キングダム
南蛮征伐




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

人の見栄がビジネスチャンス!後漢で繁盛した秘商売とは?

代筆屋 商売




女 金

 

後漢の時代は、長い平和が続き、商業が空前の発展を遂げた時代です。

人々は地道に田畑を耕すより、その日働けばその日に銭が手に入るビジネスに

魅力を感じ、仕事を2つ3つと掛け持ちする人々も出現します。

そんな中、大都市洛陽では、あるビジネスが非常に儲かるとして流行しました。

人の見栄に目をつけた、そのビジネスとは、一体何の事でしょうか?

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:後漢の時代のお金の常識に迫る!当時の金融はどんなモノだったの?




非常に儲かる!その商売とは○○屋!

代筆屋 商売

 

後漢の安帝の時代、西暦107年~124年頃、

都である洛陽の市中に筆と竹簡を持って立っている人達が現れました。

彼等の仕事とは、何と代筆屋!客に頼まれて代わりに筆耕(ひっこう)をする

ビジネスをしていたのです。

 

当時は識字率が低く、文字を書ける人が少なく、士大夫と呼ばれる

知識人階層でも、それを恥じて書きませんでした。

代筆屋は、そこに目をつけて謝礼の代わりに文字を書いて、

生活を立てるという事をしていたのです。




単純に識字率ではない、文字へのコンプレックス

曹操 手紙

 

しかし、よく考えると、この識字率というのはオカシイ話です。

代筆屋が出てくる位であれば、洛陽の中を頻繁に手紙が往復していた筈で

往復していたなら、読む事は出来たと考えられるからです。

 

つまり手紙のやりとりをする人々は文盲ではなく、

文字を読む事は出来たという事になります。

では、どうして自分では書かないのか?それは字が下手であったり、

文章の言いまわしに自信が無かったのです。

 

現代でも、綺麗な女性やイケメンが、下手な字を書いたら、

「あれ?」ってなりますよね、文字がキレイなだけで知的に見える

という経験を持つ人もいるのではないでしょうか?

 

後漢の時代でも、下手な文字や変な言いまわしの手紙を送り、

恥をかく事を恐れた見栄っ張りな士大夫やお金持ちが、

代筆屋を使って筆耕してもらい、それを、さも自分が書いたようにして、

出していたのだと思われます。

 

つまり、代筆屋はただ文字が書けるばかりではなく、名文家で、

美しい文字を書く事が出来る技能職だったのです。




1日で車に衣冠と宝玉が一杯になった!

荀攸

 

代筆屋の商売は、社会的にステータスがある人々を相手にしていました。

筆耕の謝礼は、男の客は衣や冠、女の客は宝玉を贈っていたようです。

腕ききの代筆屋には、筆耕を頼むお客が途切れず、たった一日で

車は、衣服と冠、そして宝玉で満ちたと言われています。

 

その謝礼を考えると、やはり代筆屋を利用したのは、文字に親しんでいる

士大夫階級や大金持ちだと考えられます。

手紙一つでも見栄を張りたい、恥をかきたくないという特権階級の見栄が

このような代筆屋に多くの富をもたらしたのです。

 

肘や腕を宙に浮かせて書いた、能書家達

趙雲と毛利勝永

 

筆で書く文字は、ボールペンや万年筆と違い、何を書こうか?と

悠長に考えている間に墨が乾燥してしまいます。

そこで、沈思黙考して内容を固めると一気呵成に書き上げました。

 

晋の時代の武将、桓温(かんおん)が鮮卑(せんぴ)族を討伐した時、

袁宏(えんこう)にその戦勝報告文を書かせていますが袁宏は能書家でした。

彼は、馬前に寄って、手の筆を休めず、たちまちの間に

竹簡七枚を書きあげたと言われています。

 

また、魏の武将である夏侯玄(かこうげん)は、

柱に寄って文字を書いていましたが、柱に雷が落ち、柱も衣服も焦げる

被害を受けますが、彼は、書くのに集中していたので、

少しも気づかず、平然としていたと言われています。

 

当時は、机が普及していないので、両者とも肘や腕浮かせて、

文字を書いていますが、それでも少しも文字が安定感を失わないので

当時の人はその文字を美文として称えました。

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

いかがだったでしょうか?文字が下手というコンプレックスと、

他人に見栄を張りたいという金持ちや士大夫の需要を掴んだ代筆屋。

その目の付け所の良さには、驚いてしまいますね。

 

もしかすると、手紙をくれた方も代筆屋、返事を書いた方も代筆屋という

奇妙な光景も洛陽では日常で見られたかも知れません。

 

もっとも、ただ、文字が書ければいいだけではなく、

美文で名文が書けないといけないので、

誰でもできるという仕事ではないという所が難点ですね。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:三国志時代に降伏や降参するときはどうやってサインを出していたの?

関連記事:【素朴な疑問】三国志時代はどうやって兵士を集めていたの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 子供時代の桃園三兄弟 歴史上最も有名な義兄弟の誕生!桃園の誓い
  2. 古代ローマ人の末裔が中国のある村に住んでいる!?
  3. キングダムの王騎 【キングダム】信が王騎の矛を受け継いだのには隠された意味があった…
  4. 87話:劉備、蜀への侵攻を決意
  5. 周瑜と孫策 孫策と周瑜の怪しい関係は事実だったの?子不語にある逸話を紹介!
  6. 北伐する孔明 【三国志の素朴な疑問】蜀が北伐を止められなかった理由とは?
  7. 宋江、史進、李逵、魯智深、林冲、武松、楊志(水滸伝) 【はじめての水滸伝】主役級を一挙公開、これが好漢だ!
  8. 連幹の計 呂布 貂蝉 【三国志の疑問】女性を巡る男の戦いはどこまで真実なの?史実と演義…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 蜀馬に乗って戦場を駆け抜ける馬超
  2. 西郷隆盛
  3. 孟達を討伐する司馬懿
  4. 司馬懿仲達
  5. 羌瘣
  6. 燃える本能寺
  7. 田中角栄
  8. 于吉と張角

おすすめ記事

  1. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【11/7〜11/13】
  2. 関銀屏(かんぎんぺい)とはどんな人?まさに三国志界のジェダイの騎士 関銀屏
  3. 週刊ビジネス三国志 vo2都合の良い情報はよくよく注意して確認せよ 魏の曹操孟徳
  4. 【まさかアッチ?】美女を退けた関羽の劉備愛が凄い 関羽に惚れる曹操
  5. なぜ劉備は蜀王ではなく小さい土地である漢中王に就任したの? 劉備主役
  6. これが久秀の碁!熊野山に立て籠もる湯浅氏を退却させた、曲者部隊のデコボコアタック! 豊臣秀吉 戦国時代

三國志雑学

  1. ヤンキー曹操
  2. 何進に見切りをつける蒯越(カイ越)
  3. 姜維と孔明
  4. 公孫淵
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 宣教師 ルイスフロイス
  2. 張飛にお酒はだめだよ
  3. 孫権に諫言する陸瑁
  4. キングダム53巻

おすすめ記事

幕末軍服姿の西郷どん 西郷隆盛 西郷星と火星大接近!西郷どんが141年ぶりに帰って来た? 宋姫 大奥も目じゃない?曹操の妻達の人生まとめ6選 陸遜 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第9部 曹操が絶望詩人と化した兗州争奪戦を地図で紹介 キングダム52巻 キングダム584話ネタバレ予想「王賁は本当に死ぬのか?」大予想 料理人 これぞ重箱の隅!三国志の時代の調理具・食器特集! 【悲報】天皇に振られた長州藩、八・一八の政変はどうして起きた? 黒船(ミシシッピ号) 東京お台場は江川英龍が築いた連携砲台だった!

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集法正"
PAGE TOP