ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
Youtube


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

張繍と賈詡は曹操に降伏したのは本心からではなかった!?

曹操と張繍


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

曹操と張繍

 

張繍(ちょうしゅく)と賈詡(かく)のコンビは宛城(えんじょう)の戦いで曹操軍に奇襲をかけて

大勝利を収め、曹操を討ち取る寸前まで追い詰めることに成功。

その後彼らコンビは劉表の元へ身を寄せた後、曹操へ降伏することになります。

張繍は始め袁紹と同盟を結んで曹操と戦おうと考えておりましたが、

賈詡のあるとんでもない行動によっておじゃんになってしまいます。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【新企画】朝まで三国志を開催!夜22時~朝6時までノンストップ特別企画!


攻撃を仕掛けてきた曹操軍が撤退そして・・・・

賈詡と曹操と張繍

 

曹操軍は宛城での大敗の後、再び張繍軍へ攻撃を仕掛けてきます。

しかし曹操軍は張繍軍攻撃を本格的に行うことなく撤退を開始。

賈詡は「殿。曹操軍へ追撃を行ってはなりません」と追撃に反対しますが、

張繍は曹操軍が撤退し始めたことを知ると賈詡の進言を聞かずに全軍で、

追撃を行いますが曹操軍に敗北してしまいます。

張繍は帰ってくると賈詡へ謝罪し「お主の言う通りであったわ。」としょんぼりしてしまいます。


賈詡の進言

賈詡

 

張繍の謝罪を聞いた賈詡ですが彼に「殿。もう一回追撃をかければ必ず勝てます。」と

強く進言を行います。

張繍は「勘弁してくれ。今大敗して帰ってきたばかりだ。

再度追撃しても必ず敗北してしまうよ。」と当然の意見を述べます。」

だが賈詡は「曹操は今殿を打ち払って全軍で急いで帰還しているところで、

再度追撃してくることなど考えていないでしょう。

そこに殿がもう一度追撃をかければ曹操軍は油断をしており、

必ず勝利を得ることができます。

殿、時期を逸する前にすぐに追撃をかけなさい」と張繍を急かします。

張繍は進言を賈詡の進言を信じて再度追撃をかけると曹操軍を大いに打ち破り、

大勝利を収めて帰ってくる事となります。

 

関連記事:賈詡は一流の政治家でもあった!?降伏の進言をして名軍師と呼ばれた天才の生涯

関連記事:董卓は何で李儒や賈詡がいたのに賈詡を重用しなかったの?

 

袁紹からの誘いに乗ろうと考えていた

賈詡

 

二度の勝利によって張繍と賈詡のコンビの元へ袁紹から使者がやってきます。

使者は「我が軍は曹操軍に圧倒的に有利な状態で戦を運んでおり、

曹操を打ち破るのは時間の問題である。

我が軍としては曹操軍を完全に打ち破るために、

貴殿らに後方から圧力をかけていただきたい。」と提案してきます。

張繍は袁紹からの申し入れに賛同しようと考えておりました。

しかし賈詡がとんでもない行動に出てしまったので、

袁紹からの提案はおじゃんになってしまいます。

 

関連記事:善悪関係なし!6人の君主を渡り天寿を全うした軍師賈詡の生涯!

関連記事:策で生き続けた賈詡は最終的にどこまで出世したの?


とんでもない行動とは

賈詡

 

賈詡は張繍が発言する前に袁紹の使者に対して「兄弟と協力することのできない袁紹とは

組むことはできない」と発言。

袁紹の使者を前にしていきなりこんなことを言う賈詡の行動は、

まさにとんでもない行動と言えるのではないのでしょうか。

この発言によって袁紹との提案はおじゃんになってしまいます。


  

 

三国志ライター黒田レンの独り言

黒田廉さん02a

 

賈詡の発言によって袁紹と組むことができなくなった張繍。

そのため張繍は彼に「どうしてくれんだ。」と激怒

すると賈詡は「袁紹と手を組むよりも曹操と手を組んだほうがいいでしょう。」と進言。

しかし張繍は二度も曹操軍と戦っており、曹操が受けいれてくれるかどうか心配でしたが、

賈詡は「グダグダ考えているよりも行動するべきであると考えます。

すぐに曹操の元へ向かいましょう」と張繍を促して曹操の元へ向かいます。

張繍の不安は当たることなく曹操は彼の降伏を受け入れることになります。

張繍は本心で曹操へ降伏したかったわけではないですが、

賈詡の進言に従って曹操に味方したことで袁紹と一緒に滅びることなく、

曹操軍に組み入れられ活躍することになるのです。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志魏書2 今鷹真・井波律子著など

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:天地を喰らうという漫画があまりにもカオス!裏三国志入門書 Part 1

関連記事:はじめての三国志スタッフが選ぶ三国志おすすめゲーム3選

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 


 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 馬超の兜にフォーカス 馬超がかっこいい!入蜀後の功績が少ない理由は血筋の良さが五虎将軍…
  2. 長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市) 潼関の戦いの舞台関中はどんな土地?
  3. 太平道の祖・張角(黄巾賊) 【怪しげな宗教団体】どうして多くの民衆が太平道に参加したの?
  4. 蜀の厳顔 【衝撃の事実】厳顔は老将なんかじゃなかった!?
  5. 【トラブル続発】後漢の時代の塾は色々面倒くさかった?
  6. 一騎打ちをする太史慈と孫策 取ったど~!太史慈、孫策の兜を奪い取っていたことが判明
  7. 豊臣秀吉 戦国時代2 【センゴク】鳥取城の飢え殺しはどんな戦略だったの?兵士の死亡率を…
  8. 賈詡 賈詡は一流の政治家でもあった!?降伏の進言をして名軍師と呼ばれた…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 真田丸 武田信玄
  2. はじめての三国志からのお知らせ バナー
  3. 劉禅と結婚する敬哀皇后
  4. 劉禅と孔明
  5. 寧宗
  6. 幕末大勢で一人に襲いかかる新選組
  7. 北伐を結構する孔明

おすすめ記事

  1. 明智光秀が保護した延暦寺とは?明智光秀が延暦寺を保護した理由 お茶を楽しむ明智光秀
  2. 【麒麟がくる】斎藤道三は鉄砲を知らなかったの? 明智光秀は鉄砲の名人 麒麟がくる
  3. そんなカバな!!赤兎馬はカバだった?関羽は野生のカバに乗って千里を走った?(HMR) カバ&関羽
  4. kawauso編集長のぼやきVol.11「食いあわせ」 kawauso編集長、おとぼけさん、コーノさん、廉さん
  5. 【潼関の戦い】曹操軍の補給を担った杜畿(とき)を解説
  6. 張郃と顔良強いのは一体どっちだ? 漢の顔良(がんりょう)

三國志雑学

  1. 袁術と袁紹の喧嘩
  2. 陸遜の部下の兵士
  3. 周瑜と陸遜
  4. 愛馬に乗る張遼
  5. 魏と国号を決める曹丕


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “読者の声" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能"
“はじめての三国志読者の声"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 燃える本能寺
  2. 五重塔(仏塔)仏教
  3. 諸葛恪の栄光と破滅04 諸葛恪
  4. 五禽戯と華佗(華陀)
  5. 烏桓族
  6. 張飛の寝込みを襲う張達と范彊
“夜のひとときながら三国志ver3"

おすすめ記事

関羽を油断させる陸遜 荊州奪還戦!実質的に関羽の首を取ったのは呂蒙ではなく陸遜だった? はじめての三国志からのお知らせ バナー 「月刊はじめての三国志7月号」6月25日(火)に出版決定 関帝廟 関羽 横浜関帝廟のご利益のでる参拝の仕方とは?パワースポットにも最適? 史進(水滸伝) 【水滸伝】史進の活躍は最初だけ?108星最初の豪傑の最期も呆気なかった はじめての三国志 画像準備中 伍子胥(ごししょ)とはどんな人?復讐の鬼となり、楚を滅亡寸前まで追い詰めた呉の名将【悲劇編】 文欽・毌丘倹の反乱を鎮圧することができたのは傅嘏の進言があったからこそ? 三国志のモブ 反乱 あの戦国大名の下克上率は何%?梟雄達を比較 本当は蜀と同名を結びたい孫権 【衝撃の事実!!】正史三国志の作者・陳寿は孫権が打ち立てた孫呉を皇帝として認めていなかった!?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “はじめての三国志企画特集" “つながるはじめての三国志" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
“歯痛の歴史"
“三国志読み放題サービス"
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論
ビジネス三国志
ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“つながるはじめての三国志

“はじめての三国志Youtubeチャンネル"

“ながら三国志音声コンテンツver3"
PAGE TOP