まだ漢王朝で消耗してるの?
袁術祭り




はじめての三国志

menu

はじめての魏

郝昭(かくしょう)ってどんな人?陳倉城で孔明を撃退した「孔明キラー」

この記事の所要時間: 247




 

魏の郝昭(かくしょう)を皆さんご存知でしょうか。

彼は蜀の丞相・諸葛孔明と戦をして勝ったことのある将軍です。

魏の武将の中で孔明に勝った戦歴を持つ数少ない武将です。

今回は「孔明キラー」である郝昭をご紹介していきます。




たたき上げの武将・郝昭

曹丕皇帝

 

郝昭は若い時に曹操(そうそう)へ仕えます。

常に先陣を切って突入する勇猛果敢な人物で、曹操と共に各地を転戦し、手柄を地道に立てていきます。

郝昭は地道に努力して、少しずつ実績を上げ、ついに将軍の位の一番下ですが、雑号将軍の位に任命されました。

その後、曹丕(そうひ)の時代になり、彼は河西一帯(涼州)の守備を任される事になります。

郝昭は涼州で反乱を起こした賊軍を討伐し、涼州の反乱の火種を鎮火します。

 

関連記事:曹丕が建国した魏ってどんな王朝でどうやって滅びたの?

関連記事:実は冷血を演じたツンデレ曹丕、その理由とは?

関連記事:曹丕(そうひ)得意の詩で蜀の調理法を斬る

関連記事:そうだったのか!?曹丕はスイーツ男子。詩にスイーツの想いを込めちゃったよ!




孔明キラーとして名を馳せた「陳倉城の攻防戦」

孔明 軍師

 

曹真は前年、蜀の北伐軍を街亭の戦いで打ち破り、退却させます。

彼は次に孔明率いる蜀軍が攻撃を仕掛けてくる場所を陳倉城と予測し、郝昭を陳倉城へ赴かせるのです。

郝昭は1000人前後の兵力で陳倉城に入城した後、陳倉城の改築や増築などを行い、鉄壁の城と化します。

その後、曹真(そうしん)の予測通り、数万の軍勢を率いて蜀軍が襲来し、陳倉城を幾重にも包囲するのです。

まず孔明は郝昭の友達に「彼を説得しなさい」と命じられます。

しかし郝昭は友達の降伏勧告を見事に拒否します。

孔明は郝昭が降伏勧告を断ったと聞くと攻撃を開始します。

まず井蘭(せいらん=やぐらのように高く木をくみ上げ、やぐらの上から兵士が弓矢を打つ兵器)や雲梯(はしご付きの木製戦車)、衝車(城門を打ち破る突撃用の戦車)などを繰り出し、猛攻を開始します。郝昭は孔明がこれらの攻城兵器を用いてくるのは想定済みで、井蘭には城壁を高く築かせて、敵の弓矢を届かないように対応し、衝車には城壁の上から、石を落として、戦車を破壊します。

そして雲梯は木材で出来ているので、大量の火矢を打ち込んで燃やします。

孔明はこれらの攻城兵器が破壊されると新たな方法で攻撃を開始するのです。

さてここで恒例の三国志クイズ

 

はじめての三国志クイズ

はてな

 

孔明は新たな攻撃方法は一体何でしょう。

次の三択からお答えください

 

1投石攻撃

 

2モグラのように地中から穴を掘って攻撃

 

3孔明開発・蜀ロボによるパンチ

 

さぁお答えください

 

・・・・・・・

 

・・・・・

 

・・・・

 

・・・

 

・・

 

 

正解は2の地中から穴を掘って攻撃です。

 

 

孔明は穴を掘って陳倉城の城内に侵入

 

孔明は地中から穴を掘って陳倉城の城内に侵入しようとします。

しかし郝昭は城内から穴を掘って行く事で、孔明が作った穴を埋めることに成功します。

郝昭は20日以上蜀軍の猛攻を受けますが、すべては防ぎ孔明を退却させます。

郝昭の鉄壁の防御の前になすすべなく退却する事になります。

郝昭は陳倉城を見事に守り抜き、魏の皇帝である曹叡からいっぱい褒められ、褒美と爵位を下賜されることになるのです。

しかし郝昭は陳倉攻防戦の疲れが出たのかその後病に倒れます。

彼は死の間際、息子に「俺は武器を作るために、墓に使われている木々を使って武器を大量に生産した事がある。だから俺が死んだら棺桶の中には何もいれず、葬儀も質素に行え。そして埋葬する際はお前の好きな場所に俺を葬ればよい。」と言い残し、亡くなったそうです。

 

三国志ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

孔明は陳倉城で敗れた後、郝昭が生きている間は陳倉城を攻める事を攻める事をしなかったそうです。

孔明は郝昭が亡くなった事を知るとすぐさま北伐の軍勢を行い、陳倉城を攻撃します。

郝昭が作り上げた鉄壁の陳倉城は、すぐに陥落し、北伐の拠点となるのです。

守備をする側の「絶対に城を守り抜く」と言う強い意志がないと、どんなに防御を厚くしても結局の所、すぐに陥落してしまう事になってしまうのですね。

今回のお話はこれでおしまいにゃ。

次回もまたはじめての三国志でお会いしましょう。

それじゃまたにゃ~♪




よく読まれている記事

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

 

袁紹 曹操

 

関連記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

曹操議員

 

よく読まれてる記事:これはひどい。曹操の短歌行にパクリ疑惑が!?

 

曹萌

 

よく読まれてる記事:曹操の曽祖父 曹萌(そうぼう)は元祖、萌えキャラだった?

 

この記事を書いた人:黒田廉(くろだれん)

黒田廉

■自己紹介:

三國志が大好きです。オススメのマンガは曹操を描いた蒼天航路がオススメです。三國志の小説のオススメは宮城谷昌光氏が書いた三國志です。

好きな歴史人物:張遼夏候惇文鴦

何か一言:好きな食べ物はマグロ、ぶり、アジが大好きな猫です。

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【蜀の建国~滅亡まで】蜀の国を背負って戦い続けた丞相【孔明編】
  2. 出雲の麒麟児・山中鹿之助の青年期に迫る
  3. 馬鹿の語源はキングダムの趙高の実験から生まれた?
  4. 【遊侠列伝】さすが親分!!遊侠人のリーダー郭解が人に慕われた理由…
  5. 曹丕(そうひ)ってどんな人?魏書には正当性を表す記述ばかり!?
  6. 仏門教師・太原雪斎とはどんな人?今川義元の幼少期・青年期を支えた…
  7. 三国志の時代の県とはどんな構造なの?県城の生活は快適だった?
  8. 三国志好きならニヤリとできる!諱、字、一番多い姓、珍しい姓を紹介…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第六話「初恋の分かれ道」の見どころ紹介
  2. 曹操が人材集めに熱中していたのは曹騰(そうとう)の影響だった!?
  3. 【キングダム考察】王翦が自ら戦わない理由は史実にあった!
  4. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十話「走れ竜宮小僧」の見どころ紹介
  5. 【諸葛亮の北伐】精鋭部隊をミエル化
  6. 趙娥(ちょうが)とはどんな人?復讐者兼暗殺者であった烈女・龐蛾親(ほうがしん)

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

賈充(かじゅう)とはどんな人?司馬氏の地位確立と晋建国の功臣【晋の謀臣列伝】 48話:強気の曹操が弱気に荀彧が一喝 三国志のゲームの未来を「はじめての三国志」が考えてみる 朱霊(しゅれい)とはどんな人?曹家に仕えて30年のベテラン将軍!実は魏の隠れ五大将軍だった 崔琰(さいえん)は曹操に仕える前はいったい何をしていたの? 後漢末の貨幣経済を破綻させた、董卓の五銖銭(ごしゅせん) 【魯粛・朱桓・周魴の息子達】三国志後半を彩った呉の二代目武将はかなりの名将ぞろいだったことが発覚!! 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第10部

おすすめ記事

  1. 孫臏の魔術がスゴイ!どの国からも侮られていた斉兵を強兵に変えた改革
  2. 春秋戦国時代初期の名軍師・范蠡の名言:狡兎死して走狗煮らる
  3. 保護中: 【保存版】はじめての三国志 登場人物・団体の一覧
  4. 三国志の劉備玄徳は本当に民や武将から慕われてた?
  5. なんで孫策と周瑜が義兄弟の契りを結んだの?その驚くべき理由とは?
  6. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第六話「初恋の分かれ道」の見どころ紹介
  7. 劉焉(りゅうえん)ってどんな人?益州に独立国を建国した漢
  8. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十八話 「あるいは裏切りという名の鶴」の見どころ紹介

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“西遊記"
PAGE TOP