架空戦記
まだ漢王朝で消耗してるの?

はじめての三国志

menu

はじめての変

劉備より先に五斗米道の教祖・張魯が漢中王になった可能性が浮上

この記事の所要時間: 217




 

劉備は曹操の軍勢を漢中から追い出すと家臣達に推戴されて漢中王(かんちゅうおう)に就任。

その後劉備は曹丕が皇帝の位に就くと蜀で皇帝の位に就任することになります。

しかし少し歴史が変わっていたらもしかしたらこの人が漢中王になっていたかもしれません。

その人の名は五斗米道(ごとべいどう)の教祖である張魯(ちょうろ)です。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

前回記事:【怪しげな宗教団体】どうして多くの民衆が太平道に参加したの?




三代に渡って広めた道術

 

張魯の祖父である張陵(ちょうりょう)。

彼は蜀の鵠鳴山(こくめいざん)に籠って道術を学んだ後、

漢中で自ら学んだ道術を民衆達へ広めていきます。

張陵は自らの元を訪れて道術を学んだ民衆達にお礼として五斗の米を渡し、

漢中で民衆達へ道術を教えていた張陵。

彼が亡くなると息子である張衡(ちょうこう)が父の道術を受け継いで民衆達へ広めていきます。

こうして漢中や巴・蜀の地方で張衡・張陵が教えた道術が広まっていき、

張魯の時代になると多くの民衆達が張魯の元へ道術の教えてもらいにやってきます。

張魯も父や祖父から受け継いだ道術を民衆達へ教えて行くことになります。




劉焉の命令で漢中を占拠する

 

益州の牧として君臨していた劉焉(りゅうえん)は張魯に督義司馬(とくぎしば)の官職を与え、

漢中へ攻撃を仕掛けて占領するように命令。

張魯は劉焉の命令に従って漢中へ攻撃を仕掛けこの地を占領することに成功。

こうして漢中を占領した張魯はこの地に五斗米道の信者達を集めて、

宗教国家を建設するために組織を整えていきます。

 

半独立国家として認められる

 

後漢王朝は張魯が漢中で宗教国家を作り上げていることを知ると、

討伐軍を編成して討伐したかったのですが、

黄巾の乱によって受けたダメージが癒えていないことから討伐軍を作り出すことができませんでした。

後漢王朝はそのため張魯に漢寧太守(かんねいたいしゅ)の位を与え、

毎年貢ぎ物を贈るように命令を出します。

張魯は後漢王朝の要求を承諾し、

張魯が占領した漢中は宗教国家は半独立国家として公式に認められることになります。

そんな中漢中の土地からある物が発見されます。

 

王の印が発見される

 

漢中の住民達は畑を耕していると地中から印が発見され張魯へ献上されます。

張魯の部下である祭酒達は「師君。これはあなた様に漢中の王として君臨せよ

と天がお命じになっているのです。

拒んではなりませんぞ」と進言。

張魯はこのまま信者を纏めている祭酒達の言うことを聞いて、

漢中の王として君臨していいのか判断に迷っておりました。

すると張魯の部下である閻圃(えんほ)が「師君。この地は経済力に富み、住民も多くいます。

ここは王として君臨するのではなく後漢王朝を助けたほうが得でしょう。

もし後漢王朝を助けることができれば春秋戦国の五覇となって

歴史に名を刻んだ晋の文公(ぶんこう)や斉の桓公(かんこう)に匹敵するでしょう。

また後漢王朝を助けることができなくても半独立国家として

君臨しているあなたは富貴の身分は保つことができるでしょう。

どちらを選んでも師君は偉大な人物として名を残すことが出来るので、

敢えて王の位を名乗る必要はないでしょう。」と進言します。

張魯は閻圃の進言を聞いて納得し王の位を名乗ることを止めることにしたそうです。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

もし閻圃が張魯の部下として仕えていなければ、

祭酒達の進言を受け入れて彼が漢中王になった可能性は十分にあったでしょう。

彼が漢中王として君臨したら益州の劉焉もしくは息子の劉璋(りゅうしょう)を降して、

広大な五斗米道国家を建設していたかもしれません。

そうすると三国志の一つである蜀は張魯が君臨してたかも知れないと

妄想するのも三国志の楽しみ方の一つとして面白いのではないのでしょうか。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志魏書2 今鷹真・井波律子著など

 

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:太平道の教祖、張角死後の黄巾軍はどうなったの?青州黄巾軍って何?

関連記事:張角が太平道信者を増やした方法

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【三国時代】英雄の地位はどの位?
  2. 曹昂すぺしゃる「丁夫人と曹昂」
  3. 父・信玄を超えるために武田勝頼が行った政策って何?
  4. 呂不韋の出世のきっかけはここから始まる!
  5. 【曹操軍と劉備軍】部下と君主関係の違いって一体どこら辺から?
  6. 【春秋戦国時代の偉人】武霊王はなぜ胡服騎射を導入したの?
  7. 蒼天航路のココが凄い!三国志を読むならこの漫画!新たな世界観で描…
  8. 曹操くんポカーン。こやつ何を言ってるんじゃ?古代中国の方言から現…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 本当は好きなんでしょ?一騎当千の最低男、呂布の最強伝説
  2. 孔明や荀彧が務めていた尚書(しょうしょ)ってどんな役職?女尚書も存在した?
  3. 孫礼(そんれい)とはどんな人?境界事件を解決したにも関わらず理不尽な罰を受ける
  4. 【センゴク】信長の仇討ちで秀吉についたのは、神戸、丹羽、掘、蒲生 いずれも名将で明智オワコンに・・
  5. 【劉恒に課せられた使命】ボロボロになった漢帝国を立て直せ!!
  6. 甘過ぎるおかん孔明!部下に厳しく出来ない事実が発覚!

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【5分で分かる】意外と知らない孫呉滅亡のきっかけ 曹丕(そうひ)得意の詩で蜀の調理法を斬る 月刊はじめての三国志2017年8月号 (桃園出版 三国舎)の販売を開始しました 85話:曹操を油断させた潼関(どうかん)の大勝利 孫尚香ってどんな人|孔明に曹操、孫権と並び評された人物 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース16記事【8/28〜9/3】 賈詡と陸遜を徹底比較!あなたはどっちの天才軍師を起用する? なんで重耳は生まれた国から逃げなければならなくなったの?

おすすめ記事

  1. アンゴルモア 元寇合戦記ネタバレ 第29話 Part.2 高麗の栄光の為、父を裏切れ
  2. 再婚なんか当たり前?驚きの三国志の再婚事情とは?
  3. 卑しい身分から、曹操の正妃へ卞夫人 Part.2
  4. 日中対決!後漢をぶっ壊した董卓と貴族政治を破壊した源義仲
  5. 【お知らせ】耳で聞いて覚える三国志を追加配信しました。
  6. いまさら聞けない真田丸って一体何なの?
  7. 袁盎(えんおう)とはどんな人?国家の為にあえて諫言を発し続けた政治家 Part.1
  8. 【中華版聖闘士○矢】集まれ!光武帝と雲台二十八将を全員紹介

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP