ライセンシー募集
帝政ローマ

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

三国志演義の悪役・曹操のイメージを払拭した功労者達

この記事の所要時間: 252




曹操と劉備

 

三国志演義は曹操が悪人として描かれており、劉備が正義の人して描かれている小説です。

そのため曹操=悪人というイメージが現代にまで波及しております。

しかし少しずつではありますが、曹操のイメージが悪役から変化しているのです。

曹操=悪役のイメージを払拭させた近代の人達に今回はスポット当ててみたいと思います。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【新企画】朝まで三国志を開催!夜22時~朝6時までノンストップ特別企画!




魏晋の気風及び文章と薬及び酒の関係by魯迅(ろじん)

魯迅 wiki

 

曹操の悪役イメージは三国志演義が描かれてから長いこと中華や日本など多くの民衆たちが

信じておりました。

また劉備=善人イメージも三国志演義が発刊されてから、

劉備は悪役・曹操を倒す正義の人であるイメージが定着しておりました。

しかし悪役曹操のイメージを改善する講演を行った人物がおりました。

それは近代中国文学の巨頭である魯迅(ろじん)です。

彼は広東でおこなった「魏晋の気風及び文章と酒及び酒の関係」という講演を行います。

 

何晏04

 

この講演で彼は題名通り、建安七子の文学や何晏(かあん)などの文学者に触れておりますが、

曹操についても彼は触れており、

「曹操と申しますと私達はすぐに「三国志演義」を連想して悪役のイメージを持ってしまいます。

ですが彼を観察する上でこの方法は正しいものではないのです。」と述べております。

当時はまだ三国志演義の影響が大きなかでこのよう発言をするのは、

かなり珍しいことであったのではないかと思います。

また彼はこの講演で「私は曹操のファンとして述べているのではないのですが、

彼の才能には非常に尊敬しているのです。」と述べています。

この講演を聞いた人々は中国の文学の巨頭と言われていた魯迅の曹操評価を聞いて、

多少は曹操のイメージを改善したのではないかと思います。

 

関連記事:【建安文学】文学史に残る名文を記した陳琳の魅力ってなに?

関連記事:曹操はなぜ悪役となったか?……三国志と朱子学の関係について




近代歴史小説家・陳舜臣も曹操のイメージを変えた立役者

 

 

さて魯迅がこのような講演をしてから70年後一人の歴史小説家が本を出版しました。

この本の名前は「秘本三国志(ひほんさんごくし)」です。

この小説を書いた人物こそ曹操のイメージ改善を行った人物であると言われております。

その名を陳舜臣(ちんしゅんしん)と言います。

彼はこの小説で曹操を一切悪役として描いていないばかりか、

劉備が任侠肌をもった人物として描かれており、三国志演義の劉備=善人。曹操=悪役の

イメージを一切払拭した小説でした。

また「秘本三国志」から「曹操 魏の一族」では曹操の家庭内の部分にまで触れている作品で、

後継者争いに敗北した曹植の後日譚の小説まで出ており、

曹操が本当に三国志演義に描かれているような悪役だったのかと

疑問符をつけたくなる物語でありました。

実際にレンはこの小説を高校一年生の時に読んで、非常に驚いた感想があります。

小学生の時に横山氏の「三国志」を読んで三国志が好きになったのですが、

陳舜臣氏が書いたこの「秘本三国志」・「曹操 魏の一族」・

「諸葛孔明」などの三国志の小説を読んで、横山氏が描いていた三国志と全然違うことに驚き、

この小説によって三国志の世界をより深く知ろうと考えさせられた

一冊として現在もこの本を読み返したりしています。

この小説によって曹操の評価はかなりガラリと変わっていくことになり、

現在の三国志関連の小説ではあまり曹操をひどく悪役に仕立て上げている

作品はあまりないのではないかと私は思うのですが、どうでしょうか。

 

関連記事:蒼天航路のココが凄い!三国志を読むならこの漫画!新たな世界観で描かれた新三国志が超絶オススメ!

関連記事:曹操と劉備はどうしてライバル扱いなの?【三国志の素朴な疑問】

 

三国志ライター黒田レンのひとりごと

黒田廉

 

曹操は魯迅や陳氏のイメージ改善によって次第に彼の悪役イメージが払拭されることになります。

また三国志の漫画でもこの影響は現れているのではないかと考えます。

李氏が原案で王氏が描いた「蒼天航路(そうてんこうろ)」では

三国志演義の曹操とこの蒼天航路の曹操では

全然違う人物に見えてしまうくらいイメージがガラリと変わります。

 

 

このように現代では先人達の活躍によって

かなり曹操のイメージが変化していることがわかると思います。

年末年始お時間が空いたはじさん読者には一度陳舜臣氏が書いた三国志関連の

物語を読んで頂ければ幸いに存じます。

曹操のイメージや劉備、孫権達のイメージも変わるかも知れないですよ

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:何から読めばいいの?三国志入門向けの小説と漫画を紹介!

関連記事:天地を喰らうという漫画があまりにもカオス!裏三国志入門書 Part 1

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 神は関羽だけではない!魏の曹植の天才ぶりを作詩と共に紹介
  2. 舛添都知事「五千万問題」三国志の時代だと、どんな罪?
  3. 【センゴク祭り】織田家のトップに就任してから9年の歳月をかけた尾…
  4. 小覇王・孫策のお母さん「呉夫人」は偉大すぎた
  5. 周瑜の死後、その一族はどうなったの?陸遜の下で活躍する周峻や息子…
  6. 三国一のヨイショ男、曹操の部下の褒め方が半端ない
  7. 遼来来!よりも呉は彼を恐れていた?呉キラー曹休(そうきゅう)
  8. 徳川三傑の一人・井伊直政(いいなおまさ)ってどんな人?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 趙奢(ちょうしゃ)とはどんな人?趙の三大天最後の一人で政治・軍事両方に秀でた名将【後半】
  2. 孫権と同じ三代目で地味な北条氏康
  3. 殷の紂王(ちゅうおう)とはどんな人?悪逆非道の限りを尽くした殷朝最後の帝辛
  4. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース13記事【7/11〜7/17】
  5. あの光武帝がダジャレ大好き!?初陣で早くもギャグをかます劉秀に萌え
  6. 呂布は知将?呂布の知略によって袁術軍はフルボッコにされていた

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

【お知らせ】新企画第1弾「はじめての三国志メモリーズ」をリリースします 曹純(そうじゅん)ってどんな人?曹操軍の騎馬隊長として戦場を駆け巡る 三国志に学ぶ国家絶滅危機:もし日本(国家)がなくなったら、日本人はどうなるの? 石川克世って、何者? 天下人・豊臣秀吉が過去に仕えていた松下綱之ってどんな人? 郤正(げきせい)とはどんな人?蜀のポンコツ皇帝を支えた文学者 【コラボ企画】はじめての三国志 x レキシズル 3月25日開催決定 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第7部

おすすめ記事

  1. 太平道の教祖、張角死後の黄巾軍はどうなったの?青州黄巾軍って何?
  2. 趙雲と姜維の一騎打ち!姜維の武勇は本当に凄かったの?
  3. 【曹叡なんか目じゃないぜ】キングダムの秦王政は土木工事が大好きだった件
  4. 20話:激突、菫卓対反菫卓連合軍
  5. 三国志演義と正史・汴水の戦いを比較
  6. 三国一のヨイショ男、曹操の部下の褒め方が半端ない
  7. これであなたも角栄になれる!?大物になる6の心得
  8. 【三国志の疑問】女性を巡る男の戦いはどこまで真実なの?史実と演義を比較

はじさん企画

帝政ローマ
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
はじめての三国志TV
PAGE TOP