編集長日記
北伐

はじめての三国志

menu

はじめての変

【悲報】泣いて馬謖を斬る!は嘘だった?馬稷の死は敗戦の責任のみでは無かった!?

この記事の所要時間: 41

孔明過労死

 

馬稷(ばしょく)と言えば、第一次北伐で、街亭を守るように孔明に言われながらも、

副官王平(おうへい)のアドバイスを無視し麓ではなく山上に布陣した為に

魏将、張郃(ちょうこう)に包囲されて水を断たれ敗北した人物です。

 

街亭を奪われた蜀軍は、挟み撃ちを恐れて退却し、馬稷はその罪で、孔明に

処刑された事になっています。

これが泣いて馬稷を斬る」ですが、これには異説があるのをご存じでしょうか?

 

関連記事:孔明の北伐はノープランだった!?北伐の意図は何だったの?

関連記事:孔明の北伐の目標はどこだったの?

 

 

馬稷の最期には、3つの異なる記述がある

泣いて馬謖を斬る

 

馬稷の最期については、少しずつ内容が異なる3つの記述があります。

最初に馬稷伝では、

「亮、進むに拠るところ無く、軍を退きて漢中に還る。謖、獄に下されて物故す。

亮、これがために流涕(りゅうてい)す」とあります。

 

ここでは、馬稷によって街亭が失陥してしまう事で、亮(孔明)は進むに拠点を

失い軍を退いて漢中に帰り、馬稷はその敗戦の責任で牢獄に下され、物故した。

孔明は、その為に涙を流したという事になっています。

 

物故というのは、余りいい意味ではなく、すでに亡くなっている人の意味。

過去の因果により死が与えられたという意味で、斬首と書いてはいないので、

病死や自殺の可能性もありますが、敗戦の責任で普通ではない不名誉な死を遂げたと

ボカして書いている感じです。

 

 

諸葛亮伝では、もっとダイレクトに・・

photo credit: Magic Exists via photopin (license)

photo credit: Magic Exists via photopin (license)

 

ところが、馬稷伝ではない諸葛亮伝では、こういうボカしはありません。

「亮、西県の千余家を抜きて漢中に戻り、謖を戮(りく)して以て衆に謝す」

 

孔明は、西県の千余の家を連行して漢中に帰還し、馬稷を殺して皆に

謝ったと言う意味です。

 

戮は、斬り殺すという事を意味しています、物故なら病死も獄死も自殺もあり得ますが

戮なら斬り殺されたと考えて間違いありません。

 

関連記事:三国時代の故事成語『白眉』と『泣いて馬謖を斬る』

 

疑惑の向朗(しょうろう)伝・・・

孔明 仮病

 

ところで、馬稷の最期については、同僚で仲の良かった向朗の伝にも出ます。

 

「朗、もとより馬謖と善し。謖、逃亡し、朗、情を知れども挙げず。亮、これを怨み、

免官せられて成都に戻る」

 

ここでは、向朗は、馬稷と親しく、馬稷は逃亡し、向朗は事情を知っていたけども

敢えて報告しなかった、孔明はこれを恨んで向朗を首にして成都に戻るとあります。

 

馬稷は、戦場から逃げたのか、獄から逃げたのか?

photo credit: via photopin (license)

photo credit: via photopin (license)

 

一般には、向朗は、戦場から逃げた馬稷を見逃して報告せず

孔明に仕事に私情を挟んだとして一時クビになったとされています。

しかし、向朗は街亭にいたのではなく、漢中にいた事が史書には見えます。

つまり、向朗は馬稷が街亭から逃げたのを黙認する事は出来ません。

何故なら彼は街亭にはいなかったからです。

 

しかし、街亭で敗戦して漢中に帰還し獄に繋がれた馬稷であれば、

向朗は、馬稷が獄から逃げるのを黙認する事が可能なのです。

 

【次のページに続きます】

 

 

ページ:

1

2

関連記事

  1. 現代ビジネスマンの必携の書?兵法書『孫子』とその作者について
  2. 井の頭自然文化園の象「はな子」にまつわる光と影&三国志時代の英雄…
  3. 94話:成都を陥落させ李厳を得る劉備軍
  4. 曹操の字はうそつき小僧?複雑な氏+名+字の成りたちを深く広く解説…
  5. 後漢王朝の華だった尹夫人の波乱万丈の生涯Part.1
  6. 袁術が評価される日も近い?スーパー袁術の凄い所7連発!!
  7. 【月間まとめ】2016年4月の注目ニュース14選!
  8. 【シミルボン】異議ありまくり!三国志の時代の裁判風景

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 韓馥(かんふく)とはどんな人?三国志一被害妄想が激しく袁紹に怯え自殺してしまった武将
  2. 129話:死せる孔明生ける仲達を走らす
  3. 村上義清(むらかみよしきよ)とはどんな人?武田家キラーとしてその名を馳せた戦国武将
  4. あなたが実際に兵士として戦場に行軍してみたらどれだけ大変なの?
  5. 関所撤廃って何?織田信長が行った教科書に記されていない政治
  6. cha-ngokushiコラボ企画|はじめての八宝茶

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

項燕(こうえん)とはどんな人?信と蒙恬を撃破する王騎レベルの名将! かわいそうな阿斗(あと)の壮絶な人生 【キングダム】李牧を死に追いやる佞臣、郭開(かくかい)とはどんな人? 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース14記事【11/28〜12/4】 三国志でイラク戦争を考えてみようじゃないか 【祝】 山崎賢人主演で漫画「キングダム」実写化!キャスティングを大胆予想 【キングダム】かわいいと話題の楊端和(ようたんわ)の強さは異常!男を惑わす小悪魔に迫る! 連環の計って、どんな作戦?

おすすめ記事

  1. 袁盎(えんおう)とはどんな人?国家の為にあえて諫言を発し続けた政治家 Part.2
  2. 赤兎馬ってどんなウマ?呂布も関羽も愛した名馬
  3. え!そんな理由なの?丁儀は曹丕に馬鹿にされたから曹植を応援した?
  4. 董卓の軍師・李儒はどれだけ凄かったの?革新的な進言を続けた謎の軍師
  5. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第九話「桶狭間に死す」の見どころ紹介
  6. 【諸葛孔明の兵法】魏を苦戦させた知られざる孔明のアメーバ戦術
  7. 【袁術の戦いを振り返る】徐州・豫州の戦いには人間ドラマが盛り沢山
  8. 張紘(ちょうこう)とはどんな人?張昭と共に孫策・孫権を支えた補佐役

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP