キングダム
三顧の礼




はじめての三国志

menu

はじめての変

【シミルボン】バカっぽい?酒を煮て英雄を論ずは、もう少し知的だった




シミルボン

※こちらの記事は「シミルボン」に配信されているコンテンツです。

 

 

三国志演義には、酒を煮て英雄を論ずという回があります。

曹操(そうそう)と共に食事をしていた劉備(りゅうび)が曹操

「この乱世に英雄と呼べる人物は誰か?」と質問され、様々な群雄の名前を挙げるも、

曹操に反論され、最期に曹操に「この世に英雄は君と余だけだ」とに言われ、

内心を見透かされた劉備は思わず箸と匙を落してしまいます。

ここで、劉備は、折よく鳴った雷鳴にかこつけて蹲り、「私は雷が怖いのです」と嘘をつき

首尾よく曹操の警戒心を解くという有名なお話です。

 

しかし、いかにも分りやすく、それだけに「本当にこんなので欺かれるか?」と感じる

バカっぽいこの話、正史三国志では、もう少し知的な話として紹介されています。




元の話は、裴松之が引いた華陽国志・・

 

この話は、陳寿(ちんじゅ)の三国志にはなく、裴松之(はいしょうし)が補完した

資料である華陽国志(かようこくし)に出ている資料が元になっています。

そこでは、劉備が雷に怯えて箸と匙を落したという単純な内容だけではなく、

劉備は以下のようなセリフを発しているのです。

 

その時、ちょうど雷鳴が鳴り響き、劉備は曹操に言った。

劉備「聖人は、迅雷風烈は必ず変ずと言いましたが良言であります。

一震の威がこれほどの物であろうとは」

 

さて、皆さん、劉備の言った意味が分るでしょうか?

恐らくピンとこないと思います、無理もない話で、これは論語に出てくる言葉で

論語を読まないと分らない話なのです。

 

参考文献「華陽国志」 中国古代女性の生き方

著者: 下見 隆雄 出版社: 明徳出版社




この話の元ネタは孔子に由来する論語に関係している・・

 

論語は、孔子の言行録を弟子が記録したものです、その中には、

 

「斉衰の者を見ては、狎(な)れたりと雖(いえど)も必ず変ず」

という言葉が残っているのです。

 

ここにある「変ず」とは態度を改めるという意味になります。

孔子は、公私のケジメがしっかりした人であり、それが親しい友人であっても

冠婚葬祭の行事の時には、慣れ合いをせず、ピシッと敬意を払いました。

同じ理由で、孔子は雷鳴や暴風雨のような自然現象も、何らかの天の意志であると考え

わざわざ正装に着替えて、姿勢を正し敬意を払ったのです。

 

参考文献 論語を知っていますか

著者: 現代論語研究会 出版社: ベストセラーズ

 

劉備は雷鳴の威力を孔子の故事に引っ掛けて茶化した

 

劉備は、雷鳴にびっくりして、思わず箸と匙を落して照れ隠しで

 

「いやあ、孔子が敬意を払うだけの事はあり、

さすがは雷の威力は凄いですな」

 

等とおどけて見せたのです。

 

劉備は、自分の臆病さを孔子の故事に引っ掛ける事で矮小化しようとし、

そんな英雄のような大それた事が出来る人間ではないと演じています。

華陽国志では、曹操は自分の臆病さを孔子の故事に引っ掛けて茶化す劉備を見て、

一種の小利口者の雰囲気を感じて(どうやら見込み違いか・・)と考えて

劉備への警戒心を解いたという話になっているのです。

 

単純に、雷に驚き、うずくまるだけでなく、それを孔子の故事を用いて

臆病なのではないですよ、孔子が敬うだけあり、雷の威力の凄さに驚いただけです

とする事で、小心さを認めない小者感を劉備は演出したという事でした。

 

三国志演義として広まる間に劉備の複雑な演技は邪魔になり雷怖いになった

 

三国志演義は、この華陽国志を下敷きに酒を煮て英雄を論ずの回を産みだします。

しかし、文盲が多い当時の一般の大衆が論語を読んでいるという事は余りなく、

 

「聖人は、迅雷風烈は必ず変ずと言いましたが良言であります。

一震の威がこれほどの物であろうとは」

 

というセリフは、論語を引いて説明を入れる面倒な事になったのです。

講釈として発展した三国志演義は、そこにクドクドと説明を加えるとテンポが

かなり悪くなってしまいます。

 

そこで、ある段階で劉備が演じた小利口者をPRするセリフをバッサリ切り、

ただ、劉備が雷に驚いたフリをして、箸と匙を落すというシンプルな展開にします。

この判断は、大当たりしていると言えるでしょう、だからこそ酒を煮て英雄を論ずは、

数ある三国志の名場面の中でも印象に残るシーンになったのです。

 

シミルボン

 

【シミルボン】バカっぽい?酒を煮て英雄を論ずは、もう少し知的だった

の続きは、「シミルボン」内のページで読めます。

続きが気になる方は、「シミルボン」にアクセスしよう!




kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. これはひどい・・関羽は深刻な方向音痴だった?迷走する関羽の千里行…
  2. 後漢の人材難極まる!火薬庫涼州の刺史がボンクラ揃い
  3. キングダムのナキ(那貴)は史実どおり実在したの?
  4. 梁鵠(りょうこく)とはどんな人?魏の宮殿を飾った全ての題字を書い…
  5. 時空を超える関羽、琉球の民話に登場
  6. 【キングダム】昌文君が李斯を土下座説得!何で昌文君は李斯があんな…
  7. 舛添都知事「五千万問題」三国志の時代だと、どんな罪?
  8. 衝撃の事実!三国時代に魏・呉・蜀なんて『国』は存在しなかった!?…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. はじめての三国志編集長 kawauso
  2. 後悔する孫権

おすすめ記事

  1. 【大三国志 攻略5】分城のシステムを紹介します。青州最強の●●さんも登場!!
  2. 【キングダム ネタバレ予想 529話】遼陽城に巣くう連中の正体とは?
  3. 33話:度重なる幸運にハングリーさを失う曹操
  4. 【記事の見落としゼロ】はじ三配信スケジュールサービス開始
  5. 衛青(えいせい)とはどんな人?前漢時代最強を誇っていた匈奴を打ち破って漢の領土を回復させた武人
  6. 40代の劉邦が20代の項羽を討ち天下統一することは天命だった!?

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【シミルボン】戦だけが能じゃない?三国志の英雄達を詩で比較してみたよ! 59話:文武両道、義侠心に厚い漢 徐庶(じょ しょ)は劉備と出逢う 真田丸 武田信玄 武田信玄の最強の敵!?武田家を揺るがす大事件を勃発させた武田義信 キングダム586話合併号SP不謹慎!王賁死す当時のリアルな葬式は? 幕末大勢で一人に襲いかかる新選組 山南敬助とはどんな人?新選組から脱走した理由は? 大喬 乱世の女は強かった!女城主直虎以外の女傑を紹介 郭解(かくかい)とはどんな人?悪いことの全てをやり尽くした遊侠人 よく考えてみると劉備は反董卓連合に参加していないのでは!?

おすすめ記事

  1. 【曹操が慕った偉大な王様】天下の三分の二を所有するも王へ登らなかった周の文王ってどんな人?
  2. 戦国時代の武士にも出席簿があった!軍忠状 日本戦国時代の鎧
  3. 陸抗の子孫達も歴史に名を残した素晴らしい人材だった!?
  4. キングダム585話ネタバレ予想堯雲を討ち取るのは羌瘣?その3つの理由
  5. 【太史慈vs夏侯淵】射術の腕前はどっちが上なの!? 太史慈
  6. 闕宣(けっせん)とはどんな人?勢力は小さくても強かった自称皇帝闕宣のイケイケ人生
  7. 近藤勇の池田屋事件での活躍とは? 幕末極悪な尊攘派志士と正義の新選組
  8. 【曹操の妨害工作】呂布と袁術の同盟を曹操は恐れていた!

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP