三国志平話
if三国志




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

えっ?劉璋は若い頃かなり気性が荒かった?



劉璋

 

三国志においては安定のボンクラぶりを発揮している益州牧、劉璋(りゅうしょう)

そのダサさ加減は、自分より格下の張魯(ちょうろ)を怖れる余りに劉備(りゅうび)を招き入れるという

本末転倒ぶりを演じるレベルでした。

しかし、これは晩年の話で若い頃の劉璋は結構有能で気性の荒い人だったのです。

今回は知られざるヤング劉璋の逸話を紹介しましょう。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:馬超の兜は?馬超の動物のクセがスゴイ

関連記事:関羽は本当に反権威の人だったのか?

 

 

若い頃は兄弟と共に長安にいた劉璋

長安

 

劉璋は字を季玉(きぎょく)と言い、劉焉(りゅうえん)の末っ子として誕生しました。

父の劉焉は、後漢が崩壊する事を見越して自分で志願して益州に向かい、

地盤を広げていきましたが、息子たちは三男の劉瑁(りゅうぼう)以外洛陽に残っていました。

 

その後、董卓(とうたく)が洛陽を支配すると劉焉に頭を下げるように命じますが

劉焉はこれを黙殺してやってきませんでした。

 

これにより、洛陽に置き去りの劉焉の息子たち、

劉範(りゅうはん)劉誕(りゅうたん)劉璋(りゅうしょう)の立場は悪くなります。

ただ、今後の事を考えたのか董卓は3人を殺さずに手元に置いておき

長安遷都後は本拠地の郿塢(びう)に放り込んで獄に繋いでいました。

董卓

 

192年、董卓呂布(りょふ)に殺されると、三兄弟は開放される事になります。

3名は奉車都尉(ほうしゃとい)という献帝を守る地位になりますが、

間もなく呂布王允(おういん)の政権は崩壊し長安李傕(りかく)郭汜(かくし)の支配下に入りました。

しかし、劉誕、劉範、劉璋は殺される事なく、そのまま献帝に仕えます。

 

 

運命の分岐点 父を説得する為に益州に向かい拘留される

劉表

 

益州で劉焉は五斗米道の張魯を傘下に加えて勢力を伸ばしていきます。

こうして、張魯(ちょうろ)に命じて漢中から中央に繋がる橋を焼き落とし官吏を殺しました。

劉焉は奢って、超デラックスな馬車を千乗作成するなど威勢を示し

いよいよ後漢王朝に対して独立志向を強めてきました。

 

これを荊州の劉表(りゅうひょう)献帝(けんてい)に告げ口します。

 

劉君郎(りゅうくんろう)は益州で天子気取りです、放置すれば厄介な事になりましょう」

 

さっすが!同じ漢の王族の末裔(まつえい)同士、安定の仲の悪さですね。

 

そういう事なので事態を重く見た献帝は、

「息子が説得すれば劉焉も言う事を聞くだろう」と

末っ子の劉璋を説得に向かわせる事にしたのです。

劉璋は献帝の要請で馬車に乗り、遥々益州に向かいます。

これが、劉璋と他の兄弟達との命運を分けました。

馬騰

 

194年3月、征西将軍馬騰(ばとう)李傕(りかく)と不仲になり叛き劉誕・劉範は馬騰に組します。

反乱計画は途中で漏れて失敗し、馬騰は西涼に逃げていきますが、

逃げる場所がない劉範と劉誕は報復に燃える李傕に捕えられ処刑されました。

もし、劉璋が長安に残っていれば李傕につかない限り死は免れなかったでしょう。

 

北伐の真実に迫る

北伐  

不幸が続いて病気になった劉焉は死去、劉璋は趙韙に擁立される

 

劉璋は劉焉の病気見舞いを口実に益州に入りますが、

一人でも肉親が欲しい劉焉はこれ幸いと劉璋を拘留して長安に帰しませんでした。

劉璋にとっては、これが馬騰の兵乱を逃れ益州牧になる重大な契機になります。

 

イケイケだった劉焉ですが老いと落雷によって本拠地の綿竹が焼けたり

息子たちが馬騰の反乱に連座して死んだなどで精神的なショックを受けます。

やがて、背中に悪性の腫瘍(しゅよう)が出来た劉焉は非業の最期を遂げました。

 

劉焉は後継者を定めなかったようですが重臣の趙韙(ちょうい)は劉璋がボンクラで

操縦しやすそうに見えた為に、後継者争いで主導権を握り献帝に上奏して

劉璋を後継者にしたのです。

 

劉表を放逐して何とか支配を安定させたい劉璋

 

益州の支配が劉焉から劉璋に代わると隙を突こうとした劉表は、

荊州別駕の劉闔(りゅうがい)を使って、劉璋に不満を持つ諸勢力を叛かせて

益州を手に入れようと画策しました。

 

そして劉璋の将軍の沈彌(ちんや)婁発(ろうはつ)甘寧(かんねい)を反かせ劉璋を撃ったものの

意外に劉璋を支持する勢力が多く、敗れて敗走して荊州に入ります。

なんとか劉表の攻撃を凌いだ劉璋は、李傕に使者を送って接近し、

益州牧の地位を認めてもらい劉表討伐の命令まで手に入れるのです。

 

こうして、劉璋は逆に荊州を併呑しようと趙韙を出兵させます。

趙韙は、荊州領内に侵攻し、朐䏰(くじん)に駐屯し、

西暦200年前後まで劉表と血みどろの抗争を続けます。

 

晩年は遊んでいるだけの劉璋ですが初期はアグレッシブですね。

後年の肥満したおだやかオジサンとはイメージが違います。

 

劉表との抗争と趙韙の粛清で益州が斜陽に・・

劉璋

 

しかし、趙韙は荊州の攻略にてこずり戦果を挙げられませんでした。

これで、劉璋は趙韙に失望して処分する事を考え始めます。

その頃、益州内部では長年続く兵乱に住民が劉璋を恨み不満が高まっていました。

趙韙は、これを利用し民衆の不満を背景にし、無断で劉表と和睦して

成都まで攻め上ってきました、やられる前にやれ、つまりクーデターです。

 

びっくりした劉璋ですが、まだツキは劉璋にありました。

劉焉が益州制圧の為に組織した流れ者の混成部隊の東州兵が劉璋を支持し

趙韙に叛いたのです。

 

こうして趙韙は次第に不利になり部下の龐楽(ほうらく)李異(りい)に叛かれ殺害されました。

かくして、ようやく支配の安定を見た劉璋ですが、東州兵に頼り切った為に

東州兵は増長して略奪行為を繰り返すようになります。

これにより人心はさらに劉璋から離れるようになりました。張魯

 

おまけに、劉表と喧嘩している間に漢中の子分の張魯が急成長して

劉璋の命令を無視するようになったのです。

 

腹を立てた劉璋は成都にいた張魯の母と弟を殺害し

張魯との関係は修復不可能な状態に陥ります。

劉璋は龐羲(ほうぎ)に張魯を攻めさせますが、龐羲の軍事的な才能は趙韙以下で

度々張魯に敗れたので、劉璋は防戦に転じる事になります。

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso

 

もう、お分かりですね、ここから劉璋は張魯の影に怯え曹操(そうそう)を頼ったり

劉備を頼ったりする優柔不断なボンクラ君主にレベルアップするのです。

つまり、益州は最初から弱かったわけではなく、劉表との抗争、

趙韙との抗争が起こり、随分弱体化していたのです。

元々は、事なかれ主義ではなかった劉璋は、益州を巡る抗争に疲れ、

ああいうボンクラ君主にならざるを得なかったのでした。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:全中が泣いた!益州のボス・劉璋の最後は実に感動的だった!

関連記事:益州の牧・劉璋の配下で最強の武将は誰か?魏延や黄忠を打ち破ったあの武将

 

伝説の企画 朝まで三国志 最強のワルは誰だ

朝まで三国志1  

 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 三国志時代の字体とは?現代でも通じるの?
  2. 夏侯覇は郭淮とチョー仲が悪かったから蜀へ逃げたってホント!?
  3. 王異 軍師・司馬懿と女策士・王異を比較!軍配はどちらに!?
  4. 張角は歴史の表舞台に登場 黄巾賊の組織体制はどうなっていたの?太平道を布教させた宗教団体を…
  5. 呂蒙 【濡須口の戦い功労者列伝】濡須塢を築き二度も曹操軍を撃退、呂蒙
  6. 【クイズ】魏最強!でも滅亡、原因はなーんだ?
  7. 徐晃 徐晃の戦い方が素晴らしすぎる!前漢の周亜夫の武勇に匹敵するほどの…
  8. 宦官 【後漢王朝はこうしてダメになった】外戚VS宦官の争いってどうして…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 岳飛(南宋の軍人)
  2. 徐庶
  3. 生姜を買ってくる左慈と曹操
  4. 読者の声バナー(はじめての三国志)
  5. 上杉謙信
  6. 劉備と4人の妻
  7. 魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍

おすすめ記事

  1. 月刊はじめての三国志2017年11月号 (桃園出版 三国舎)の販売を開始しました
  2. 常に二番手で戦ってきた李典のタッグ武将歴
  3. 董卓は実は名将軍であるという根拠
  4. 【潼関の戦い】どうすれば馬超は曹操に勝てたの? 蜀馬に乗って戦場を駆け抜ける馬超
  5. 【冷気骨に徹る】秋風五丈原、そんなに寒かったの?
  6. 【潼関の戦い】曹操が作成した甬道が合理的過ぎた 魏の曹操孟徳

三國志雑学

  1. 法正と張松
  2. 黄忠
  3. 周瑜
  4. 張遼・楽進・李典
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 幕末 魏呉蜀 書物
  2. 玄宗皇帝
  3. 合肥の戦いの満寵
  4. 愛馬に乗る張遼

おすすめ記事

孔明 耳で聞いて覚える三国志 【諸葛亮の心に残る名言】強弩の末、勢い魯縞をも穿つあたわず もし郭嘉が長生きしてたら赤壁の戦いでは曹操軍はどうなっていたの? 坂本龍馬チビ説 坂本龍馬の身長は?本当は大きくないの? これは凄い!巨大な関羽像が荊州に現れる!実は二千年前から巨大像が好きだった中国人 弩(ど)を発射させる蜀兵士達 【はじめての孫子】第12回:卒を視ること嬰児の如し、故にこれと深谿に赴むくべし。 【シミルボン】驚愕!三国志の時代の酒のマナー 殷の大様002 ワラビを食べて餓死!?伯夷・叔斉ってどんな兄弟? 騎馬兵 騎馬軍団 2話:無敵の騎馬軍団を初めて軍に取り入れた趙の武霊王

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP