キングダム
馬超




はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

上野攻略戦に赴く武田信玄の戦略とは?

徳川家康をボコボコにする武田信玄




 

武田信玄は上杉政虎(うえすぎまさとら)との激しい戦であった川中島の戦いが終了すると

彼の領土拡大政策は次のステージへと移行します。

信玄が目をつけていたのは信濃の左にある上野(こうずけ=現在の群馬県)です。

彼はこの国を攻略するため川中島の戦いが終了後から動き始めます。

 

関連記事:暴走しているオヤジを追放して当主に就任した武田晴信(たけだはるのぶ)

関連記事:山本勘助(やまもとかんすけ)は実在したの?今まで架空の人物だとされていた勘助の謎




上野攻略を行うため調略開始

 

信玄は川中島で政虎との激戦に決着をつけると上野攻略の為に事前準備を開始します。

彼が行ったことはまず西上野に点在している諸豪族に対して調略のです。

この結果西上野に点在している多くの豪族が彼の調略を受けて味方につき、

西上野の諸豪族が味方についたことで信玄は大軍を率いて上野へ出陣します。




西上野電撃戦

 

信玄は大軍を率いて西上野へ侵攻を開始すると

この地の諸豪族は信玄に味方することを約束していたため大半が武田軍へ降伏してきます。

しかし調略に引っかからなかった豪族に対しては攻撃を行い攻め滅ぼします。

この結果西上野の大半は信玄の配下となります。

そして信玄は自ら西上野侵攻を行うと共に別働隊を信濃から派遣しておりました。

この軍を率いていたのは真田幸隆(さなだゆきたか)です。

彼も信玄と同じく上野の諸豪族に対して利益を持って武田家に味方するように誘います。

この調略の大半は成功することになりますが、反抗する勢力も多くいました。

そのため幸隆は自らの手勢を持って西上野へ攻撃を仕掛けて行き、

武田家に反抗する勢力を打ち倒していきます。

この両面作戦によって西上野の大半を武田家が手中に収めることになるのです。

 

鉄壁箕輪城

 

西上野には諸豪族をまとめる盟主と呼ばれる大名がおりました。

その大名は長野氏と言われる大名で信玄が西上野攻略戦を開始した時の

長野氏の当主は長野業政(ながのなりまさ)と言われる人物でした。

彼は武田軍が西上野の諸将を味方につけていき、西上野の大半を手中に収めたことを知ると

彼が居城としている箕輪城の防備を固めます。

信玄は西上野の盟主である長野氏を滅亡させるために箕輪城へ攻撃を開始します。

しかし業政は武田軍が箕輪城へ攻撃を開始すると激しく抵抗を行い

武田軍の猛攻を弾き返します。

信玄は箕輪城の防御力の堅さと長野氏の一致団結した防戦によって箕輪城攻略を諦めて、

一時撤退を行います。

 

箕輪城近辺の諸豪族の切り崩しを行う

 

信玄は箕輪城の攻略を諦めて一時撤退を行います。

そして信玄は箕輪城を攻略できなかった原因として上杉の拠点があったことと

箕輪城周辺の諸豪族を味方につけていなかったことが敗因だと考えます。

彼はこの敗因を反省してまず上杉の西上野の拠点である厩橋城(うまやばしじょう)の

城主である北条高広(きたじょうたかひろ)を味方につけるべく調略を行います。

また箕輪城近辺の諸豪族の切り崩し工作を行い、箕輪城を孤立させる作戦を展開。

この結果上杉に味方していた厩橋城の北条氏は武田軍に味方することになり、

箕輪城周辺の諸豪族も武田へ味方することを約束します。

そして信玄は満を持して再び武田軍を引き連れて攻撃を箕輪城攻撃を開始します。

 

鉄壁箕輪城の陥落と西上野平定完了

 

信玄は以前敗北した箕輪城を陥落させるべく再度攻撃を行います。

この時の武田軍の攻撃は熾烈を極め、

長野氏の抵抗は頑強でしたが数で勝る武田軍の攻撃を支えることはできませんでした。

また箕輪城の城主であった長野業政が亡くなり、

彼の嫡男でまだ若い長野業盛(ながのなりもり)が

当主となっていたことで以前のような一致団結した強力な抵抗ができませんでした。

また箕輪城が周辺の諸豪族からの支援を受けられない状態だったことも陥落の原因の一つとして

挙げられます。

信玄はこのようなことが理由で箕輪城攻撃開始から一ヶ月あまりで陥落します。

箕輪城陥落に成功した信玄はこうして西上野の平定に成功することになります。

 

戦国史ライター黒田レンの独り言

 

信玄は西上野の平定に成功することになりますが、

最強の敵が西上野平定後に出現することになります。

そのため武田家は大いに揺れ動くことになり、

武田家を揺るがす大事件へと発展することになるのです。

「今回の戦国史のお話はこれでおしまいにゃ。

次回もまたはじめての三国志でお会いしましょう。

それじゃあまたにゃ~」

 

参考文献 中公新書 信玄の戦略 柴辻俊六著

 

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:楽しみながら戦国時代のエピソードを学べる歴史マンガ3選

関連記事:え?武田勝頼って武田家二代目代理なの!?

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 楽毅 【燕の名将・楽毅の名言】古の君子は交わりを断つとも悪声を出さず
  2. 劉禅に降伏を勧める譙周(しょうしゅう) 譙周(しょうしゅう)とはどんな人?劉禅に降伏するのが得策であると…
  3. 海上での戦いの孫権 【夏休みや旅行の移動時間にいかが】キングダムや三国志よりもすごい…
  4. 三顧の礼 ゆるキャラ 孔明 【衝撃の事実】日本の戦国時代にも三顧の礼があった!
  5. 太平道の祖・張角(黄巾賊) 【怪しげな宗教団体】どうして多くの民衆が太平道に参加したの?
  6. おんな城主 直虎 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第33話「嫌われ政次の一生…
  7. 織田信長 織田信長は実はいい人?冷酷残忍ではなく心優しいおっちゃんだった
  8. 【賢母の知恵編】私あまり顔には自信がないけれど鍾会には負けません…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 天下三分の計
  2. 袁紹と曹操
  3. 夏侯覇の妻は誰?
  4. 許チョ
  5. 上杉謙信
  6. 卑弥呼
  7. 三国志時代の牢獄

おすすめ記事

  1. 【センゴク】信長の仇討ちで秀吉についたのは、神戸、丹羽、掘、蒲生 いずれも名将で明智オワコンに・・ 豊臣秀吉 戦国時代2
  2. 【春秋左氏伝】兄弟思いの衛の二公子の切なすぎる顛末 関羽に無視される孫権
  3. キングダム 515話 ネタバレ予想:司馬尚は、いつ三大天になるの?
  4. kawauso編集長のぼやきVol.7「記事では書けないネタ」
  5. 金持ちってけっこうケチ?あの曹操もドケチで有名だった!
  6. 張松(ちょうしょう)の裏切りがなければ劉備の蜀制圧は不可能だった? 劉備と張松(ちょうしょう)

三國志雑学

  1. 呂蒙のお見舞いにかけつける陸遜
  2. 曹操
  3. 海賊時代の孫堅
  4. 曹操と荀彧の三顧の礼
  5. すっぱーーーーー 許褚 ゆるキャラ


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 孟嘗君
  2. キングダム53巻
  3. 林冲(水滸伝)
  4. 魏から蜀に下る姜維

おすすめ記事

愛馬に乗り敵を粉砕する張遼 【三国志演義深読み】どうして張遼は丁奉の矢で戦死するのか? 豊臣秀吉 戦国時代 【センゴク】最前線拠点の城主と調略戦に明け暮れた秀吉のご褒美って何? 【三国志平話】小喬がイケメン孔明に生唾ごっくん 【今さら聞けない】妖怪三国志ってなに?お父さんも子供も夢中の新世代三国志! 織田信長 【織田信長の性格】浅井長政が叛いたのは信長がジャイアンだから 【三国志RPG】DRAGON BLADE(ドラゴンブレイド)第3回 アプリでここまで袁術を育ててみました! 残忍な曹丕 【権力を巡る兄弟の確執】曹丕&曹植 VS 後白河天皇&崇徳天皇 全員主役級!三国志を日本で映画化するならキャスティングはこれだ!

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP