キングダム
夷陵の戦い




はじめての三国志

menu

はじめての変

【シミルボン】真面目そうな夏侯惇がやってしまったロックな行動の理由とは

この記事の所要時間: 253




シミルボン

 

※こちらの記事は「シミルボン」に配信されているコンテンツです。

 

兵士と禰衡

 

1800年も時代を隔てると、現在、普通である事が古代にはとんでもない

破廉恥な行動としてとらえられる事があります。

それは、普通に歴史書を読んでいても気づかないのですが、ある時、読書の履歴を

振り返ると、あーー!と感じる一種のアハ体験なのです。

今回は三国志でも、真面目な部類に入る曹操の重臣、夏侯惇(かこうとん)

やらかした超ロックな行動について紹介しましょう。




西暦198年頃、陳留大守時代に夏侯惇やらかす

みんなで魏志倭人伝(夏侯惇、典偉、夏侯淵、許長、張遼、曹操)

 

西暦198年頃、夏侯惇は陳留大守でしたが、ある時に宴会があり、

計吏の衛臻(えいしん)というものに命じて

「君の奥さんを酒宴のメンバーにお披露目しなさい」

そのように命令した事がありました。

ところが衛臻は血相を変えて「末世の俗」つまり破廉恥な行為ですぞと拒否。

怒った夏侯惇は衛臻を拘束しましたが、後に釈放しました。




なんで?衛臻は激しく拒否したのか?

 

この逸話を読んでも、私達には疑問符しか浮かばないでしょう。

何で、衛臻は自分の奥さんをお披露目するのに激しい拒否を示すのか?

新婚ホヤホヤだったか、束縛が強かったのか?いずれにしても過剰反応に思えます。

そして、夏侯惇は、なんで、そんな理由で怒り拘束しようとしたのか・・

史実の夏侯惇は温厚な文官で、羽目を外す事もまずないのに、

何でこんな事でこんなに怒るのでしょう?

 

三国志の時代、妻を客の前に出すのは、とんでもなく破廉恥だった。

 

ちくま文庫から出ている高島俊男著 きらめく三国志79ページには

その意外な理由が書かれています。

 

引用――――――

これは今の日本人の観念では、なかなか想像しにくいことだが、

婦人を宴会に出す、つまり自分の妻を他の男の目にさらすというのは

破天荒な暴挙なのである。

こんにちの日本人の感覚にわかるように説明するならば、

例えば会社の同僚をおおぜい家に連れてきて酒盛りをして、

そこに全裸の奥さんをあいさつに出す、まあ大体そんな感じである。

引用終わりーーー

 

参考文献:三国志きらめく群像

著者: 高島 俊男 出版社: 筑摩書房

 

三国志の時代、自分の妻を他の男の前に出すというのは、

およそ考えられない非常識な事であったのです。

 

非常識を敢えてやった、曹丕のケース

曹丕

 

逆に、非常識だからこそ、敢えてやって旧秩序の破壊者を気取る人もいます。

その一人が曹操の後継者であり、初代の曹魏王朝の皇帝である曹丕(そうひ)です。

彼は、まだ太子であった頃、自分のとりまきの文士、いわゆる建安七子と宴会を開いて、

座が盛り上がった頃に、美人で有名な奥さんの甄氏(しんし)を呼び出しています。

 

それには、流石のロックな文士達も驚き、平伏して顔を上げませんでしたが

ただ一人、劉楨(りゅうてい)だけは平然と甄氏の顔を見ていました。

 

それを知った曹丕の親の曹操は激怒します、次の君主の妃の姿を見るとは

破廉恥だというのです、当時としては合理主義者の曹操でさえこうなので、

いかに、人前に自分の妻を見せるのがタブーだったか分かります。

 

こうして劉楨は、裁判に掛けられ死刑を宣告されかけますが、

曹丕が口添えしたので罪一等を減じて石工にさせられました。

ロックな事をした報いが石工というのも皮肉な話ですが、、

 

実は、労働を卑しみ文を事を綴る事を至上とする当時の文士にとり、

石工に落される事は死に勝る屈辱なのですが、流石に曹丕の奥さんを

ガン見するロックな劉楨は何とも思わず、刑期が明けるまで、

毎日、トンカントンカン、鑿をふるっていたそうです。

 

真面目人間、夏侯惇はロックな文士に憧れた

夏侯惇

 

さて、以上のような事を踏まえると、ただの宴会での悪ふざけだと思われる

夏侯惇の振る舞いには、真面目人間らしからぬ、ロックな文士に憧れる

やんちゃな部分があったかと思われるのです。

隻眼で盲夏侯(もう・かこう)とあだ名されたハッタリの効いた容貌の夏侯惇ですが、

実は、見た目が怖いだけで中身は文官、ロックな文士に憧れていたようで

酒の勢いでタブーを破ってやろうと思い立ったのでしょう。

 

それを、あっさりと衛臻に「破廉恥です」と釘を刺されて拒絶された。

 

夏侯惇の中では、

(わかってねーな、だからやるんだよ、俺は反権威なんだよ)

という気持ちと

(しまった、酔って俺らしからぬ事をした恥ずかしい)

という後悔の気持ちが、ない交ぜになってしまい、取りあえず自分に逆らった

衛臻を処分して体裁を整えたというのが正直な気持ちなのでしょう。

 

シミルボン

 

【シミルボン】真面目そうな夏侯惇がやってしまったロックな行動の理由とは

の続きは、「シミルボン」内のページで読めます。

続きが気になる方は、「シミルボン」にアクセスしよう!




kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 陸遜(りくそん)は孫権配下の前は何をしていたの?
  2. 馬岱(ばたい)ってどんな人?実は記録がほとんどない馬超のイトコ
  3. 三国時代の黄夫人(黄月英)とは、実際にいた人?
  4. 項燕(こうえん)とはどんな人?信と蒙恬を撃破する王騎レベルの名将…
  5. 130話:孔明無言の帰還と魏延の最後
  6. 蒙武(もうぶ)ってどんな人?親友、昌平君との戦いは回避不能!
  7. 134話:頑固な忠臣、張昭と孫権の対立がシュール
  8. 【シミルボン】ええっ!そうなの?陳寿の三国志が簡潔な本当の理由

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【3000文字でわかる】!禁門の変(蛤御門の変)をすっきり解説
  2. 早すぎた時代の改革者・袁術にヘッドハンティングされた徐璆の逸話
  3. 麃公(ひょうこう)は実在したの?龐煖と李牧に挑んだ秦の将軍
  4. 【キングダム553話】休載スペシャル「山の民どうなる?」予想レビュー
  5. 昔の中国のお葬式ってどんな感じだったの?
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース14記事【12/25〜12/31】

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

はじめての三国志チャンネル 第2回目 – 赤兎馬を飲む 【001】 郭嘉が断言した曹操が袁紹に勝つ10の理由 このマンガがすごい!呉に光を当てた『江南行』『みんなの呉』『赤壁ストライブ』をレビューするよ 趙達とはどんな人?数学知識を駆使して未来を予言した男 月刊はじめての三国志2018年1月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました 【キングダム】李牧を死に追いやる佞臣、郭開(かくかい)とはどんな人? 西郷どんの師、赤山靱負(あかやまゆきえ)が切腹になるのは見せしめ? 中国史上、最大の軍師は誰なの?孔明?司馬懿か?

おすすめ記事

  1. 【ネタバレ注意】キングダム539話レビュー「戦の相手」
  2. 【キングダム】信が王騎の矛を受け継いだのには隠された意味があった!
  3. 范蠡(はんれい)とはどんな人?越王勾践を助けた謎の天才軍略家
  4. 楽天koboにて『#君主論』の販売を開始しました。
  5. 三国志の英雄も楽しんだ?日本とは少し違う三国志時代の蝉取り
  6. 三国志|前半戦のまとめその3(長坂の戦いまで)
  7. 幕末にサソリ固め!来島又兵衛の壮絶なアラフィフ人生
  8. 【シミルボン】異議ありまくり!三国志の時代の裁判風景

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP