架空戦記
北伐

はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

上野攻略戦に赴く武田信玄の戦略とは?

この記事の所要時間: 253




 

武田信玄は上杉政虎(うえすぎまさとら)との激しい戦であった川中島の戦いが終了すると

彼の領土拡大政策は次のステージへと移行します。

信玄が目をつけていたのは信濃の左にある上野(こうずけ=現在の群馬県)です。

彼はこの国を攻略するため川中島の戦いが終了後から動き始めます。

 

関連記事:暴走しているオヤジを追放して当主に就任した武田晴信(たけだはるのぶ)

関連記事:山本勘助(やまもとかんすけ)は実在したの?今まで架空の人物だとされていた勘助の謎




上野攻略を行うため調略開始

 

信玄は川中島で政虎との激戦に決着をつけると上野攻略の為に事前準備を開始します。

彼が行ったことはまず西上野に点在している諸豪族に対して調略のです。

この結果西上野に点在している多くの豪族が彼の調略を受けて味方につき、

西上野の諸豪族が味方についたことで信玄は大軍を率いて上野へ出陣します。




西上野電撃戦

 

信玄は大軍を率いて西上野へ侵攻を開始すると

この地の諸豪族は信玄に味方することを約束していたため大半が武田軍へ降伏してきます。

しかし調略に引っかからなかった豪族に対しては攻撃を行い攻め滅ぼします。

この結果西上野の大半は信玄の配下となります。

そして信玄は自ら西上野侵攻を行うと共に別働隊を信濃から派遣しておりました。

この軍を率いていたのは真田幸隆(さなだゆきたか)です。

彼も信玄と同じく上野の諸豪族に対して利益を持って武田家に味方するように誘います。

この調略の大半は成功することになりますが、反抗する勢力も多くいました。

そのため幸隆は自らの手勢を持って西上野へ攻撃を仕掛けて行き、

武田家に反抗する勢力を打ち倒していきます。

この両面作戦によって西上野の大半を武田家が手中に収めることになるのです。

 

鉄壁箕輪城

 

西上野には諸豪族をまとめる盟主と呼ばれる大名がおりました。

その大名は長野氏と言われる大名で信玄が西上野攻略戦を開始した時の

長野氏の当主は長野業政(ながのなりまさ)と言われる人物でした。

彼は武田軍が西上野の諸将を味方につけていき、西上野の大半を手中に収めたことを知ると

彼が居城としている箕輪城の防備を固めます。

信玄は西上野の盟主である長野氏を滅亡させるために箕輪城へ攻撃を開始します。

しかし業政は武田軍が箕輪城へ攻撃を開始すると激しく抵抗を行い

武田軍の猛攻を弾き返します。

信玄は箕輪城の防御力の堅さと長野氏の一致団結した防戦によって箕輪城攻略を諦めて、

一時撤退を行います。

 

箕輪城近辺の諸豪族の切り崩しを行う

 

信玄は箕輪城の攻略を諦めて一時撤退を行います。

そして信玄は箕輪城を攻略できなかった原因として上杉の拠点があったことと

箕輪城周辺の諸豪族を味方につけていなかったことが敗因だと考えます。

彼はこの敗因を反省してまず上杉の西上野の拠点である厩橋城(うまやばしじょう)の

城主である北条高広(きたじょうたかひろ)を味方につけるべく調略を行います。

また箕輪城近辺の諸豪族の切り崩し工作を行い、箕輪城を孤立させる作戦を展開。

この結果上杉に味方していた厩橋城の北条氏は武田軍に味方することになり、

箕輪城周辺の諸豪族も武田へ味方することを約束します。

そして信玄は満を持して再び武田軍を引き連れて攻撃を箕輪城攻撃を開始します。

 

鉄壁箕輪城の陥落と西上野平定完了

 

信玄は以前敗北した箕輪城を陥落させるべく再度攻撃を行います。

この時の武田軍の攻撃は熾烈を極め、

長野氏の抵抗は頑強でしたが数で勝る武田軍の攻撃を支えることはできませんでした。

また箕輪城の城主であった長野業政が亡くなり、

彼の嫡男でまだ若い長野業盛(ながのなりもり)が

当主となっていたことで以前のような一致団結した強力な抵抗ができませんでした。

また箕輪城が周辺の諸豪族からの支援を受けられない状態だったことも陥落の原因の一つとして

挙げられます。

信玄はこのようなことが理由で箕輪城攻撃開始から一ヶ月あまりで陥落します。

箕輪城陥落に成功した信玄はこうして西上野の平定に成功することになります。

 

戦国史ライター黒田レンの独り言

 

信玄は西上野の平定に成功することになりますが、

最強の敵が西上野平定後に出現することになります。

そのため武田家は大いに揺れ動くことになり、

武田家を揺るがす大事件へと発展することになるのです。

「今回の戦国史のお話はこれでおしまいにゃ。

次回もまたはじめての三国志でお会いしましょう。

それじゃあまたにゃ~」

 

参考文献 中公新書 信玄の戦略 柴辻俊六著

 

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:楽しみながら戦国時代のエピソードを学べる歴史マンガ3選

関連記事:え?武田勝頼って武田家二代目代理なの!?

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【二人の歴史家】姜維の評価をした孫盛と裴松之が下した剣閣戦の評価…
  2. 軍略にも才能を発揮した蒋済(しょうさい)の進言集
  3. 孫権の本拠地である建業は始皇帝の嫉妬によって街の名前が変わった?…
  4. 秦を滅ぼし暴走した劉邦を止めた天才軍師・張良の必殺の言葉って何?…
  5. 張繍と賈詡は曹操に降伏したのは本心からではなかった!?
  6. 『鼎の軽重を問う』とは誰の言葉?五分でわかる春秋戦国時代のことわ…
  7. 【三国志の新事実】マジで!?蜀の天才丞相・諸葛孔明が沢山いた!
  8. 【衝撃の事実】実は三国志には桃園の誓いなんてものは無かった

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【今さら聞けない】妖怪三国志ってなに?お父さんも子供も夢中の新世代三国志!
  2. 【宮城谷昌光】これを読まずに三国志好きは名乗れない!三国志小説ランキング
  3. 媧燐(かりん)は実在した?ベトナムの女桀と呉の陸胤の戦いの意外な決着
  4. 十面埋伏の計とはどんな作戦?倉亭の戦いで程昱が発案した最強の伏兵
  5. 木牛流馬って何?孔明の発明で輸送問題が解消し北伐で大活躍?
  6. あなたが実際に兵士として戦場に行軍してみたらどれだけ大変なの?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【真田丸特集】なんと戦国武将の兜の前立てには意味があった! 【はじめての孫子】第6回:勝つために最も大切なことは智謀でも勇気でもなく、緻密な計算 【素朴な疑問】三国志に海上での戦いってあったの? これは凄い!巨大な関羽像が荊州に現れる!実は二千年前から巨大像が好きだった中国人 三国志の時代に象兵はいたの? 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース21記事【7/10〜7/16】 どうして劉備は呂布を胡散臭いと思ったの? 【真田丸特集】有能なのに歴史の影に埋もれてしまった真田信之と程昱!ジミーズ二人の共通点

おすすめ記事

  1. 衛覬(えいき)とはどんな人?関中復興に画期的な提案を行った魏の文官
  2. 月刊はじめての三国志2017年8月号 (桃園出版 三国舎)の販売を開始しました
  3. 山本勘助(やまもとかんすけ)は実在したの?今まで架空の人物だとされていた勘助の謎
  4. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース13記事【7/11〜7/17】
  5. びっくり!五丈原の戦いの戦費、現在で換算すると、なんと○○円!
  6. 終わりが悪かった呉の孫権の惜しさ
  7. 殷の紂王(ちゅうおう)とはどんな人?悪逆非道の限りを尽くした殷朝最後の帝辛
  8. 【燕の名将・楽毅の名言】古の君子は交わりを断つとも悪声を出さず

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP