三国志平話
はじめての漢王朝




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

張繍と賈詡は曹操に降伏したのは本心からではなかった!?




曹操と張繍

 

張繍(ちょうしゅく)と賈詡(かく)のコンビは宛城(えんじょう)の戦いで曹操軍に奇襲をかけて

大勝利を収め、曹操を討ち取る寸前まで追い詰めることに成功。

その後彼らコンビは劉表の元へ身を寄せた後、曹操へ降伏することになります。

張繍は始め袁紹と同盟を結んで曹操と戦おうと考えておりましたが、

賈詡のあるとんでもない行動によっておじゃんになってしまいます。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【新企画】朝まで三国志を開催!夜22時~朝6時までノンストップ特別企画!




攻撃を仕掛けてきた曹操軍が撤退そして・・・・

賈詡と曹操と張繍

 

曹操軍は宛城での大敗の後、再び張繍軍へ攻撃を仕掛けてきます。

しかし曹操軍は張繍軍攻撃を本格的に行うことなく撤退を開始。

賈詡は「殿。曹操軍へ追撃を行ってはなりません」と追撃に反対しますが、

張繍は曹操軍が撤退し始めたことを知ると賈詡の進言を聞かずに全軍で、

追撃を行いますが曹操軍に敗北してしまいます。

張繍は帰ってくると賈詡へ謝罪し「お主の言う通りであったわ。」としょんぼりしてしまいます。




賈詡の進言

賈詡

 

張繍の謝罪を聞いた賈詡ですが彼に「殿。もう一回追撃をかければ必ず勝てます。」と

強く進言を行います。

張繍は「勘弁してくれ。今大敗して帰ってきたばかりだ。

再度追撃しても必ず敗北してしまうよ。」と当然の意見を述べます。」

だが賈詡は「曹操は今殿を打ち払って全軍で急いで帰還しているところで、

再度追撃してくることなど考えていないでしょう。

そこに殿がもう一度追撃をかければ曹操軍は油断をしており、

必ず勝利を得ることができます。

殿、時期を逸する前にすぐに追撃をかけなさい」と張繍を急かします。

張繍は進言を賈詡の進言を信じて再度追撃をかけると曹操軍を大いに打ち破り、

大勝利を収めて帰ってくる事となります。

 

関連記事:賈詡は一流の政治家でもあった!?降伏の進言をして名軍師と呼ばれた天才の生涯

関連記事:董卓は何で李儒や賈詡がいたのに賈詡を重用しなかったの?

 

袁紹からの誘いに乗ろうと考えていた

賈詡

 

二度の勝利によって張繍と賈詡のコンビの元へ袁紹から使者がやってきます。

使者は「我が軍は曹操軍に圧倒的に有利な状態で戦を運んでおり、

曹操を打ち破るのは時間の問題である。

我が軍としては曹操軍を完全に打ち破るために、

貴殿らに後方から圧力をかけていただきたい。」と提案してきます。

張繍は袁紹からの申し入れに賛同しようと考えておりました。

しかし賈詡がとんでもない行動に出てしまったので、

袁紹からの提案はおじゃんになってしまいます。

 

関連記事:善悪関係なし!6人の君主を渡り天寿を全うした軍師賈詡の生涯!

関連記事:策で生き続けた賈詡は最終的にどこまで出世したの?

 

とんでもない行動とは

賈詡

 

賈詡は張繍が発言する前に袁紹の使者に対して「兄弟と協力することのできない袁紹とは

組むことはできない」と発言。

袁紹の使者を前にしていきなりこんなことを言う賈詡の行動は、

まさにとんでもない行動と言えるのではないのでしょうか。

この発言によって袁紹との提案はおじゃんになってしまいます。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

黒田廉さん02a

 

賈詡の発言によって袁紹と組むことができなくなった張繍。

そのため張繍は彼に「どうしてくれんだ。」と激怒

すると賈詡は「袁紹と手を組むよりも曹操と手を組んだほうがいいでしょう。」と進言。

しかし張繍は二度も曹操軍と戦っており、曹操が受けいれてくれるかどうか心配でしたが、

賈詡は「グダグダ考えているよりも行動するべきであると考えます。

すぐに曹操の元へ向かいましょう」と張繍を促して曹操の元へ向かいます。

張繍の不安は当たることなく曹操は彼の降伏を受け入れることになります。

張繍は本心で曹操へ降伏したかったわけではないですが、

賈詡の進言に従って曹操に味方したことで袁紹と一緒に滅びることなく、

曹操軍に組み入れられ活躍することになるのです。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志魏書2 今鷹真・井波律子著など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:天地を喰らうという漫画があまりにもカオス!裏三国志入門書 Part 1

関連記事:はじめての三国志スタッフが選ぶ三国志おすすめゲーム3選

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

 

よく読まれている記事

 

曹操01

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

朝まで三国志

 

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

 

kawauso 投壺

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

袁紹 曹操

 

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【超簡単解説】危急存亡の秋とはどういう意味?はじさん故事成語
  2. これは本物…?稀代の奇人変人・禰衡のやらかしエピソード集
  3. 周瑜の魅力 周瑜の名言から知る三国志の世界「人生れれば死あり。修短は命なり」…
  4. 趙雲は本当に英雄?趙雲はイケメンでかっこよかったの?
  5. 劉備も曹操もハッキヨイ!三国志の時代にも流行していた相撲
  6. 織田信長 織田信長の父・「尾張の虎」こと織田信秀の前半生に迫る
  7. 吉川元春(きっかわもとはる)がスゴイ!敵と味方から恐れられた戦の…
  8. 【第一回 放置少女】美少女達と一緒に三国志の世界を体感しよう!!…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 劉備玄徳が眩しい理由 三国志
  2. 蜀 武運を誇る馬超

おすすめ記事

  1. 第8話:三国夢幻演義 龍の少年「運命の攻防」配信中 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  2. 『三国志演義』に登場する周倉は実は実在していた!麦城村に周倉の墓も 周倉と裴元紹
  3. 【諸葛亮 vs 織田信長】戦争費用捻出法!あれやこれやの財源探し
  4. 新人・馬超が劉備と馴れ馴れしく口をきいていた!? 五虎大将軍の馬超
  5. 【第7回 幻想少女】強敵続出!ろひもと理穂は曹操に会えたのか!?
  6. 【そうだったの?】戦国時代は地球が寒くなった為に引き起こされた

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 鍾会を説得する姜維
  2. 曹操
  3. 李姫
  4. 幕末 魏呉蜀 書物

おすすめ記事

曹操 まだ漢王朝で消耗してるの?第3話:赤壁の敗戦と新国家の骨格 曹操 卞夫人 曹操 卑しい身分から、曹操の正妃へ卞夫人 Part.1 赤鎧を身に着けた曹操 【潼関の戦い】二度目の韓遂との会見が曹操の独壇場だったらしい 曹丕に恨まれた鮑勛(ほうくん) 鮑勛(ほうくん)とはどんな人?自分の意見をまっすぐに答え曹丕に恨まれてしまった政治家 江川英龍は戦後、教科書から削除されたその理由は? アンゴルモア 元寇合戦記ネタバレ 第29話 高麗がモンゴルと組んだ理由 キングダムと三国志 信と曹操のはてな(疑問) 六朝時代と魏晋南北朝時代って同じ?それとも違う? 【シミルボン】かつて三国志は今とは似てもにつかない荒唐無稽な話だった

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP