三国志平話
本能寺の変特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

馬超(ばちょう)蜀に入った時にはピークを過ぎていた?

蜀の馬超




馬超

馬超孟起(ばちょう・もうき 176~222年)は、

言わずと知れた蜀の五虎将軍です。

 

しかし、名前ばかりは、錦(にしき)の馬超と華々しい彼は、

劉備(りゅうび)に降伏してからは、その名に見合う活躍をしていません。

それは一体、どうしてなのでしょうか?

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:馬超の兜は?馬超の動物のクセがスゴイ

関連記事:錦馬超には仲間と呼べる人達がいたの?

 

 

馬超が劉備軍に加わってから活躍出来なかった原因

馬超仲間入り

その原因は、馬超が劉備軍に入った期間の短さにあります。

馬超が劉備に降伏したのは、西暦214年、そして彼が没したのは

222年、47歳という若さでした。

 

その在籍期間は僅かに8年間、、しかも、最初の3年間は、

比較的大きな戦もなかったので、実働したのは、

西暦217年からの5年間、参加は漢中攻略戦だけです。

 

しかし、ここでは、曹洪(そうこう)、曹休(そうきゅう)に軍を阻まれて、

為すすべなく撤退してしまっています。

 

漢中争奪戦は、法正の助言で劉備の大勝利に終わったので、

余計に馬超には手柄がないのが、空しく見えるのです。

 

 

馬超が活躍したのはいつ?

馬超が活躍したのはいつ?

 

しかし、劉備軍に入る前の馬超は、錦の馬超という美名に相応しい

大きな活躍をしています。

実は、馬超の旬は、劉備軍に入る前に終わっていたと言ってもいい位です。

 

馬超は、西部軍閥の雄、馬騰(ばとう)の長男として生まれ、

若い頃から、武勇とその優れた容貌で人目を惹きました。

錦(にしき)の馬超とは、この頃につけられたあだ名です。

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

まだ漢王朝で消耗しているの  

 

馬超の目立った戦果

馬超の目立った戦果

 

馬超が目立った戦果をあげるのは、西暦202年です。

その頃、北方の雄、袁紹(えんしょう)が死去、

袁家は袁尚(えんしょう)に引き継がれました。

 

敗れたとはいえ、まだ勢力を保つ袁尚は、郭援(かくえん)、高幹(こうかん)

に命じて、曹操の本拠地を攻撃させます。

 

高幹は、当初、馬騰に通じて、これを寝返らせたので、

高幹の軍は数万人に膨れ上がり、曹操は窮地に陥りますが、

曹操軍の文官である鐘繇(しょうよう)が、部下の張既(ちょうき)を

馬騰に派遣して説得させると馬騰は、さらに寝返り再び曹操につきます。

 

この為に、高幹、郭援は、平原で馬騰軍の武将であった、

龐徳(ほうとく)、そして馬超と対戦する事になりました。

 

26歳の馬超は、ここで奮戦しますが、足を負傷してしまいます、

しかし、負傷した足を袋で包んで尚も奮戦して、敵将郭援を斬る

という大戦果を上げました。

 

これにより馬超は、勅命で徐州刺史になり、後に諫議大夫になります。

 

精強な西涼騎兵の実権を握った馬超

 

精強な西涼騎兵の実権を握った馬超

 

西暦208年、父である馬騰は、かつて義兄弟だった韓遂(かんすい)と

再び不仲になり、曹操の命令で、鄴に移ります。

 

空白になった、涼州兵の指揮官には、長男の馬超が任命されます。

ここで、馬超は精強な西涼騎兵を握ったのです。

 

 

曹操が張魯(ちょうろ)を征伐する事になり馬超の運命も変わる

曹操50万の兵

 

しかし、西暦211年、曹操が漢中の張魯(ちょうろ)を

征伐する事になると、状態が怪しくなってきます。

 

劉繇は、「涼州の軍閥は、気まぐれだから、いつ張魯に味方するか

わからない、馬超からも人質を取るべきです」と進言。

 

「とんでもない、そんな事をすれば、彼等は背きます」

そのように進言した家臣もいましたが、曹操は鐘繇を信頼し

許可を出しました。

 

こうして馬超の下にも、人質を差し出せという命令が回ってきたのです。

 

これを馬超は、張魯の征伐後は、さらに涼州の軍閥である自分も

滅ぼす布石であると思いました。

 

そこで、馬超は、ちょうど遠征から戻ってきた韓遂を訪ねて、

共に組んで、殺される前に曹操を討とうと相談してきたのです。

 

 

韓遂は馬超と手を組みたがらない、その理由とは

韓遂は馬超と手を組みたがらない、その理由とは

 

しかし、韓遂は、曹操に人質に出している子供が殺される事を恐れて、

なかなか首を縦に振ろうとしません。

 

馬超:「あい分かった、ならば、韓遂殿はそれがしを息子と思われよ、

それがしは、父、馬騰を捨てて、あなたを父と思いましょう」

 

馬超は、こうまで言って、韓遂を説得、二人は挙兵して、

10万という大軍を集めて、黄河の南岸に布陣し潼関を攻めます。

 

 

曹操と馬超 遂に激突

曹操と馬超 遂に激突

 

曹操は、潼関を曹仁(そうじん)に守備させつつ、

徐晃(じょこう)、朱霊(しゅれい)を使って、

黄河の北岸に布陣して、なんとか潼関を迂回して、馬超と韓遂の

連合軍の背後に回り込もうとします。

 

しかし、馬超は、得意の騎兵の機動力を駆使して、遊撃戦を展開、

曹操軍に黄河を渡海させずに、撃ち破ります。

 

曹操は、軍の被害を抑える為に、周囲を壁で覆った俑道(ようどう)という

軍事通路を使い移動しますが、馬超軍の攻撃は苛烈で、

遂には、曹操が、たった一騎で、馬超から逃げ回るという事態になります。

 

優勢に立ったと思われた馬超・韓遂連合軍ですが、

ここで、曹操の軍師賈詡(かく)の離間の計が発動、、

 

 

賈詡の離間の計により馬超と韓遂は不仲に

賈詡の離間の計により馬超と韓遂は不仲に

 

馬超と、韓遂は、この計略に掛かり不仲になり馬超は、

韓遂を斬ろうとする事態にまで発展、、

 

曹操軍は、ここで動き、馬超・韓遂連合軍は一挙に崩壊します。

 

馬超は逃げのび、漢陽に立て籠りますが、曹操は報復として、

馬騰をはじめ、馬氏の一族200名を斬り殺しました。

 

 

馬超は羌族を味方につけて曹操に襲いかかる

馬超は羌族を味方につけて曹操に襲いかかる

 

西暦212年、一度は敗北した馬超ですが、曹操が軍を引き上げたのを

見て、勝機と見たのか、今度は羌族(きょうぞく)を味方に隴上で蜂起します。

 

馬超は、冀城に籠った、涼州刺史の韋康(いこう)を殺して、城を奪い、

征西将軍、、幷州牧、涼州の軍事総督を自称しました。

 

一度は敗北した馬超ですが、北方では人望があり、またたくまに、

各地が呼応して大勢力になります。

 

 

馬超の苦難が続く

馬超の苦難が続く

 

曹操は、夏候淵を派遣しますが、馬超はこれ撃破、

さらに、、氐(てい)族の千万(せんまん)、阿貴(あき)を味方に引き入れていきます。

 

しかし、韋康の復讐に燃える、涼州の楊阜(ようふ)達の反撃が起こり、

冀城を奪われると、折角、仲間に入った羌族、氐族が馬超を見限り

勢力は急速に衰えて、馬超は、漢中の張魯を頼り落ちていきます。

 

この時、冀城にいた馬超の妻と多くの一族が、報復として殺害されます。

 

こうして、馬超の下には、従兄弟の馬岱達、僅かな一族しか残りませんでした。

自分が播いた種とはいえ、あまりに寂しい結末です。

 

その後の馬超は、張魯の援助で、何度か失地回復を図りますが、

その結果は、芳しくないものでした。

 

このように、劉備軍の前に現れた馬超は、三国志演義での

華々しさとは裏腹にすでに全てを失い、ボロボロの状態だったのです。

 

トドメを刺すようで、あれですが、、正史の馬超は、

劉備が成都を攻撃していると知ると、愛想を尽かしていた、

張魯を見限り、劉備に降伏しています。

 

 

・・・つまり、張飛との一騎打ちは演義のフィクションなのです(泣)。

 

 

馬超が蜀軍から評価されていた理由

馬超が蜀軍から評価されていた理由

 

こうして、蜀軍に入った馬超ですが、錦の馬超という派手なあだ名だと

さぞかし張飛のように、周りに迷惑かけまくりの感じですが、

以外にも律儀で、腰が低い人であり、あの身分が高い人間には、

態度が厳しくなるプライドの高い関羽でさえ、馬超を重んじています。

 

人物には厳しい孔明も馬超を褒めていて、大手柄がないわりに褒められる

という事は、かなり立派な人物だったのかも知れません。

 

 

馬超の最期と遺言

三国志 裏事情 闇

 

西暦221年には、大将軍と同じ格である驃騎(ひょうき)将軍に

任命されますが、翌年には、病を得て病死、、年上である劉備より先の死でした。

 

「臣の一族、二百名余りは、孟徳めにあらかた誅殺されました、、

残るのは、従兄弟の馬岱(ばたい)くらいのものです、、

願わくば、馬岱に馬氏宗門の祭祀を継がせて頂きたい、、

後の事は、深く陛下にお頼み申します、、これより他に言う事はありません、、」

 

馬超は、病の床でこのように劉備に最後の願いを述べ、息を引き取ります。

 

錦の馬超の最期は、秋風のように寂しくも穏やかなものでした。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:馬超はどんな性格だったの?謎に満ちた蜀の五虎大将軍【前半】

関連記事:晩年の馬超が精神的にも燃え尽きていた事実が判明

 

【蜀のマイナー武将列伝】
魏のマイナー武将列伝

 




kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 楽進 楽進(がくしん)ってどんな人?演義では地味だが正史では大活躍しち…
  2. 龐統 蜀建国の功労者龐統の最期が悲しすぎる
  3. 【無職の力恐るべし】漢帝国をぶち壊したのは清流派官僚とニートの袁…
  4. 張飛 本 学問 三国志 リアルな正史三国志の特徴って?ってか正史三国志は需要あるの?
  5. 長友佑都の「アモーレ」発言!後漢の時代でも普通に使われていた?後…
  6. 三国志に出てくる鮮卑族ってどんな民族?
  7. 曹操&袁紹花嫁泥棒 袁紹と曹操はホントは親友だった!?二人の関係を紹介
  8. 話題の水素水問題は三国志時代にもあった?健康になる水信仰

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 木戸松子
  2. 法正
  3. 郭嘉
  4. 馬謖の陣形に笑う張コウ

おすすめ記事

  1. 合体!曹&袁コンビ!董卓軍をフルボッコに撃破する方法!!
  2. 【衝撃の事実】厳顔は老将なんかじゃなかった!? 蜀の厳顔
  3. 凌統(りょうとう)ってどんな人?本当は甘寧と仲直りしてないよ 凌統
  4. 2300年前の古代中国に動物園が存在した?キングダムに登場するランカイのモデルも? 虎士(黒豹)
  5. 織田信長の逸話を紹介、当時としてもかなりロックな人だった? 馬に乗って戦う若き織田信長
  6. 一体なぜ?顔も性格も美しすぎる甄氏が壮絶な死を遂げたわけ

三國志雑学

  1. 兵士 朝まで三国志
  2. 夜の五丈原で悲しそうにしている孔明
  3. 愛馬に乗り敵を粉砕する張遼
  4. 蜀の厳顔
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 織田信長
  2. 関羽と関索
  3. 孔明を持ち上げる魏延

おすすめ記事

「宋」の国旗をバックとした兵士 靖康の変とはどんな事件?北宋の哀れなる末路を分かりやすく解説 【センゴク】丹波の反乱と松永久秀の反乱 まさにバーリトゥード!首絞め、刺殺、兜取り!何でもありだった。リアルな三国志の一騎打ちで馬超をフルボッコにした男がいた! 荀彧に手紙を送る衛覬(えいき) 衛覬(えいき)とはどんな人?関中復興に画期的な提案を行った魏の文官 邪馬台国の卑弥呼はアイドル 卑弥呼降臨 倭国大乱を制す【前編】 楽進と李典はどっちがスゴイ?kawausoと黒田レンが熱い思いを語る Vol.1 曹操 油断 33話:度重なる幸運にハングリーさを失う曹操 病死した郭嘉 どうやったら郭嘉は長生きできたの?過労死で亡くなった天才軍師を救う方法を考えてみる

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP