魏の満寵とは?前編
  3. 三国志時代の離婚や再婚問題はどうなっていたの?曹文叔の妻を紹介
  4. 三国志の二次小説が江戸時代に書かれていた
  5. 永遠の副官 李典(りてん)の二番手人生を徹底紹介
  6. 王翦(おうせん)とはどんな人?キングダムでは謎多き将軍だが史実では秦の天下統一に貢献した人物

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

留賛(りゅうさん)とはどんな人?自ら足の筋を切断し治療をした呉の英雄 本職より美味いカボチャを作った農夫・孫権 新事実!悪逆非道の代名詞・董卓は実は、かなりいい人だった 魯粛に学ぶビジネス三国志!三国志の仕掛け人、魯粛の投資術 張楊(ちょうよう)とはどんな人?呂布を助けようとしためちゃくちゃ優しい人 三国志の劉備玄徳は本当に民や武将から慕われてた? 【衝撃の事実】死せる孔明、生ける仲達を走らせるは司馬懿の芝居だった!?英雄の波瀾万丈な人生に迫る! 呂蒙(りょもう)ってどんな人?男子三日会わざれば刮目して見よ

おすすめ記事

  1. 登山家・馬謖の山登りにはちゃんと意味があった!
  2. 趙雲子龍は何歳だったの?五虎大将軍の年齢に迫る!
  3. 曹叡が孔明をDISる文章を発見!孔明はマゾでドけちだ!
  4. 【春秋時代ミステリー】春秋時代に残るホラー話
  5. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース38記事【1/23〜1/29】
  6. 民話の中の三国志がカオスな件!関羽が作者羅漢中にブチ切れる
  7. 【センゴク】明智光秀へ「ありがとう」と感謝しなくてはならない大名達を紹介
  8. 関羽が打った囲碁って、どんなものだったの?

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP