三国志平話
三顧の礼




はじめての三国志

menu

はじめての魏

劉馥(りゅうふく)ってどんな人?魏の地方行政官なのに無人の合肥を鉄壁の城に作り上げた功臣

この記事の所要時間: 329




劉馥(りゅうふく)

 

合肥の名は、張遼(ちょうりょう)が超人的な活躍をして呉軍を蹴散らした合肥城の戦いが有名です。

しかしこの合肥城は、はじめ無人でボロボロの城でした。

この無人でボロボロの城を鉄壁の城に作り上げ、呉軍を長年にわたり悩ませ続けた名臣・劉馥(りゅうふく)を今回紹介していきます。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:陸遜も参戦した合肥の戦い(第四次戦役 234年)を分かりやすく解説

関連記事:合肥の戦いで張遼が孫権を討ち取っていたら三国志はどうなった?

 

 

袁術の家臣を率いて魏に仕える

孫策

 

劉馥は戦乱を避けて、揚州の九江郡におりました。

しかし、この地も戦乱の嵐に巻き込まれてしまいます。

孫策(そんさく)が旧袁術領を手に入れるため、揚州刺史を派遣します。

曹操(そうそう)もこの地を手に入れるため揚州刺史を派遣するのです。

 

 

曹操孫策が派遣した揚州刺史は互いに争う

魔王曹操

 

曹操孫策が派遣した揚州刺史は互いに争い、孫策が派遣した揚州刺史が勝利します。

戦いに決着が着いたことで、九江郡が安定すると思われましたが、この地に住む豪族達が一斉に反乱を起こし、九江郡で暴れまわります。

さらに孫策の死後、この地を治めていた揚州刺史は反乱を起こし、大混乱に陥ります。

劉馥は大混乱している九江郡の状況を安定させるため、袁術の旧家臣達を説得させ、曹操に仕えさせます。

曹操は大いに喜び、劉馥を揚州刺史に任命し、彼に揚州の事はすべて任せます。

 

関連記事:たった26年の生涯を駆け抜けた小覇王・孫策

関連記事:孫策、旧勢力に恨まれ無念の死を遂げる

関連記事:小覇王・孫策のお母さん「呉夫人」は偉大すぎた

 

劉馥は豪族達の説得に成功する

 

揚州刺史となった劉馥は、単身で合肥に赴き、豪族達を懸命に説得します。

豪族達も彼の必死の説得に応じ、曹操に帰順します。

大混乱であった九江郡を安定させましたが、長年この地が戦乱に巻き込まれていたため、荒廃しておりました。

そのため劉馥は、九江郡の住民を合肥に移住させます。

 

赤壁の戦いを斬る!赤壁の戦いの真実
赤壁の戦い

 

無人の合肥を整備し、堅城都市を作り上げる

 

劉馥は、九江郡から移住してきた住民たちが、安心して暮らせるように城下町を整備します。

彼が合肥城に来た時、田畑や道は荒れ、人が住める状態ではありませんでした。

劉馥はまず、役所を作り行政機構を確立させます。

その後、子供達が教育できるように学校を作り、さらに道を整備して、田畑を開拓させて生産力増強を図ります。

 

無人であった合肥城は大いに栄え移住者も次第に増え始める

 

他にも川が氾濫を起こさないように治水工事を行うなど数々の政策を実施します。

そのおかげで、無人であった合肥城は大いに栄え、ほかの都市からも農民たちが移住してくる都市に変貌を遂げるのです。

劉馥は将来、孫権が合肥城に攻めてくると予想したため、防御工事を行います。

城壁の防御を厚くし、魚油(魚から作った油)や木材、石などを大量に備蓄し、籠城戦に備えていたそうです。

無人の荒野であった合肥の地を一流の都市に生まれ変わらせた劉馥ですが、赤壁の戦いの前に彼は亡くなってしまいます。

 

関連記事:レッドクリフを100倍楽しむ!赤壁の戦いを分かりやすく徹底紹介!

関連記事:赤壁の戦いで孔明が東南の風を吹かしたじゃん?あれマジらしいよ?

関連記事:赤壁の戦いにモデルがあった?八陽湖の戦い

関連記事:赤壁の戦いは計略の宝庫

 

第一次合肥城合戦

孫権 弔い出陣

 

孫権は赤壁の戦いに勝利した直後、合肥城を攻略すべく出陣します。

孫権軍は10万の軍勢を率いて合肥城を包囲します。

合肥城にはかなり少ない人数しかこもっていなかったと思われ、武将も貧弱な奴しかいなかったと思われます。

孫権は包囲後、直ぐに総攻撃をかけます。

しかし、びくともせず、夜襲をかけようとしても、魚油が城外を照らしていたため、攻撃できませんでした。

合肥城は住民と兵士が心を合わせて、合肥城を守り続け、孫権軍の攻撃を100日以上耐え続けます。

 

関連記事:荊州を餌に孫権を合肥を攻めさせる劉備

関連記事:曹操と孫権の合肥を巡る戦いが何度も行われていた Part1

関連記事:曹操と孫権の合肥を巡る戦いが何度も行われていた Part2

 

曹操は合肥城に蒋済と張喜を援軍に出す

泣く子も張遼

 

曹操は孫権軍が合肥城を包囲している報告を聞くと、すぐに蒋済と張喜を援軍に差し向けます。

だが与えられた軍勢はたった1000人でした。

しかし蒋済が機転を利かせて、孫権軍に歩兵と騎兵合わせて4万の援軍が来ると流言を広めます。

孫権軍は曹操軍の援軍を恐れて、合肥城から退却します。

孫権はその後も幾度となく合肥城に攻撃を仕掛けますが、結局攻略することはできませんでした。

理由は合肥城が鉄壁化した点や張遼満寵(まんちょう)などの曹操軍が誇る名将を常駐させたことなどが原因で、

孫権は死ぬまで合肥を手に入れる事ができませんでした。

 

関連記事:満寵(まんちょう)ってどんな人?曹氏三代に仕え呉の天下統一を阻み続けた司令官

関連記事:遼来遼来!! 泣く子も黙る張遼の合肥伝説

関連記事:奮戦する張遼、孫権を二度も追い詰める

 

三国志ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

劉馥が以外のほかの誰かが、合肥を他の文官が治めていたら、孫権軍に合肥城は落とされ、曹操軍はかなり厳しい状態になっていたかもしれません。

そのことを考えると合肥を鉄壁の城に生まれ変わらせた劉馥は地方行政官の鏡と言っても過言ではありません。

今回の三国志話会はここで終わりです。次回の三国志話会でお会いしましょう。それではまたにゃ~♪

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【魏の五虎将】俺たちだって五虎将だ!張遼編

関連記事:三国志を否定するのは呉の張昭?三国間の不毛な争いを終わらせようとした政治家

 

【魏のマイナー武将列伝】
魏のマイナー武将列伝

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 国淵(こくえん)とはどんな人?三国志時代にも名探偵は存在した!魏…
  2. 曹魏の3代に仕えた桓範(かんはん) 桓範(かんはん)とはどんな人?同郷の後輩曹爽の危機を救う為、逆転…
  3. 魏の文官・李孚(りふ) 李孚(りふ)とはどんな人?度胸と勇気は三国志一の魏のマイナー文官…
  4. 曹叡 曹叡(そうえい)とはどんな人?曹丕の息子で二代目魏の皇帝
  5. はじめての三国志 4コマ劇場 その1
  6. 鈍重なイメージは嘘!実は騎兵を率いたスマートな名将曹仁(そうじ…
  7. 張郃(ちょうこう)ってどんな人?3度も死にそうになるが、何度も甦…
  8. 荊州争奪戦、荊州がどうしても欲しいんです

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 後継者を決めずにダラダラする袁紹
  2. 周瑜はナルシスト

おすすめ記事

  1. 【告知】8月のはじ三のスペシャル記事をピックアップ紹介
  2. 【官渡の戦い前哨戦】文醜はどうして敗北することになったの?
  3. 謎の人物・婁子伯とは何者?その策「氷城の計」は可能なの!?
  4. 【新企画】「袁術の成長」を通じて貴方も前向きな思考を身につけよう
  5. 【兄者を尋ねて一千里】五つの関所を破るウォンテッド関羽
  6. kawauso編集長のぼやきVol.28「ラヂオの時間」

三國志雑学

  1. 劉備と劉邦

  2. 撃剣を使う曹丕
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 三国志ライター よかミカンさん
  2. 徐邈(じょばく)は曹操の禁酒令を破った

おすすめ記事

はじめての三国志編集長の推薦状『8月の見どころ記事』Part.3 蜀漢の外戚・呉懿(ごい)は有能なのに地味で実は孔明に敬遠されていた? 陸遜の妻は誰?妻はなんと大喬との間の子供だった? 三国志と水滸伝の違い、あなたは説明できますか? 権力に執着した曹操が魏王になるまでに荀彧と荀攸との間に亀裂が生じる 周處(しゅうしょ)とはどんな人?必ず負けると分かっていながらも、戦い抜いた闘将【晋の将軍列伝】 張飛の身長は何センチ?2mを超える大柄な武将だったの? キングダム時代に活躍した法家 商鞅と韓非はどんな人?

おすすめ記事

  1. kawauso編集長のぼやきVol.5「kawausoのアイデア」
  2. 話題の水素水問題は三国志時代にもあった?健康になる水信仰
  3. 吉川元春(きっかわもとはる)がスゴイ!敵と味方から恐れられた戦の達人
  4. 読書感想文に使えるオススメ歴史小説「日本の幕末・近代史編」おまけもあるよ
  5. ペリーとプチャーチン日本を研究した二人から日本人の弱点を探る
  6. 荊州の豪族・蔡瑁(さいぼう)はどこに行ってしまったの?正史と三国志演義で紹介!
  7. 秦王政の疑心を見抜いていた二人の人物:尉繚と王翦
  8. 【シミルボン】驚愕!三国志の時代の酒のマナー

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP