よかミカンの三国志入門




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

木牛流馬って何?孔明の発明で輸送問題が解消し北伐で大活躍?

この記事の所要時間: 214




孔明

 

蜀の丞相である諸葛孔明

彼は劉備死後南蛮征伐を行い後方の憂いを無くすと共に蜀の国力増強を果たした後に

魏との戦いを始めます。

孔明は幾度も魏に戦いを挑みますが、

魏を打倒することができないままいつも退却することになります。

彼はその原因を兵糧輸送の方法に問題があると考え、

自ら兵糧輸送の問題を解決するべく試行錯誤します。

そしてついに自らが考えて作り出した木牛(もくぎゅう)・流馬(りゅうば)が完成しますが、

果たしてこの二つの輸送効率をアップさせる発明品は役になったのでしょうか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【三国志あるある】懐かしい!と思った人は40代!昭和では当たり前だった三国志事情




木牛・流馬を考案するきっかけ

孔明

 

孔明はどうして木牛・流馬を考案しようと考えたのでしょうか。

孔明が木牛・流馬を考案することになったきっかけは、

陳倉城(ちんそうじょう)攻略戦に失敗して撤退した第二次北伐戦の時です。

この戦いは郝昭(かくしょう)率いる数千の陳倉城守備部隊に対して、

蜀軍数万が猛攻をかけたのにも関わらず兵糧不足と陳倉城の強固な防御に

敗北してしまった戦です。

孔明はこの戦いに敗北して漢中へ引き上げてきた際、

敗北した原因を兵糧不足にあると考えます。

しかし持っていくことのできる兵糧数は限られているためどうすればいいのかを考えた結果、

兵糧を輸送する部隊の輸送効率アップを行うことで兵糧の不足を補おうとします。

これがきっかけで孔明は木牛・流馬を考案することになるのです。




木牛・流馬ってどんな物

木牛流馬

 

孔明が考えた兵糧輸送の効率化を図るために誕生した木牛・流馬。

そもそも木牛・流馬はどのようなものなのでしょうか。

宋の時代に出版された「事物紀源(じぶつきげん)」と言われる書物によると

木牛は「長柄をつけた四輪の車」とされており、流馬は「一輪車である」としております。

また諸葛亮集(しょかつりょうしゅう)と言われる書物には、

木牛・流馬の部品に関して詳しく説明が記されているのですが、

どのようなものであったかは記載されおりません。

そのためどのようなものであったか詳しく記載されているものがないため今持って、

どの程度の輸送能力があったのかは不明のままです。

しかし実際に部品に関する書物があるということは組み立てて使用していた可能性は高いでしょう。

 

木牛・流馬は果たして孔明の北伐戦で活躍したのか

木牛流馬を使用する蜀兵士

 

孔明は木牛・流馬を考案して蒲元(ほげん)と言われる人物に作製する様に命令を出し、

彼が必死に製作したことで木牛・流馬が完成。

こうして第四次北伐戦である祁山(きざん)の戦いで使用することになります。

しかしこの戦いは李厳(りげん)の偽りの兵糧輸送の報告によって勝ち戦でありながら、

退却することになってしまいます。

そのため木牛・流馬が兵糧輸送で役に立ったどうかはあまりわかりませんが、

第五次北伐戦である五丈原(ごじょうげん)の戦いでは、

駐屯地である五丈原で屯田(とんでん)を兵達に行わせているので、

レンの推測ですがもしかしたら木牛・流馬はあんまり役に立たなかったのかもしれません。

その証左として漢中から五丈原まで200キロ程(片道)あるのですが、

木牛で兵糧を輸送した場合一日たったの8キロほどしか進めなかったようです。

そのため片道で大体25日ほどかかり、一往復で50日ほどかかる計算です。

また雨・風などの天候不良によってはもっと時間のかかる可能性もあるので、

50日以上もかかってしまっては、

戦に決着がつくか兵糧不足で撤退しなくてはならなくなってしまいます。

そのため孔明は最後の戦である五丈原では屯田を兵に行わせて自給自足することで、

長い対陣にも兵糧が不足しないようにしたのではないのかなとレンは考えます。

結果、木牛・流馬はあんまり活躍しなかった・・・・かもしれません。

 

関連記事:孔明サンの真っ黒メモリー、讒言でライバルを叩き落とせ!

関連記事:蜀漢の外戚・呉懿(ごい)は有能なのに地味で実は孔明に敬遠されていた?

 

三国志ライター黒田レンの独り言

黒田廉さん02a

 

孔明は木牛・流馬の他にも色々な発明品を残しており、

武器であれば引き金を引くだけで弓を飛ばすことが出来る連弩(れんど)や饅頭(まんじゅう)、

カブの一種で諸葛菜(しょかつさい)などが挙げられます。

激務の中でこれだけの物を開発していた孔明こそ、

蜀一番の発明家と言えるのではないのでしょうか。

 

参考文献 SB新書 三国志「その後」の真実 渡邉義浩・仙石知子著など

 

関連記事:献帝死亡説を利用した?劉備が漢中王に即位したのは孔明と法正の入れ知恵の可能性が浮上!

関連記事:孟達に全てがかかっていた!諸葛孔明の北伐は成功したかも?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 三国時代の空には仙人たちが舞っていた!?
  2. 司馬家の皇帝殺害を正当化するための故事が存在した!?晋国を安定に…
  3. 曹操の人材登用法が魏国の安定をもたらす!能力主義者・曹操の二段構…
  4. 第六天魔王・織田信長は本当に天下統一がしたかったの?
  5. 【魯粛・朱桓・周魴の息子達】三国志後半を彩った呉の二代目武将はか…
  6. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第八話「赤ちゃんはまだか」…
  7. 裴松之(はいしょうし)の神編集!異論反論ブチ込みまくりで三国志が…
  8. やる気あんのか!?董承のペラペラ曹操暗殺計画

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【俺たちだって五虎将だ!】魏の五虎将たち~張郃篇~
  2. 島津斉彬は日本最初のカメラ小僧だった!幕末カメラ事情
  3. 荀灌(じゅんかん)とはどんな人?父の危機を十三歳の少女が救った荀彧の遠孫
  4. 呉のお家芸・偽降伏の見破り方を知っていた知将・王基
  5. 【シミルボン】ええっ!そうなの?陳寿の三国志が簡潔な本当の理由
  6. 【はじめての孫子】第9回:其の疾きことは風の如く、其の徐なることは林の如く

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【ビジネス三国志】陳琳や周瑜、諸葛亮孔明に学ぶ失敗学 山本勘助(やまもとかんすけ)は実在したの?今まで架空の人物だとされていた勘助の謎 キングダム 518話 ネタバレ予想:王翦の秘策がついに明らかに・・ 大久保利通や西郷どんもビールを飲んだ!明治4年山口での文明開化 キングダム 528話 ネタバレ予想:橑陽の牙 三国志の英傑達は正月に何を食べていたの?呉の人々の正月料理がまるで某有名ボクシング映画 『三国志』人気を数字から考えてみる 小さい曹操が持っていた巨大な戦車についての考察

おすすめ記事

  1. 【科学面や発明品から知る三国志】三国時代の発明品ってどんなものがあったの?
  2. 曹丕のいじめ・パワハラに悩まされた被害者たちを紹介
  3. 張良(ちょうりょう)とはどんな人?高祖劉邦の右腕として活躍した天才軍師(2/3)
  4. 【第4回 幻霊物語~爆裂三国バトル~】これは素晴らしい人選ね!呉のあの猛将が仲間入り!
  5. 曹操の同化推進政策がマイノリティ人口問題を引き起こした!?
  6. もし趙雲が魏に仕えていたらどうなっていた?【ろひもと理穂if考察】
  7. 呉起(ごき)とはどんな人?各国を渡り鳥のように移った天才兵法家
  8. キングダムの王翦は史実通りの最強武将だった!その理由とは?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP