劉馥(りゅうふく)ってどんな人?魏の地方行政官なのに無人の合肥を鉄壁の城に作り上げた功臣




劉馥(りゅうふく)

 

合肥の名は、張遼(ちょうりょう)が超人的な活躍をして呉軍を蹴散らした合肥城の戦いが有名です。

しかしこの合肥城は、はじめ無人でボロボロの城でした。

この無人でボロボロの城を鉄壁の城に作り上げ、呉軍を長年にわたり悩ませ続けた名臣・劉馥(りゅうふく)を今回紹介していきます。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:陸遜も参戦した合肥の戦い(第四次戦役 234年)を分かりやすく解説

関連記事:合肥の戦いで張遼が孫権を討ち取っていたら三国志はどうなった?

 

 

旧袁術の家臣を率いて魏に仕える

孫策

 

劉馥は戦乱を避けて、揚州の九江郡におりました。

しかし、この地も戦乱の嵐に巻き込まれてしまいます。

孫策(そんさく)が旧袁術領を手に入れるため、揚州刺史を派遣します。

曹操(そうそう)もこの地を手に入れるため揚州刺史を派遣するのです。

 

 

曹操と孫策が派遣した揚州刺史は互いに争う

魔王曹操

 

曹操と孫策が派遣した揚州刺史は互いに争い、孫策が派遣した揚州刺史が勝利します。

戦いに決着が着いたことで、九江郡が安定すると思われましたが、この地に住む豪族達が一斉に反乱を起こし、九江郡で暴れまわります。

さらに孫策の死後、この地を治めていた揚州刺史は反乱を起こし、大混乱に陥ります。

劉馥は大混乱している九江郡の状況を安定させるため、袁術の旧家臣達を説得させ、曹操に仕えさせます。

曹操は大いに喜び、劉馥を揚州刺史に任命し、彼に揚州の事はすべて任せます。

 

関連記事:たった26年の生涯を駆け抜けた小覇王・孫策

関連記事:孫策、旧勢力に恨まれ無念の死を遂げる

関連記事:小覇王・孫策のお母さん「呉夫人」は偉大すぎた

 

劉馥は豪族達の説得に成功する

 

揚州刺史となった劉馥は、単身で合肥に赴き、豪族達を懸命に説得します。

豪族達も彼の必死の説得に応じ、曹操に帰順します。

大混乱であった九江郡を安定させましたが、長年この地が戦乱に巻き込まれていたため、荒廃しておりました。

そのため劉馥は、九江郡の住民を合肥に移住させます。

 

赤壁の戦いを斬る!赤壁の戦いの真実
赤壁の戦い

 

無人の合肥を整備し、堅城都市を作り上げる

 

劉馥は、九江郡から移住してきた住民たちが、安心して暮らせるように城下町を整備します。

彼が合肥城に来た時、田畑や道は荒れ、人が住める状態ではありませんでした。

劉馥はまず、役所を作り行政機構を確立させます。

その後、子供達が教育できるように学校を作り、さらに道を整備して、田畑を開拓させて生産力増強を図ります。

 

無人であった合肥城は大いに栄え移住者も次第に増え始める

 

他にも川が氾濫を起こさないように治水工事を行うなど数々の政策を実施します。

そのおかげで、無人であった合肥城は大いに栄え、ほかの都市からも農民たちが移住してくる都市に変貌を遂げるのです。

劉馥は将来、孫権が合肥城に攻めてくると予想したため、防御工事を行います。

城壁の防御を厚くし、魚油(魚から作った油)や木材、石などを大量に備蓄し、籠城戦に備えていたそうです。

無人の荒野であった合肥の地を一流の都市に生まれ変わらせた劉馥ですが、赤壁の戦いの前に彼は亡くなってしまいます。

 

関連記事:レッドクリフを100倍楽しむ!赤壁の戦いを分かりやすく徹底紹介!

関連記事:赤壁の戦いで孔明が東南の風を吹かしたじゃん?あれマジらしいよ?

関連記事:赤壁の戦いにモデルがあった?八陽湖の戦い

関連記事:赤壁の戦いは計略の宝庫

 

第一次合肥城合戦

孫権 弔い出陣

 

孫権は赤壁の戦いに勝利した直後、合肥城を攻略すべく出陣します。

孫権軍は10万の軍勢を率いて合肥城を包囲します。

合肥城にはかなり少ない人数しかこもっていなかったと思われ、武将も貧弱な奴しかいなかったと思われます。

孫権は包囲後、直ぐに総攻撃をかけます。

しかし、びくともせず、夜襲をかけようとしても、魚油が城外を照らしていたため、攻撃できませんでした。

合肥城は住民と兵士が心を合わせて、合肥城を守り続け、孫権軍の攻撃を100日以上耐え続けます。

 

関連記事:荊州を餌に孫権を合肥を攻めさせる劉備

関連記事:曹操と孫権の合肥を巡る戦いが何度も行われていた Part1

関連記事:曹操と孫権の合肥を巡る戦いが何度も行われていた Part2

 

曹操は合肥城に蒋済と張喜を援軍に出す

泣く子も張遼

 

曹操は孫権軍が合肥城を包囲している報告を聞くと、すぐに蒋済と張喜を援軍に差し向けます。

だが与えられた軍勢はたった1000人でした。

しかし蒋済が機転を利かせて、孫権軍に歩兵と騎兵合わせて4万の援軍が来ると流言を広めます。

孫権軍は曹操軍の援軍を恐れて、合肥城から退却します。

孫権はその後も幾度となく合肥城に攻撃を仕掛けますが、結局攻略することはできませんでした。

理由は合肥城が鉄壁化した点や張遼や満寵(まんちょう)などの曹操軍が誇る名将を常駐させたことなどが原因で、

孫権は死ぬまで合肥を手に入れる事ができませんでした。

 

関連記事:満寵(まんちょう)ってどんな人?曹氏三代に仕え呉の天下統一を阻み続けた司令官

関連記事:遼来遼来!! 泣く子も黙る張遼の合肥伝説

関連記事:奮戦する張遼、孫権を二度も追い詰める

 

三国志ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

劉馥が以外のほかの誰かが、合肥を他の文官が治めていたら、孫権軍に合肥城は落とされ、曹操軍はかなり厳しい状態になっていたかもしれません。

そのことを考えると合肥を鉄壁の城に生まれ変わらせた劉馥は地方行政官の鏡と言っても過言ではありません。

今回の三国志話会はここで終わりです。次回の三国志話会でお会いしましょう。それではまたにゃ~♪

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【魏の五虎将】俺たちだって五虎将だ!張遼編

関連記事:三国志を否定するのは呉の張昭?三国間の不毛な争いを終わらせようとした政治家

 

【魏のマイナー武将列伝】
魏のマイナー武将列伝

 




関連記事

  1. 許チョ
  2. はじめての魏

    魏の五都の人口は?魏は斉になっていた?斉・呉・蜀の三国志

    魏(ぎ)、呉(ご)、蜀(しょく)の中でも、…

  3. 裏切りは許さぬ 曹操
  4. 鄒氏
  5. 公孫恭
  6. 魏の忠臣・徐宣(じょせん)

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“カレンダーの世界史"

“鉄と日本の二千年史"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

PAGE TOP