三国志や曹操を分かりやすく紹介|はじめての三国志

menu

はじめての蜀

蜀を制圧したばかりの劉備軍をまとめるために孔明が打ち出した二つの方針とは?

この記事の所要時間: 216




張松、劉璋

 

益州を攻略したばかりの劉備軍は政権としては不安定なものでした。

その原因は益州を攻略してまだ日が浅かった事と劉璋(りゅうしょう)に属していた家臣団と

劉備軍の家臣団をどのように協力させていくかの方針が固まっていなかったからです。

劉備軍の天才的行政能力を持った諸葛孔明はいくつかの方針を打ち出して、

益州政権を強固なものにしようとします。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【新企画】朝まで三国志を開催!夜22時~朝6時までノンストップ特別企画!




孔明が出した二つの政策とは

孔明

 

劉備は劉璋を降伏させて、ついに益州を攻略することに成功します。

そして孔明が劉備に示していた天下三分の計がやっと完成することになるのですが、

劉備軍には不安要素がありました。

それは民衆の不安や元劉璋に属していた家臣達と元々いた劉備軍の家臣団達を

どのようにして協力させていくかです。

孔明は益州攻略に成功して皆喜んでいる最中、

喜びに浮かれることなくこの不安要素をどうやって解決すればいいのか考えておりました。




孔明の基本方針その1:厳しく法に則って統治を行う

孔明 劉備の剣とハンコ

 

孔明は色々と試行錯誤した結果、劉備に益州統治に際しての二つの方針を示します。

一つ目は益州の民衆達を法でしっかりと統治することです。

劉備は孔明が示した方針に「なぜ厳しく民衆を締め付けなくてはならないのだ」と問いただします。

すると孔明は「劉璋政権は民衆をゆる~く統治していたので、

民衆は君主を敬うことを忘れております。

また君臣の関係もあいまいになっておりましたので、

ここで厳しく取り締まってやらないと曹魏と戦うことが難しくなってしまうでしょう」と

法でしっかりと統治する理由を示します。

劉備は孔明の理由を聞いて納得して二つ目の方針を訊ねます。

 

孔明の基本方針その2:能力あるものを登用する

孔明

 

孔明は二つ目の方針として劉璋に仕えていた益州政権の人材の中から有能な人材をしっかりと

見出してそれなりの地位に付けることを示します。

この二つ目の方針に対しては劉備は何も言わずに孔明の方針に賛成。

こうして孔明が考えた二つの方針に沿って益州統治が開始されることになります。

 

関連記事:【経営者・人事必見!】諸葛亮孔明から学ぶ7つの人材登用ポイント!

関連記事:曹操の人材登用法が魏国の安定をもたらす!能力主義者・曹操の二段構えの政策とは?

 

厳しく法に則って統治した結果・・・・孔明が民衆達から恨まれることに

孔明

 

孔明は劉備の許しを得るとすぐに自らの基本方針に従って統治を開始。

その結果、以前とは違い少しのことでも民衆は厳しく罰せられたことに怒りを感じて、

孔明を恨み始めますが、彼は一切構わず厳しく取り締まっていくことを継続していきます。

劉備の家臣は孔明の締めつけに対して「少し緩めたほうがいいのでは」と提案しますが、

孔明はこの提案を退けて、徹底した法治主義を行っていきます。

この結果初めは孔明を恨んでいた民衆も次第に法治主義に慣れてきたのか、

あまり文句を言うことなく劉備の政権は安定していくことになります。

 

能力あるものを適材適所に配置して行った結果・・・・益州政権は一体となることに

馬良、孔明

 

孔明は民衆や君臣達に法治主義を適用していくと同時に能力ある人物を次々に登用して、

要職につけるとともに適材適所に人材を配置していくことにします。

この結果元劉璋に仕えていた人材達が、

劉備政権をしっかりと自らの政権として自覚するようになります。

孔明の努力の結果劉備政権は一枚岩になり、強固な政権が短期間で誕生することになるのです。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

黒田廉さん02a

 

孔明が行った人材登用によって引き上げられた楊洪(ようこう)という人物は、

元々劉璋に仕えていた人物でした。

定軍山の戦いが勃発すると前線の兵力が足りなくなってきます。

そこで孔明は楊洪に「前線に兵力が足りないのですが、どうすればいいと思いますか」と訊ねます。

すると彼は「孔明様。漢中は益州の喉に当たり、

ここを取られてしまえば劉備政権にとって危機的状態に陥るでしょう。

すぐに前線に兵力を送るべきだと考えます。」と進言。

孔明はこの言葉を聞いてすぐに前線に送ると同時に劉備政権が一枚岩になったことを確信します。

元劉璋政権の人材が劉備政権を案じて進言してくれたことが原因です。

こうして孔明の基本方針はある程度の成功を見せるのでした。

 

参考文献 岩波書店 中国人物列伝 井波律子著など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:実は大激戦だった!劉備の蜀獲りを地図で見ると意外なこともわかる!

関連記事:なぜ劉備は蜀王ではなく小さい土地である漢中王に就任したの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 武田信玄の死と勝頼の武田家継承の謎
  2. 三国志の劉備が愛した4人の妻を紹介
  3. 秦の『外交』を分析!どうして秦が中華統一することができたのか?
  4. 秦を滅ぼし暴走した劉邦を止めた天才軍師・張良の必殺の言葉って何?…
  5. 黄権(こうけん)ってどんな人?劉備から絶大な信頼を得ていた人物
  6. 秦が天下統一できたのは斉が他国へ何にもしなかったのが要因か!?
  7. 今川家のポンコツではなかった今川義元の前半生に迫る!
  8. 【韓信の恩返し】受けた恩はしっかりと恩で返す器の大きい韓信

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 実は孔明は墨者(ぼくしゃ)だった!?意外すぎる6つの理由
  2. 【蜀の建国~滅亡まで】蜀の国を背負って戦い続けた丞相【孔明編】
  3. 徐晃(じょこう)ってどんな人?魏において、もっとも功績を挙げた無敗将軍
  4. 三国志の英雄も楽しんだ?日本とは少し違う三国志時代の蝉取り
  5. 127話:迫る第四次北伐と蜀の抱える二つの問題点
  6. 曹丕の残忍さがよく分かる曹丕の妻、甄氏の悲劇

三國志雑学

“劉備漫画"

ピックアップ記事

おすすめ記事

孫家三代もメロメロ、実は周瑜と双璧の名将 程普の伝説 来敏(らいびん)とはどんな人?孔明が魏延よりも苦手だった学者 劉備も茶を求めた?中国茶の歴史 【皇帝から手紙を受け取る呂布】呂布は朝廷に従順な姿勢を見せていた!? 【ビジネス三国志】孔明の大逆転!既成概念を破壊してチャンスを掴め 【キングダム】秦の旧六大将軍と新六大将軍を大胆予想! 関帝廟ガイド~知っておきたい、正しい「基本」の参拝方法 孔明の最期の晩餐は一体何を食べていたの?

おすすめ記事

  1. 【諸葛亮孔明の心に残る名言】「好尚同じからずと雖も公義をもって相取る」
  2. 乱世の女は強かった!女城主直虎以外の女傑を紹介
  3. 【西楚覇王項羽】彼の性格は○○で、○○の高さは誰にも負けない人物だった
  4. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース12記事【4/3〜4/10】
  5. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第13部(完)
  6. 田豊(でんほう)とはどんな人?優れた策をいくつも進言するも全てが無駄になった智謀の臣
  7. 何進(かしん)とはどんな人?天下騒乱のきっかけを作った大将軍
  8. 司馬炎(しばえん)ってどんな人?三国時代を終わらせたスケベ天下人

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP