キングダム
コメント機能リリース


はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

【初めての戦国史】武田家を継いだ晴信に新たな試練が訪れる

真田丸 武田信玄




真田丸02(武田信玄)

 

武田晴信は父である信虎を追放して武田家の新当主として君臨することになります。

彼は当主に就任すると父信虎からの家臣団を受け継いで信濃攻略へ向けて出陣。

当初は順調に信濃の諸豪族を時に攻め滅ぼしたり、時に調略して味方につけたりと

臨機応変な対応を行っていきます。

こうして信濃を攻略していくのですが、順調な彼に大鉄槌がくだされることになるのです。

 

関連記事:暴走しているオヤジを追放して当主に就任した武田晴信(たけだはるのぶ)

関連記事:山本勘助(やまもとかんすけ)は実在したの?今まで架空の人物だとされていた勘助の謎




父信虎から受け継いだ家臣団を率いて信濃へ

 

晴信は父信虎から優秀な家臣団を受け継いで信濃攻略へ向けて出陣します。

彼が父から受け継いだ家臣団は武田晴信の初期を支えて、武田家の骨格を作り上げたと

行っても過言ではないでしょう。

晴信が当主になった当初の家臣の中で有名なのは両角虎定(もろずみとらさだ)、

板垣信方(いたがきのぶかた)、甘利虎泰(あまりとらやす)、飫富虎昌(おぶとらまさ)などです。

彼らを率いて晴信は甲斐の隣国である信濃(しなの)へ向けて出陣を開始します。




向かうところ敵なし!!

炎 s

 

晴信は重臣達を率いて信濃攻略へ向けて攻撃を開始。

まずは諏訪氏(すわし)が領有している伊那(いな)地方の攻略をしていきます。

この地の攻略はそんなに手こずらずに一気に制覇することができました。

そして晴信は小県(ちいさがた)にも兵を出陣させて、この地の大半を平定することに成功。

こうして晴信は自らに自信を持つことができます。

そしてこの小県攻略戦で真田に領地を持つ豪族・真田幸隆(さなだゆきたか)を味方に付けます。

この真田幸隆は真田幸村のお爺ちゃんとなる人物です。

 

大鉄槌がくだされる

 

晴信はこうして小県を攻略するのも時間の問題だと思っていた最中、

信濃と越後の国境に近い葛尾城(かつらお)の城主である村上義清(むらかみよしきよ)が

軍勢を率いて晴信に敵対する意思を表明。

晴信は義清を攻略するため軍勢を率いて上田原へ出陣します。

この地で武田vs村上軍の一大決戦が開始されます。

この戦いを上田原の戦いといい晴信は大敗を喫してしまいます。

この戦いで晴信は敗北してしまい、重臣であった板垣信方が討ち死にしてしまいます。

またせっかく小県の大半を支配することに成功していた武田家ですが、

村上軍が武田家を撃破したことによって武田に服従していた諸豪族の大半が

村上家に味方することになってしまいます。

そのため小県支配が不安定な状態になってしまうことになります。

 

小笠原氏の逆襲を跳ね除ける

月 f

 

晴信にボロボロにされていた信濃の守護職に就任していた小笠原長時(おがさわらながとき)。

彼は晴信が上田原で敗北したことを知ると逆襲を図ります。

まず武田家が支配していた諏訪に調略を施して

反武田の勢力を結集させて反乱を追い越させます。

だが晴信はこの反乱を鎮圧するため自ら軍勢を率いて諏訪へ襲来。

そして反乱をお越していた反武田勢力を駆逐することに成功します。

長時は反乱軍の応援のために塩尻峠(しおじりととうげ)へ出陣しておりましたが、

武田軍の奇襲攻撃によって敗北してしまいます。

晴信は長時軍を撃退するとそのままの勢いで村上氏に味方した佐久郡の諸豪族を攻め滅ぼし、

武田家支配を確立することに成功します。

こうして大鉄槌を下されながらなんとか信濃攻略を着実に果たして行く事になるのです。

 

戦国史ライター黒田レンの独り言

黒田廉さん02a

 

晴信は優秀な家臣団を討ち死にさせてもめげずに武田家の信濃攻略を順調ではないですが、

進ませていくことになります。

彼の信濃攻略戦で討ち死にした板垣信方ですが、

彼は後年の幕末時代にちょっとした話で復活します。

新政府軍は幕府討伐路線に決定し、

倒幕派の土佐藩は乾退助(いぬいたいすけ)を東山道(とうさんどう)

討伐軍の司令官として出陣させます。

この時乾退助は甲斐周辺の民衆の人気を取るため「私は板垣信方の末裔である。

そこで私はこの度板垣姓に復帰して今後は板垣退助と名乗ることにしよう」と言います。

そして板垣姓を名乗った退助は、

甲斐の民衆から大変な人気を集めて東山道を行軍していくことになるのです。

そしてこの板垣姓に復した退助こそ日本の自由民権運動の父としてその名を轟かせる

板垣退助となるのです。

 

参考文献 中公新書 武田家の戦略 柴辻俊六著 など

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:楽しみながら戦国時代のエピソードを学べる歴史マンガ3選

関連記事:え?武田勝頼って武田家二代目代理なの!?

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 山県昌景(やまがたまさかげ)とはどんな人?武田家四名臣の一人・赤…
  2. 張飛 え、そうだったの?蜀の五虎将軍、実は存在しなかった?五虎大将軍の…
  3. 三国志ライター黒田レン 孫呉が天下統一できる可能性が2回もあった!?黒田レンの考察
  4. 一騎打ちをする太史慈と孫策 三国志時代には馬に乗りながら一騎打ちができなかった!?その理由と…
  5. 陳寿(ちんじゅ)とはどんな人?●●のレッテルを貼られてしまった正…
  6. 【春秋戦国時代の偉人】武霊王はなぜ胡服騎射を導入したの?
  7. 諸葛瑾と幼い頃の孔明 夷陵の戦いを回避しようとしていた?孔明に比べて目立たない外交人・…
  8. 顔良と文醜 【官渡の戦い前哨戦】文醜はどうして敗北することになったの?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 関羽 男だち
  2. 司馬懿
  3. 一人で逃げる曹操
  4. はじめての三国志 画像準備中
  5. 幕末極悪な尊攘派志士と正義の新選組
  6. 徳川家康
  7. 曹徳(そうとく)

おすすめ記事

  1. どうして呉は同盟国の蜀・関羽を裏切ったの? 関羽を討ち取る陸遜
  2. 勝海舟はホラ吹き?そのホラは実際にどうなったのか?
  3. 王粲(おうさん)とはどんな人?建安の七子であるが容貌の貧弱さでは龐統や張松より上
  4. 【お知らせ】はじめての三国志を常時SSL化しました。
  5. 【魏のキラーの名を冠した将軍】城を守らせたら誰にも負けない文聘ってどんな人?
  6. 蜀の黄忠と厳顔のジジコンビは活躍してたの??

三國志雑学

  1. 劉備
  2. 玉璽
  3. 土安(南蛮族)
  4. 信(キングダム風)
  5. 梁冀(りょうき)


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 蜀馬に乗って戦場を駆け抜ける馬超
  2. 呉の小覇王・孫策
  3. 五虎大将軍の趙雲
  4. 女と金
  5. 田中角栄
  6. 劉備
  7. ハッポウ茶
  8. 幕末 魏呉蜀 書物

おすすめ記事

【8月の見どころ】8/29公開予定:『赤兎馬=カバ説』を裏付ける大発見! キングダム 始皇帝 秦の始皇帝ってどんな人だったの?晩年期編 孫皓と張俊 呉のA級戦犯?孫皓を皇帝にした呉の重臣「万彧・濮陽興・張布」 スーパーDr華佗 周泰の傷を治療したのは華佗だった?孫権の要請により周泰を救った華陀 正史『三国志』と言うけれど、正史って、なに? 周瑜 周瑜は諸葛亮のピエロに過ぎなかった!?孔明と周瑜の関係性を考察 董卓と呂布 徐栄(じょえい)とはどんな人?曹操と孫堅を破った董卓軍の隠れた名将 曹操は容姿が貧相だったって本当?正史から読み解くよ

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集陸遜"
PAGE TOP