呂布特集
姜維特集




はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

【キングダム】驚愕!信の血筋はなんと皇帝に即位していた!

キングダム




 

キングダムの主人公である信(しん)。

彼は農民出身から這い上がり、飛信隊を作り上げます。

その後、数々の戦で武功を挙げていき黒羊の戦いでは趙の将軍・慶舎(けいしゃ)を討ち取る

大殊勲を上げております。

 

 

さてこの信の家系ですが、秦王政が天下統一するとぱったりと足取りがなくなります。

しかし彼の血筋は連綿と受け継がれていき、漢の時代になると「飛将軍」として名高い李広に

受け継がれていくことになります。

そして彼の血筋は漢・三国時代・晋と歴史に名を残していませんが、

着実に残っていき唐の時代なると皇帝になっているのです。

今回はこの信の血筋が受け継がれていた唐の皇帝・李淵についてご紹介したいと思います。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダムファンなら絶対読むべき!三国志も面白い!




超お坊ちゃんの李淵

 

李淵は隋の時代の人物で、隴西の李氏出身の人です。

当時の隴西李家は北周時代の李虎(りこ)の時代に一気に家運が栄えることになり、

八柱国(はっちゅうこく)と言われる丞相より上の位の将軍を拝命していました。

このため隴西の李氏は非常に名家として扱われており、

随の時代も変わらぬ尊敬を受けておりました。

李淵は叔母が随の皇帝の皇后だったことがきっかけで随の国で要職を歴任することになりますが、

皇后の一族であったことで要職を歴任したのでなく、

しっかりと自らの能力を周りに見せつけて行き。めきめきと頭角をあらわしていくことになるのです。




反乱軍討伐戦

 

李淵は文官や州刺史などを歴任した後、反乱軍の討伐の将軍として起用され、

国内で相次いで起きた反乱を討伐。

その後中国北部に存在していた異民族・突厥(とっけつ)が、

中国国内に侵入して略奪の限りを働いておりました。

そのため李淵は隋の宿将としてその名を知られていた王仁恭(おうじんきょう)と一生に

突厥を迎撃するように命じられます。

李淵と王仁恭は協力して侵入してくる突厥軍を迎撃して、

彼らを長城以北へ追い返すことに成功します。

 

隋に反乱を起こして皇帝に

 

李淵は突厥迎撃作戦後一時期北方の太原の太守に任命され、

この地で統治を行っておりましたが、数年後自らの領地である隴西へ帰還。

李淵の息子で二代目皇帝となり、名君の誉れ高い李世民(りせいみん)達から

「隋は民衆を酷使し、政治は乱れどうしようもありません。

父上には隋に反乱を起こして天下統一を行っていただきたいと考えております。

これは私一人の考えではなく、諸将の意見も同じです。」と進言されます。

李淵は彼らの意見に驚きますが、彼らの言っていることは正しく迷いに迷いますが、

ついに決意を固めて隋に反乱を起こします。

彼は軍勢を集めると隋の主要都市である長安を攻撃して陥落させ、

この地にいた隋の帝の一族を皇帝に担ぎ上げます。

しかしこれは一時的に隋の皇帝を担ぎ上げたに過ぎず実権は李淵達にあり、

中国史最大の暴君と言われる煬帝(ようてい)が殺害されてしまいます。

彼は煬帝が殺害されたことを知ると自ら皇帝として立てた隋の皇帝から禅譲を受けて

皇帝として就任することになります。

この李淵が唐の初代皇帝としてその名を歴史に留めることになります。

しかし彼が即位したとき、中国国内は河北・江南などに多くの軍閥が割拠している状態で、

唐が天下統一するのはまだ数年先の話になります。

 

戦国史ライター黒田レンの独り言

 

キングダムの信の家系はついに皇帝に上り詰めることになるので、

びっくりした方も多くいらっしゃるのではないのでしょうか。

一番びっくりしているのはあの世にいる信だと思いますが・・・・。

さらに李淵の次男である李世民は唐王朝最大の名君と言われており、

始皇帝・政の二代目君主とは全然違うそうです。

今回は信の血筋が皇帝になったお話をご紹介させていただきました。

 

 

■記事の内容に関するお問い合わせ(誤植等のご報告など)はこちら

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:原泰久スゲー!虚構の秦・斉秘密同盟に隠された意図とは?

関連記事:【見逃した方向け】情熱大陸に出演した原先生の苦痛の漫画人生

 

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー





よく読まれている記事

キングダム 40巻

よく読まれている記事:【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました

 

兵馬俑 kawauso

 

 

よく読まれている記事:知らないと損する!始皇帝と大兵馬俑を100倍楽しむための外せないポイント

 

キングダム 政

 

 

よく読まれてる記事:【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵馬俑の謎

 

兵馬俑 kawauso

 

 

よく読まれてる記事:戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる!

 

始皇帝

 

 

よく読まれてる記事:中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介

 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【秦の最強武将・白起】無敵の白起将軍の残念な最後
  2. 辛毗(しんぴ)とはどんな人?曹丕が泣き言を言うほど厳しく反対意見…
  3. 冒頓単于と劉邦 冒頓単于(ぼくとつぜんう)とはどんな人?漢帝国の宿敵で匈奴の名君…
  4. 劉備 【夷陵の戦い】なぜ劉備は陸遜にフルボッコされたの?大敗北を考察
  5. 武田信玄 晴信の仲介によって停戦と最強の三者同盟成立と運命の戦い
  6. おんな城主 直虎 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第九話「桶狭間に死す」の見…
  7. 織田信長 第六天魔王・織田信長は本当に天下統一がしたかったの?
  8. 諸葛一族 蜀は龍を。呉は虎を。魏は狗をで知られる諸葛誕の一族が一番優秀だっ…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 于禁と兵士
  2. 曹操に降伏する教祖・張魯
  3. 関羽に無視される孫権
  4. 典韋にボコボコにされる成廉
  5. キングダム54巻amazon
  6. はじめての三国志

おすすめ記事

  1. 【織田信長の性格】浅井長政が叛いたのは信長がジャイアンだから 織田信長
  2. 官渡の戦いでも使われ東西を問わず世界中で取られた戦法「坑道戦」って何? 袁紹モグラ作戦
  3. 【袁紹と袁術の関係を正す】其の2・勢力図からの考察
  4. 中国・西安の秦兵馬俑博物館に行ってきた
  5. 蠱惑的な美女・貂蝉あなたは天使?それとも悪魔? 貂蝉
  6. 【徐晃の逸話】実は三国志最強レベル!逸話からわかる徐晃の強さ 徐晃と夏侯淵

三國志雑学

  1. 撃剣を使う曹丕
  2. 諸葛均 孔明の弟 ゆるキャラ
  3. 董卓の相談に乗る袁紹
  4. 楽進の矢でが命を落とす成廉
  5. 袁術と孫策
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 太平道の祖・張角(黄巾賊)
  2. 亡くなる袁紹
  3. 三国志 武器
  4. 明智光秀 麒麟がくる
  5. 袁紹を説得しようとする田豊
  6. 韓非子を読む劉禅
  7. 愛馬に乗り敵を粉砕する張遼

おすすめ記事

キングダム54巻amazon キングダム600話ネタバレ予想「龐煖は誰狙い?蒙恬やっぱり信」 皇帝に就任した曹丕 【第三次濡須口の戦い】曹丕の火事場泥棒から起きた最期の激戦 南蛮胴を身に着けた織田信長 織田信長が朝鮮出兵をしたら勝てたのか?李氏朝鮮をフルボッコできた? 蜀の魏延 【正史三国志から見る】謀反人にされてしまった魏延は本当に反逆するつもりだったの? 常に二番手で戦ってきた李典のタッグ武将歴 夏侯惇 夏候惇の父親としての評価はどうだったの? 孫権と三国アヒル 権力者の重圧?酒癖の悪かった呉の孫権 李儒と三国志 董卓は何で李儒や賈詡がいたのに賈詡を重用しなかったの?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集陸遜"
PAGE TOP