編集長日記
ビジネス

はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

信濃守護職就任と武田晴信の出家

この記事の所要時間: 216




 

武田晴信は自ら軍勢を率いて領土拡張を行っておりました。

彼が領土を拡張するべく出陣した先は甲斐(かい)の隣国である信濃(しなの)です。

この地に出陣した晴信は信濃の諸豪族を味方につけて攻略を行っていきます。

そして信濃で晴信に敵対を続けていた村上義清(むらかみよしきよ)を追い出すことに成功し、

信濃のほとんどを支配することに成功します。

晴信は村上氏を追い出すことに成功するのですが、永遠のライバルである越後の龍こと

長尾景虎が村上氏の救援要請を受けて信濃に乱入してくることになります。

晴信は長尾氏と対陣している最中、

信濃の支配の大義名分を手に入れるために画策を開始します。

 

関連記事:暴走しているオヤジを追放して当主に就任した武田晴信(たけだはるのぶ)

関連記事:山本勘助(やまもとかんすけ)は実在したの?今まで架空の人物だとされていた勘助の謎




信濃支配の大義名分を手に入れるために

 

晴信は苦労を重ねながらついに北信濃最大の豪族である村上氏を追放することに成功します。

だが村上氏の救援要請を受けた長尾景虎が信濃に乱入してきます。

晴信は長尾氏と直接対決することを避けて、城に各豪族をこもらせて防戦に勤めていきます。

彼は長尾氏が信濃へ侵攻している時に大事なものが欠けていることに気づきます。

それは信濃を支配することに必要な大義名分がないことです。

彼は信濃を支配することのできる官職である「信濃守護職」という大義名分を手に入れるために

朝廷へ働きかけることにします。




長尾氏との和睦の条件として信濃守を要望

 

晴信は朝廷に「私に信濃守護職をくださいBY晴信」と働きかけていましたが、

中々いい返事をもらうことはできませんでした。

また当時の晴信は長尾氏が信濃に乱入してきたことで防戦することで手一杯で、

朝廷に働きかけている時間がありませんでした。

そんな最中、事実上なんの実権も持ってない名前だけの将軍である

足利義輝(あしかがよしてる)から使者がやってきます。

この使者は晴信に「越後の長尾氏と争うことをやめて和睦せよ」と伝えてきます。

この伝言を聞いた晴信の脳裏にあることを思いつきます。

それは義輝に晴信が欲しくてたまらなかった「信濃守護職」を要求して和睦を図ろうと考えます。

このことを伝えると使者は「分かりました。義輝様にお伺いを立ててみます。」と

言って去っていきます。

義輝は使者の話を聞くと「わかった。彼に信濃守護職の補任にすると伝えよ」と言って

自ら手書きでその旨を伝えます。

 

信濃支配の大義名分をget

 

晴信は再び義輝の使者がやってくると小躍りしながら使者の前に出ます。

そして使者の言葉は晴信の思惑通り「あなたを信濃守護職の補任に任命するとのことです。」と

言って将軍直筆の書状が手渡されます。

晴信は信濃守護職をもらいたかったのですが、これでもいいかと我慢して将軍からの手紙を

かしこまって受け取ります。

こうして信濃支配の大義名分を得ることに成功した晴信はすぐに長尾氏と和睦をして

領地へ引き返すことにします。

 

晴信出家

 

晴信は信濃の支配が名実ともに自らの物になったことをきっかけとして、

出家することを決めます。

この出家は隣国の北条氏康(ほうじょううじやす)が嫡男氏政に家督を譲ったことと少し関係があり、

晴信ももう少ししたら嫡男義信へ武田の家督を譲る準備として出家を行います。

こうして晴信は出家し「信玄」と名乗ることになります。

 

戦国史ライター黒田レンの独り言

 

晴信は出家して信玄と名乗ることになります、

この信玄の号には色々な説があり、例えば信玄の玄の字が晴信の晴と同じ意義であったため、

信玄を号したそうです。

また唐の時代の中国から渡来してきた中国僧の名前から玄の字をもらって号したとも言われています。

何はともあれ晴信は信玄と号して戦国乱世を戦っていくことになるのです。

 

参考文献

信玄の戦略 柴辻俊六著 など

 

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:楽しみながら戦国時代のエピソードを学べる歴史マンガ3選

関連記事:え?武田勝頼って武田家二代目代理なの!?

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 王儁(おうしゅん)とはどんな人?曹操を認め親しく付き合っていた孟…
  2. 曹操の短歌行が後世にまで禅譲のお手本として残ってたってホント?
  3. 足利義昭(あしかがよしあき)と織田信長の微妙な関係性はどうやって…
  4. 孫権は名君?それとも暴君だったの?5分で分かる君主の評価
  5. 父・信玄を超えるために武田勝頼が行った政策って何?
  6. 【第三回 放置少女】ひとりぼっちからの脱出と景品を狙い撃つぜ
  7. 意外と知らない楚漢戦争時代の戦い!命からがら逃げれた滎陽城篭城戦…
  8. 曹丕は幼い頃から父・曹操に戦へ連れて行かれてあの激戦も参加してい…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.1
  2. 遼来遼来!! 泣く子も黙る張遼の合肥伝説
  3. 隗より始めよとはいったい何?最強の自薦方法だけど就職活動には使えない?
  4. 郝昭(かくしょう)ってどんな人?陳倉城で孔明を撃退した「孔明キラー」
  5. 蜀(国家)が滅亡したら蜀の民や国に尽した人はどうなるの?
  6. 【センゴク】信長の仇討ちで秀吉についたのは、神戸、丹羽、掘、蒲生 いずれも名将で明智オワコンに・・

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

十面埋伏の計とはどんな作戦?倉亭の戦いで程昱が発案した最強の伏兵 【魏の名将五人衆】 五大将軍に数えられる武将たち 嫪毐(ろうあい)ってどんな人?男のウェポンで天下に名をとどろかせる 【捜神記】火星にときめいた人向け!1800年前の三国志時代にも肉眼でスーパーマーズが見えていた こんなに厳しい!三国志の時代の宴会のマナーが超複雑 廖化(りょうか)ってどんな人?蜀漢成立~滅亡まで戦い続けた蜀の将軍 曹操の求賢令が年々過激になっていて爆笑 儒教(儒家)ってどんな思想?|知るともっとキングダムも理解できる?

おすすめ記事

  1. 【そもそも論】どうして袁紹や袁術には力があったの?
  2. 意外な事実!三国志の時代のお盆は死者の為に懺悔する日だった!
  3. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第6部
  4. 【はじさん記念】無事1周年を迎えることができました。。
  5. 羽林騎(うりんき)とは何?董卓を輩出した近衛部隊を分かりやすく解説
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース37記事【1/30〜2/5】
  7. キングダム 521話 ネタバレ予想:王翦の秘策と蒙恬の機動力
  8. 【蜀の運命を決めた人物】呉の大都督となった阿蒙ちゃんの決断が歴史を変えた!?

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP