広告募集
帝政ローマ

はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

姫様ってあだ名を付けられた戦国大名が存在した!?

この記事の所要時間: 239




 

今回紹介する戦国大名は姫様ってあだ名を付けられた人です。

彼は少年時代外に出て活発な活動をせずに女の子見たいな人物であったことから

姫若子(ひめわこ)と陰口を叩かれてしまいます。

この人物は成人した後、長宗我部元親(ちょうそかべもとちか)と言われるようになるのです。

 

関連記事:暴走しているオヤジを追放して当主に就任した武田晴信(たけだはるのぶ)

関連記事:山本勘助(やまもとかんすけ)は実在したの?今まで架空の人物だとされていた勘助の謎




長宗我部家の嫡男として誕生

 

長宗我部元親は父・国親(くにちか)の嫡男として生まれます。

彼は幼少期に本ばっかり読んでおり、外で活発的に遊びませんでした。

また弓矢や刀剣などの武術にも興味を持たない青年であり、

城内で家臣にあっても挨拶もしないでぼんやりとしていたため、

家臣から「内の若様は女みたいなやつだな」という陰口を叩かれ始めてしまいます。

上記の事が原因で彼は姫若子と呼ばれるようになるのです。




姫若子覚醒!!そしてあだ名は・・・・

 

姫若子もとい元親は家に引きこもって本ばかり読んでいたため、父国親も彼が後継として

頼りないように思います。

しかし彼はなんの本を読んでいたのでしょうか。

後年四国の覇者として歴史に名を刻むことになる長宗我部元親が、

文学本ばかり読んでいたとは思えません。

私の推測ですが、彼は兵法書や政治に関する本を読んでいたのでしょうか。

その理由としては当時勇猛なだけでは大将として侮られることになり、

また当時の長宗我部家は非常に弱小でした。

そのため彼は長宗我部家をどのようにして強大な勢力にすることができるのかを研究し、

また国政をどうやって行えば国としての地盤を固めることができるのかを

考えていたのではないかと思います。

こうして彼は様々なことを本から学んだ後ついに初陣の時がやってきます。

元親は父と共に初めての戦に従軍することになります。

この戦いで彼は自ら刀を引っさげて敵陣へ突入して敵の首をいくつも挙げてきます。

いつも女の子みたいだと思っていた家臣達もこの姫若子の勇猛ぶりにびっくりしてしまいます。

そして家臣達は彼に畏敬の念を込めてこのように読んだそうです。

「鬼若子(おにわこ)」と・・・・。

 

父の跡を継いで長宗我部当主へ

 

鬼若子として呼ばれるようになった長宗我部元親は父・国親が亡くなると長宗我部家の当主として

君臨することになります。

彼は長宗我部家当主へ君臨すると父が行っていたある独特の政策を積極的に実施します。

その政策とは一領具足(いちりょうぐそく)と呼ばれる政策です。

一領具足とは一体どのような政策なのでしょうか。

 

農民を素早く招集するための制度

 

一領具足とは長宗我部家独特の制度です。

土佐(とさ=現在の高知県)を領有している長宗我部家は中央の織田家のように兵士を専業とする

兵士と農業を行う農民との分離が行われておらず、ごっちゃな状態が続いておりました。

そのため長宗我部家では農業を行う農民が長宗我部家の招集に素早く応じることができるように

農業を行う農民に対して常に一領の具足(鎧と武器)を畑において仕事を行うように命じます。

この一領具足制度を推進することによって元親の招集に素早く応じて、

戦の準備期間を短縮することによって

長宗我部軍は敵領内に迅速に侵入して攻撃を行いうことができるようになります。

しかし欠点も当然有り、この制度は農繁期には適用が難しいということです。

農繁期に農業の収穫を行う農民を戦に駆り出してしまえば、収穫が減ってしまうからです。

そのため長宗我部家は極力農繁期に戦を行わないようにしていたことが考えられます。

上記の制度を用いていくことで長宗我部家は近隣の大名へ

積極的に攻撃を仕掛けることになるのです。

 

戦国史ライター黒田レンの独り言

 

長宗我部元親は幼少期に姫若子と周りから罵られながらもそれに屈することなく、

自らを研鑽して成長しておりました。

織田信長も幼年期はアホだ馬鹿だと罵られておりましたが、

歴史に名を残す武将として大成長を遂げることになります。

このことから歴史に名を残した偉大な人物は一概に見た目や行動だけでは

判断できないのではないかと思いますが、皆さんはどう思いますか。

 

参考文献

文集文庫 長宗我部 長宗我部友親著など

 

 

■記事の内容に関するお問い合わせ(誤植等のご報告など)はこちら

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:楽しみながら戦国時代のエピソードを学べる歴史マンガ3選

関連記事:え?武田勝頼って武田家二代目代理なの!?

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 左慈(さじ)の秒速デリバリー!三国志も鮮度が命
  2. 後藤又兵衛(後藤基次)はどんな最期を遂げるの?
  3. 【第三回 放置少女】ひとりぼっちからの脱出と景品を狙い撃つぜ
  4. 【戦国時代と三国時代の類似点】権力者に抵抗して戦い抜いた曹髦と織…
  5. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第八話「赤ちゃんはまだか」…
  6. 【華麗なる名門一族】袁紹のおじいちゃん達ってどのくらいすごい人だ…
  7. 【センゴク】鳥取城の飢え殺しはどんな戦略だったの?兵士の死亡率を…
  8. 【信長の野望】織田信長は、天皇家を取り込もうとしていた!?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 郤正(げきせい)とはどんな人?蜀のポンコツ皇帝を支えた文学者
  2. マジですか?始皇帝が半両銭に込めたメッセージに震える・・
  3. 徐庶くんはマザコンだった?劉備と孔明を引きあわせた立役者
  4. 37話:人を信じられなかった豪傑呂布、戦場に散る
  5. 張飛が長坂橋を落とした時、曹操はどうして攻撃しなかったの?
  6. 【能力高すぎワロタ】仕事のできる蜀の三代目トップ費禕(ひい)エピソードも紹介!

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

子玉(しぎょく)って誰?三国志にも名前が出る楚の猛将・成得臣 【王翦 vs 李牧】信は王翦により苦境に立たされる? 曹仁(そうじん)ってどんな人?熱血と沈着冷静、大人な大将軍の人生 113話:老将・黄忠死す、次々と天に還る五虎将軍 88話:劉備を大歓迎する劉璋だが張松の失策で崩壊する 来敏(らいびん)とはどんな人?孔明が魏延よりも苦手だった学者 魏の五都の人口は?魏は斉になっていた?斉・呉・蜀の三国志 李靖(りせい)とはどんな人?曹操と孔明の二人から学んだ初唐の名将

おすすめ記事

  1. 後藤又兵衛(後藤基次)はどんな最期を遂げるの?
  2. 武田勝頼の自信を信長・家康連合軍に打ち砕かれた長篠の戦い
  3. 【月間まとめ】2016年3月の注目ニュース19選!
  4. 暴漢・董卓は後漢王朝を安定させようと努力していた!
  5. 黒田官兵衛は活躍したのになぜ領地はびっくりするくらい少ないの?
  6. 陳宮(ちんきゅう)ってどんな人?溢れんばかりの才能を備えた知略家「曹操編」
  7. もし司馬懿が赤壁の戦いに参加していたら魏はどうなった?
  8. 姜維が北伐をしなかったら、あるいは北伐を成功させていたら蜀漢は長続きした?

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP