よかミカンの三国志入門




はじめての三国志

menu

はじめての変

ゾトアオとはどんな人?人間を超越している異民族の首領【前編】

この記事の所要時間: 236




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志は面白い!」のコーナーです。

(毎回コーナーの名前が違いますね……)

 

 

三国志の話のなかで読んでいて痛快なのは、蜀の諸葛亮孔明の「南征」のところです。

いかに諸葛亮孔明が賢く優れているのかがわかりやすく記されています。

ここで諸葛亮孔明ファンは確実に増えたはずです。

今回はそんな諸葛亮孔明の南征について2回に渡り掘り下げてみましょう!!

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:阿会喃、死んだらあかいなん!!孔明に裏切られた良い蛮族




泣いて斬った馬謖のアドバイス

 

街亭の戦いの敗戦から、泣いて斬らねばならなくなった馬謖(ばしょく)

彼は諸葛亮孔明からかなりの期待を受けていた若手のホープです。一番弟子みたいな感じでした。

とにかくリアクションが速い。諸葛亮孔明が問うとすぐに答えが返ってきます。

そんな利発な馬謖を諸葛亮孔明は可愛がっていました。

西暦225年、諸葛亮孔明は南方平定のために出陣します。

当時は谷昌を中心に異民族が好き勝手やっていました。

蜀から見れば反乱ですが、異民族たちからみれば支配からの独立です。

自由を勝ち取るための戦いです。

馬謖はその隣郡の越嶲郡の太守となり、情報の収集に当たります。

そして南征に赴く諸葛亮孔明になんと生意気なことにアドバイスするのです。

「用兵の道は心を攻めて上策とし、城を攻めて下策とす」という孫子の言葉を伝えます。

諸葛亮孔明は馬謖に教えられたと深く感じ入るのです。

さすがは器の広い諸葛亮孔明ですね。



谷昌地方の攻略方法

 

谷昌地方は高峰が連なり、天然の要塞です。

攻め込んで倒すことができても、被害は大きく、

また、以後の統治のために多くの兵を割かなければならなくなります。

蜀にはそれができない事情がありました。

それは蜀の至上戦略である「魏の討伐」のためにほとんどの兵力を割かねばならなかったからです。

つまりその北伐を成功させるために南を鎮めておく必要がありましたが、

そこに兵を置いておくことはできないのです。

馬謖は異民族を力で支配するのではなく、

人心を収攬しなければ意味がないと言いたかったわけです。

諸葛亮孔明も同じ意見でした。

こうして諸葛亮孔明は世にいう「七縦七擒」を実現させることになるのです。

 

関連記事:登山家・馬謖の山登りにはちゃんと意味があった!

関連記事:【悲報】泣いて馬謖を斬る!は嘘だった?馬稷の死は敗戦の責任のみでは無かった!?

 

ゾトアオとはいったい何者なのか

 

このとき、蜀に反乱を起こしたのは建寧郡の豪族である雍闓(ようがい)です。

雍闓は交趾太守の士燮に通じて呉に寝返ろうとしていました。

彼は蜀の攻撃に備えるために高定や朱褒などの地元豪族と結託します。

さらに異民族を扇動するのです。

こうして蜀は彼らを野放しにはできなくなりました。

諸葛亮孔明は李恢や馬忠と共に兵を三つに分けて南に攻め込みます。

首謀者の雍闓は早々に味方に殺されてしまうのですが、

異民族の首領がリーダーとなり抵抗を続けてくるのです。

この異民族の首領こそが「ゾトアオ」です。

かなりのカリスマ性を持っており、異民族は彼を中心にまとまっていたようです。

 

谷昌地方の統治

 

気になるゾトアオについては次回詳しくお話するとして、

この谷昌地方について少し説明を追加しましょう。

蜀は北伐を控えていたために谷昌地方の直接統治は行っていません。

完全に中華の領土として組み込まれたのは、そのはるか後の話です。

モンゴルのフビライがここまで遠征したときが最初になります。つまり元の時代ですね。

そこまではほぼ独立国家の様相を呈していたということになります。

ちなみに漢民族の開発が着手されるのは、さらに先の明の時代を待つことになります。

そこまでいくと日清戦争も間近になります。

けっこう最近の話で驚きます。

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

さて次回は「ゾトアオ」の正体について触れていきます。

三国志マニアの方々はもうおわかりですね。

そうです。あの人です。

も・う・か……いえ、次回をお待ちください。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

次回記事:ゾトアオとはどんな人?人間を超越している異民族の首領【後編】

関連記事:もし郭嘉が劉備軍の軍師だったらどうなる?呂布や袁術も討伐できた!?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 





ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 時空を超える関羽、琉球の民話に登場
  2. 馬騰|北方異民族と戦う西の豪傑達にもっと光をを与えてみた
  3. 袁紹と袁術の仲が悪くなった理由は劉虞が原因か!?【黒田レンの考察…
  4. 【ドラゴンブレイド番外】古代ローマ版曹操?カエサルの生涯が凄すぎ…
  5. 衝撃の事実!忍者のルーツは春秋戦国時代の中国にあった?(HMR)…
  6. 【if三国志】赤壁の戦い前に呉が魏に降伏していたらどうなったの?…
  7. 曹操は周瑜も魏軍に取り込もうとしていた!孫呉の大都督・周瑜も欲し…
  8. 三国志一騎打ちの強さベスト10!一騎当千は誰だ!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 三国志の英雄で上司にするなら誰にしたい!?
  2. 曹操は諸葛亮を自身に仕官するよう勧誘していた!
  3. 孫権はなぜ孫策の子息を冷遇したの?それは孫権が袁術を愛していたから?
  4. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【8/8〜8/14】
  5. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース12記事【4/3〜4/10】
  6. 【転職で悩んだら】転職の不安は呂布マインドで吹き飛ばせ!

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

衝撃の魏延焼殺作戦!吉川英治と『通俗三国志』 【シミルボン】残念、五虎将軍になった時にはピークを過ぎていた馬超 【三国志の英雄】曹操の恐ろしいエピソードをご紹介 島津久光(しまづ ひさみつ)とはどんな人?西郷隆盛の生涯のライバル? 呉の大都督、周瑜の魅力がありあまり過ぎて困る7つの理由 前漢の景帝の尊厳を保たせるために行った領地削減政策は裏目になった理由 黄忠や厳顔のような老兵は実際に戦争では最前線に立っていたの? 72話:劉琦の恩返し、劉備江夏城へ入る

おすすめ記事

  1. キングダム 533話 ネタバレ予想:李牧が雁門で編み出した戦法
  2. 信玄の敵は謙信ではなかった?武田家を揺るがす最強の敵出現
  3. 【俺たちだって五虎将だ!】魏の五虎将たち~張郃篇~
  4. 胡烈(これつ)とはどんな人?姜維と鍾会の夢を打ち砕いた晋の将軍【晋の将軍列伝】
  5. 【三国志の柔らか経済学】劉備の大チョンボを救った劉巴の神策略
  6. 三国志演義と蒼天航路で趙雲の噛ませ犬!可哀想な麴義
  7. 甘寧や袁術もびっくり!実は大事にされた料理人(厨師)
  8. これであなたも角栄になれる!?大物になる6の心得

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP