袁術祭り
広告




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

孫呉が天下統一できる可能性が2回もあった!?黒田レンの考察

この記事の所要時間: 235




 

レンが考えるに魏は天下統一することができたチャンスが二回ほどありました。

一つ目は赤壁の戦いです。

 

 

この戦いで曹操軍が敗北していなければ魏が天下統一することができた可能性が、

かなり高かったと言えるのではないのでしょうか。

二つ目は漢中制圧戦の後です。

陽平関の戦いで張魯(ちょうろ)を降して、漢中を占領することに成功した曹操軍。

この時益州は劉備が政権を打ち立てておりましたが、

劉璋を追い払ったばかりで政権は安定しておりませんでした。

この時に曹操が全力を上げて益州へ攻撃を仕掛けていれば劉備軍は間違えなく敗北して,

益州は曹操の物になっており、

そのまま荊州・揚州を占領することも難しくはなかったと思います。

魏には何回か天下統一することができるチャンスが訪れておりましたが、

呉には天下統一することができるチャンスが訪れていたのでしょうか。

今回は呉が天下統一することができたチャンスが訪れていたのかどうかを探ってみたいと思います。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【これはひどい】孫皓が天下統一できると勘違いした占いとは?




呉にも二回天下統一することができるチャンスが訪れていた

 

天は魏にばかりチャンスを与えていたのではありませんでした。

呉にもちゃんとチャンスを与えております。

さてそのチャンスはレンが考えるに二回ほど訪れております。

一度目は赤壁の戦いの後に周瑜(しゅうゆ)が打ち出した孫呉による益州攻略戦です。

そして二度目は関羽の樊城(はんじょう)攻略戦の時であると考えております。

今回は上記2点に的を絞って考えていきたいと思います。




一度目のチャンス:孫呉による益州攻略戦と天下二分の計

 

周瑜は赤壁の戦いの後、

一年あまりの激戦を繰り広げて荊州のど真ん中である江陵(こうりょう)を攻略することに成功します。

周瑜は江陵攻略戦が完了すると益州を攻略して魏を打倒する計画を孫権に提案。

その作戦とは孫呉によって益州を攻略した後張魯を従わせて、

涼州の関中十部軍と連合して西から魏の長安めがけて軍勢を出陣。

そして荊州方面から樊城へ軍勢を北上させると共に合肥(がっぴ)からも軍勢を出陣させる

三方面連動作戦を展開することでした。

孫権はこの作戦を聞いて大いに喜び周瑜にこの作戦を積極的に行うように指示を出します。

しかしこのチャンスを孫呉は活かすことができませんでした。

その原因は周瑜が亡くなってしまったからです。

こうして一度目のチャンスは流れてしまいます。

 

二度目のチャンス:荊州を攻撃しないで合肥へ全力を向けていれば

 

関羽が樊城へ攻撃を仕掛けている時、

孫呉は魏の司馬懿(しばい)からの提案により劉備との同盟を破棄して魏と同盟を結びます。

そして孫呉の軍勢は関羽がいなくなった荊州へ軍勢を進めて占領することに成功。

上記は史実の動きですが、レンが考える二度目のチャンスがこの時だと考えます。

もし関羽軍と連動して合肥方面へ全力で攻撃を仕掛けていれば合肥を占領することは

あまり難しくはなかったのではないのでしょうか。

また張遼が怖くて合肥方面へ進行できないのであれば盧江方面から全力で攻撃を

仕掛けて北上していくパターンもありだったのではないしょうか。

もしどちらかの作戦をとって北上することができれば、

蜀軍と連動して魏の領土を奪うことができたでしょう。

そして魏が滅亡して後に蜀と決戦して天下統一を果たしてもいいですし、

南宋と金みたいに天下を二分して統治するのもいいのではないのでしょうか。

しかし上記のチャンスも孫権は荊州と言う土地に執着してしまったために失うことになります。

 

関連記事:【5分で分かる】意外と知らない孫呉滅亡のきっかけ

関連記事:【解煩督】呉にだっているぜ!解煩、敢死、無難、様々な特殊部隊

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

レンの疑問なのですが、果たして孫権は天下統一する意思があったのか。

それとも江南で力を蓄えることに終始して、天下統一する意思は余り無かったのか。

一体どちらなのでしょうか。

レンの勝手な予想ですが、孫権は天下統一する意思が無かったのではないのでしょうか。

もし天下統一する意思があるのであれば、

荊州を取るよりも北上して魏の領土を脅かすことが最優先事項であったはずで、

孔明が北伐作戦を展開している時に、

しっかりと彼と打ち合わせをして連動するなどの動きがあっても良いのではないのでしょうか。

上記を根拠にレンは孫権が天下統一する意思があまりないのではないかと思うのですが、

皆さんはどのように思いますか。

 

関連記事:三国志ライターkawausoが魏を斬る!蜀が中華統一をする方法

関連記事:どうやったら蜀は魏を滅ぼして天下統一を果たせたの?【ろひもと理穂の考察】

 

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 日中交渉は卑弥呼と魏だけではない!?
  2. おんな城主 直虎の予備知識を得よう!女城主・井伊直虎は今川家に呪…
  3. 冒頓単于(ぼくとつぜんう)とはどんな人?漢帝国の宿敵で匈奴の名君…
  4. 三国志の時代に活躍した兵士の逸話
  5. テルマエ・ロマエのルシウスもびっくり!?後漢の甘英、ローマを目指…
  6. 【シミルボン】三国志、冬の暖房、炉炭で暖まろう!
  7. 黒田家を支え続けた後藤又兵衛はなぜ出奔することになったの?
  8. 【優劣対決】戦国武将小早川秀秋 VS 蜀の二代目皇帝劉禅一体どち…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. もし呂布が曹操に斬首されず助命されていたらどうなったの?
  2. 衛瓘(えいかん)とはどんな人?司馬昭の重臣であり、晋の建国時に大いに活躍【晋の謀臣列伝】
  3. 曹操も劉備もこれで学んだ?漢の時代の教科書と学校
  4. 荀彧だけじゃない!?王佐の才と呼ばれた漢を紹介!
  5. 献帝(けんてい)とはどんな人?後漢のラストエンペラーの青年期
  6. もし関羽が曹操の元に留まり劉備の元に戻らなかったらどうなっていた?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【お知らせ】新企画第3弾「はじめての九品官人法」をリリースします。 【シミルボン】本当は凄い!黄巾賊を滅ぼし後漢を支えた三将軍とは? 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース43記事【3/13〜3/19】 李靖(りせい)とはどんな人?曹操と孔明の二人から学んだ初唐の名将 韓遂(かんすい)とはどんな人?生涯の大半を反乱にささげた不屈の反骨心【後半】 ゾトアオとはどんな人?人間を超越している異民族の首領【前編】 【龍帥の翼】張良が黄石公からもらった三略とはどんな書物なの?【留侯世家異伝】 129話:死せる孔明生ける仲達を走らす

おすすめ記事

  1. 司馬懿は大軍を率いていながら孔明にビビって逃走したってほんと?
  2. 今更聞けない!水魚の交わりとは何?三国志に由来する故事成語
  3. 後漢末から三国時代の世界情勢はどうなってたの?
  4. 【はじめての孫子】第11回:兵は多きを益ありとするに非ざるなり。
  5. 【岳飛が熱い】「尽忠報国」と背中に彫った救国の英雄・岳飛(がくひ)Part.1
  6. 実は鐘会はマザコンだった!人生を狂わせた母の愛
  7. 【三国志 魏の歴史事件簿】一体何が起きたのか!?曹芳の時代に起きた事件に迫る!!
  8. 三国志演義と正史で大違い?劉備の恩人、公孫瓚

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP