朝まで三国志悪
北伐




はじめての三国志

menu

はじめての変

鉄壁の合肥城を作り上げた劉馥の一族にとんでもない奴がいた!?

この記事の所要時間: 227




 

防御力ゼロ、住民もほとんどいない城であった合肥(がっぴ)城。

しかしこの合肥城に一人の役人が赴任したことによって、

防御力ゼロで、ほとんど無人であった合肥城が、

鉄壁の合肥城へと進化することになります。

その役人の名を劉馥(りゅうふく)と言います。

彼は合肥城へ赴任すると城壁を修復して魚油を蓄え、

敵の厳しい攻撃にも耐えることのできる合肥城へと生まれ変わらせることになります。

今回はこの劉馥の一族である劉弘(りゅうこう)という人物をご紹介したいと思います。

彼も祖父・劉馥に似て非常に行政官として優秀な人物でありました。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【新企画】朝まで三国志を開催!夜22時~朝6時までノンストップ特別企画!




司馬炎と幼い頃からの友達であった

 

劉弘は司馬炎(しばえん)と同い年で、

司馬炎が住んでいた洛陽の永安里(えいあんり)に住んでいた人物でした。

そのため幼い頃から一緒に遊んでおり仲のいい友達でした。

司馬炎が曹魏を滅亡させて晋の初代皇帝として君臨すると

劉弘は司馬炎に呼び出されて仕えることになり、エリートコースを歩むことになります。

彼は晋の時代の末期になると車騎大将軍となり、幕府を開くことがゆるされます。

また荊州(けいしゅう)の刺史と荊州・広州・交州の軍事権を行使する権能を

与えられることになります。




十組の役人を派遣するより効果がある

 

劉弘は荊州一帯を治めることになります。

彼は司馬炎の友達であったから上記のようなとんでもない権力を有することになった・・・・

わけではなくしっかりと権力に見合った能力を持った人物でした。

行政面では民衆達に農業・養蚕を行うように奨励し、

部下達には厳しくも真心をもって接していきます。

さらに民衆達が徴兵されることになると、

自分の領内になる郡や国へ自ら筆をとって、

徴兵される民衆達をいたわる手紙を送り届けさせます。

この結果、民衆達は劉弘のために進んで受けて兵になり、

役人達からは「劉弘殿の直筆の手紙は十組の役人を派遣するより効果がある」と

彼を褒め称えていたそうです。

 

公正な人物である劉弘

 

劉弘は公平な人物としてしられており能力のある人物であれば、

娘婿よりも在野の人物を取り入れる人物でした。

彼の公平さが表れるエピソードをご紹介したいと思います。

晋の皇帝から「自らの裁量で人材を登用してもいい」と命令を受けます。

そこで彼は配下の将軍である皮初(ひしょ)を襄陽(じょうよう)の太守に。

また在野にいた伍朝(ごちょう)を零陵(れいりょう)の太守へ任命してもらうように推挙。

すると晋の朝廷から「皮初は名声や実績において劣っているのではないか。

君の娘婿である夏侯陟(かこうちょく)の方を襄陽の太守に任命しなさい」と

返答が帰ってきます。

劉弘は「私の娘婿である夏侯陟よりも皮初の方が能力のある人物であります。」と短く返答を返します。

晋の朝廷は劉弘の言葉を受け入れて皮初を襄陽の太守へ任命することにします。

 

俺は晋の朝廷を裏切ることをしない

 

劉弘が襄陽の太守に皮初を任命した頃、晋の国は大きく乱れておりました。

その原因は朝廷の政治の腐敗と王族達が、

朝廷に対して反乱を幾度も起こしていたことです。

こうした事態に広漢の太守であった人物が劉弘へ「君は荊州を統治している。

この地をもって晋から独立して地方の実力者達と手を握った方がいいのではないのか。」と

提案します。

劉弘はこの人物の話を聞くと「俺は晋の朝廷を裏切ることはない」と激怒して、

その人物を斬ってしまいます。

彼のこの行いに荊州の人々は大いに感心したそうです。

その後彼は荊州を乱れさせることなくしっかりと統治していたのですが、

病に罹って亡くなってしまいます。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

劉馥がいなければ合肥城は孫呉に取られていた可能性を考えると

彼が魏国を支える一つの基盤を作り上げたといっていいでしょう。

そして劉弘も晋の国をしっかりと支える基盤の一つを作り上げたといってよく、

彼の領土であった荊州はその後東晋に吸収されるのですが、

この国でも彼が統治した荊州は東晋のかなめとなる部分を担うことになるのです。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志魏書3 今鷹真・井波律子著など

 

 

■記事の内容に関するお問い合わせ(誤植等のご報告など)はこちら

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:合肥(がっぴ)むかつく!孫権が合肥攻略にこだわる理由とは?

関連記事:孫権は何であれほど合肥城を狙い続けたの?理由をわかりやすく解説(前半)

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 秀吉のDIY?墨俣城(すのまたじょう)って本当に一夜で造られた?…
  2. 孫皎(そんこう)とはどんな人?孫氏一族の文武兼備な将軍。しかし関…
  3. 長宗我部元親「四国の蝙蝠(こうもり)」の四国統一戦を分かりやすく…
  4. 三国志演義と正史で大違い?劉備の恩人、公孫瓚
  5. 秀吉の下に天下を代表する軍師が揃うきっかけってなに?
  6. 遼来来!よりも呉は彼を恐れていた?呉キラー曹休(そうきゅう)
  7. 儒教が引き金?外戚と宦官の対立はなぜ起こったのか
  8. 取次制度って何?違った角度から戦国時代を見てみよう!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 孫堅(そんけん)ってどんな人?「江東の虎」と群雄達から恐れられた孫策・孫権の父親
  2. 【軍師連盟】司馬懿は簒奪をいつから狙っていたの?
  3. 【第10回 幻想少女】天敵・趙雲攻略が見えた。エース貂蝉の活躍(ネタばれ注意!)
  4. オカルト、SF、大好き!三国志人の脳内はお花畑
  5. 顔良(がんりょう)ってどんな人?袁紹軍の勇将として名をはせた剛勇
  6. 善悪関係なし!6人の君主を渡り天寿を全うした軍師賈詡の生涯!

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

三国志ベストコンビネーション賞!感心・感動したコンビ10選 孔明によって殺害されてしまった劉封、実は○○から逃亡するようにアドバイスを受けていた! はじめての三国志チャンネル 第1回目 – 劉備玄徳 【完005】 曹操から超警戒されていた司馬仲達の綱渡り人生 人々の鑑になった良い宦官達 「虎穴に入らずんば虎子を得ず」のことわざを作り出した班超って一体何者? 公孫康(こうそんこう)とはどんな人?虚を捨て、実を取り遼東に安寧をもたらした男【遼東三代記】 趙雲の墓は存在するの?中国の三国志観光スポット旅行

おすすめ記事

  1. 【キングダム】信が王騎の矛を受け継いだのには隠された意味があった!
  2. 【はじめてのセンゴク】毛利家の暗躍と荒木村重の反乱
  3. 占領する城を増やし領土を広げる国盗りボードゲーム『三国志ダイス』の事前登録を8月22日からスタート
  4. よく考えてみると劉備は反董卓連合に参加していないのでは!?
  5. 【シミルボン】とっても面倒くさい!三国志の時代の髪の毛のお手入れ
  6. 劉備は旅好きだったのか!?北から南へ大移動の真相
  7. 晋にも五虎将軍が存在した?魏の五将軍に匹敵する晋の名将を紹介
  8. 三国志学会公認:横浜関帝廟ツアー

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP