編集長日記
北伐

はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

毛利家を守るために小早川隆景の苦渋の決断とは?

この記事の所要時間: 249




小早川隆景 wiki

(画/小早川隆景 wikipedia)

 

毛利両川の一人である小早川隆景(こばやかわたかかげ)

彼は豊臣秀吉からその才能を非常に愛され、毛利本家とは別に領地を授かることになります。

彼は秀吉から愛されすぎたた為に毛利本家と小早川家に取って

悲劇が起きることになってしまいます。

 

関連記事:楽しみながら戦国時代のエピソードを学べる歴史マンガ3選




輝元に後継がいないことに目をつけた秀吉は・・・・

豊臣秀吉

 

豊臣秀吉は自分の数少ない一族の中でも出来の悪いポンコツがいてどうしようか迷っておりました。

そのポンコツの名前は木下秀秋といいます。

この人は幼少期の頃に秀吉の家にきます。

その当時は秀吉の奥さんであった寧々(ねね)も可愛げのあるこの子供を見て、

大いに可愛がっていきます。

しかし成長するにつれて顔つきに可愛げが全くなくなりさらに日頃の所業も良くなく、

昼間から酒ばっかりのみ、酒を飲んでいない時は蹴鞠などをして遊んでいる状態でした。

寧々はこの事を主人である秀吉に秀秋をキツく起こって欲しいと訴えますが、

秀吉は少ない一族一人である秀秋をきつく叱ることなどできませんでした。

だが秀吉も秀秋の状況を聞くにつれてついに激怒し、彼を左遷してしまいます。

そして彼はこのポンコツをどうすればいいのか考えます。

その考えた結果、毛利輝元に後継がいないことを知り、毛利本家の養子へ出すことを決意します。

 

毛利本家にポンコツが来る。その時隆景は・・・・

 

小早川隆景は毛利本家に出来の悪い秀吉の一族が養子にくる可能性を

黒田官兵衛(くろだかんべい)から知ると驚き、すぐに吉川広家と輝元にこの情報を教え

どのように対応すればいいのか会議を開きます。

しかし良案が出ないまま隆景は秀吉から呼ばれることになります。

秀吉から呼ばれた彼は「うちの秀秋を輝元殿の養子にしたいと考えているのだがどうだろう」と

伝えられます。

すると彼は「殿下。あなた様には伝えていなかったのですが、我が家と吉川家から輝元の

養子が決まっております。」と述べます。

この事を知った秀吉は「そうか」と残念そうに毛利本家に秀秋を養子へ入れることを諦めます。




秀吉の難癖を避けるために・・・・

月 f

 

隆景は秀吉の元を去り、急いで毛利輝元の元へ向かうとすぐにいとこの子供を輝元の養子へ

向かい入れることにします。

こうして毛利本家に秀吉のポンコツの血をいれることを防ぐことになるのですが、

隆景は考えます。

秀吉は秀頼が生まれ非常に可愛がっており、再び秀秋をどこかの名家の家に養子へ

出すことを考えているだろう。

そして秀秋の養子縁組を一度断った毛利家に難癖をつけたり、

毛利家の落ち度を見つけて攻撃されてしまったら一大事であると考えます。

これらの可能性を考慮した隆景はある決断をします。

それは小早川家に秀秋を向かい入れることでした。

 

小早川家に秀秋を向かい入れる

竹 f

 

隆景は決断するとすぐに秀吉に秀秋を養子に向かい入れたいと申し伝えます。

隆景から秀秋を養子に入れたいことを知った秀吉は大喜びし、隆景の申し入れを二つ返事で

受け入れることにします。

こうして小早川家は秀秋を当主に据えることになり、隆景は隠居することになります。

秀吉は隆景が隠居する際に破格の隠居料(五万石強)を受け渡しており、

秀吉がどれだけ喜んでいたかが想像できるのではないのでしょうか。

 

戦国史ライター黒田レンの独り言

黒田廉さん02a

 

こうして小早川家に入った秀秋はその後朝鮮の役で総大将として渡航することになりますが、

ここで活躍するも、帰国後秀吉に激怒されてしまい領地を削られてしまいます。

その後秀秋は領地を元に戻されるのですが、

秀秋は関ヶ原の戦いで西軍から東軍へ寝返ったことにより小早川家の家名に泥塗ってしまいます。

また歴史を詳しく知らない人は関ヶ原の戦いで西軍が敗北した原因は、

小早川秀秋が寝返った事が原因であるため「小早川家=秀秋=裏切りの家」と

勘違いしてしまう人を作った元凶となっていることは否めないでしょう。

このようなポンコツを小早川家にいれて毛利本家を守った隆景は

理想のNo.2と入れるのではないのでしょうか。

 

真田丸に関する記事一覧:真田丸全記事

関連記事:小早川隆景(こばやかわ たかかげ)とはどんな人?毛利を支えた三本の矢

関連記事:超ネガティブな戦国武将・毛利隆元の偉大なる父を持ってしまった苦悩とは!

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【呉vs魏】あんまり知られていない芍陂の役ってどんな戦いだったの…
  2. 刑顒(けいぎょう)とはどんな人?三国志時代の曹植家に仕えていた執…
  3. 【官渡決戦間近】曹操軍の陣中で慎重論と積極論を進言をしていた代表…
  4. 秦の丞相・李斯が秦を救った!逐客令を認めさせるな
  5. 【キングダム】王翦・王賁の血筋は楚漢戦争時代にも登場していた!?…
  6. 【5分で分かる】意外と知らない孫呉滅亡のきっかけ
  7. 【衝撃の事実】夏侯淵の一族にはなんと皇帝がいた!?
  8. 【戦国四君の食客の名言】人間関係を達観した馮驩の名言

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【これは悲しすぎる】今や忘れさられた袁術の墓
  2. 譙周(しょうしゅう)とはどんな人?劉禅に降伏するのが得策であると説いた政治家
  3. 【蜀漢建国の正統性を斬る】中華を戦慄させた革命家・孔明の後漢イデオロギー
  4. 【はじめての孫子】第6回:勝つために最も大切なことは智謀でも勇気でもなく、緻密な計算
  5. 49話:許攸の寝返りが曹操を勝利に導く
  6. 【素朴な疑問】三国志の時代にも居酒屋ってあったの?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

司馬攸(しばゆう)とはどんな人?司馬家の秀才として認められていた司馬炎の弟 袁術が評価される日も近い?スーパー袁術の凄い所7連発!! 趙達(ちょうたつ)とはどんな人?サイババか!?三国志に現れた天才占い師 邪馬台国ってどんな国だったの?まさに神っていた邪馬台国 これぞ戦争の極意!!兵家の思想ってどんな思想? 知らないと損する!始皇帝と大兵馬俑を100倍楽しむための外せないポイント 三国志や古代中国史を科学的視点から丸裸にする良記事まとめ7選 三国志の徐州争奪戦が何だかややこしい!仁義なき徐州争奪戦を分かりやすく解説

おすすめ記事

  1. 黄巾賊より多い黒山賊100万を率いた張燕(ちょうえん)
  2. もうひとつの宗教団体、五斗米道(ごとべいどう)ってどんな宗教だったの?
  3. 【シミルボン】人間の発想怖過ぎる!血も凍る三国志時代の処刑方法
  4. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第13部(完)
  5. はじめての三国志 4コマ劇場 「三国志の英雄たちのアダ名」
  6. 劉備が諸葛孔明に託した遺言には裏切りを防ぐための作戦だった?
  7. 曹操の詠った漢詩を分析してみよう。いつのことかわかるかな?
  8. 37話:人を信じられなかった豪傑呂布、戦場に散る

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP