架空戦記
北伐

はじめての三国志

menu

はじめての晋

司馬炎(しばえん)ってどんな人?三国時代を終わらせたスケベ天下人

この記事の所要時間: 520

司馬懿

 

司馬炎(しばえん)とは、司馬懿(しばい)の孫であり晋の初代皇帝です。

 

西暦280年に呉を滅ぼして三国時代を終わらせた事実上の天下人です。

しかし彼は、天下統一を境に以前とは別人のような暗君に転落してしまいます。

 

そして、ようやく統一された中国は、この司馬炎のせいでまた300年近い

争乱の中に叩き落されてしまうのです。

 

非の打ちどころのないプリンスの登場

司馬炎 はじめての三国志

 

司馬炎は、西暦236年、父を司馬昭(しばしょう)、母を王元姫(おうげんき)

として河内郡に生まれます。

 

幼い頃から容姿と才能に優れ、九品中正制度における人物のランクでは、

河内郡では他に並ぶ物は無いと言うほどの高評価を受けます。

 

そして、祖父、司馬懿や父、司馬昭が歴任した要職を着実に踏んで、

権力の階段を上っていきました。

 

父、司馬昭の後を継いで晋王へ

劉禅

 

西暦265年、父である司馬昭が晋王になると、後継者に任命されます。

司馬炎が後継者になる二年前の263年に蜀の劉禅(りゅうぜん)は降伏しており、

残るは呉だけになっていました。

 

元々、後継者は司馬昭の兄である司馬師(しばし)を継いだ、

司馬攸(しばゆう)でしたが、司馬炎を推す重臣の反対があり司馬昭は、

その声を受けて司馬炎を後継者にします。

 

しかし、司馬攸もかなり有能な人物であり、この人事は後に大きな粛清事件を

引き起こす事にもなります。

 

関連記事:劉禅が読んだ韓非子ってどんな本?

関連記事:かわいそうな阿斗(あと)の壮絶な人生

関連記事:実子劉禅(りゅうぜん)と養子劉封(りゅうほう)の明暗

 

西暦265年、父、司馬昭死去、司馬炎、晋の武帝へ

photo credit: via photopin (license)

photo credit: via photopin (license)

 

司馬炎が後継者になった年の8月、司馬昭は晋王の肩書きで死去します。

 

それを受けて、司馬炎は12月に、賈充(かじゅう)、裴秀(はいしゅう)、

王沈(おうちん)、羊祜(ようこ)、荀勗(じゅんきょく)、石苞(せきほう)、

陳騫(ちんさい)達と謀り、もう名ばかりとなっていた魏の元帝、

曹奐(そうかん)に譲位を迫ります。

 

司馬炎は国号を晋にして初代皇帝、武帝に即位し、ここに曹丕(そうひ)から

5代、45年程続いた魏王朝は崩壊します。

 

西暦266年には、司馬炎は、司馬氏の皇族の27名を各地に派遣して、

広大な領地と兵権を握らせました。

これは、魏王朝が王族を警戒して兵権を与えず、領地も小さくしたので

司馬一族の台頭を防げなかった事を教訓にしての事ですが、

これは、後に裏目に出て、八王の乱を巻き起こす原因になります。

 

関連記事:曹丕が献帝を廃し魏を建国

関連記事:権力に執着した曹操が魏王になるまでに荀彧と荀攸との間に亀裂が生じる

 

司馬炎の名君時代

photo credit: 141207 via photopin (license)

photo credit: 141207 via photopin (license)

 

晋の武帝の治世の最初は輝かしいものでした。

 

まだ、南には呉があり南北朝の状態だったので、政治には賢臣を配置して、

えこひいきにならないように、後漢の臣や魏、蜀の武将の末裔でも、

能力があれば分け隔てなく登用しました。

 

これにより、諸葛亮孔明(しょかつ・りょう・こうめい)の子孫や

曹植(そうしょく)の息子の曹志(そうし)も仕官できています。

まだまだ、気を抜いてはいけないという重圧が司馬炎に慢心を許さなかったのです。

 

関連記事:荀彧と曹植はオシャレ男子だった?三国時代の男子は化粧をしていた

関連記事:魏や呉にもいた諸葛一族の話

関連記事:諸葛孔明と黄月英の間に生まれた子供達を一挙紹介!

【次のページに続きます】

ページ:

1

2

関連記事

  1. 秦の始皇帝が造り出した伝国の玉璽
  2. 【不仲説】三国志で一番不仲武将をランキング形式で紹介!
  3. 董卓は実は名将軍であるという根拠
  4. あの甘寧が? 天下二分の計を唱えた三国志一の海賊王
  5. 【魏の五虎将】俺たちだって五虎将だ!張遼編
  6. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.5
  7. 王莽(おうもう)ってどんな人?中国史で最初に帝位を譲りうけた人物…
  8. 治世の能臣乱世の奸雄:曹操に人気がない理由は?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 「垂沙の戦い」がきっかけで孟嘗君は天下に実力を認めさせた!
  2. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース27記事【2/13〜2/19】
  3. なんで孫策と周瑜が義兄弟の契りを結んだの?その驚くべき理由とは?
  4. 陸遜(りくそん)は孫権配下の前は何をしていたの?
  5. 【武帝の欲望】あの馬が欲しい!汗血馬を手に入れる為に・・・・
  6. こんなに豪華!三国志演義の銅雀台の宴を再現してみるよ【後半】

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

孔子・孟子・筍子?儒教(儒家)ってどんな思想? 27話:良い事が無かった曹操に勝機が訪れる!青州兵誕生秘話 夏侯惇は軍人としては優秀だったの?正史三国志から夏侯惇を分析 ゾトアオとはどんな人?人間を超越している異民族の首領【後編】 韓宣(かんせん)とはどんな人?曹植が口喧嘩して勝つことのできなかった人物 【火鼠の皮衣】曹丕、とんだ赤っ恥!燃えない布などあり得ない(キリッ! 97話:蜀を得た事で呉と荊州の支配問題が再燃する 陳寿(ちんじゅ)とはどんな人?●●のレッテルを貼られてしまった正史三国志の作者

おすすめ記事

  1. 知らないと貴方も騙される!龐統の心の誘導テクニックが使えるのでこっそり教えちゃいます!
  2. 范蠡(はんれい)とはどんな人?越王勾践を助けた謎の天才軍略家
  3. 武田信玄の最強の敵!?武田家を揺るがす大事件を勃発させた武田義信
  4. 就職戦線異状だらけ!かなり大変だった三国志時代の就職
  5. 邪馬台国ってどんな国だったの?まさに神っていた邪馬台国
  6. 曹操の後継者問題で判断に迷ったのは儒教と文学に原因があった?
  7. 三国志で複雑なシリア内戦をザックリ解説
  8. 曹叡が孔明をDISる文章を発見!孔明はマゾでドけちだ!

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP