ログイン | 無料ユーザー登録


法正特集
徐庶


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

三国志演義の悪役・曹操のイメージを払拭した功労者達

曹操


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

曹操と劉備

 

三国志演義曹操が悪人として描かれており、劉備が正義の人して描かれている小説です。

そのため曹操=悪人というイメージが現代にまで波及しております。

しかし少しずつではありますが、曹操のイメージが悪役から変化しているのです。

曹操=悪役のイメージを払拭させた近代の人達に今回はスポット当ててみたいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:赤壁の戦いの勝敗は?曹操軍24万 VS 連合軍4万について考察


魏晋の気風及び文章と薬及び酒の関係by魯迅(ろじん)

魯迅 wiki

 

曹操の悪役イメージは三国志演義が描かれてから長いこと中華や日本など多くの民衆たちが

信じておりました。

また劉備=善人イメージも三国志演義が発刊されてから、

劉備は悪役・曹操を倒す正義の人であるイメージが定着しておりました。

しかし悪役曹操のイメージを改善する講演を行った人物がおりました。

それは近代中国文学の巨頭である魯迅(ろじん)です。

彼は広東でおこなった「魏晋の気風及び文章と酒及び酒の関係」という講演を行います。

 

何晏04

 

この講演で彼は題名通り、建安七子の文学や何晏(かあん)などの文学者に触れておりますが、

曹操についても彼は触れており、

「曹操と申しますと私達はすぐに「三国志演義」を連想して悪役のイメージを持ってしまいます。

ですが彼を観察する上でこの方法は正しいものではないのです。」と述べております。

当時はまだ三国志演義の影響が大きなかでこのよう発言をするのは、

かなり珍しいことであったのではないかと思います。

また彼はこの講演で「私は曹操のファンとして述べているのではないのですが、

彼の才能には非常に尊敬しているのです。」と述べています。

この講演を聞いた人々は中国の文学の巨頭と言われていた魯迅の曹操評価を聞いて、

多少は曹操のイメージを改善したのではないかと思います。

 

関連記事:【建安文学】文学史に残る名文を記した陳琳の魅力ってなに?

関連記事:曹操はなぜ悪役となったか?……三国志と朱子学の関係について


近代歴史小説家・陳舜臣も曹操のイメージを変えた立役者

 

さて魯迅がこのような講演をしてから70年後一人の歴史小説家が本を出版しました。

この本の名前は「秘本三国志(ひほんさんごくし)」です。

この小説を書いた人物こそ曹操のイメージ改善を行った人物であると言われております。

その名を陳舜臣(ちんしゅんしん)と言います。

彼はこの小説で曹操を一切悪役として描いていないばかりか、

劉備が任侠肌をもった人物として描かれており、三国志演義の劉備=善人。曹操=悪役の

イメージを一切払拭した小説でした。

また「秘本三国志」から「曹操 魏の一族」では曹操の家庭内の部分にまで触れている作品で、

後継者争いに敗北した曹植の後日譚の小説まで出ており、

曹操が本当に三国志演義に描かれているような悪役だったのかと

疑問符をつけたくなる物語でありました。


実際にレンはこの小説を高校一年生の時に読んで、非常に驚いた感想があります。

小学生の時に横山氏の「三国志」を読んで三国志が好きになったのですが、

陳舜臣氏が書いたこの「秘本三国志」・「曹操 魏の一族」・

諸葛孔明」などの三国志の小説を読んで、横山氏が描いていた三国志と全然違うことに驚き、

この小説によって三国志の世界をより深く知ろうと考えさせられた

一冊として現在もこの本を読み返したりしています。

この小説によって曹操の評価はかなりガラリと変わっていくことになり、

現在の三国志関連の小説ではあまり曹操をひどく悪役に仕立て上げている

作品はあまりないのではないかと私は思うのですが、どうでしょうか。

 

関連記事:蒼天航路のココが凄い!三国志を読むならこの漫画!新たな世界観で描かれた新三国志が超絶オススメ!

関連記事:曹操と劉備はどうしてライバル扱いなの?【三国志の素朴な疑問】


三国志ライター黒田レンのひとりごと

黒田廉

 

曹操は魯迅や陳氏のイメージ改善によって次第に彼の悪役イメージが払拭されることになります。

また三国志の漫画でもこの影響は現れているのではないかと考えます。

李氏が原案で王氏が描いた「蒼天航路(そうてんこうろ)」では

三国志演義の曹操とこの蒼天航路の曹操では

全然違う人物に見えてしまうくらいイメージがガラリと変わります。

 

覇を競う乱世に新たな秩序を打ち立てた曹操の生涯
曹操孟徳

 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 夜の五丈原で悲しそうにしている孔明 【危篤の孔明そっちのけ!】始まっていた五丈原の権力争い
  2. 目玉を食べる夏侯惇 下邳の戦いで夏候惇は目玉を食べていない?猛将のイメージを付け加え…
  3. 曹操を裏切る陳宮 陳宮は曹操をどうして裏切ったの?曹操に認められた軍師の謎に迫る
  4. 銃は中国で発明されたものだった?「アンゴルモア」にも登場した火薬…
  5. 一騎打ちをする太史慈と孫策 三国志時代には馬に乗りながら一騎打ちができなかった!?その理由と…
  6. 韓信 関羽を倒さなかった黄忠に、よかミカンが異議アリ?
  7. 双流星を振り回している徐盛 徐盛の武器は何だったの?史実と三國無双を比較してみた
  8. 甄氏(しんし) 思わずホロリ!曹丕の妻・甄氏(しんし)の人情に訴え掛ける名エピソ…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 織田信長
  2. 西夏の旗の兵士
  3. 明智光秀 麒麟がくる
  4. 袁術
  5. 本多忠勝
  6. 劉備
  7. 関羽

おすすめ記事

  1. どうして蜀は人材難に陥ったのか? 過労死する諸葛孔明
  2. 小松帯刀は篤姫に好意を持っていた?真相に迫れ! 篤姫
  3. 荀粲(じゅんさん)とはどんな人?秀才ぞろいの荀彧の七男で、一人の女性を全身全霊で愛した愛妻家
  4. 郭修(かくしゅう)とはどんな人?費禕を暗殺したあんまり有名ではない魏の暗殺者
  5. 中国三大悪女に名を連ねた劉邦の妻・呂雉(りょち)とはどんな人?とても怖い実話 呂雉(りょち)
  6. 86話:張松という男が劉備の運命を左右する  張松

三國志雑学

  1. 劉備に降伏する劉璋
  2. 韓遂
  3. 魏の曹操孟徳
  4. 張飛にお酒はだめだよ
  5. そろばんを叩く関羽


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “忘年会企画" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能" “読者の声"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 袁術
  2. 劉備 髀肉の嘆 ゆるキャラ
  3. 太行山に入り山賊になる劉備三兄弟
  4. 美女を集めた曹叡
  5. 甘寧と凌統
  6. 騎馬兵にあこがれる歩兵

おすすめ記事

張飛にお酒はだめだよ 【中国の杯】三国時代ではどこで酒宴していたの?杯について徹底解説 趙雲と劉備が初めて出会うシーン 禁断の比較!蜀の五虎大将の忠義・実行力・容姿を比較してみた え!?周瑜って憤死してるの知ってた!? 三国夢幻演義バナー 龍の少年 【三国夢幻演義 龍の少年】深いい解説その5「別離の日」 魏から蜀に下る姜維 夏侯覇と姜維の共通点と違いとは?魏からの鞍替え組を紹介 【お知らせ】はじめての三国志メモリーズに馬超を追加しました 呂布の英雄石像 洛陽に続き、長安でも好き放題をした董卓 怒る孔明 王朗からの手紙「You降っチャイナ」に諸葛亮ガチギレ

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツver2"
PAGE TOP