架空戦記
ビジネス

はじめての三国志

menu

はじめての魏

劉馥(りゅうふく)ってどんな人?魏の地方行政官なのに無人の合肥を鉄壁の城に作り上げた功臣

この記事の所要時間: 330
photo credit: lonely tree via photopin (license)

photo credit: lonely tree via photopin (license)

 

合肥の名は、張遼(ちょうりょう)が超人的な活躍をして呉軍を蹴散らした合肥城の戦いが有名です。

しかしこの合肥城は、はじめ無人でボロボロの城でした。

この無人でボロボロの城を鉄壁の城に作り上げ、呉軍を長年にわたり悩ませ続けた名臣・劉馥(りゅうふく)を今回紹介していきます。

 

 

旧袁術の家臣を率いて魏に仕える

孫策

 

劉馥は戦乱を避けて、揚州の九江郡におりました。

しかし、この地も戦乱の嵐に巻き込まれてしまいます。

孫策(そんさく)が旧袁術領を手に入れるため、揚州刺史を派遣します。

曹操(そうそう)もこの地を手に入れるため揚州刺史を派遣するのです。

 

関連記事:孫策も憧れた「西楚覇王」項羽が残した伝説の戦いベスト3

関連記事:孫策と周瑜の怪しい関係は事実だったの?子不語にある逸話を紹介!

関連記事:孫策を自分の息子にしたいと思っていた袁術

 

 

曹操と孫策が派遣した揚州刺史は互いに争う

魔王曹操

 

曹操と孫策が派遣した揚州刺史は互いに争い、孫策が派遣した揚州刺史が勝利します。

戦いに決着が着いたことで、九江郡が安定すると思われましたが、この地に住む豪族達が一斉に反乱を起こし、九江郡で暴れまわります。

さらに孫策の死後、この地を治めていた揚州刺史は反乱を起こし、大混乱に陥ります。

劉馥は大混乱している九江郡の状況を安定させるため、袁術の旧家臣達を説得させ、曹操に仕えさせます。

曹操は大いに喜び、劉馥を揚州刺史に任命し、彼に揚州の事はすべて任せます。

 

関連記事:たった26年の生涯を駆け抜けた小覇王・孫策

関連記事:孫策、旧勢力に恨まれ無念の死を遂げる

関連記事:小覇王・孫策のお母さん「呉夫人」は偉大すぎた

 

劉馥は豪族達の説得に成功する

photo credit: Campfire via photopin (license)

photo credit: Campfire via photopin (license)

 

揚州刺史となった劉馥は、単身で合肥に赴き、豪族達を懸命に説得します。

豪族達も彼の必死の説得に応じ、曹操に帰順します。

大混乱であった九江郡を安定させましたが、長年この地が戦乱に巻き込まれていたため、荒廃しておりました。

そのため劉馥は、九江郡の住民を合肥に移住させます。

 

無人の合肥を整備し、堅城都市を作り上げる

photo credit: d8_november via photopin (license)

photo credit: d8_november via photopin (license)

 

劉馥は、九江郡から移住してきた住民たちが、安心して暮らせるように城下町を整備します。

彼が合肥城に来た時、田畑や道は荒れ、人が住める状態ではありませんでした。

劉馥はまず、役所を作り行政機構を確立させます。

その後、子供達が教育できるように学校を作り、さらに道を整備して、田畑を開拓させて生産力増強を図ります。

 

【次のページに続きます】

 

 

ページ:

1

2

関連記事

  1. 【授業に出るかも】正史三国志と三国志演義の違いは何?
  2. 三国志の著者・陳寿のミステリー 前編:蜀滅亡
  3. 【実録】三国志の時代のショッピングは命がけだった?
  4. 洛陽に続き、長安でも好き放題をした董卓
  5. 董卓の軍師・李儒はどれだけ凄かったの?革新的な進言を続けた謎の軍…
  6. 三国志の時代のライター陽燧(ようすい)が中々便利!
  7. 『うしおととら』の獣の槍の元ネタは孫子の時代にあった?古代中国の…
  8. 趙雲(ちょううん)ってどんな人?蜀の五虎将軍の中で寿命を全うした…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【衝撃の事実】夏侯淵の一族にはなんと皇帝がいた!?
  2. 【諸葛孔明の兵法】魏を苦戦させた知られざる孔明のアメーバ戦術
  3. 張邈(ちょうばく)とはどんな人?親友の曹操を裏切って反旗を翻した政治家
  4. ところで水滸伝って何?美味いの?中国の明の時代に完成した四大奇書
  5. 【重要なお知らせ】ストライキ決行
  6. 陳勝・呉広の乱とは何?秦国を滅ぼすきっかけを作った二人組

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

三国志の時代の鎧は防弾チョッキ感覚だった?周、殷、キングダムまで鎧を徹底紹介! 【これはひどい】孫皓が天下統一できると勘違いした占いとは? 始皇帝・政が甘々な性格であった事が原因で秦が滅びた? 「アンゴルモア 元寇合戦記」という歴史漫画が超絶面白い! 仰天!三国志の時代にはナビゲーション技術があった!? 76話:孔明による材料も手間もなく矢を造る方法 蜀の武将・張達(ちょうたつ)と范彊(はんきょう)に同情の余地はあるの? 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース24記事【5/22〜5/28】

おすすめ記事

  1. 7話:黄巾の乱は、どうして起こったのか? 黄巾賊についてわかりやすく解説
  2. 霊帝は近衛軍創設の為に売官で資金を造った?実は優秀な皇帝の真実
  3. 魏の2代目皇帝・曹叡(そうえい)はいったいどんな仕事をしていたの?
  4. 6倍の敵に対して一歩も退かずに渡り合った名将・高橋紹運がヤバイ!
  5. 周宣(しゅうせん)とはどんな人?夢を占わせれば、九割の精度を誇った魏の夢占い師
  6. 三国志好きでも楽しめる新撰組マンガ3選!「燃えよ剣」「北走新選組」「だんだらごはん」
  7. 【不仲説】三国志で一番不仲武将をランキング形式で紹介!
  8. 【センゴク】織田信長は長年、本願寺に苦しめられた理由とは?

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP