よかミカンの三国志入門
三顧の礼




はじめての三国志

menu

はじめての変

もし徐庶が軍師として劉備軍に留まっていたら三国志はどうなっていた?




徐庶と出会う劉備

 

三国志演義での徐庶(じょしょ)は、単福と名乗り、

当時荊州の新野に駐屯していた劉備軍の軍師役を務めて活躍します。

数でも劉備を上回る戦上手の曹仁(そうじん)李典(りてん)の陣を破るのです。

しかもこのときの曹仁は八門金鎖の陣という

名前だけ聞いても凄そうな堅陣を敷いていました。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:徐庶くんはマザコンだった?劉備と孔明を引きあわせた立役者

 

 

三国志演義での徐庶の活躍

徐庶 初陣 ゆるキャラ

 

あたふたする劉備を横目に単福(徐庶)はこの陣の弱点を素早く見抜き、そこに突撃させます。

あえなく曹仁の陣は崩れました。

読者は徐庶の智謀の深さに驚くとともに、軍師の重要性に気づかされます。

これは後に三顧の礼で劉備に迎えられることになる諸葛亮孔明登場の布石です。

さらなる最強軍師の登場に読者は胸躍り、大きな期待をすることになります。

三国志を盛り上げる踏み台のような場面設定です。

 

 

諸葛亮孔明の予測と現実

孔明 出師

 

荊州の地で徐庶と諸葛亮孔明は知り合い、仲良くなります。

諸葛亮孔明は年配の徐庶の才を認めており、

「州刺史か郡太守にはなる器だ」と徐庶の将来を予測します。

このときの徐庶はまだ役人として国に仕えてはいません。

というより前科があって官吏にはなれない身の上でした。

ですから仮に役人になれたら、という夢物語です。

やがてあの曹操(そうそう)が権力を握ります。

 

関連記事:孔明と曹操は相性が抜群?もし孔明が魏に仕えていたら歴史はどうなった?

関連記事:三国志の覇者・呆れるくらいの人材マニアの曹操

 

どうしても徐庶が欲しい曹操

徐庶 曹操 下る 三国志

 

人材コレクターが趣味のようなこの男が

徐庶の存在を知って指をくわえているだけのはずがありません。

すぐさま食指を伸ばし、仕官させます。

無論、徐庶の前科など気にもしません。

むしろその生き様を聞き(義のためにかたき討ちをして捕まっていた)感心し、才を確認して用います。

後年、諸葛亮孔明が北伐で魏を攻めたとき、

徐庶がどのような役職についているのか知る場面があります。

徐庶は右中郎将(光禄勲府に仕える護衛官の長)、

御史中丞(上奏文を監査する御史台の長)という官位でした。

諸葛亮孔明はあまり重用されていないことに疑問を感じますが、

もと犯罪者ということを考えると異例の出世に間違いありません。

 

関連記事:文武両道、義侠心に厚い漢 徐庶(じょ しょ)は劉備と出逢う

関連記事:徐庶を手に入れたい曹操、程昱の鬼畜な計略を採用し劉備から徐庶を奪うの巻

 

正史での徐庶

孔明 正史

 

三国志演義と正史では徐庶の描かれ方が違います。

単福とは名乗っていませんし、諸葛亮孔明と同時期に劉備に仕えていて、

曹操のもとに移籍したのは劉備が江陵目指して逃げている最中です。

母親が曹操軍に捕まったのが原因といわれています。

そもそも軍師として曹仁の陣を破った場面も三国志演義のオリジナルです。

さらに、徐庶の後を継いだ諸葛亮孔明が、

曹仁の次に襲撃してくる夏侯惇(かこうとん)の軍を火攻めで破る「博望坡の戦い」も、

実は諸葛亮孔明に劉備が出会う前の話です。

諸葛亮孔明抜きの状態で、劉備は伏兵をもって夏侯惇を敗走させたわけです。

こちらはもしかしたら徐庶の采配だったのかもしれません。

 

関連記事:初めてでも大丈夫!楽しい正史 三国志の読み方

関連記事:三国志は2つある!正史と演義二つの三国志の違いとは?

 

未知数の徐庶の実力

キングダムと三国志

 

要するに徐庶の軍師としての才能はよくわからないのです。

三国志演義に描かれる徐庶の智謀が本当だとすれば、立派な軍師になりえます。

 

孔明 龐統 軍師

 

そしてその徐庶がずっと劉備の配下であったとしたら、

徐庶+諸葛亮孔明+龐統(ほうとう)という最強レベルの軍師トリオがそろった形になります。

諸葛亮孔明と龐統は益州を攻め、徐庶は関羽に従い荊州を守る。

理想的な布陣が敷けたのではないでしょうか。

徐庶は関羽を諫め、呂蒙(りょもう)の計略を看破し、荊州を守り抜いたことでしょう。

やがて荊州から関羽が北進し、漢中から劉備の本隊が曹操を攻めます。

そうなると南陽郡あたりで曹操本隊と劉備・関羽の合流した大部隊がぶつかり合い、

赤壁の戦い以上の激戦が繰り広げられたかもしれません。

ここで劉備が勝てば許都の献帝も保護できます。

漢皇室は大々的に復興を遂げるわけです。

もちろん、「もしも」の話ですが。

 

関連記事:知らないと貴方も騙される!龐統の心の誘導テクニックが使えるのでこっそり教えちゃいます!

関連記事:蜀のブサメン軍師、龐統は魯粛のスパイだった?劉備と龐統、仮面主従の真実

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

ろひもと理穂

 

謎の多い人物、徐庶。その活躍ぶりも歴史の闇の部分で閉ざされています。

過大評価しすぎるのも他の活躍した軍師たちに失礼なのかもしれません。

シュミレーションゲームでは諸葛亮孔明や周瑜(しゅうゆ)

そして「軍師連盟」の主役である司馬懿(しばい)

匹敵する智謀の持ち主として重宝されるのですが……。

実績となると彼らとは随分と違うようです。

徐庶は、もしかしたら「有能な文官」に過ぎなかったかもしれません。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:もし郭嘉が劉備軍の軍師だったらどうなる?呂布や袁術も討伐できた!?

関連記事:曹操と劉備はどうしてライバル扱いなの?【三国志の素朴な疑問】

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 孔融と禰衡 元祖そこまで言って委員会!孔融と禰衡の議論がカオス
  2. 後漢王朝の華だった尹夫人の波乱万丈の生涯Part.2
  3. 【世界版】死者同士の結婚「冥婚」は韓国・台湾・アフリカ・フランス…
  4. 張飛に怒鳴られて落馬して死んだ武将、曹丕の粋な計らい等、三国志を…
  5. もし蜀が呉を併呑していたら魏にも勝てた?if三国志
  6. 空城の計って何?門を開けて敵軍をお出迎え?
  7. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.4
  8. 野望が膨らむ鍾会 鍾会の蜀討伐案と羊祜の呉討伐案の違いってなに?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 真田丸 武田信玄
  2. 豊臣秀吉 戦国時代

おすすめ記事

  1. 【応仁の乱】 もっとも激しい戦であった相国寺の戦い! 燃える本能寺
  2. 47話:曹操軍、新兵器 発石車で石弓隊を撃破!
  3. 高麗(こうらい)ってどんな国?アンゴルモア元寇合戦記が100倍面白くなる
  4. 【センゴク祭り】織田家のトップに就任してから9年の歳月をかけた尾張統一
  5. 保護中: 【保存版】はじめての三国志 登場人物・団体の一覧
  6. スーパーエリート袁術!理由はファミリーにあり?スーパー名家を探るよ

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

陸抗と孫権の間に遺恨は残らなかったの?二人のエピソードを紹介 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第28話「死の帳面」の見どころ紹介 袁渙の「政治力」がスゴイ!はちみつおじさん袁術と虎の如き強さを持った呂布を大人しくさせた政治とは? 架空戦記って何?いつから存在してどこでIF戦記ブームは過ぎ去ったの? 三国志好きならニヤリとできる!諱、字、一番多い姓、珍しい姓を紹介しちゃいます♪ 劉備を唯一なだめられた、法正(ほうせい)ってどんな軍師? 陸遜はなんで改名をしたの?陸議と魏書では記載されているイケメン陸遜の改名に迫る 卑しい身分から、曹操の正妃へ卞夫人 Part.1

おすすめ記事

  1. 天才軍師・郭嘉の息子も天才軍師だったの!?
  2. 秦国の六虎将軍・李信の妻となるのは誰かを大胆予想!羌瘣?それとも河了貂か?
  3. 【9月の見どころ】9/29公開予定:【三国志平話】小喬がイケメン孔明に生唾ごっくん
  4. 【お正月企画】曹操、劉備、孫権のお酒にまつわる逸話を紹介
  5. 流刑生活は意外に快適?奄美大島を満喫西郷どんを巡る旅
  6. 島津斉彬の人柄とは?誰もが納得する名君の心構え
  7. 鎌倉時代の平均寿命は?鎌倉時代の有名人は何歳まで生きたの? 鎌倉時代 服装 男女
  8. 曹植も詠んだ詠史詩の魅力とは? 曹植

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP