はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【司馬の八達】超厳しい父親に育てられた俊英・司馬朗の提案を聞かなかったばっかりに・・・・

この記事の所要時間: 226




 

司馬の八達(しばのはったつ)と言われた俊英達のひとりである司馬朗(しばろう)

彼は超厳しい父親に育てられて育っていきますが

暴君となった董卓(とうたく)に捕まってしまいます

あの手この手を使って彼の元から離れ郷里へ帰ってきます。

そして郷里に到着した彼は住民達へ提案するのですが、

彼の提案に従わなかったばっかりに大変なことになってしまうのです。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【新企画】朝まで三国志を開催!夜22時~朝6時までノンストップ特別企画!




超厳しい父親に育てられる

 

司馬朗には超絶厳しい父親がおりました。

その父親の名前は司馬防(しばぼう)と言います。

彼は京兆(けいちょう)尹などの官職を歴任した後漢王朝の高官でした。

そんな彼は家に帰ってきても威儀を崩さず、

くつろいでいる時も威儀を正していた自分に厳しい人物でした。

司馬朗や司馬朗の弟である司馬懿はこの父に厳しく育てられ、

父が座れと言われるまでずっと座ることができず、

父の前で話すときも父から名指しで質問されるまで話すことは禁じられておりました。

このような厳しい家庭に育った司馬朗は父と一緒に洛陽へ向かうことになります。




董卓に捕まる

 

司馬朗は父と一緒に洛陽へ到着するとこの地で過ごしておりましたが、

暴君・董卓(とうたく)が洛陽へ登場すると状況は一変してしまいます。

彼は洛陽を焼き払って長安へ遷都することを家臣達に告げて、

住民達を先に長安へ強制的に移住させてしまいます。

司馬防は司馬朗に「家族を連れて郷里へ帰れ」と命令。

司馬朗は家族を連れて洛陽から逃亡していきます。

董卓は司馬防の息子である司馬朗が逃亡したとの報告を聞くとすぐに彼をとっ捕まえて、

司馬防の元へ帰してしまいます。

 

賄賂を送って郷里へ帰る

 

司馬防は董卓が滅びることになると予想し、

洛陽にいる董卓子飼いの役人へ賄賂を贈って逃亡を図ります。

董卓子飼いの役人は、

司馬朗からの賄賂を受け取り彼をこっそりと洛陽から逃がしてしまいます。

こうして司馬朗は家族を連れて郷里である河内(かだい)へ逃亡することに成功するのです。

 

長老へ提案するも・・・・

 

司馬朗は河内の実家に帰るとすぐに住民達の代表である長老達を集めて提案します。

彼は長老達へ「董卓は天下の諸侯から恨みを買うことばかりを行い、

彼を討伐するために兵を挙げることになるでしょう。

討伐軍が董卓を一気に攻め滅ぼすことができればいいのですが、

もし董卓を攻め滅ぼすことができずに滞陣することになると

必ず彼らは洛陽の近くにある河内に駐屯することになるでしょう。

連合軍達は寄せ集めであるため、軍令が行き届いていない可能性が高く、

民衆達にもしかしたら危害を加えるかも知れないでしょう。

この時に住民一人ひとりが軍兵に逆らう事などできるわけがありません。

そこで私は一族の親戚が兵を率いて黎陽(れいよう)に駐屯しているので、

住民の皆さんに一族を率いてこの地へ移住すれば安全であると私は考えます。」と

提案します。

しかし住民達は生まれ育った故郷を捨てることができないと反対し、

司馬朗は家族を率いて親戚のいる黎陽へ移り住むことにします。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

さて河内の住民達はその後どうなったのでしょうか。

董卓を滅亡させるために反董卓連合軍が結成されますが、

董卓を滅亡させることはできませんでした。

連合軍は洛陽の近くに有る河内の地にも駐屯することになるのですが、

軍兵達は行儀が悪く河内の地の住民達から略奪を行い、

逆らった者は殺害されてしまいます。

そのため河内に住んでいた住民の半分が殺害されていなくなってしまったそうです。

司馬朗の予想通りに展開してしまったため、

「あの時に司馬朗の進言を聞いていれば良かった」と

残った住民達はすごく後悔したのではないのでしょうか。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志魏書3 今鷹真・井波律子著など

 

 

■記事の内容に関するお問い合わせ(誤植等のご報告など)はこちら

 

関連記事:【孔明死後の三国志に詳しくなろう】司馬師打倒の兵をあげた毌丘倹の反乱はなぜ失敗したの?

関連記事:【晋の皇帝 司馬炎の悩み】司馬家の後継者問題

 

 

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. え?武田勝頼って武田家二代目代理なの!?
  2. 官渡の戦いでも使われ東西を問わず世界中で取られた戦法「坑道戦」っ…
  3. 曹操はなぜ悪役となったか?……三国志と朱子学の関係について
  4. 三国志にも麻薬常用者はいた?魏の何晏は中毒患者?
  5. 劉備と趙雲が出会う事になったきっかけを作ったのは袁紹のおかげ?
  6. 被らないのは裸で歩くようなもの?中国人が被っていた冠は何?
  7. 理不尽すぎてもはや笑える、デマのせいで殺された孫奉(そんほう)
  8. 劉備が乗っていた的廬がありえないぐらいスゴイ馬だった!?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. ええっ?こんなに大変だったの!献帝の東遷を地図で徹底解説
  2. 安保法案ってなに?三国志で理解する安保法案【今さら聞けない】
  3. えぇぇ~!?あの孔明が劉備に対して怒りの仮病!?
  4. 曹丕(そうひ)ってどんな人?魏書には正当性を表す記述ばかり!?
  5. 華麗なる中華世界を彩る三国志の武器
  6. 【お知らせ】はじめての三国志を常時SSL化しました。

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

【日中変人学者対決】孔融VS藤原頼長 【シミルボン】皆、戦争は嫌だった!三国志の時代の徴兵逃れ 【河北の覇者】袁紹は光武帝を真似た戦略を採用したから滅びた! 遊侠の人・郭解の悲しい最後、慕う人が多すぎて無残な最後を迎える 14話:宦官を容赦なく皆殺したカリスマ袁紹の過激なデビュー 8話:社会不安を利用し急速に拡大した太平道、当時の人が宗教に頼った理由とは? 【九州三国志】『三國志』は中国だけじゃない!日本の三国志事情 Part.3【完】 関羽のワガママ死は孫権の無節操が原因だった?

おすすめ記事

  1. 安保法案ってなに?三国志で理解する安保法案【今さら聞けない】
  2. はじめての三国志 4コマ劇場 その1
  3. 曹爽討伐に成功後の司馬懿の対応が神ってる
  4. なんで孫策と周瑜が義兄弟の契りを結んだの?その驚くべき理由とは?
  5. 実子劉禅(りゅうぜん)と養子劉封(りゅうほう)の明暗
  6. 97話:蜀を得た事で呉と荊州の支配問題が再燃する
  7. 諸葛亮孔明の愛に溢れた手紙に感動!歴史に残るほどの親バカぶりに思わずホッコリ笑顔になれる!【誡子書】
  8. 陳宮(ちんきゅう)ってどんな人?溢れんばかりの才能を備えた知略家「呂布編」

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP