キングダム
if三国志




はじめての三国志

menu

はじめての変

【シミルボン】バカっぽい?酒を煮て英雄を論ずは、もう少し知的だった




シミルボン

※こちらの記事は「シミルボン」に配信されているコンテンツです。

 

 

三国志演義には、酒を煮て英雄を論ずという回があります。

曹操(そうそう)と共に食事をしていた劉備(りゅうび)が曹操

「この乱世に英雄と呼べる人物は誰か?」と質問され、様々な群雄の名前を挙げるも、

曹操に反論され、最期に曹操に「この世に英雄は君と余だけだ」とに言われ、

内心を見透かされた劉備は思わず箸と匙を落してしまいます。

ここで、劉備は、折よく鳴った雷鳴にかこつけて蹲り、「私は雷が怖いのです」と嘘をつき

首尾よく曹操の警戒心を解くという有名なお話です。

 

しかし、いかにも分りやすく、それだけに「本当にこんなので欺かれるか?」と感じる

バカっぽいこの話、正史三国志では、もう少し知的な話として紹介されています。




元の話は、裴松之が引いた華陽国志・・

 

この話は、陳寿(ちんじゅ)の三国志にはなく、裴松之(はいしょうし)が補完した

資料である華陽国志(かようこくし)に出ている資料が元になっています。

そこでは、劉備が雷に怯えて箸と匙を落したという単純な内容だけではなく、

劉備は以下のようなセリフを発しているのです。

 

その時、ちょうど雷鳴が鳴り響き、劉備は曹操に言った。

劉備「聖人は、迅雷風烈は必ず変ずと言いましたが良言であります。

一震の威がこれほどの物であろうとは」

 

さて、皆さん、劉備の言った意味が分るでしょうか?

恐らくピンとこないと思います、無理もない話で、これは論語に出てくる言葉で

論語を読まないと分らない話なのです。

 

参考文献「華陽国志」 中国古代女性の生き方

著者: 下見 隆雄 出版社: 明徳出版社




この話の元ネタは孔子に由来する論語に関係している・・

 

論語は、孔子の言行録を弟子が記録したものです、その中には、

 

「斉衰の者を見ては、狎(な)れたりと雖(いえど)も必ず変ず」

という言葉が残っているのです。

 

ここにある「変ず」とは態度を改めるという意味になります。

孔子は、公私のケジメがしっかりした人であり、それが親しい友人であっても

冠婚葬祭の行事の時には、慣れ合いをせず、ピシッと敬意を払いました。

同じ理由で、孔子は雷鳴や暴風雨のような自然現象も、何らかの天の意志であると考え

わざわざ正装に着替えて、姿勢を正し敬意を払ったのです。

 

参考文献 論語を知っていますか

著者: 現代論語研究会 出版社: ベストセラーズ

 

劉備は雷鳴の威力を孔子の故事に引っ掛けて茶化した

 

劉備は、雷鳴にびっくりして、思わず箸と匙を落して照れ隠しで

 

「いやあ、孔子が敬意を払うだけの事はあり、

さすがは雷の威力は凄いですな」

 

等とおどけて見せたのです。

 

劉備は、自分の臆病さを孔子の故事に引っ掛ける事で矮小化しようとし、

そんな英雄のような大それた事が出来る人間ではないと演じています。

華陽国志では、曹操は自分の臆病さを孔子の故事に引っ掛けて茶化す劉備を見て、

一種の小利口者の雰囲気を感じて(どうやら見込み違いか・・)と考えて

劉備への警戒心を解いたという話になっているのです。

 

単純に、雷に驚き、うずくまるだけでなく、それを孔子の故事を用いて

臆病なのではないですよ、孔子が敬うだけあり、雷の威力の凄さに驚いただけです

とする事で、小心さを認めない小者感を劉備は演出したという事でした。

 

三国志演義として広まる間に劉備の複雑な演技は邪魔になり雷怖いになった

 

三国志演義は、この華陽国志を下敷きに酒を煮て英雄を論ずの回を産みだします。

しかし、文盲が多い当時の一般の大衆が論語を読んでいるという事は余りなく、

 

「聖人は、迅雷風烈は必ず変ずと言いましたが良言であります。

一震の威がこれほどの物であろうとは」

 

というセリフは、論語を引いて説明を入れる面倒な事になったのです。

講釈として発展した三国志演義は、そこにクドクドと説明を加えるとテンポが

かなり悪くなってしまいます。

 

そこで、ある段階で劉備が演じた小利口者をPRするセリフをバッサリ切り、

ただ、劉備が雷に驚いたフリをして、箸と匙を落すというシンプルな展開にします。

この判断は、大当たりしていると言えるでしょう、だからこそ酒を煮て英雄を論ずは、

数ある三国志の名場面の中でも印象に残るシーンになったのです。

 

シミルボン

 

【シミルボン】バカっぽい?酒を煮て英雄を論ずは、もう少し知的だった

の続きは、「シミルボン」内のページで読めます。

続きが気になる方は、「シミルボン」にアクセスしよう!




kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 呂蒙が病気になり心配する孫権 病気の呂蒙を穴から見守る孫権
  2. 104話:黄忠vs夏侯淵|定軍山の戦い
  3. 【転職面接を攻略】呂布、陳琳、孔明に学ぶ面接必勝法
  4. 曹操 幼少期・青年期の曹操がかなりやんちゃってほんと!?
  5. 司馬徽(しばき)はどんな人?なんでも善きかな、生涯誰にも仕えなか…
  6. 異民族に好かれる董卓 新事実!悪逆非道の代名詞・董卓は実は、かなりいい人だった
  7. 中国古代四大美人のひとり貂蝉はどうやって生まれたの?
  8. 陳宮 陳宮(ちんきゅう)ってどんな人?溢れんばかりの才能を備えた知略家…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 劉備とイチャイチャする孫尚香
  2. 謝夫人 孫権の妻
  3. 曹丕
  4. 読者の声バナー(はじめての三国志)

おすすめ記事

  1. 嫪毐(ろうあい)ってどんな人?男のウェポンで天下に名をとどろかせる
  2. 【こんなに共通点】戦国一の智謀の持ち主・真田昌幸と魏の謀臣・司馬懿
  3. 曹操は郭嘉を後継者として考えていたのは本当なの? 曹操と郭嘉
  4. 漢代の中国が舞台のボードゲーム「漢(ハン)」について調べてみた 漢(ハン)HAN amazon引用
  5. 128話:諸葛亮孔明、ついに五丈原に堕つ・・
  6. 授業や教科書では教えてくれない長篠の戦いをセンゴクから見てみよう

三國志雑学

  1. 織田信長
  2. 黄月英
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 豊臣秀吉 戦国時代
  2. 馬騰
  3. 司馬昭と司馬師
  4. 曹操は女性の敵なの?もじのみ
  5. 呉の周瑜、孫策、程普

おすすめ記事

徳川家を守った篤姫 島津斉彬と天璋院篤姫は実際どんな関係だったの? 名推理!三国志時代にも名裁判官が存在した!? 張コウ 張郃 張郃は不死身のゾンビ将軍だった!? 井伊直弼の家系図は豪華絢爛! 賈詡に学ぶベストな転職の方法 【マイナー文官列伝】有名じゃないけど優れた才能を持った建安七子・王粲ってどんな人 前漢の景帝の尊厳を保たせるために行った領地削減政策は裏目になった理由 典韋にボコボコにされる成廉 典韋は斧を正史三国志で振り回してない!!ってほんと

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP