架空戦記
李傕祭り

はじめての三国志

menu

はじめての変

ゾトアオとはどんな人?人間を超越している異民族の首領【前編】

この記事の所要時間: 236




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志は面白い!」のコーナーです。

(毎回コーナーの名前が違いますね……)

 

 

三国志の話のなかで読んでいて痛快なのは、蜀の諸葛亮孔明の「南征」のところです。

いかに諸葛亮孔明が賢く優れているのかがわかりやすく記されています。

ここで諸葛亮孔明ファンは確実に増えたはずです。

今回はそんな諸葛亮孔明の南征について2回に渡り掘り下げてみましょう!!

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:阿会喃、死んだらあかいなん!!孔明に裏切られた良い蛮族




泣いて斬った馬謖のアドバイス

 

街亭の戦いの敗戦から、泣いて斬らねばならなくなった馬謖(ばしょく)

彼は諸葛亮孔明からかなりの期待を受けていた若手のホープです。一番弟子みたいな感じでした。

とにかくリアクションが速い。諸葛亮孔明が問うとすぐに答えが返ってきます。

そんな利発な馬謖を諸葛亮孔明は可愛がっていました。

西暦225年、諸葛亮孔明は南方平定のために出陣します。

当時は谷昌を中心に異民族が好き勝手やっていました。

蜀から見れば反乱ですが、異民族たちからみれば支配からの独立です。

自由を勝ち取るための戦いです。

馬謖はその隣郡の越嶲郡の太守となり、情報の収集に当たります。

そして南征に赴く諸葛亮孔明になんと生意気なことにアドバイスするのです。

「用兵の道は心を攻めて上策とし、城を攻めて下策とす」という孫子の言葉を伝えます。

諸葛亮孔明は馬謖に教えられたと深く感じ入るのです。

さすがは器の広い諸葛亮孔明ですね。



谷昌地方の攻略方法

 

谷昌地方は高峰が連なり、天然の要塞です。

攻め込んで倒すことができても、被害は大きく、

また、以後の統治のために多くの兵を割かなければならなくなります。

蜀にはそれができない事情がありました。

それは蜀の至上戦略である「魏の討伐」のためにほとんどの兵力を割かねばならなかったからです。

つまりその北伐を成功させるために南を鎮めておく必要がありましたが、

そこに兵を置いておくことはできないのです。

馬謖は異民族を力で支配するのではなく、

人心を収攬しなければ意味がないと言いたかったわけです。

諸葛亮孔明も同じ意見でした。

こうして諸葛亮孔明は世にいう「七縦七擒」を実現させることになるのです。

 

関連記事:登山家・馬謖の山登りにはちゃんと意味があった!

関連記事:【悲報】泣いて馬謖を斬る!は嘘だった?馬稷の死は敗戦の責任のみでは無かった!?

 

ゾトアオとはいったい何者なのか

 

このとき、蜀に反乱を起こしたのは建寧郡の豪族である雍闓(ようがい)です。

雍闓は交趾太守の士燮に通じて呉に寝返ろうとしていました。

彼は蜀の攻撃に備えるために高定や朱褒などの地元豪族と結託します。

さらに異民族を扇動するのです。

こうして蜀は彼らを野放しにはできなくなりました。

諸葛亮孔明は李恢や馬忠と共に兵を三つに分けて南に攻め込みます。

首謀者の雍闓は早々に味方に殺されてしまうのですが、

異民族の首領がリーダーとなり抵抗を続けてくるのです。

この異民族の首領こそが「ゾトアオ」です。

かなりのカリスマ性を持っており、異民族は彼を中心にまとまっていたようです。

 

谷昌地方の統治

 

気になるゾトアオについては次回詳しくお話するとして、

この谷昌地方について少し説明を追加しましょう。

蜀は北伐を控えていたために谷昌地方の直接統治は行っていません。

完全に中華の領土として組み込まれたのは、そのはるか後の話です。

モンゴルのフビライがここまで遠征したときが最初になります。つまり元の時代ですね。

そこまではほぼ独立国家の様相を呈していたということになります。

ちなみに漢民族の開発が着手されるのは、さらに先の明の時代を待つことになります。

そこまでいくと日清戦争も間近になります。

けっこう最近の話で驚きます。

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

さて次回は「ゾトアオ」の正体について触れていきます。

三国志マニアの方々はもうおわかりですね。

そうです。あの人です。

も・う・か……いえ、次回をお待ちください。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

次回記事:ゾトアオとはどんな人?人間を超越している異民族の首領【後編】

関連記事:もし郭嘉が劉備軍の軍師だったらどうなる?呂布や袁術も討伐できた!?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 





ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 誇りを失ってもなお『史記』を書いた司馬遷の執念
  2. 【キングダム ネタバレ注意】秦・中華統一後、王賁(おうほん)は今…
  3. コーエー三國志の李儒は何であんなにパラメーターが高いの?
  4. 【特別企画】関羽の最強の噛ませ犬は誰か?最強決定戦!!
  5. 王朝交代の背景には中国の五行思想があった!?
  6. 読書感想文に使えるオススメ歴史小説「日本の幕末・近代史編」おまけ…
  7. 三国志の時代の数学を体験してみよう!なんと円周率はおよそ3ではな…
  8. 太平道だけじゃない!後漢末はどんな宗教が流行ったの?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 的盧は名馬なの?凶馬なの?劉備と龐統(ホウ統)の死
  2. 日本にも冥婚があった?東北や沖縄に伝わる死者の結婚式
  3. 諸葛孔明の弟、諸葛均ってどんな人だったの?
  4. 101話:曹操魏王に、そして劉備は漢中奪回を目指す
  5. 長宗我部元親「四国の蝙蝠(こうもり)」の四国統一戦を分かりやすく紹介!
  6. 【センゴク】なんで西の覇者・毛利家は織田信長と敵対し続けたの?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

荊軻(けいか)とはどんな人?伝説の暗殺一家ゾルディック家もびっくり!秦王政を暗殺しようとした男 出雲の麒麟児・山中鹿之助の青年期に迫る 沙摩柯(しゃまか)武蛮族の王|甘寧を討ち取り呉を恐怖に陥れる 陳寿(ちんじゅ)とはどんな人?●●のレッテルを貼られてしまった正史三国志の作者 115話:蜀キラー陸遜、火攻めで劉備を打ち破る!夷陵の戦い完結編 【能力高すぎワロタ】仕事のできる蜀の三代目トップ費禕(ひい)エピソードも紹介! 蜀漢の外戚・呉懿(ごい)は有能なのに地味で実は孔明に敬遠されていた? 剣と刀ってどう違うの?【いまさら聞けない三国志の大疑問】

おすすめ記事

  1. 献帝死亡説を利用した?劉備が漢中王に即位したのは孔明と法正の入れ知恵の可能性が浮上!
  2. 甘寧の子孫はその後どうなったの?呂蒙の地位にも劣らぬ大出世した子孫たち
  3. 桓騎(かんき)だけではない古今東西の残虐な戦術
  4. 関羽と張遼の「交流」をピックアップ!三国志演義のサイドストーリーに迫る!前篇
  5. 正史『三国志』と言うけれど、正史って、なに?
  6. 徳川家康は孫権を参考にしていた?二人の共通する人材起用のポイントとは!?
  7. 【諸葛亮の心に残る名言】強弩の末、勢い魯縞をも穿つあたわず
  8. 【三国志if】もしも劉備が諸葛亮孔明にフラれていたら!?

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP