広告募集
李傕祭り

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【劉備の初代軍師・徐庶】剣術家から学問の道へ変更したきっかけとは?

この記事の所要時間: 214




 

徐庶(じょしょ)

劉備が荊州(けいしゅう)の劉表の元にいた時に軍師として活躍した人物です。

彼は軍師としての智謀も優れておりましたが元々剣術の使い手として有名でしたが、

あることがきっかけで剣術を捨てて学問の道へと進んでいくことになります。

なぜ彼は剣術を捨てて学問の道へ進むことになったのでしょうか。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:もし徐庶が軍師として劉備軍に留まっていたら三国志はどうなっていた?




仇討ちをするが・・・・

 

徐庶は若い頃任侠に憧れて剣術を習い相当の使い手として知られておりました。

また任侠の頃は徐庶と名乗っておらず徐福(じょふく)という名前で、

世間を流れ歩いておりました。

そんな彼ですが、ある人物から依頼されて仇討ちを行います。

この仕事を見事こなした彼はすぐに変装して逃亡。

しかし役人は彼を見事捕縛し牢屋へぶち込みます。

役人は彼がなぜ殺害を行ったのか犯行動機を取り調べますが、

徐庶は取り調べられても一切語ることをしませんでした。

また役人は徐庶の姓名を聞き出そうとしますが、これも聞き出すことができませんでした。

そこで役人はある方法を思いつきます。




民衆に情報提供を求めるが・・・・

 

役人は徐庶を柱に張り付けて市場にさらし者にします。

さらに板へ「この者を知っている者がいればすぐに役所に知らせるように」と書きます。

役人はこのようにしておけば誰かしらは情報提供をしてくるはずだろうと考えますが、

民衆達は一切彼に関する情報提供を行うことをしませんでした。

そんな中、徐庶の仲間達が柱をぶっ壊して徐庶を救出してしまいます。

役人は急いで徐庶と仲間達を追跡しますが、

彼らに追いつくことができず逃亡されてしまいます。

 

改心して学問の道へ

 

徐庶は仲間達のおかげで逃走することができたのですが、

任侠の世界から足を洗うことにします。

そして彼は学問の道へ突き進むことを決め今まで相棒であった刀を捨て、

新しい相棒として書物と筆を手に入れます。

またおしゃれな服も一切捨ててボロボロの単衣に着替えると早速学問を学ぶべく

塾へ通うことにします。

だが塾の生徒達は徐庶が任侠関係の人物であることを噂で聞いていたため、

彼と仲良くしようと考える学生は誰もいませんでした。

そこで徐庶はあることを思いつきます。

 

掃除を行い相手の立場に立って物事を考える

 

徐庶はみんなからハブにされると何がダメなのかを考えます。

そして元任侠者だったことがネックになっていると考え、

このイメージを払拭するために毎日早朝に起きて塾の中をきれいに掃除します。

彼が早朝に塾へ来て掃除している姿を見た学生は彼に感心すら持たず、

徐庶の接し方に変化はありませんでした。

しかし毎日掃除を行うことで少しづつ変化が見られることになります。

さらに彼は人の立場になって物事を考える癖をつけたことによって、

相手を尊重して行きます。

また経学や経書を一生懸命自己学習することで、

他の人達より経学・経書の二つの学問において精通していくことになり、

実力を見せていくことになります。

これらの行動によって徐庶にも友達が出来ることになるのです。

その名を石韜(せきとう)といい彼の人生において非常に長い付き合いとなるのですが、

当時の徐庶には知る由もありませんでした。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

今回は【劉備の初代軍師・徐庶】剣術家から学問の道へ変更したきっかけとは

をご紹介しました。

徐庶といえば劉備へ諸葛孔明を紹介した人物として知られておりますが、

意外と若い頃の彼を知っている人は少ないのではないのでしょうか。

三国志を少し知っている人でも知らないことだと思いますので、

ぜひ自慢してみてはいかがですか。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志蜀書 今鷹真・井波律子著など

 

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:徐庶くんはマザコンだった?劉備と孔明を引きあわせた立役者

関連記事:三国志時代には馬に乗りながら一騎打ちができなかった!?その理由とは?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【賢母の知恵編】私あまり顔には自信がないけれど鍾会には負けません…
  2. 【三国志の疑問】女性を巡る男の戦いはどこまで真実なの?史実と演義…
  3. 【余裕をみせすぎて大失態】やっちゃった感が否めない曹操のやらかし…
  4. 高順(こうじゅん)ってどんな人?張遼と双壁を為す呂布軍の名将
  5. 長宗我部元親「四国の蝙蝠(こうもり)」の四国統一戦を分かりやすく…
  6. 秦国の六虎将軍・李信の妻となるのは誰かを大胆予想!羌瘣?それとも…
  7. 【留年っていいな♪】 魏の大学には落第生ばかり!!その意外な理由…
  8. 呂布の裏切りについて考察してみた

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 韓遂の処世術が現代人にも参考になる!いつでもナンバー2!キングメーカー韓遂
  2. 龐統の死後、その一族はどうなったの?魏に降った一族たちの数奇な運命
  3. 三国志時代の楽しい農村!当時の農業とはどんなのがあったの?
  4. 【戦国四君にまつわる逸話】趙の貴公子・平原君って人を見る目がなかった?
  5. 【月間まとめ】2016年2月の注目ニュース10選!
  6. 【軍師連盟】司馬懿は遼東遠征の時なんで大虐殺をしたの?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

『鼎の軽重を問う』とは誰の言葉?五分でわかる春秋戦国時代のことわざ 【遊侠列伝】さすが親分!!遊侠人のリーダー郭解が人に慕われた理由ってなに? 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース15記事【10/3〜10/9】 洛陽の最速王は誰だ!意外に速い!三国時代の馬車ってどんなの? 「はじめての三国志」のロゴが完成しました 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース24記事【6/19〜6/25】 伏皇后問題が荀彧の死の原因か!我が子房・荀彧の死因に迫る! はじめての三国志「ストライキ決行」の熱い舞台裏

おすすめ記事

  1. 世界不思議発見!三国志の時代の日本、西洋、インドの秘密を探る
  2. 軍師・龐統の名言から知る三国志の世界「人の国を伐ちて、以て歓を為すは、仁者の兵にあらざるなり」
  3. 劉備も曹操もハッキヨイ!三国志の時代にも流行していた相撲
  4. キングダム 511話 ネタバレ予想:王翦はどこへ消えたのか?
  5. このマンガがすごい!呉に光を当てた『江南行』『みんなの呉』『赤壁ストライブ』をレビューするよ
  6. 【はじめてのスキッパーキ】どうして?スキッパーキのしっぽ(断尾)の話【第3話】
  7. 権力者の重圧?酒癖の悪かった呉の孫権
  8. 玉(ぎょく)が大好きな中国人

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP