朝まで三国志軍師
まだ漢王朝で消耗してるの?




はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

毛利家を守るために小早川隆景の苦渋の決断とは?

この記事の所要時間: 249




小早川隆景 wiki

(画/小早川隆景 wikipedia)

 

毛利両川の一人である小早川隆景(こばやかわたかかげ)

彼は豊臣秀吉からその才能を非常に愛され、毛利本家とは別に領地を授かることになります。

彼は秀吉から愛されすぎたた為に毛利本家と小早川家に取って

悲劇が起きることになってしまいます。

 

関連記事:楽しみながら戦国時代のエピソードを学べる歴史マンガ3選




輝元に後継がいないことに目をつけた秀吉は・・・・

豊臣秀吉

 

豊臣秀吉は自分の数少ない一族の中でも出来の悪いポンコツがいてどうしようか迷っておりました。

そのポンコツの名前は木下秀秋といいます。

この人は幼少期の頃に秀吉の家にきます。

その当時は秀吉の奥さんであった寧々(ねね)も可愛げのあるこの子供を見て、

大いに可愛がっていきます。

しかし成長するにつれて顔つきに可愛げが全くなくなりさらに日頃の所業も良くなく、

昼間から酒ばっかりのみ、酒を飲んでいない時は蹴鞠などをして遊んでいる状態でした。

寧々はこの事を主人である秀吉に秀秋をキツく起こって欲しいと訴えますが、

秀吉は少ない一族一人である秀秋をきつく叱ることなどできませんでした。

だが秀吉も秀秋の状況を聞くにつれてついに激怒し、彼を左遷してしまいます。

そして彼はこのポンコツをどうすればいいのか考えます。

その考えた結果、毛利輝元に後継がいないことを知り、毛利本家の養子へ出すことを決意します。

 

毛利本家にポンコツが来る。その時隆景は・・・・

 

小早川隆景は毛利本家に出来の悪い秀吉の一族が養子にくる可能性を

黒田官兵衛(くろだかんべい)から知ると驚き、すぐに吉川広家と輝元にこの情報を教え

どのように対応すればいいのか会議を開きます。

しかし良案が出ないまま隆景は秀吉から呼ばれることになります。

秀吉から呼ばれた彼は「うちの秀秋を輝元殿の養子にしたいと考えているのだがどうだろう」と

伝えられます。

すると彼は「殿下。あなた様には伝えていなかったのですが、我が家と吉川家から輝元の

養子が決まっております。」と述べます。

この事を知った秀吉は「そうか」と残念そうに毛利本家に秀秋を養子へ入れることを諦めます。




秀吉の難癖を避けるために・・・・

月 f

 

隆景は秀吉の元を去り、急いで毛利輝元の元へ向かうとすぐにいとこの子供を輝元の養子へ

向かい入れることにします。

こうして毛利本家に秀吉のポンコツの血をいれることを防ぐことになるのですが、

隆景は考えます。

秀吉は秀頼が生まれ非常に可愛がっており、再び秀秋をどこかの名家の家に養子へ

出すことを考えているだろう。

そして秀秋の養子縁組を一度断った毛利家に難癖をつけたり、

毛利家の落ち度を見つけて攻撃されてしまったら一大事であると考えます。

これらの可能性を考慮した隆景はある決断をします。

それは小早川家に秀秋を向かい入れることでした。

 

小早川家に秀秋を向かい入れる

竹 f

 

隆景は決断するとすぐに秀吉に秀秋を養子に向かい入れたいと申し伝えます。

隆景から秀秋を養子に入れたいことを知った秀吉は大喜びし、隆景の申し入れを二つ返事で

受け入れることにします。

こうして小早川家は秀秋を当主に据えることになり、隆景は隠居することになります。

秀吉は隆景が隠居する際に破格の隠居料(五万石強)を受け渡しており、

秀吉がどれだけ喜んでいたかが想像できるのではないのでしょうか。

 

戦国史ライター黒田レンの独り言

黒田廉さん02a

 

こうして小早川家に入った秀秋はその後朝鮮の役で総大将として渡航することになりますが、

ここで活躍するも、帰国後秀吉に激怒されてしまい領地を削られてしまいます。

その後秀秋は領地を元に戻されるのですが、

秀秋は関ヶ原の戦いで西軍から東軍へ寝返ったことにより小早川家の家名に泥塗ってしまいます。

また歴史を詳しく知らない人は関ヶ原の戦いで西軍が敗北した原因は、

小早川秀秋が寝返った事が原因であるため「小早川家=秀秋=裏切りの家」と

勘違いしてしまう人を作った元凶となっていることは否めないでしょう。

このようなポンコツを小早川家にいれて毛利本家を守った隆景は

理想のNo.2と入れるのではないのでしょうか。

 

真田丸に関する記事一覧:真田丸全記事

関連記事:小早川隆景(こばやかわ たかかげ)とはどんな人?毛利を支えた三本の矢

関連記事:超ネガティブな戦国武将・毛利隆元の偉大なる父を持ってしまった苦悩とは!

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 戦国時代最大のミステリー・本能寺の変の謎に迫る!!
  2. 山県昌景(やまがたまさかげ)とはどんな人?武田家四名臣の一人・赤…
  3. 【劉邦暗殺計画】劉邦の態度のでかさに激怒した家臣達
  4. 周公旦(しゅうこうたん)とはどんな人?周王朝の基礎を固めた功臣
  5. 李通(りつう)とはどんな人?義侠心に溢れた魏の知られざる勇将
  6. 【戦国四君物語】史記から見てみた魏の信陵君ってどんな人?
  7. 孫策も憧れた「西楚覇王」項羽が残した伝説の戦いベスト3
  8. 秀吉の下に天下を代表する軍師が揃うきっかけってなに?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 108話:三国志を牽引した風雲児曹操、志半ばで死ぬ
  2. 【軍師連盟】諸葛孔明の北伐は司馬仲達がいなければ成功していたの?
  3. 理不尽すぎてもはや笑える、デマのせいで殺された孫奉(そんほう)
  4. 曹操に敗れすべてを失った馬超の性格を考える【後半】
  5. 晋にも五虎将軍が存在した?魏の五将軍に匹敵する晋の名将を紹介
  6. 武経七書(ぶけいしちしょ)って何? 兵家を代表する七つの書物

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【シミルボン】自分を褒めまくり、曹丕の自叙伝が意識高い系でウザい 袁渙の「政治力」がスゴイ!はちみつおじさん袁術と虎の如き強さを持った呂布を大人しくさせた政治とは? 何で賈詡は董卓残党を奮起させて王允の政府を破壊したの? 子産(しさん)とはどんな人?超弱国を強国にした春秋時代の名宰相 【陳祇】蜀滅亡の原因は黄皓だけのせいではなかった? 袁紹が死んでも息子たちが協力していれば曹操を倒せたの? 原泰久スゲー!虚構の秦・斉秘密同盟に隠された意図とは? 【はじめての君主論】電子書籍出版のお知らせ

おすすめ記事

  1. 鬼畜なのは桓騎だけではない!残虐性を兼ね備えた歴史上の人物3選
  2. 蜀漢が滅びたのは張飛達を祀らなかったから?
  3. 【誤解しないで!】男同士のひざまくらが三国志の時代に大流行!その理由とは?? 
  4. 楊彪(ようひょう)は袁術の義弟なのになぜ董卓に殺されなかったのか?
  5. 三国志時代のセキュリティはどうなっていたの?何でもかんでも機密保持じゃい!
  6. 蘇秦(そしん)とはどんな人?秦の圧力を跳ね返す為、六国を結び付けた合従論者 Part.1
  7. 【シミルボン】意外!あの曹丕は大の甘党、スイーツ男子だった
  8. 炙り焼肉にソーセージ?とりあえずビールと言いたくなる三国時代の食事

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP