キングダム




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

三国志演義の一騎打ちは爽快極まりない個人と個人のぶつかり合いだった!

この記事の所要時間: 225




 

三国志は現在色々な方が小説として出版されておりますが、

文章は結構硬めの文体で、

レンみたいに本を読んでいて眠くなってしまう方にはすぐに飽きてしまうのではないのでしょうか。

それに比べて漫画の三国志は絵があるおかげですぐに読むことができるので、

楽しく三国志を知ることができるのではないのでしょうか。

今回は正史三国志ではなく、読み物として普及され三国志の漫画では必ず取り入れられている

三国志演義の一騎打ちについてご紹介していきたいと思います。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:三国志演義の悪役・曹操のイメージを払拭した功労者達




馬超VS許褚の戦いは壮絶極まりないが・・・・爽快

 

三国志演義は読んでいる人を飽きさせないように娯楽物の出版物として普及されておりました。

この三国志演義に書かれている一騎打ちは読んでいる人を飽きさせない最大の見せ場であると

レンは思います。

私が爽快に感じた一騎打ちは、

曹操軍VS馬超韓遂(かんすい)率いる関中(かんちゅう)十部連合軍の戦いの時です。

この戦いは連合軍が初戦は優勢でしたが、

曹操軍の軍師としてその名を天下に轟かせていた賈詡(かく)が、

離間の計を馬超韓遂に施したことがきっかけで

連合軍はバラバラになってしまい敗退してしまいます。

この離間の計が施される前に曹操の親衛隊長である許褚と馬超が一騎打ちを行う場面があります。

二人の戦いは全く互角で何百回も撃ち合いますが、決着はつきませんでした。

そこで両者は鎧を脱ぎ捨てて上半身裸になって撃ち合いますが、

互いの槍が途中でへし折れてしまいます。

頭に来たふたりは武器を捨てて、馬から降りて殴り合いを始めますが、

結局このふたりの一騎打ちに決着が着くことはなく、

両軍が撤退したことがきっかけで両者引き分けで別れたそうです。

壮絶の言葉がピッタシの馬超と許褚の一騎打ちですが、

途中からこれほど激しく打ち合っている様子を読んでいる内に壮絶さを通り越して、

爽快さが生まれてくるほどでした。




馬超VS張飛:たがいに決着がつかない激しい一騎打ち

 

劉備軍の猛将といえばみなさん張飛を思い出すのではないのでしょうか。

長坂橋での戦いでは曹操軍を一喝して動きを止めるほどの豪遊ぶりで、

蒼天航路ではたった一人で烏桓騎兵を抑えるほどの強さを発揮。

まさに豪勇を示した張飛です。

そんな彼も蜀攻略戦では厳顔(げんがん)を説得して仲間にするなど意外な面を見せています。

このように劉備軍きっての豪勇・張飛ですが、ある武将と凄まじい一騎打ちを展開したことで、

劉備と孔明はこの武将を仲間にすることを決めて、

謀略を駆使して彼を劉備軍に加えることに成功します。

その武将の名は西涼の錦こと馬超です。

 

 

彼は曹操軍に敗北した後、五斗米道(ごとべいどう)の張魯(ちょうろ)の元へ身を寄ます。

三国志演義の張魯劉璋が劉備に討伐されてしまうことを恐れて、

馬超に軍勢を与えて劉璋救援に向かわせることになります。

この時馬超を迎え撃ったのが張飛です。

ふたりはたがいに距離を詰めていき一騎打ちを行います。

劉備軍の猛将・張飛と西涼の錦と言われた馬超の戦いも激しものでした。

両者たがいに一歩も譲ることなく、一騎打ちを行うこと数時間。

両者決着を付ける事ができずに撤退することになります。

劉備はこの二人の一騎打ちを見て是非馬超を仲間に加えたいと孔明に相談。

孔明は馬超と張魯の間を険悪にしてから馬超を説得して劉備軍に加えることに成功します。

張飛と馬超の戦いも凄まじく、もしタイムスリップすることができるなら現場で見てみたい気がする

組み合わせですね。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

今回は三国志演義に記載されている一部の一騎打ちをご紹介しました。

三国志演義にはまだまだ一騎打ちを行っている武将達がたくさんいるので、

年末年始に時間のある方は是非一度読んでみてはいかがでしょうか。

爽快な一騎打ちを見て今年の嫌なことを忘れるのも中々いいかもしれませんよ。

 

参考文献 潮出版社 キーワードで読む「三国志」 井波律子著など
 

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:趙雲と姜維の一騎打ち!姜維の武勇は本当に凄かったの?

関連記事:三国志時代には馬に乗りながら一騎打ちができなかった!?その理由とは?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【衝撃】韓遂と馬超が賈詡の離間の計で仲違いしたはウソ?
  2. 漫画「センゴク」から見る小牧・長久手の戦い前哨戦
  3. 曹操のテストを見事クリアした王族・劉曄(りゅうよう)の逸話
  4. 裴松之が注をつけていなかったら『三国志演義』は生まれなかった!?…
  5. 迷信を利用して統治を行った魏の西門豹(せいもんひょう)に迫る!
  6. 【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第二話「崖っぷちの姫」の見ど…
  7. 三国志 Three kingdomsの諸葛亮がイケメンすぎる!
  8. 魯粛がいたからこそ劉備は蜀を建国できた!?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 英雄たちの武器~青龍偃月刀と蛇矛を徹底分析
  2. 三国志の時代に傘ってあったの?始皇帝や光武帝、呂蒙も使っていた傘事情
  3. 0話:歴史は繰り返す!三国志エピソード ゼロ
  4. 【シミルボン】真面目そうな夏侯惇がやってしまったロックな行動の理由とは
  5. 【危険】謀略の天才だった陳平の批判がエグすぎる
  6. 坂本龍馬の評価は高すぎ?実際の業績を検証

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【悲報】泣いて馬謖を斬る!は嘘だった?馬稷の死は敗戦の責任のみでは無かった!? こんなに豪華!三国志演義の銅雀台の宴を再現してみるよ【後半】 【朝まで三国志 2017】諸葛亮参戦のお知らせ 陸遜も参戦した合肥の戦い(第四次戦役 234年)を分かりやすく解説 【シミルボン】驚愕!三国志の時代の酒のマナー 春秋と史記に隠された意味がダヴィンチコードレベル 周瑜公瑾の輝かしい功績 規制緩和は正しいの?2100年前の中国で起きた経済論争

おすすめ記事

  1. 廉頗(れんぱ)とはどんな人?悲劇のレジェンド元趙三大天[キングダム ネタバレ注意]
  2. 三国志時代に降伏や降参するときはどうやってサインを出していたの?
  3. 董昭(とうしょう)とはどんな人?曹操の覇業を支えた重要人物
  4. 馬鹿の語源はキングダムの趙高の実験から生まれた?
  5. 「斉」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介
  6. 鍾会(しょうかい)は何で反乱を起こしたの?魏のイケメン武将の独立事情
  7. 皇甫嵩(こうほすう)とはどんな人?後漢最後の名将と言われた将軍
  8. 【ビジネス三国志】陳琳や周瑜、諸葛亮孔明に学ぶ失敗学

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP