よかミカンの三国志入門
三顧の礼




はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

姫様ってあだ名を付けられた戦国大名が存在した!?




 

今回紹介する戦国大名は姫様ってあだ名を付けられた人です。

彼は少年時代外に出て活発な活動をせずに女の子見たいな人物であったことから

姫若子(ひめわこ)と陰口を叩かれてしまいます。

この人物は成人した後、長宗我部元親(ちょうそかべもとちか)と言われるようになるのです。

 

関連記事:暴走しているオヤジを追放して当主に就任した武田晴信(たけだはるのぶ)

関連記事:山本勘助(やまもとかんすけ)は実在したの?今まで架空の人物だとされていた勘助の謎




長宗我部家の嫡男として誕生

 

長宗我部元親は父・国親(くにちか)の嫡男として生まれます。

彼は幼少期に本ばっかり読んでおり、外で活発的に遊びませんでした。

また弓矢や刀剣などの武術にも興味を持たない青年であり、

城内で家臣にあっても挨拶もしないでぼんやりとしていたため、

家臣から「内の若様は女みたいなやつだな」という陰口を叩かれ始めてしまいます。

上記の事が原因で彼は姫若子と呼ばれるようになるのです。




姫若子覚醒!!そしてあだ名は・・・・

 

姫若子もとい元親は家に引きこもって本ばかり読んでいたため、父国親も彼が後継として

頼りないように思います。

しかし彼はなんの本を読んでいたのでしょうか。

後年四国の覇者として歴史に名を刻むことになる長宗我部元親が、

文学本ばかり読んでいたとは思えません。

私の推測ですが、彼は兵法書や政治に関する本を読んでいたのでしょうか。

その理由としては当時勇猛なだけでは大将として侮られることになり、

また当時の長宗我部家は非常に弱小でした。

そのため彼は長宗我部家をどのようにして強大な勢力にすることができるのかを研究し、

また国政をどうやって行えば国としての地盤を固めることができるのかを

考えていたのではないかと思います。

こうして彼は様々なことを本から学んだ後ついに初陣の時がやってきます。

元親は父と共に初めての戦に従軍することになります。

この戦いで彼は自ら刀を引っさげて敵陣へ突入して敵の首をいくつも挙げてきます。

いつも女の子みたいだと思っていた家臣達もこの姫若子の勇猛ぶりにびっくりしてしまいます。

そして家臣達は彼に畏敬の念を込めてこのように読んだそうです。

「鬼若子(おにわこ)」と・・・・。

 

父の跡を継いで長宗我部当主へ

 

鬼若子として呼ばれるようになった長宗我部元親は父・国親が亡くなると長宗我部家の当主として

君臨することになります。

彼は長宗我部家当主へ君臨すると父が行っていたある独特の政策を積極的に実施します。

その政策とは一領具足(いちりょうぐそく)と呼ばれる政策です。

一領具足とは一体どのような政策なのでしょうか。

 

農民を素早く招集するための制度

 

一領具足とは長宗我部家独特の制度です。

土佐(とさ=現在の高知県)を領有している長宗我部家は中央の織田家のように兵士を専業とする

兵士と農業を行う農民との分離が行われておらず、ごっちゃな状態が続いておりました。

そのため長宗我部家では農業を行う農民が長宗我部家の招集に素早く応じることができるように

農業を行う農民に対して常に一領の具足(鎧と武器)を畑において仕事を行うように命じます。

この一領具足制度を推進することによって元親の招集に素早く応じて、

戦の準備期間を短縮することによって

長宗我部軍は敵領内に迅速に侵入して攻撃を行いうことができるようになります。

しかし欠点も当然有り、この制度は農繁期には適用が難しいということです。

農繁期に農業の収穫を行う農民を戦に駆り出してしまえば、収穫が減ってしまうからです。

そのため長宗我部家は極力農繁期に戦を行わないようにしていたことが考えられます。

上記の制度を用いていくことで長宗我部家は近隣の大名へ

積極的に攻撃を仕掛けることになるのです。

 

戦国史ライター黒田レンの独り言

 

長宗我部元親は幼少期に姫若子と周りから罵られながらもそれに屈することなく、

自らを研鑽して成長しておりました。

織田信長も幼年期はアホだ馬鹿だと罵られておりましたが、

歴史に名を残す武将として大成長を遂げることになります。

このことから歴史に名を残した偉大な人物は一概に見た目や行動だけでは

判断できないのではないかと思いますが、皆さんはどう思いますか。

 

参考文献

文集文庫 長宗我部 長宗我部友親著など

 

 

■記事の内容に関するお問い合わせ(誤植等のご報告など)はこちら

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:楽しみながら戦国時代のエピソードを学べる歴史マンガ3選

関連記事:え?武田勝頼って武田家二代目代理なの!?

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【諸葛亮の心に残る名言】強弩の末、勢い魯縞をも穿つあたわず
  2. 徳川家康との対決と信長包囲網構築へ
  3. 【孫策との絆の強さは周喩以上】孫呉の将軍・太史慈は信義に厚かった…
  4. 三国志演義の悪役・曹操のイメージを払拭した功労者達
  5. 【春秋戦国時代の偉人】武霊王はなぜ胡服騎射を導入したの?
  6. 羅憲 劉備は何で蜀を建国しようと思ったの?三国志演義で人気を占める蜀の…
  7. 黒田長政はすごい人?それとも親の七光りで出世した人?
  8. 孟嘗君(もうしょうくん)とはどんな人?戦国七雄に絶大な影響力を及…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 車に乗る諸葛亮

おすすめ記事

  1. 史上最高の天才将軍 韓信(かんしん)は性格にかなり問題あり?
  2. 色仕掛けだって立派な兵法、連環の計発動!!
  3. 【第6回 幻想少女】次なる相手は曹操か?まだ見ぬ曹操の姿に期待大!
  4. 5話:頓挫する王莽の新と、後漢王朝の復活
  5. 【真田丸特集】有能なのに歴史の影に埋もれてしまった真田信之と程昱!ジミーズ二人の共通点
  6. 【正史三国志から見る】謀反人にされてしまった魏延は本当に反逆するつもりだったの?

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. はじめての三国志編集長kawauso

おすすめ記事

【2016年】年末年始にまとめ読み!これを読めば三国志が丸わかり30選【総集編】 曹爽討伐に成功後の司馬懿の対応が神ってる 趙儼(ちょうげん)とはどんな人?三国志時代の調整力を備えた魏の文官 鍾繇(しょうよう)とはどんな人?関中の守備を任され、西方の憂いを絶ち、曹操の勢力拡大に貢献した文官 曹丕に恨まれた鮑勛(ほうくん) 鮑勛(ほうくん)とはどんな人?自分の意見をまっすぐに答え曹丕に恨まれてしまった政治家 【知りたくなかった!】本当は書くほどの内容でもない赤壁の戦い 【朝まで三国志 2017】周瑜、郭嘉、荀彧も参戦のお知らせ 【蜀軍キラー】劉備・孔明を恐れさせた張郃の対蜀戦での戦歴

おすすめ記事

  1. 後漢を滅ぼす原因にもなった宦官(かんがん)って誰?
  2. 【建安文学】文学史に残る名文を記した陳琳の魅力ってなに?
  3. 蜀討伐戦の驚きの真実!鄧艾は孫子の兵法書を応用していた!
  4. 【お知らせ】はじめての三国志メモリーズに周瑜を追加しました
  5. 便所のネズミから蔵のネズミに!李斯の華麗なる転身
  6. 曹操の妻はどんな人達だったの?13人を紹介 Part1
  7. ゴールデンカムイネタバレ予想 127話 本当のチタタプ
  8. 何で賈詡は董卓残党を奮起させて王允の政府を破壊したの?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP