キングダム
if三国志




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

衝撃の真実!なんと韓遂は、劉備に降ろうとしていた




 

韓遂(かんすい)は反乱デビューが四十を過ぎてからと遅咲きながら、

一度叛くや三十二年も抵抗を続けるという頑強さで歴史に名を残しました。

しかし、そんな韓遂も七十を過ぎて味方が乏しくなると寂しさを感じて、

一匹オオカミは辞めて人の世話になろうかな・・とつぶやいた事があります。

韓遂が頼ろうとしたのは、なんと、あの劉備(りゅうび)だったのです。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:韓遂の処世術が現代人にも参考になる!いつでもナンバー2!キングメーカー韓遂




夏侯淵に攻められ、けちょんけちょんの韓遂

 

西暦214年、馬超(ばちょう)が二度目の反逆を企てて冀(き)城を落すと、

そこへ夏侯淵(かこうえん)が出兵、馬超は一度撃退しますが、

楊埠(ようふ)の策略により冀城でクーデターが起きると城に戻れず逃げ出し

張魯(ちょうろ)を頼って落ち延びていきます。

ここでは、もう韓遂は馬超とは切れていたのですが、そんな事は知った事ではない

夏侯淵は、ついでに韓遂も討とうと兵を進めます。

 

韓遂は、羌族の騎兵を率い漢陽の顕親(けんしん)から逃れて略陽(りゃくよう)城に

入って防戦の構えをします。

「一思いに、韓遂を殺ってしまいましょう」と部下は息巻きますが、

夏侯淵は慎重です。

 

「まあ、待て・・韓遂は戦上手だ、こちらから攻めては被害が大きい

まずは、羌族の村を焼き払い、韓遂の兵を慌てさせる事だ。

もし韓遂が救援を無視すれば、羌族は韓遂を見限って兵は減少するし、

韓遂が村を救いに出てこれば、待ち伏せて撃破すればよい」

 

韓遂は出たくはないのですが、部下の羌族が家族を守るというのを

無視も出来ず、渋々出陣して夏侯淵の待ち伏せに遭い大敗します。

汚い、あまりに汚い戦法ですが、韓遂の弱点を突いた形でした。




意気消沈の韓遂、劉備を頼ろうと考える

 

その頃、韓遂は七十を過ぎて体力も衰え、髪も白髪になり味方も減って、

すっかり弱気になっていました。

かつては、中原に覇を唱えようと考えた事もありましたが、曹操は着々と

支配を固めていて、ちょっとやそっと攻めてもビクともしそうにありません。

それに、仲違いした馬超張魯から劉備に降って、それなりに重く使われている

情報も届いていたのでしょう、ガラにもなく、独立の精神を失い・・

 

「この上は、蜀を頼るより他はないか」と呟いたのです。

 

しかし、長年韓遂に仕えていた成公英(せいこうえい)はそれを聞いて激怒します。

 

「これまで、誰にも頼らずに一匹オオカミでやってきたのに、

今更、他人の世話になるとは、恥ずかしくないのですか!」

 

「そうは言っても、ワシはもう年寄り、どうしたらいいのかね?」

 

「昔の知人を集め、羌族にも呼び掛けて兵を集めましょう

まだまだ、工夫次第では抵抗できるはずです」

 

成公英が韓遂の名前で兵を集めると、韓遂の威徳を慕い、

それでも羌族の男女、数千名が集まり、なんとか一軍を形成できました。

こうして韓遂は蜀に降る事を思いなおし一匹オオカミを続けます。

羌族に尽くしてきた韓遂は衰えて後も羌族に庇われたのです。

 

西暦215年、韓遂、死去、それは病死、殺害?

 

韓遂の死には、3つの説があり、後漢書、董卓(とうたく)伝では部下に殺されたとあり

魏志、王脩(おうしゅう)伝の註に引く魏略の郭憲(かくけん)伝には、

殺されたのではなく病死という記述があり、武帝紀に引く典略には、乱を起こして三十二年、

ここに至ってとうとう死んだ、齢は七十余とされ、病死か殺害か分かりません。

 

三者のどちらが正しいか分かりませんが、印象深い話である郭憲伝を

詳しく紹介してみましょう。

 

郭憲は自分を頼った韓遂を最期まで庇った

 

郭憲(かくけん)は、西平の人で、名門の生まれでしたが郡に呼ばれても出仕せず

故郷の西平で一郡の人に慕われて過ごしていました。

そこへ、羌中からフラッと韓遂が尋ねてきて「匿って欲しい」と告げます。

 

さあ、ド田舎の西平は沸き立ちます、韓遂は曹操が首を狙う大物、

韓遂を討ち、その首を曹操へもっていけば出世間違いなし!

皆、韓遂を討とうと持ちかけますが、郭憲はビシッと一喝します。

 

「私に保護を求めてきた人間を殺すとはどういう料簡か!」

 

こうして郭憲は、返って韓遂を手厚く世話しました。

それから数年で韓遂は死に、首は麴演(きくえん)や蒋石(しょうせき)

田楽(でんがく)や陽逵(ようき)により胴から切り落とされました。

生きている間は、面倒を見たのだから死んだら郡の役に立てという理屈でしょう。

しかし、なおも納得しない郭憲は、韓遂の首を取った手柄に自分の名を

付け加える事を拒否しました。

 

曹操は節義に厚い郭憲にも褒美を出した

 

西平から上ってきた褒美を求める一団は、張魯を攻めていた曹操に面会しました。

曹操は、首が韓遂のモノである事を認め、手厚い恩賞を与えますが、

手柄に名を連ねた者の中に郭憲の名が無いのを不審に思いました。

 

「郭憲はどうしたのか?どうして名前が無い?」

 

「それが、匿った男の首を斬った手柄に自分の名を乗せるのは、

嫌だと断ったのでございます」

 

それを知った曹操は、郭憲の節義に感心し、首を持ってきた人間と

同じだけの褒美を与えました。

 

三国志ライターkawausoの独り言

 

しかし、もし、韓遂が蜀に降っていたらどうなったでしょう?

すでに劉備に降っていた馬超と再会して、再びコンビを組んで、

さらに曹操に一矢報いたか、むしろ、不協和音を産みだして

トラブルの元になったか、今一つ、よく分りませんね。

 

ただ、死因が病死なら、降って間も無く死んだ事になり、

あまり蜀の命運に影響を与えなかったのかも知れません。

 

本日も三国志の話題をご馳走様・・

 

 

■記事の内容に関するお問い合わせ(誤植等のご報告など)はこちら

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:まさにバーリトゥード!首絞め、刺殺、兜取り!何でもありだった。リアルな三国志の一騎打ちで馬超をフルボッコにした男がいた!

関連記事:馬騰(ばとう)とはどんな人?馬超のパパで知られる荒れ地の猛将

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 玉璽 吉川三国志にも劣らない!曹操が関羽を漢寿亭侯に任命した理由が粋す…
  2. 蒙毅(もうき)ってどんな人?趙高に恨まれて悲劇の最期を迎える文官…
  3. 空城も計 孔明 空城の計って何?門を開けて敵軍をお出迎え?
  4. 絶対ダメ!三国時代に流行していたドラッグ!?漢方薬を違法ドラッグ…
  5. 3分で分かるアンティキティラ島の機械の技術力の高さ!
  6. 【三顧の礼】諸葛亮が自ら盛った作り話か!?あったか疑わしい三顧の…
  7. 騎馬兵にあこがれる歩兵 三国志の時代に活躍した兵士の逸話
  8. 夏侯淵が定軍山で戦死した原因は兵力不足だった?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. ハッポウ茶
  2. 平清盛 鎌倉幕府
  3. 織田信長
  4. 魯粛

おすすめ記事

  1. 孫策の娘はあの名将達へ嫁いでいた!? 孫策、陸遜、顧邵、他
  2. 月刊はじめての三国志2017年9月号 (桃園出版 三国舎)の販売を開始しました
  3. 【真田丸】真田信繁も背水の陣を敷いた?国士無双と謳われた天才武将・韓信との共通点 韓信将軍
  4. 劉淵(りゅうえん)とはどんな人?劉備の子孫と称して晋を崩壊に導いた匈奴の単于
  5. 【典韋vs許褚】曹操護衛隊隊長のナンバーワン決定戦!! 銅雀台の建造記念パーティーを行う曹操
  6. 関羽千里行って有名だけど何なの? 関羽千里行 ゆるキャラ

三國志雑学

  1. 周倉
  2. 長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 大喬
  2. 周倉
  3. 裏切りは許さぬ 曹操

おすすめ記事

中岡慎太郎の写真の謎?近藤勇との意外な関係とは? 【どっちの皇帝show】曹丕と曹叡はどっちが名君? 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース34記事【1/9〜1/15】 山頂に陣を敷いた馬謖 末っ子は努力が足りない!?馬謖の素性を探る 張紘が病死したという手紙を読み涙する孫権 張紘(ちょうこう)とはどんな人?張昭と共に孫策・孫権を支えた補佐役 【3分でわかる】魏・蜀・呉はどうやって兵力を手に入れていたの? 【秦の宰相】呂不韋の人生をかけた計画に危機が訪れる ニギハヤヒ(日本神話) 【日本神話の逆襲】ニギハヤヒは出雲王国復興の為に邪馬台国を滅ぼした!

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP