三国志平話
三顧の礼




はじめての三国志

menu

はじめての蜀

蜀を制圧したばかりの劉備軍をまとめるために孔明が打ち出した二つの方針とは?

考える諸葛亮孔明




張松、劉璋

 

益州を攻略したばかりの劉備軍は政権としては不安定なものでした。

その原因は益州を攻略してまだ日が浅かった事と劉璋(りゅうしょう)に属していた家臣団と

劉備軍の家臣団をどのように協力させていくかの方針が固まっていなかったからです。

劉備軍の天才的行政能力を持った諸葛孔明はいくつかの方針を打ち出して、

益州政権を強固なものにしようとします。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【新企画】朝まで三国志を開催!夜22時~朝6時までノンストップ特別企画!




孔明が出した二つの政策とは

孔明

 

劉備は劉璋を降伏させて、ついに益州を攻略することに成功します。

そして孔明が劉備に示していた天下三分の計がやっと完成することになるのですが、

劉備軍には不安要素がありました。

それは民衆の不安や元劉璋に属していた家臣達と元々いた劉備軍の家臣団達を

どのようにして協力させていくかです。

孔明は益州攻略に成功して皆喜んでいる最中、

喜びに浮かれることなくこの不安要素をどうやって解決すればいいのか考えておりました。




孔明の基本方針その1:厳しく法に則って統治を行う

孔明 劉備の剣とハンコ

 

孔明は色々と試行錯誤した結果、劉備に益州統治に際しての二つの方針を示します。

一つ目は益州の民衆達を法でしっかりと統治することです。

劉備は孔明が示した方針に「なぜ厳しく民衆を締め付けなくてはならないのだ」と問いただします。

すると孔明は「劉璋政権は民衆をゆる~く統治していたので、

民衆は君主を敬うことを忘れております。

また君臣の関係もあいまいになっておりましたので、

ここで厳しく取り締まってやらないと曹魏と戦うことが難しくなってしまうでしょう」と

法でしっかりと統治する理由を示します。

劉備は孔明の理由を聞いて納得して二つ目の方針を訊ねます。

 

孔明の基本方針その2:能力あるものを登用する

孔明

 

孔明は二つ目の方針として劉璋に仕えていた益州政権の人材の中から有能な人材をしっかりと

見出してそれなりの地位に付けることを示します。

この二つ目の方針に対しては劉備は何も言わずに孔明の方針に賛成。

こうして孔明が考えた二つの方針に沿って益州統治が開始されることになります。

 

関連記事:【経営者・人事必見!】諸葛亮孔明から学ぶ7つの人材登用ポイント!

関連記事:曹操の人材登用法が魏国の安定をもたらす!能力主義者・曹操の二段構えの政策とは?

 

厳しく法に則って統治した結果・・・・孔明が民衆達から恨まれることに

孔明

 

孔明は劉備の許しを得るとすぐに自らの基本方針に従って統治を開始。

その結果、以前とは違い少しのことでも民衆は厳しく罰せられたことに怒りを感じて、

孔明を恨み始めますが、彼は一切構わず厳しく取り締まっていくことを継続していきます。

劉備の家臣は孔明の締めつけに対して「少し緩めたほうがいいのでは」と提案しますが、

孔明はこの提案を退けて、徹底した法治主義を行っていきます。

この結果初めは孔明を恨んでいた民衆も次第に法治主義に慣れてきたのか、

あまり文句を言うことなく劉備の政権は安定していくことになります。

 

能力あるものを適材適所に配置して行った結果・・・・益州政権は一体となることに

馬良、孔明

 

孔明は民衆や君臣達に法治主義を適用していくと同時に能力ある人物を次々に登用して、

要職につけるとともに適材適所に人材を配置していくことにします。

この結果元劉璋に仕えていた人材達が、

劉備政権をしっかりと自らの政権として自覚するようになります。

孔明の努力の結果劉備政権は一枚岩になり、強固な政権が短期間で誕生することになるのです。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

黒田廉さん02a

 

孔明が行った人材登用によって引き上げられた楊洪(ようこう)という人物は、

元々劉璋に仕えていた人物でした。

定軍山の戦いが勃発すると前線の兵力が足りなくなってきます。

そこで孔明は楊洪に「前線に兵力が足りないのですが、どうすればいいと思いますか」と訊ねます。

すると彼は「孔明様。漢中は益州の喉に当たり、

ここを取られてしまえば劉備政権にとって危機的状態に陥るでしょう。

すぐに前線に兵力を送るべきだと考えます。」と進言。

孔明はこの言葉を聞いてすぐに前線に送ると同時に劉備政権が一枚岩になったことを確信します。

元劉璋政権の人材が劉備政権を案じて進言してくれたことが原因です。

こうして孔明の基本方針はある程度の成功を見せるのでした。

 

参考文献 岩波書店 中国人物列伝 井波律子著など

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:実は大激戦だった!劉備の蜀獲りを地図で見ると意外なこともわかる!

関連記事:なぜ劉備は蜀王ではなく小さい土地である漢中王に就任したの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第30話「潰されざる者」の…
  2. 【曹操を支えた賢才】卞氏がいたからこそ後ろを省みることなく曹操は…
  3. 水攻め、地雷?三国志の中で最強の計略ランキングを三國志ライター黒…
  4. 【神になった名将対決】劉備三兄弟の一人関羽VS救国の英雄・岳飛 …
  5. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第20話 「罪と罰」の見ど…
  6. 井伊直政 徳川三傑の一人・井伊直政(いいなおまさ)ってどんな人?
  7. 愛馬に乗り敵を粉砕する張遼 張遼の武器は本当に双鉞だったの?遼来来に迫る!
  8. 陳登(ちんとう)とはどんな人?劉備や曹操に認められた大才の持ち主…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 幕末 帝国議会
  2. 曹操女性の敵2 ゆるキャラ
  3. 劉備 結婚

おすすめ記事

  1. 後漢の始祖・光武帝劉秀(りゅうしゅう)ってどんな人?青年期は貧しいが性根の優しい人物Part.1 光武帝(劉秀)陰麗華
  2. 任峻(じんしゅん)とはどんな人?屯田制を実行し魏軍の食料庫をパンパンにした男
  3. 大久保利通の名言・格言の意味、座右の銘を紹介 大久保利通 幕末
  4. 【真田丸】真田信繁も背水の陣を敷いた?国士無双と謳われた天才武将・韓信との共通点 韓信将軍
  5. 【魏延粛清作戦】捨て駒同然の扱いをされた馬岱
  6. 関羽廟だけじゃない!結構な人気がある張飛廟を徹底紹介!

三國志雑学

  1. 城銅雀台
  2. 夏侯惇
  3. 蜀の姜維
  4. 孔明による出師の表
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 豊臣秀吉 戦国時代
  2. 近藤勇 新選組

おすすめ記事

洛陽の最速王は誰だ!意外に速い!三国時代の馬車ってどんなの? 裴潜(はいせん)とはどんな人?鳥丸の反乱を抑え、様々な政策を生み出した裴松之の先祖 空城も計 孔明 空城の計って何?門を開けて敵軍をお出迎え? 【ザ・犯罪】曹操軍に実在した墓泥棒組織 発丘中郎将・摸金校尉 【英雄亡き三国志の見どころ】司馬師vs王基の壮絶な舌戦:勝利の軍配はどちらに!? 周瑜(しゅうゆ)ってどんな人?赤壁の戦いで曹操軍を破った智将軍 益州の牧・劉璋の配下で最強の武将は誰か?魏延や黄忠を打ち破ったあの武将 キングダム544話 新人戦 ネタバレ&レビュー

おすすめ記事

  1. 【告知】8月のはじ三のスペシャル記事をピックアップ紹介 はじめての三国志編集長 kawauso
  2. 明智光秀と服部半蔵は同一人物だった?伊賀を越えた光秀に迫る 服部半蔵
  3. 鄧禹(とうう)とはどんな人?光武帝の親友だが戦争にべらぼう弱い雲台二十八将の1人
  4. 媧燐(かりん)は実在した?ベトナムの女桀と呉の陸胤の戦いの意外な決着
  5. 【11月の見どころ】11/11〜15日まで「春秋左氏伝の世界」
  6. ホリエモンが舛添都知事を庇った理由と晏嬰で考える政治家倫理
  7. 笮融(さくゆう)とはどんな人?中国初仏教群雄として歴史に名を刻んだ後漢の武将
  8. 劉備も関羽もイスラム教徒?中東シリアで流れる三国志アニメ シリア 関羽

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP