袁術祭り
広告




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【司馬の八達】超厳しい父親に育てられた俊英・司馬朗の提案を聞かなかったばっかりに・・・・

この記事の所要時間: 226




 

司馬の八達(しばのはったつ)と言われた俊英達のひとりである司馬朗(しばろう)

彼は超厳しい父親に育てられて育っていきますが

暴君となった董卓(とうたく)に捕まってしまいます

あの手この手を使って彼の元から離れ郷里へ帰ってきます。

そして郷里に到着した彼は住民達へ提案するのですが、

彼の提案に従わなかったばっかりに大変なことになってしまうのです。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【新企画】朝まで三国志を開催!夜22時~朝6時までノンストップ特別企画!




超厳しい父親に育てられる

 

司馬朗には超絶厳しい父親がおりました。

その父親の名前は司馬防(しばぼう)と言います。

彼は京兆(けいちょう)尹などの官職を歴任した後漢王朝の高官でした。

そんな彼は家に帰ってきても威儀を崩さず、

くつろいでいる時も威儀を正していた自分に厳しい人物でした。

司馬朗や司馬朗の弟である司馬懿はこの父に厳しく育てられ、

父が座れと言われるまでずっと座ることができず、

父の前で話すときも父から名指しで質問されるまで話すことは禁じられておりました。

このような厳しい家庭に育った司馬朗は父と一緒に洛陽へ向かうことになります。




董卓に捕まる

 

司馬朗は父と一緒に洛陽へ到着するとこの地で過ごしておりましたが、

暴君・董卓(とうたく)が洛陽へ登場すると状況は一変してしまいます。

彼は洛陽を焼き払って長安へ遷都することを家臣達に告げて、

住民達を先に長安へ強制的に移住させてしまいます。

司馬防は司馬朗に「家族を連れて郷里へ帰れ」と命令。

司馬朗は家族を連れて洛陽から逃亡していきます。

董卓は司馬防の息子である司馬朗が逃亡したとの報告を聞くとすぐに彼をとっ捕まえて、

司馬防の元へ帰してしまいます。

 

賄賂を送って郷里へ帰る

 

司馬防は董卓が滅びることになると予想し、

洛陽にいる董卓子飼いの役人へ賄賂を贈って逃亡を図ります。

董卓子飼いの役人は、

司馬朗からの賄賂を受け取り彼をこっそりと洛陽から逃がしてしまいます。

こうして司馬朗は家族を連れて郷里である河内(かだい)へ逃亡することに成功するのです。

 

長老へ提案するも・・・・

 

司馬朗は河内の実家に帰るとすぐに住民達の代表である長老達を集めて提案します。

彼は長老達へ「董卓は天下の諸侯から恨みを買うことばかりを行い、

彼を討伐するために兵を挙げることになるでしょう。

討伐軍が董卓を一気に攻め滅ぼすことができればいいのですが、

もし董卓を攻め滅ぼすことができずに滞陣することになると

必ず彼らは洛陽の近くにある河内に駐屯することになるでしょう。

連合軍達は寄せ集めであるため、軍令が行き届いていない可能性が高く、

民衆達にもしかしたら危害を加えるかも知れないでしょう。

この時に住民一人ひとりが軍兵に逆らう事などできるわけがありません。

そこで私は一族の親戚が兵を率いて黎陽(れいよう)に駐屯しているので、

住民の皆さんに一族を率いてこの地へ移住すれば安全であると私は考えます。」と

提案します。

しかし住民達は生まれ育った故郷を捨てることができないと反対し、

司馬朗は家族を率いて親戚のいる黎陽へ移り住むことにします。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

さて河内の住民達はその後どうなったのでしょうか。

董卓を滅亡させるために反董卓連合軍が結成されますが、

董卓を滅亡させることはできませんでした。

連合軍は洛陽の近くに有る河内の地にも駐屯することになるのですが、

軍兵達は行儀が悪く河内の地の住民達から略奪を行い、

逆らった者は殺害されてしまいます。

そのため河内に住んでいた住民の半分が殺害されていなくなってしまったそうです。

司馬朗の予想通りに展開してしまったため、

「あの時に司馬朗の進言を聞いていれば良かった」と

残った住民達はすごく後悔したのではないのでしょうか。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志魏書3 今鷹真・井波律子著など

 

 

■記事の内容に関するお問い合わせ(誤植等のご報告など)はこちら

 

関連記事:【孔明死後の三国志に詳しくなろう】司馬師打倒の兵をあげた毌丘倹の反乱はなぜ失敗したの?

関連記事:【晋の皇帝 司馬炎の悩み】司馬家の後継者問題

 

 

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 戦国最強の同盟を成立させた名軍師・太原雪斎(たいげんせっさい)の…
  2. 根拠のない夢を信じないリアリスト曹操
  3. 隗より始めよとはいったい何?最強の自薦方法だけど就職活動には使え…
  4. 孫堅(そんけん)ってどんな人?「江東の虎」と群雄達から恐れられた…
  5. 【こんなに共通点】戦国一の智謀の持ち主・真田昌幸と魏の謀臣・司馬…
  6. 曹操、生涯最大の苦戦 白狼山の戦い|烏桓討伐編
  7. 黄巾賊の組織体制はどうなっていたの?太平道を布教させた宗教団体を…
  8. 呂不韋の成功哲学!自ら立てた計画とは?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース16記事【10/9〜10/15】
  2. 48話:強気の曹操が弱気に荀彧が一喝
  3. これぞ重箱の隅!三国志の時代の調理具・食器特集!
  4. 劉備が諸葛孔明に託した遺言には裏切りを防ぐための作戦だった?
  5. 誇りを失ってもなお『史記』を書いた司馬遷の執念
  6. 荀攸(じゅんゆう)とはどんな人?地味だけど的確な献策を行った軍師

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

張楊(ちょうよう)とはどんな人?呂布を助けようとしためちゃくちゃ優しい人 三国志の隠れた英雄・皇甫嵩(こうほすう)に起こった事件とは! 晴信の仲介によって停戦と最強の三者同盟成立と運命の戦い 鮑信(ほうしん)とはどんな人?自らの命を犠牲にして曹操を助けた曹操の数少ない友人 46話:袁紹軍の審配、石弓隊で曹操軍を撃破 41話:いつかは去りゆくと知っていながら関羽を厚遇した曹操 孔明だけじゃなかった!?呉にも天下三分の計を唱えた人物がいたってホント? 25話:反菫卓連合軍の崩壊・・・それは、袁紹・袁術の確執から始まった

おすすめ記事

  1. 曹操の詠った漢詩を分析してみよう。いつのことかわかるかな?
  2. 蜀討伐戦の驚きの真実!鄧艾は孫子の兵法書を応用していた!
  3. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【9/11〜9/17】
  4. 冒頓単于(ぼくとつぜんう)とはどんな人?漢帝国の宿敵で匈奴の名君Part.2【完】
  5. 今まで有難う趙雲!劉禅や姜維の感謝の言葉に感涙
  6. 孫皎(そんこう)とはどんな人?孫氏一族の文武兼備な将軍。しかし関羽の呪いで……
  7. 劉備の蜀攻略戦で活躍したのは武将ばかりではなく、みんな知っている○○があったから
  8. 【超レアな儀式】真の皇帝にしか許されない封禅の儀式って何?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP