はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【劉備の初代軍師・徐庶】剣術家から学問の道へ変更したきっかけとは?

この記事の所要時間: 214




 

徐庶(じょしょ)

劉備が荊州(けいしゅう)の劉表の元にいた時に軍師として活躍した人物です。

彼は軍師としての智謀も優れておりましたが元々剣術の使い手として有名でしたが、

あることがきっかけで剣術を捨てて学問の道へと進んでいくことになります。

なぜ彼は剣術を捨てて学問の道へ進むことになったのでしょうか。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:もし徐庶が軍師として劉備軍に留まっていたら三国志はどうなっていた?




仇討ちをするが・・・・

 

徐庶は若い頃任侠に憧れて剣術を習い相当の使い手として知られておりました。

また任侠の頃は徐庶と名乗っておらず徐福(じょふく)という名前で、

世間を流れ歩いておりました。

そんな彼ですが、ある人物から依頼されて仇討ちを行います。

この仕事を見事こなした彼はすぐに変装して逃亡。

しかし役人は彼を見事捕縛し牢屋へぶち込みます。

役人は彼がなぜ殺害を行ったのか犯行動機を取り調べますが、

徐庶は取り調べられても一切語ることをしませんでした。

また役人は徐庶の姓名を聞き出そうとしますが、これも聞き出すことができませんでした。

そこで役人はある方法を思いつきます。




民衆に情報提供を求めるが・・・・

 

役人は徐庶を柱に張り付けて市場にさらし者にします。

さらに板へ「この者を知っている者がいればすぐに役所に知らせるように」と書きます。

役人はこのようにしておけば誰かしらは情報提供をしてくるはずだろうと考えますが、

民衆達は一切彼に関する情報提供を行うことをしませんでした。

そんな中、徐庶の仲間達が柱をぶっ壊して徐庶を救出してしまいます。

役人は急いで徐庶と仲間達を追跡しますが、

彼らに追いつくことができず逃亡されてしまいます。

 

改心して学問の道へ

 

徐庶は仲間達のおかげで逃走することができたのですが、

任侠の世界から足を洗うことにします。

そして彼は学問の道へ突き進むことを決め今まで相棒であった刀を捨て、

新しい相棒として書物と筆を手に入れます。

またおしゃれな服も一切捨ててボロボロの単衣に着替えると早速学問を学ぶべく

塾へ通うことにします。

だが塾の生徒達は徐庶が任侠関係の人物であることを噂で聞いていたため、

彼と仲良くしようと考える学生は誰もいませんでした。

そこで徐庶はあることを思いつきます。

 

掃除を行い相手の立場に立って物事を考える

 

徐庶はみんなからハブにされると何がダメなのかを考えます。

そして元任侠者だったことがネックになっていると考え、

このイメージを払拭するために毎日早朝に起きて塾の中をきれいに掃除します。

彼が早朝に塾へ来て掃除している姿を見た学生は彼に感心すら持たず、

徐庶の接し方に変化はありませんでした。

しかし毎日掃除を行うことで少しづつ変化が見られることになります。

さらに彼は人の立場になって物事を考える癖をつけたことによって、

相手を尊重して行きます。

また経学や経書を一生懸命自己学習することで、

他の人達より経学・経書の二つの学問において精通していくことになり、

実力を見せていくことになります。

これらの行動によって徐庶にも友達が出来ることになるのです。

その名を石韜(せきとう)といい彼の人生において非常に長い付き合いとなるのですが、

当時の徐庶には知る由もありませんでした。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

今回は【劉備の初代軍師・徐庶】剣術家から学問の道へ変更したきっかけとは

をご紹介しました。

徐庶といえば劉備へ諸葛孔明を紹介した人物として知られておりますが、

意外と若い頃の彼を知っている人は少ないのではないのでしょうか。

三国志を少し知っている人でも知らないことだと思いますので、

ぜひ自慢してみてはいかがですか。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志蜀書 今鷹真・井波律子著など

 

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:徐庶くんはマザコンだった?劉備と孔明を引きあわせた立役者

関連記事:三国志時代には馬に乗りながら一騎打ちができなかった!?その理由とは?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 暴走しているオヤジを追放して当主に就任した武田晴信(たけだはるの…
  2. こんなの絶対に入りたくない!三国志の時代の牢獄は酷すぎたR…
  3. 史上最高の天才将軍 韓信(かんしん)は性格にかなり問題あり?
  4. 沮授(そじゅ)とはどんな人?袁紹に献策するも採用されなかった悲運…
  5. そうだったの?呂蒙が後を託したのは陸遜では無かった!
  6. 十常侍ってなんぞや?
  7. 【授業に出るかも】正史三国志と三国志演義の違いは何?
  8. 曹植(そうしょく)ってどんな人?正史から彼の一生を見直してみる?…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 蜀のブサメン軍師、龐統は魯粛のスパイだった?劉備と龐統、仮面主従の真実
  2. 【砕けた友情】刎頸の交わりで結ばれた二人の絆にヒビが・・・・
  3. 孔明とは違うのだよ!天才姜維の斜め上北伐とは?両者の徹底比較
  4. 羅貫中はケアレスミスをしていた?三国志時代の紙の価値
  5. 郭修(かくしゅう)とはどんな人?費禕を暗殺したあんまり有名ではない魏の暗殺者
  6. 王平(おうへい)ってどんな人?馬稷の山登りを止めようとした蜀の武将

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

諸葛亮孔明、司馬懿仲達、名前はどこで区切るの? 漫画潰す気か!原作者ブチ切れ必至のキングダムの最後をネタバレ予想!! 王昶(おうちょう)ってどんな人?治世に優れた優秀な政治家で、軍事面でも頼れる魏の武将 姜維が北伐をしなかったら、あるいは北伐を成功させていたら蜀漢は長続きした? 119話:孔明君のジャングル探検?南蛮討伐本戦 小さい曹操が持っていた巨大な戦車についての考察 張良(ちょうりょう)とはどんな人?高祖劉邦の右腕として活躍した天才軍師(3/3) 三国志の時代にもいた遊侠(ゆうきょう)とはどんな人達のこと?

おすすめ記事

  1. 後漢の始祖・光武帝劉秀(りゅうしゅう)ってどんな人?苦難に耐えて皇帝になる Part.2
  2. 曹操は女の敵なのかどうかを検証する・その2
  3. 超分かりやすい!三国志 おおざっぱ年表
  4. 【シミルボン】三国志を産みだしたのは魯粛だった!クレイジーと言われた豪傑の人生
  5. すぐに使いたくなる!新三国志用語の意味と使い方まとめ13選
  6. 夏侯 惇(かこうとん)ってどんな人?| 曹操に最も近い男
  7. 実は鐘会はマザコンだった!人生を狂わせた母の愛
  8. 大戦乱!!三国志バトル(株式会社gloops)にはじ三が突撃じゃ!

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP