ログイン | 無料ユーザー登録


朝まで三国志
ながら三国志音声コンテンツ


はじめての三国志

menu

はじめての魏

夏侯玄(かこうげん)とはどんな人?夏候家の逸材として称えられた名士

夏侯玄




夏侯惇

 

曹家の重鎮・夏候惇(かこうとん)夏侯淵(かこうえん)は武勇に優れた

逸材でした。

彼らの子供達も優秀な人物が多く、夏候覇(かこうは)夏侯尚(かこうしょう)

などがおります。

彼らは軍事面で魏国に尽くします。

夏侯家は軍事を司る家だと思っている方が多いかもしれませんが、

政治面において非常に優れた人材を輩出しております。

その人の名前は夏侯玄(かこうげん)と言います。

彼は夏侯尚の息子で、魏国の臣下から逸材と褒め称えられておりました。

 

関連記事:夏侯 惇(かこうとん)ってどんな人?| 曹操に最も近い男

関連記事:夏侯覇(かこうは)ってどんな人?夏侯淵の息子でもあり蜀に亡命した勇将

関連記事:夏侯嬰(かこうえい)ってどんな人?劉邦を挙兵時代から支えた夏候惇の先祖




若い頃から高い名声とプライドの高い人物

 

夏侯玄は若い頃から名声が高く、弱冠20歳にして散騎・黄門侍郎(皇帝の身の回りの世話係)に任命されます。

彼はプライドも高く、皇帝曹叡(そうえい)から意見を求められた際、身分の低い家臣が同席

していたため、不機嫌になります。

曹叡は身分の低い家臣が同席していることが、

夏侯玄の不機嫌の理由である事を知り、左遷します。

夏侯玄は左遷されても、後悔せず職務に励みます。

 

関連記事:曹叡(そうえい)とはどんな人?曹丕の息子で二代目魏の皇帝

関連記事:【三国志歴史ミステリー】魏の二代目皇帝・曹叡(そうえい)は誰の息子か分からない!?




曹爽の側近に取り立てられる

司馬懿

 

曹叡の死後、魏の政権を司馬懿(しばい)曹爽の二人が協力して支えていきます。

夏侯玄は曹真の妹の子供であった事から、曹爽に取り立てられて行きます。

彼は非常に人を見る目に富んでおり、彼が中護軍になった時、推挙した武官は

優れた人材が多く魏の国で活躍していきます。

また彼は統治能力にも優れており、各地の州郡を統治した際、独自の法律を制定。

彼が制定した法律は西晋時代にまで模範にされたそうです。

 

関連記事:諸葛亮孔明と戦略勝負を繰り広げた司馬懿仲達はどんな人だったの?

関連記事:【本当は怖い家庭ノ医学】首が180度回る?司馬懿の特徴に隠された怖い病気とは

関連記事:司馬懿失脚の隙を狙い孔明は北伐に踏み切る

関連記事:【こんなに共通点】戦国一の智謀の持ち主・真田昌幸と魏の謀臣・司馬懿

 

魏の政権改革論で司馬懿と対立

司馬懿 仲達

 

夏侯玄は司馬懿から「魏の国を良くするにはどうすればよいのか」と相談されます。

すると彼は「重複する官職を無くし、官吏に登用する人材の採用を厳しくするなど

の法律を制定すれば国家は良くなるでしょう」と提言します。

しかし司馬懿は「君の提言は魏の国家に取って非常に益をもたらすものだが、

この政策を行えば、周りから反発を招くだろう。

そのため、優れた賢人が出現するまで待った方が良いだろう」と反論。

この発言を聞いた夏侯玄は「殷の伊尹(いいん)や周の周公旦(しゅうこうたん)に

匹敵する人材がいるのに、これ以上の賢才を待ってから改革を行えとは、

どういう了見か。」と意見を述べます。

この発言には「あなたや私がいるのに、

どうしてこれ以上の賢才を待たねばならないのか。」という意味で発言しますが、

司馬懿は苦笑いをし、その場を去ってしまいます。

司馬懿はこの時すでに魏の王朝を見限り、自らの勢力拡大を図っていたのでは

ないかと思われます。

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 皇帝に就任した曹丕 後継者争いは出来レース?曹丕が皇帝に就くことは生まれる前から決ま…
  2. 孫策に攻撃される黄祖 三国志演義の一騎打ちは爽快極まりない個人と個人のぶつかり合いだっ…
  3. 孫権のツンデレ外交に蜀の天才外交官・鄧芝の能力炸裂!蜀呉同盟を復…
  4. 解煩督 呉 【呉最強説】孫権率いるレッドな政権孫呉軍団の弱点ってあるの?
  5. 孫武(ゆるキャラ) 馬陵の戦い(ばりょうのたたかい)ってどんな戦い?孫臏を有名にさせ…
  6. 【三國志曹操伝 ONLINE プレイ攻略4】君も今日から曹操!?…
  7. 豊臣秀吉 戦国時代 サンクトペテルブルク以東最大と言われた大阪城を建築した秀吉の狙い…
  8. おんな城主 直虎 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第32話「復活の火」の見ど…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 関帝廟 関羽
  2. 海上での戦い 劉備と曹操
  3. 袁術
  4. 騎馬兵にあこがれる歩兵
  5. 荀勗(じゅんきょく)
  6. 賈詡(賈ク)
  7. 井伊直政

おすすめ記事

  1. 曹休が赤壁の戦いに参加していたら曹操は天下統一できた? 石亭の戦い 曹休と韓当
  2. 【九州三国志】『三國志』は中国だけじゃない!日本の三国志事情 Part.1
  3. 132話:もうやりたい放題!曹叡の乱心で魏の暗黒時代へ突入 美女を集めた曹叡
  4. 陸遜の孫・陸機も犬をかわいがっていた!三国志時代の犬と人との絆
  5. 范雎(はんしょ)とはどんな人?平民から秦の宰相まで上り詰め、恩と復讐を忘れなかった苦労人 はじめての三国志 画像準備中
  6. 東方明珠のへなちょこ洛陽旅行記 その1 西遊記 三国志

三國志雑学

  1. 盧植と何進
  2. 袁紹にお茶を渡す顔良
  3. 親バカな諸葛孔明
  4. 魏延と姜維
  5. 諸葛一族


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 奮闘する黄蓋
  2. 後宮にいる美女の階級事情
  3. 岩崎弥太郎
  4. バリバリビジネスマンの坂本龍馬
  5. 織田信長
  6. 真田丸
  7. 糜竺(びじく)

おすすめ記事

山本勘助 wikipedia 山本勘助(やまもとかんすけ)は実在したの?今まで架空の人物だとされていた勘助の謎 司馬懿と曹爽 高平陵の変は名士代表・司馬懿と反名士・曹爽の対立だった!? 孔明 【シミルボン】三国志の真実、劉備が孔明に飛び付いた理由はこれだ! 章邯(しょうかん) 秦の為に戦い秦人に恨まれた名将 章邯(しょうかん) 呂不韋 衝撃の事実!呂不韋は始皇帝の父だった?諸子百家のいいとこ取りの雑家 曹丕と曹植 【曹魏クロニクル】220年~239年までの魏の歴史を紹介 これはヒドイ!流浪していた献帝の悲惨な生活 しっかりと仕事をこなす華歆(華キン) 司徒とはどんな役割?具体的に何をする?チベットでは今も存在する司徒

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP