ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
三国志の死因


はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

信濃守護職就任と武田晴信の出家




 

武田晴信は自ら軍勢を率いて領土拡張を行っておりました。

彼が領土を拡張するべく出陣した先は甲斐(かい)の隣国である信濃(しなの)です。

この地に出陣した晴信は信濃の諸豪族を味方につけて攻略を行っていきます。

そして信濃で晴信に敵対を続けていた村上義清(むらかみよしきよ)を追い出すことに成功し、

信濃のほとんどを支配することに成功します。

晴信は村上氏を追い出すことに成功するのですが、永遠のライバルである越後の龍こと

長尾景虎が村上氏の救援要請を受けて信濃に乱入してくることになります。

晴信は長尾氏と対陣している最中、

信濃の支配の大義名分を手に入れるために画策を開始します。

 

関連記事:暴走しているオヤジを追放して当主に就任した武田晴信(たけだはるのぶ)

関連記事:山本勘助(やまもとかんすけ)は実在したの?今まで架空の人物だとされていた勘助の謎




信濃支配の大義名分を手に入れるために

 

晴信は苦労を重ねながらついに北信濃最大の豪族である村上氏を追放することに成功します。

だが村上氏の救援要請を受けた長尾景虎が信濃に乱入してきます。

晴信は長尾氏と直接対決することを避けて、城に各豪族をこもらせて防戦に勤めていきます。

彼は長尾氏が信濃へ侵攻している時に大事なものが欠けていることに気づきます。

それは信濃を支配することに必要な大義名分がないことです。

彼は信濃を支配することのできる官職である「信濃守護職」という大義名分を手に入れるために

朝廷へ働きかけることにします。




長尾氏との和睦の条件として信濃守を要望

 

晴信は朝廷に「私に信濃守護職をくださいBY晴信」と働きかけていましたが、

中々いい返事をもらうことはできませんでした。

また当時の晴信は長尾氏が信濃に乱入してきたことで防戦することで手一杯で、

朝廷に働きかけている時間がありませんでした。

そんな最中、事実上なんの実権も持ってない名前だけの将軍である

足利義輝(あしかがよしてる)から使者がやってきます。

この使者は晴信に「越後の長尾氏と争うことをやめて和睦せよ」と伝えてきます。

この伝言を聞いた晴信の脳裏にあることを思いつきます。

それは義輝に晴信が欲しくてたまらなかった「信濃守護職」を要求して和睦を図ろうと考えます。

このことを伝えると使者は「分かりました。義輝様にお伺いを立ててみます。」と

言って去っていきます。

義輝は使者の話を聞くと「わかった。彼に信濃守護職の補任にすると伝えよ」と言って

自ら手書きでその旨を伝えます。

 

信濃支配の大義名分をget

 

晴信は再び義輝の使者がやってくると小躍りしながら使者の前に出ます。

そして使者の言葉は晴信の思惑通り「あなたを信濃守護職の補任に任命するとのことです。」と

言って将軍直筆の書状が手渡されます。

晴信は信濃守護職をもらいたかったのですが、これでもいいかと我慢して将軍からの手紙を

かしこまって受け取ります。

こうして信濃支配の大義名分を得ることに成功した晴信はすぐに長尾氏と和睦をして

領地へ引き返すことにします。

 

晴信出家

 

晴信は信濃の支配が名実ともに自らの物になったことをきっかけとして、

出家することを決めます。

この出家は隣国の北条氏康(ほうじょううじやす)が嫡男氏政に家督を譲ったことと少し関係があり、

晴信ももう少ししたら嫡男義信へ武田の家督を譲る準備として出家を行います。

こうして晴信は出家し「信玄」と名乗ることになります。

 

戦国史ライター黒田レンの独り言

 

晴信は出家して信玄と名乗ることになります、

この信玄の号には色々な説があり、例えば信玄の玄の字が晴信の晴と同じ意義であったため、

信玄を号したそうです。

また唐の時代の中国から渡来してきた中国僧の名前から玄の字をもらって号したとも言われています。

何はともあれ晴信は信玄と号して戦国乱世を戦っていくことになるのです。

 

参考文献

信玄の戦略 柴辻俊六著 など

 

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:楽しみながら戦国時代のエピソードを学べる歴史マンガ3選

関連記事:え?武田勝頼って武田家二代目代理なの!?

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 亡くなる劉備に遺言を聞く諸葛亮と趙雲 劉備が諸葛孔明に託した遺言には裏切りを防ぐための作戦だった?
  2. 李広利 【失敗は許されない】李広利が汗血馬を手に入れた経緯を徹底紹介
  3. 真田丸 武田信玄 【武田信勝の苦悩】偉大なる父の跡を継いだ若き当主に問題発生
  4. 魏の夏侯淵 夏侯淵って実は主戦場よりも○○で活躍している方が多かった!?
  5. 孔明南東の風 【新事実】三国志演義の孔明!実は絶大な人気を誇った天才軍師をモデ…
  6. 張飛、劉備、関羽の桃園三兄弟 義兄弟の絆堅すぎ!劉備に家臣が少ない理由
  7. あるポンコツのせいで崔琰は死刑になってしまったってほんと!?
  8. 陳羣 陳羣(ちんぐん)ってどんな人?画期的な人材採用法を確立させた魏の…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. キングダム 戦国七雄地図
  2. 篤姫
  3. 曹操
  4. 袁紹にお茶を渡す顔良
  5. 魔のトリオ攻撃が劉備を追いつめる!05 蔡夫人、張允、蔡瑁、劉備
  6. はじめての三国志からのお知らせ バナー
  7. 小帝(少帝劉弁)と董卓
  8. 武器・農業器具を制作する張裔
  9. 三国志に出てくる海賊達と甘寧

おすすめ記事

  1. 徐宣(じょせん)とはどんな人?魏の三代に仕えて歴代の君主に褒められた忠義心の塊 魏の忠臣・徐宣(じょせん)
  2. 赤壁の敗戦の原因は腸チフスだった?多くの魏将の生命を奪った伝染病とは? 疫病が流行った村
  3. 【衝撃の事実】三国志演義はゴーストライターによって書かれた小説だった!?羅貫中じゃないの?
  4. 荀彧だけじゃない!?王佐の才と呼ばれた漢を紹介! 曹操に仕えることを検討する荀彧
  5. 【春秋左氏伝】宋の南宮万は春秋無双!?呂布もびっくりの暴れん坊
  6. 戦国策(燕策)他人の名声で自分を利するの巻 「燕」の旗を持った兵士

三國志雑学

  1. 袁術と呂布
  2. 3000人の配下で孔明の庵を包囲する武闘派な劉備
  3. 皇帝に就任した曹丕
  4. 蒼天航路


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 孔明君のジャングル探検
  2. 孔明南東の風
  3. キングダム54巻amazon
  4. 一騎打ちをする太史慈と孫策
  5. 解煩督 呉

おすすめ記事

魯粛と周瑜が詐欺を決行 周瑜はいかにして魯粛を呉に引き入れたのか? 張飛VS馬超 95話:馬超と張飛の一騎打ち 魯粛 魯粛の性格とは?赤壁の戦いを仕掛けた呉の外務大臣 陸遜 【名将対決】雷神と恐れられた名将立花道雪VS呉の名将陸遜 Part.1 毛沢東(もうたくとう) 毛沢東(もうたくとう)とはどんな人?中国の赤い星の生涯 劉備の黒歴史 若し頃の劉備は暗殺されそうになったり、カッコ悪かったりと散々だった!? 宋江、史進、李逵、魯智深、林冲、武松、楊志(水滸伝) 【はじめての水滸伝】主役級を一挙公開、これが好漢だ! 袁術 「杞憂」の出典は『列子』意外に長くてちょっぴり哲学

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP