曹操孟徳特集
夷陵の戦い




はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第四話「女子にこそあれ次郎法師」の見どころ

この記事の所要時間: 21




黒田廉さん直虎レビュー02

 

大河ドラマおんな城主井伊直虎は早くも4話を迎えることになりました。

毎週おとわちゃんには災いが舞い降りてくるのですが、

自らの行動力によって道を切り開いていきます。

さて今週のおとわちゃんにはどのような災いが降りかかってくるのでしょうか。

今週の大河ドラマ「おんな城主・井伊直虎」の見所をご紹介していきたいと思います。

 

前回記事:【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第三話「おとわ危機一髪」の見どころ

関連記事:こっそりお教えします!NHK大河ドラマの通な見方。歴代大河ドラマも徹底紹介!




おんな城主・井伊直虎の見所その1:出家すると・・・・

おんな城主01 直虎

 

おとわちゃんは先週今川義元から出家することを条件に、

井伊の領土を安堵する約束を取り付けることに成功します。

しかしおとわちゃんは出家したら許嫁で逃亡中の亀之丞(かめのじょう)と

結婚できないことを鶴丸(つるまる)から教えてもらいます。

おとわちゃんはその事実を知らずに出家することを今川義元と約束してきてしまったのです。

おとわちゃんは父と母に「出家したくない」と駄々をコネ始めます。

しかし母から散々持ち上げられたおとわちゃんはだんだん気をよくしてきて、

「そこまで褒められたら~しょうがないかな~」と出家する決意を固めていきます。

レンの感想としてはあれ!?意外と簡単に出家しちゃうじゃん。

と思いつつもおとわちゃんはやっぱり子供なんだと思ってしまうほんわかした一幕で、

危機的状況が毎週ふりかかっていたおとわちゃんの面白い一面が見られる場面です。




おんな城主・井伊直虎の見所その2:ついに出家へ

 

おとわちゃんはついに出家することになります。

出家する際の儀式である得度式では実際に髪の毛が剃られていきます。

流石に本物の髪が剃られているわけではないですが、

髪が亡くなったあとのおとわちゃんのツルツル坊主姿はなんとも可愛らしい姿で、

昔のCMにあったマルコメ君を思い出します。

是非一度出家したおとわちゃんをご覧になってはいかがでしょうか。

そしておとわちゃんは南渓和尚(なんけいおしょう)から次郎法師(じろうほうし)と

命名されることになります。

この次郎法師の由来ですが井伊の家督を継ぐ者の幼名だそうで、

井伊の現在の当主である井伊直盛(いいなおもり)も次郎を名乗っていたそうです。

その後次郎法師ことおとわちゃんは元気いっぱいの声で「我は立派な次郎法師になります!!」と

宣言するのです。

 

おんな城主・井伊直虎の見所その3:龍潭寺をご案内

 

次郎法師は出家を終えると龍潭寺(りゅうたんじ)へ行きますが、

この寺の門番をしていたふたりの先輩のお坊さんに何度も投げ飛ばされてしまいます。

そしてようやく龍潭寺の和尚である南渓和尚と対面することになるのですが、

南渓和尚から「一体僧とはなんぞや」と質問攻めにあってしまいます。

次郎法師はようやく南渓和尚の質問攻めから逃れると龍潭寺の寝床を案内された後、

一日の流れを説明されることになります。

龍潭寺では掃除・選択・畑仕事全てが修行とみなされるようで、

食事についても井伊谷で暮らしていた時とは全然違います。

食事の際には少ないコメを餓鬼に施すことが義務付けられており、

次郎法師は少ないご飯なのに施しを与える僧達の姿を見てびっくりしてしまいます。

 

大河ウォッチャー黒田レンの独り言

黒田廉さん02a

 

次郎法師となって龍潭寺で修行することになったおとわちゃんですが、

井伊の本家ではまたもやひと波乱起きておりました。

それは亡き亀之丞の父である井伊直満(いいなおみつ)の領土が鶴丸の父である

小野和泉守(おのいずみのかみ)の物になるというとんでもないことが起きておりました。

そんな中直盛の父である直平が登場。

いつも怒っているイメージが定着しているジジ様ですが今回は非常に機嫌よく登場すると

「北条の密使を持っておった修験者の息子が父の仇を討ちにやってきておる。

そやつに小野和泉守が父を殺した張本人であることを告げれば、

間違えなくやつを殺してくれるはずだ。」と提案。

この提案を聞いた井伊の家臣達は大いに賛成することになります。

こうして小野和泉守暗殺計画は実行されることになるのですが・・・・。

さてはてこの先どうなるのでしょうか気になる方は是非ご覧下さいませ!!

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:楽しみながら戦国時代のエピソードを学べる歴史マンガ3選

関連記事:おんな城主 直虎を100倍楽しむ!今川に呪われてしまった井伊家宗家

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 蘇秦(そしん)とはどんな人?秦の圧力を跳ね返す為、六国を結び付け…
  2. 【if三国志】劉備がもし孫権と同盟しなかったら三国志はどうなった…
  3. 霍光(かくこう)とはどんな人?名将・霍去病の弟は違った意味でエキ…
  4. 小牧長久手の戦いの勝敗はどうなった?漫画・センゴクから見る小牧長…
  5. 【春秋戦国時代の偉人】武霊王はなぜ胡服騎射を導入したの?
  6. 孫権の本拠地である建業は始皇帝の嫉妬によって街の名前が変わった?…
  7. 【センゴク】三方ヶ原の戦いがきっかけで将軍義昭が挙兵した?
  8. 胡昭(こしょう)とはどんな人?司馬懿の命の恩人で曹操の招きに応じ…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 孫呉のラストエンペラー・孫皓を支えた陸抗と陸凱の逸話
  2. 【第1回 幻想少女】衝撃の三国志が誕生!これぞ三国志革命だ!!
  3. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース20記事【12/5〜12/11】
  4. 中国で最初に車椅子を使ったのは諸葛孔明だった? 車椅子を発明した人から歴史まで徹底解説!
  5. 太史慈(たいしじ)ってどんな人?孫策とマジで一騎打ちした勇将
  6. 袁紹はどんな性格で他の群雄との違いはなんだったの?

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【出師の表】本当は全く泣けない実用文だった! 【お知らせ】全記事一覧(アーカイブ)機能を追加しました! 僕陽の戦いで見る八健将(はちけんしょう)の実力に迫る! 【キングダム】楊端和(ようたんわ)は実在した女将軍?史実を元に徹底解剖 陳平(ちんぺい)とはどんな人?詐欺師か、天才軍師か?謀略の達人 はじめての三国志 アンケートのお願い 洛陽に続き、長安でも好き放題をした董卓 辛毗(しんぴ)とはどんな人?曹丕が泣き言を言うほど厳しく反対意見を述べた政治家

おすすめ記事

  1. 意外!漢書が編まれた理由は司馬遷へのダメ出しだった
  2. 邪馬台国のラストエンペラーの正体を探る!仕組まれた神武東征?!
  3. 天照大神は卑弥呼がモデルだった?卑弥呼の正体に迫る!
  4. 曹操の誤解を解く!荀彧を殺したのは本当に曹操なの?
  5. 暴漢・董卓は後漢王朝を安定させようと努力していた!
  6. 鬼道の使い手である卑弥呼の女王即位と三国志の関係性
  7. キングダム564話フィゴ王トアクを瞬殺!「落日」ネタバレ&レビュー
  8. 【お知らせ】耳で聞いて覚える三国志を追加配信しました。

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP