袁術祭り

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

孫呉が天下統一できる可能性が2回もあった!?黒田レンの考察

この記事の所要時間: 235




 

レンが考えるに魏は天下統一することができたチャンスが二回ほどありました。

一つ目は赤壁の戦いです。

 

 

この戦いで曹操軍が敗北していなければ魏が天下統一することができた可能性が、

かなり高かったと言えるのではないのでしょうか。

二つ目は漢中制圧戦の後です。

陽平関の戦いで張魯(ちょうろ)を降して、漢中を占領することに成功した曹操軍。

この時益州は劉備が政権を打ち立てておりましたが、

劉璋を追い払ったばかりで政権は安定しておりませんでした。

この時に曹操が全力を上げて益州へ攻撃を仕掛けていれば劉備軍は間違えなく敗北して,

益州は曹操の物になっており、

そのまま荊州・揚州を占領することも難しくはなかったと思います。

魏には何回か天下統一することができるチャンスが訪れておりましたが、

呉には天下統一することができるチャンスが訪れていたのでしょうか。

今回は呉が天下統一することができたチャンスが訪れていたのかどうかを探ってみたいと思います。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【これはひどい】孫皓が天下統一できると勘違いした占いとは?




呉にも二回天下統一することができるチャンスが訪れていた

 

天は魏にばかりチャンスを与えていたのではありませんでした。

呉にもちゃんとチャンスを与えております。

さてそのチャンスはレンが考えるに二回ほど訪れております。

一度目は赤壁の戦いの後に周瑜(しゅうゆ)が打ち出した孫呉による益州攻略戦です。

そして二度目は関羽の樊城(はんじょう)攻略戦の時であると考えております。

今回は上記2点に的を絞って考えていきたいと思います。




一度目のチャンス:孫呉による益州攻略戦と天下二分の計

 

周瑜は赤壁の戦いの後、

一年あまりの激戦を繰り広げて荊州のど真ん中である江陵(こうりょう)を攻略することに成功します。

周瑜は江陵攻略戦が完了すると益州を攻略して魏を打倒する計画を孫権に提案。

その作戦とは孫呉によって益州を攻略した後張魯を従わせて、

涼州の関中十部軍と連合して西から魏の長安めがけて軍勢を出陣。

そして荊州方面から樊城へ軍勢を北上させると共に合肥(がっぴ)からも軍勢を出陣させる

三方面連動作戦を展開することでした。

孫権はこの作戦を聞いて大いに喜び周瑜にこの作戦を積極的に行うように指示を出します。

しかしこのチャンスを孫呉は活かすことができませんでした。

その原因は周瑜が亡くなってしまったからです。

こうして一度目のチャンスは流れてしまいます。

 

二度目のチャンス:荊州を攻撃しないで合肥へ全力を向けていれば

 

関羽が樊城へ攻撃を仕掛けている時、

孫呉は魏の司馬懿(しばい)からの提案により劉備との同盟を破棄して魏と同盟を結びます。

そして孫呉の軍勢は関羽がいなくなった荊州へ軍勢を進めて占領することに成功。

上記は史実の動きですが、レンが考える二度目のチャンスがこの時だと考えます。

もし関羽軍と連動して合肥方面へ全力で攻撃を仕掛けていれば合肥を占領することは

あまり難しくはなかったのではないのでしょうか。

また張遼が怖くて合肥方面へ進行できないのであれば盧江方面から全力で攻撃を

仕掛けて北上していくパターンもありだったのではないしょうか。

もしどちらかの作戦をとって北上することができれば、

蜀軍と連動して魏の領土を奪うことができたでしょう。

そして魏が滅亡して後に蜀と決戦して天下統一を果たしてもいいですし、

南宋と金みたいに天下を二分して統治するのもいいのではないのでしょうか。

しかし上記のチャンスも孫権は荊州と言う土地に執着してしまったために失うことになります。

 

関連記事:【5分で分かる】意外と知らない孫呉滅亡のきっかけ

関連記事:【解煩督】呉にだっているぜ!解煩、敢死、無難、様々な特殊部隊

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

レンの疑問なのですが、果たして孫権は天下統一する意思があったのか。

それとも江南で力を蓄えることに終始して、天下統一する意思は余り無かったのか。

一体どちらなのでしょうか。

レンの勝手な予想ですが、孫権は天下統一する意思が無かったのではないのでしょうか。

もし天下統一する意思があるのであれば、

荊州を取るよりも北上して魏の領土を脅かすことが最優先事項であったはずで、

孔明が北伐作戦を展開している時に、

しっかりと彼と打ち合わせをして連動するなどの動きがあっても良いのではないのでしょうか。

上記を根拠にレンは孫権が天下統一する意思があまりないのではないかと思うのですが、

皆さんはどのように思いますか。

 

関連記事:三国志ライターkawausoが魏を斬る!蜀が中華統一をする方法

関連記事:どうやったら蜀は魏を滅ぼして天下統一を果たせたの?【ろひもと理穂の考察】

 

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 秦を滅ぼし暴走した劉邦を止めた天才軍師・張良の必殺の言葉って何?…
  2. 病気の呂蒙を穴から見守る孫権
  3. 今更聞けない!水魚の交わりとは何?三国志に由来する故事成語
  4. 霍峻(かくしゅん)とはどんな人?劉備の益州乗っ取りの明暗を分けた…
  5. 意外と知らない楚漢戦争時代の戦い!命からがら逃げれた滎陽城篭城戦…
  6. 曹嵩(そうすう)はどこの誰なのか?徐州大虐殺の切っ掛けにもなった…
  7. 遼来遼来!! 泣く子も黙る張遼の合肥伝説
  8. 【あの人の子孫は今】趙雲の子孫っているの?趙氏(ちょうし)につい…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【真田丸】NHK大河ドラマ決定記念!家康と劉備の黒歴史の共通点。クソ漏らし家康と死んだふりの劉備
  2. 殷の紂王(ちゅうおう)とはどんな人?悪逆非道の限りを尽くした殷朝最後の帝辛
  3. 文聘(ぶんぺい)とはどんな人?魏延とも打ち合いをした魏の武将
  4. 『三国志』人気を数字から考えてみる
  5. 孔明の最期の晩餐は一体何を食べていたの?
  6. 始皇帝が中国統一後、なんで中国全土を巡幸したの?全巡幸をストーキングしてみた

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

116話:劉備、失意の中白帝城に没す! 49話:許攸の寝返りが曹操を勝利に導く 春秋戦国時代初期の名軍師・范蠡の名言:狡兎死して走狗煮らる 【呉を作った男達】いぶし銀の輝きを放つ呉の英雄を紹介! 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.1 24話:呉・三国志 孫堅のあっけない最期 曹操は健康オタク?三国時代のロングブレス健康法 馬場信春(ばばのぶはる)とはどんな人?鬼と呼ばれた武田四名臣の一人

おすすめ記事

  1. 理不尽すぎてもはや笑える、デマのせいで殺された孫奉(そんほう)
  2. 【保存版】西遊記に登場する武器を一挙公開!!
  3. 111話:関羽と張飛の死に劉備は仇討ちの決意を固める
  4. 諸葛瑾(しょかつきん)ってどんな人?偉大な孔明の兄はどうやって乱世を生き抜いたの?
  5. 三国志演義と正史・汴水の戦いを比較
  6. 陸遜は兵法の本質を理解していた戦術家だったの?夷陵の戦いから読み取る陸遜の能力
  7. 沙摩柯(しゃまか)武蛮族の王|甘寧を討ち取り呉を恐怖に陥れる
  8. 【初心者向け】本田圭佑が憧れている曹操(そうそう)という人はどんな人だったの?

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP