ログイン | 無料ユーザー登録


呂布特集
馬超


はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

姫様ってあだ名を付けられた戦国大名が存在した!?




 

今回紹介する戦国大名は姫様ってあだ名を付けられた人です。

彼は少年時代外に出て活発な活動をせずに女の子見たいな人物であったことから

姫若子(ひめわこ)と陰口を叩かれてしまいます。

この人物は成人した後、長宗我部元親(ちょうそかべもとちか)と言われるようになるのです。

 

関連記事:暴走しているオヤジを追放して当主に就任した武田晴信(たけだはるのぶ)

関連記事:山本勘助(やまもとかんすけ)は実在したの?今まで架空の人物だとされていた勘助の謎




長宗我部家の嫡男として誕生

 

長宗我部元親は父・国親(くにちか)の嫡男として生まれます。

彼は幼少期に本ばっかり読んでおり、外で活発的に遊びませんでした。

また弓矢や刀剣などの武術にも興味を持たない青年であり、

城内で家臣にあっても挨拶もしないでぼんやりとしていたため、

家臣から「内の若様は女みたいなやつだな」という陰口を叩かれ始めてしまいます。

上記の事が原因で彼は姫若子と呼ばれるようになるのです。




姫若子覚醒!!そしてあだ名は・・・・

 

姫若子もとい元親は家に引きこもって本ばかり読んでいたため、父国親も彼が後継として

頼りないように思います。

しかし彼はなんの本を読んでいたのでしょうか。

後年四国の覇者として歴史に名を刻むことになる長宗我部元親が、

文学本ばかり読んでいたとは思えません。

私の推測ですが、彼は兵法書や政治に関する本を読んでいたのでしょうか。

その理由としては当時勇猛なだけでは大将として侮られることになり、

また当時の長宗我部家は非常に弱小でした。

そのため彼は長宗我部家をどのようにして強大な勢力にすることができるのかを研究し、

また国政をどうやって行えば国としての地盤を固めることができるのかを

考えていたのではないかと思います。

こうして彼は様々なことを本から学んだ後ついに初陣の時がやってきます。

元親は父と共に初めての戦に従軍することになります。

この戦いで彼は自ら刀を引っさげて敵陣へ突入して敵の首をいくつも挙げてきます。

いつも女の子みたいだと思っていた家臣達もこの姫若子の勇猛ぶりにびっくりしてしまいます。

そして家臣達は彼に畏敬の念を込めてこのように読んだそうです。

「鬼若子(おにわこ)」と・・・・。

 

父の跡を継いで長宗我部当主へ

 

鬼若子として呼ばれるようになった長宗我部元親は父・国親が亡くなると長宗我部家の当主として

君臨することになります。

彼は長宗我部家当主へ君臨すると父が行っていたある独特の政策を積極的に実施します。

その政策とは一領具足(いちりょうぐそく)と呼ばれる政策です。

一領具足とは一体どのような政策なのでしょうか。

 

農民を素早く招集するための制度

 

一領具足とは長宗我部家独特の制度です。

土佐(とさ=現在の高知県)を領有している長宗我部家は中央の織田家のように兵士を専業とする

兵士と農業を行う農民との分離が行われておらず、ごっちゃな状態が続いておりました。

そのため長宗我部家では農業を行う農民が長宗我部家の招集に素早く応じることができるように

農業を行う農民に対して常に一領の具足(鎧と武器)を畑において仕事を行うように命じます。

この一領具足制度を推進することによって元親の招集に素早く応じて、

戦の準備期間を短縮することによって

長宗我部軍は敵領内に迅速に侵入して攻撃を行いうことができるようになります。

しかし欠点も当然有り、この制度は農繁期には適用が難しいということです。

農繁期に農業の収穫を行う農民を戦に駆り出してしまえば、収穫が減ってしまうからです。

そのため長宗我部家は極力農繁期に戦を行わないようにしていたことが考えられます。

上記の制度を用いていくことで長宗我部家は近隣の大名へ

積極的に攻撃を仕掛けることになるのです。

 

戦国史ライター黒田レンの独り言

 

長宗我部元親は幼少期に姫若子と周りから罵られながらもそれに屈することなく、

自らを研鑽して成長しておりました。

織田信長も幼年期はアホだ馬鹿だと罵られておりましたが、

歴史に名を残す武将として大成長を遂げることになります。

このことから歴史に名を残した偉大な人物は一概に見た目や行動だけでは

判断できないのではないかと思いますが、皆さんはどう思いますか。

 

参考文献

文集文庫 長宗我部 長宗我部友親著など

 

 

■記事の内容に関するお問い合わせ(誤植等のご報告など)はこちら

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:楽しみながら戦国時代のエピソードを学べる歴史マンガ3選

関連記事:え?武田勝頼って武田家二代目代理なの!?

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 徐庶 【劉備の初代軍師・徐庶】剣術家から学問の道へ変更したきっかけとは…
  2. 王賁 【キングダムの登場人物の子孫達】東晋時代の王賁の子孫の政治手腕と…
  3. 劉備、孫権、魯粛 【if三国志】劉備がもし孫権と同盟しなかったら三国志はどうなった…
  4. 藤崎竜先生の過去作品や絵柄・天才的な画力を紹介!
  5. 【余裕をみせすぎて大失態】やっちゃった感が否めない曹操のやらかし…
  6. 明智光秀と煕子(麒麟がくる) 【明智光秀と妻木煕子】光秀を瀕死から救った看病物語
  7. 織田信長 【センゴク】織田信長が上洛するための大義名分って何?尾張・美濃を…
  8. 真田丸 武田信玄 【日本史の嘘】長篠の合戦は鉄砲三段撃ちのワンサイドゲームでは無か…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 棗祇(そうし)食料・兵糧担当
  2. 郭嘉
  3. はじめての三国志 画像準備中
  4. 司馬懿
  5. 荀彧と袁紹

おすすめ記事

  1. 益州に侵攻した劉備にとって最も強敵だったのは誰? 魔のトリオ攻撃が劉備を追いつめる!05 蔡夫人、張允、蔡瑁、劉備
  2. 【西郷どん】実は大久保利通は囲碁が下手だった?
  3. 【異説三国志】三顧の礼はホントはなかったかもしれない! 孔明
  4. 夏侯淵の死後、一族はどうなったのか? 夏侯淵
  5. 周瑜は絶対音感を持つミュージシャンだった!? 周瑜 周郎
  6. 【社会人必見】『論語』が仕事にも役立つ理由

三國志雑学

  1. 陸遜
  2. 空箱を受け取る荀彧
  3. 異民族に好かれる董卓
  4. 郭嘉の本


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  2. 正妃 卞夫人
  3. 北条氏康
  4. 騎馬兵にあこがれる歩兵
  5. 読者の声バナー(はじめての三国志)
  6. 陸遜

おすすめ記事

三国志の地図 三国時代の荊州でもし総選挙が行われたらどうなる?魏・呉・蜀のマニフェスト 【三国天武 攻略その1】全世界3000万人がプレイしている三国志の世界へ「内政編」 【春秋左氏伝】宋の南宮万は春秋無双!?呂布もびっくりの暴れん坊 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース38記事【1/23〜1/29】 明智光秀が剣を持って戦っているシーン 明智光秀は剣術の達人だった?鉄砲射撃術が得意な光秀の剣の腕に迫る 司馬懿 117話:司馬懿仲達、三国志の表舞台に出現!劉禅は劉備の後継者に。 部下をいじめる曹丕 蜀の名将として名高い黄権も曹丕によるパワハラを受けていた! 陳平 陳平(ちんぺい)とはどんな人?詐欺師か、天才軍師か?謀略の達人

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP