孫権は何であれほど合肥城を狙い続けたの?理由をわかりやすく解説(前半)




曹操VS孫権R2

 

三国志が好きなら一度は聞いたことのある戦い、それが合肥の戦いです。

魏と呉の戦いですが、孫権(そんけん)は何度も戦いを挑んでいます。

なぜ孫権は合肥を狙い続けていたのでしょうか。

その理由と合肥城の戦いを前半・後半で分けて紹介していきたいと思います。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:表向き武力を用いない王朝交代劇「禅譲」、曹操と荀彧の思惑は?




合肥に攻めこんだきっかけとは

劉備にそそのかされて出撃

 

孫権が合肥に執念を燃やした一つ目の理由は、蜀との同盟です。

蜀の荊州返還問題の時、劉備が孫権に荊州の一部を返還する代わりに、

合肥に攻め込んでほしいとの依頼があり、孫権はこの盟約を守るため、合肥に攻め込みます。

 

一時期蜀と呉の盟約は切れますが、その後、再び同盟を結び、蜀の丞相である諸葛孔明からも、合肥攻撃の依頼があったので、度々攻め込んでいました。

 

関連記事:荊州を餌に孫権を合肥を攻めさせる劉備

関連記事:荊州争奪戦、荊州がどうしても欲しいんです




2つ目の理由

孫権 弔い出陣

 

二つ目の理由として、呉の国を防衛するためです。

合肥から呉の首都・建業までは約150㎞しかなく(現在の日本で表すと大阪~岡山までの距離)、

魏軍が大軍を率いて長江を渡ったら、近くに建業があることになります。

孫権としては首都防衛のため、絶対に攻略しなくてはならない場所です。

こんな経緯から孫権は合肥攻略に意欲を燃やすのです。

ここからは合肥攻略戦をまとめていきたいと思います。

 

関連記事:曹操と孫権の合肥を巡る戦いが何度も行われていた Part1

関連記事:曹操と孫権の合肥を巡る戦いが何度も行われていた Part2

合肥城へ初攻撃

孫権日本

 

孫権は、曹操軍を赤壁の戦いで大勝利をおさめた後、合肥に初めて攻撃を仕掛けます。

この時の合肥は、(以前魏の地方行政官・劉馥を取り上げた際に、合肥城の事を書きましたので詳細は割愛します。)

城は強固ですが、守備兵が少なく有名な将も居ない城でした。

孫権はこの城に攻撃を仕掛けますが、魏の蒋済の流言に踊らされて、何もしないまま退却することになります。

私は、合肥攻略の最大のチャンスがこの時であったと思います。

曹操は、赤壁の戦いで敗れ、大軍を送れませんでした。

実際に曹操が援軍に送ったのは、たった2千程度の軍しか合肥に送れませんでした。

蒋済の流言に踊らされず本気で攻め込まなかったのが、残念でなりません。

 

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 趙雲
  2. はじめての三国志 画像準備中
  3. 華雄と呂布
  4. 曹操

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

3冊同時発売




PAGE TOP