【キングダム】驚愕!信の血筋はなんと皇帝に即位していた!


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

キングダムの主人公である信(しん)。

彼は農民出身から這い上がり、飛信隊を作り上げます。

その後、数々の戦で武功を挙げていき黒羊の戦いでは趙の将軍・慶舎(けいしゃ)を討ち取る

大殊勲を上げております。

 

 

さてこの信の家系ですが、秦王政が天下統一するとぱったりと足取りがなくなります。

しかし彼の血筋は連綿と受け継がれていき、漢の時代になると「飛将軍」として名高い李広に

受け継がれていくことになります。

そして彼の血筋は漢・三国時代・晋と歴史に名を残していませんが、

着実に残っていき唐の時代なると皇帝になっているのです。

今回はこの信の血筋が受け継がれていた唐の皇帝・李淵についてご紹介したいと思います。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダムファンなら絶対読むべき!三国志も面白い!


超お坊ちゃんの李淵

 

李淵は隋の時代の人物で、隴西の李氏出身の人です。

当時の隴西李家は北周時代の李虎(りこ)の時代に一気に家運が栄えることになり、

八柱国(はっちゅうこく)と言われる丞相より上の位の将軍を拝命していました。

このため隴西の李氏は非常に名家として扱われており、

随の時代も変わらぬ尊敬を受けておりました。

李淵は叔母が随の皇帝の皇后だったことがきっかけで随の国で要職を歴任することになりますが、

皇后の一族であったことで要職を歴任したのでなく、

しっかりと自らの能力を周りに見せつけて行き。めきめきと頭角をあらわしていくことになるのです。


反乱軍討伐戦

 

李淵は文官や州刺史などを歴任した後、反乱軍の討伐の将軍として起用され、

国内で相次いで起きた反乱を討伐。

その後中国北部に存在していた異民族・突厥(とっけつ)が、

中国国内に侵入して略奪の限りを働いておりました。

そのため李淵は隋の宿将としてその名を知られていた王仁恭(おうじんきょう)と一生に

突厥を迎撃するように命じられます。

李淵と王仁恭は協力して侵入してくる突厥軍を迎撃して、

彼らを長城以北へ追い返すことに成功します。


隋に反乱を起こして皇帝に

 

李淵は突厥迎撃作戦後一時期北方の太原の太守に任命され、

この地で統治を行っておりましたが、数年後自らの領地である隴西へ帰還。

李淵の息子で二代目皇帝となり、名君の誉れ高い李世民(りせいみん)達から

「隋は民衆を酷使し、政治は乱れどうしようもありません。

父上には隋に反乱を起こして天下統一を行っていただきたいと考えております。

これは私一人の考えではなく、諸将の意見も同じです。」と進言されます。

李淵は彼らの意見に驚きますが、彼らの言っていることは正しく迷いに迷いますが、

ついに決意を固めて隋に反乱を起こします。

彼は軍勢を集めると隋の主要都市である長安を攻撃して陥落させ、

この地にいた隋の帝の一族を皇帝に担ぎ上げます。

しかしこれは一時的に隋の皇帝を担ぎ上げたに過ぎず実権は李淵達にあり、

中国史最大の暴君と言われる煬帝(ようてい)が殺害されてしまいます。

彼は煬帝が殺害されたことを知ると自ら皇帝として立てた隋の皇帝から禅譲を受けて

皇帝として就任することになります。

この李淵が唐の初代皇帝としてその名を歴史に留めることになります。

しかし彼が即位したとき、中国国内は河北・江南などに多くの軍閥が割拠している状態で、

唐が天下統一するのはまだ数年先の話になります。


  

 

戦国史ライター黒田レンの独り言

 

キングダムの信の家系はついに皇帝に上り詰めることになるので、

びっくりした方も多くいらっしゃるのではないのでしょうか。

一番びっくりしているのはあの世にいる信だと思いますが・・・・。

さらに李淵の次男である李世民は唐王朝最大の名君と言われており、

始皇帝・政の二代目君主とは全然違うそうです。

今回は信の血筋が皇帝になったお話をご紹介させていただきました。

 

 

■記事の内容に関するお問い合わせ(誤植等のご報告など)はこちら

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:原泰久スゲー!虚構の秦・斉秘密同盟に隠された意図とは?

関連記事:【見逃した方向け】情熱大陸に出演した原先生の苦痛の漫画人生

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー


 

関連記事

  1. 武田信玄と徳川家康
  2. 昌豨(武器)
  3. 劉邦と簫何(蕭何)
  4. 亡くなる劉備に遺言を聞く諸葛亮と趙雲
  5. 犬猫に襲われる孔明

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

三国志って何?




PAGE TOP