呂布特集
南蛮征伐




はじめての三国志

menu

おんな城主 直虎

【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第九話「桶狭間に死す」の見どころ紹介

おんな城主 直虎




 

おんな城主・井伊直虎にもある事件が勃発したことによって、

ついに戦国乱世の波が襲いかかってきます。

それは戦国時代の東海地方において最大の事件と言える「桶狭間の戦いです」。

この戦いは歴史の教科書にも描かれている通り、

織田信長が今川義元を撃破した有名な出来事ですが、

この戦いをきっかけに戦国時代の東海地方は激変することになります。

この激変期を迎えることになった井伊家はどのようになるのでしょうか。

第9話を迎えるおんな城主井伊直虎の見所をご紹介していきたいと思います。

 

前回記事:【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第一話「井伊谷の少女」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第二話「崖っぷちの姫」の見どころ

前回記事:【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第三話「おとわ危機一髪」の見どころ

前回記事:【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第四話「女子にこそあれ次郎法師」の見どころ

前回記事:【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第五話「亀之丞帰る」の見どころ

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第六話「初恋の分かれ道」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第七話「検地がやってきた」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第八話「赤ちゃんはまだか」の見どころ紹介




第9話の見所その1:徳川・今川・井伊家の桶狭間

 

織田軍の奇襲攻撃によって今川家の軍勢は大敗することになります。

今川軍大敗の原因は今川家当主であり、

東海一の弓取りと言われた今川義元の討ち死にです。

彼が亡くなったことによって徳川家は本拠地である三河(みかわ)・岡崎城(おかざきじょう)を

奪取することに成功。

そして今川家は当主である今川義元が討ち死にしたことで家中は大混乱となってしまい、

今川氏真(いまがわうじざね)はオロオロするばかりで、

家中をまとめる判断を下すことができませんでした。

そして井伊家は負傷者が続出してしまい、

小野正次(おのまさつぐ)の弟である小野玄蕃(おのげんば)が討ち死。

次郎法師は父である井伊直盛を心配しておりました。

果たして直盛は無事に帰ってくることができるのでしょうか。




第9話見所その2:新体制の井伊家始動

 

井伊家当主であった井伊直盛が討ち死にしたことによって、

新しい井伊家の当主を決めなくてはならなくなります。

井伊家の新体制は皆さんが思っているとおり井伊直親に収まった・・・・のではなく

井伊家家臣であった中野さんが井伊谷を引っ張っていくことになります。

なぜ中野さんなのでしょうか。

それは井伊直盛の遺言が尊重されたためでした。

三河・遠江(とおとうみ)・駿河の太守であった今川義元が亡くなったことにより、

三河・遠江を統治する者がいなくなったせいで混乱状態になってしまい、

いつ戦が起きてもおかしくない状態です。

その時に戦上手である中野さんが当主の座にいれば、

戦が起きても大丈夫であるとの判断で直盛が遺言を残したそうです。

直親は自分が当主へ就任することができなかったため、

悔しそうな顔をしますが直盛の遺言を尊重して反論することをしませんでした。

そして中野さんが井伊谷の当主となった井伊家は、

小野正次がいろいろな政策を支持しながら行っておりましたが、

彼のいうことをしっかりと聞いてみんな行動を開始。

そんな中、井伊直盛の奥さんである千賀は、

桶狭間で討ち死にした人達へ感謝やお悔やみの手紙を書いておりました。

また千賀は次郎法師にも手紙を書いておりましたが、

この手紙の内容は感動的な内容になっておりますので、

是非ご覧になってご確認ください。

 

第9話見所その3:小野正次と奥山朝利の会見

 

奥山さんは小野家の次男坊である玄蕃に嫁がせたなつとなつの息子を取り戻そうと

小野正次になつ達を実家である奥山家に戻して欲しいと幾度も手紙を渡しておりました。

しかし小野正次はなつの意見を尊重して実家に戻る話を断ることにします。

奥山さんは小野家に娘と娘の息子がいれば、

今後小野家の人質とされるかもしれないと考えて正次に直談判を行います。

しかしこの直談判は決裂してしまい大事件が勃発することになるのです。

一体どのような事件が起きることになるのでしょうか。

 

大河ウォッチャー黒田レンの独り言

 

第9話において井伊家は激変期に突入することになります。

井伊家だけが激変期に突入することになるのではなく、東海地方における徳川・今川・

井伊家その他の小豪族にとってもこの激変期が訪れる事になるのです。

井伊家は新体制に移行することになりますが、

果たしてこの激変期を乗り越えることができるのでしょうか。

 

関連記事:楽しみながら戦国時代のエピソードを学べる歴史マンガ3選

関連記事:おんな城主 直虎を100倍楽しむ!今川に呪われてしまった井伊家宗家

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 軍略にも才能を発揮した蒋済(しょうさい)の進言集
  2. 愛馬に乗り敵を粉砕する張遼 張遼の一騎打ちは本当なの?史実の一騎打ちを紹介
  3. 明智光秀 麒麟がくる 明智光秀が大河ドラマデビュー2020年麒麟がくる
  4. 漫画「センゴク」から見る小牧・長久手の戦い前哨戦
  5. 朝まで三国志 袁紹 【河北の覇者】袁紹は光武帝を真似た戦略を採用したから滅びた!
  6. 【ネオ三国志】第5話:兗州騒乱の終結と天子の擁立【蒼天航路】
  7. 廃仏毀釈 比叡山が焼かれたのは自業自得?高利貸しだった延暦寺
  8. 衛瓘(えいかん)とはどんな人?司馬昭の重臣であり、晋の建国時に大…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 孫権の跡継ぎ9歳の孫亮
  2. 関羽の青銅像
  3. 織田信長
  4. 張遼・楽進・李典
  5. 孫権に煽られて憤死する陸遜
  6. 大政奉還した徳川慶喜

おすすめ記事

  1. 五禽戯(ごきんぎ)とは何?華陀が生み出した元祖ラジオ体操が凄すぎる!
  2. 日本の戦国時代はどうして起きたの?原因をざっくりと解明
  3. 魏延への嫌がらせ人事に込められた諸葛亮の愛 不満が溜まる魏延
  4. 【キングダム551話】「兵糧の底」ネタバレ&レビュー
  5. 兵力なし、金なし、でも奮闘して評価を上げた曹操がスゴイ
  6. 臥龍は起つ気まんまんだった!?三顧の礼のやらせ劇を詩から読み解くよ 孔明

三國志雑学

  1. 劉備と酒を交わす曹操
  2. 騎射の術に長けた騎馬兵士
  3. 曹丕
  4. 夏侯覇
  5. 孫権 冠
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 斎藤一 新選組
  2. 豊臣秀吉 戦国時代2
  3. 愛馬に乗り敵を粉砕する張遼
  4. 後継者を決めずにダラダラする袁紹
  5. 曹操と羊と蚊

おすすめ記事

華陀と麻沸散 三国志時代の医療はどうなっていたの?華佗以外にも治療を行っていた! 信(キングダム風) 信ってどんな人?キングダムの主人公は史実が少ない謎多き人物 鎌倉時代の侍 アンゴルモア元寇合戦記の鎌倉時代の出来事は? キングダム キングダム580話最新ネタバレ予想vol2鄴攻めは尻切れトンボ? ゴールデンカムイネタバレ予想 131話 死神がやってくる 許劭(きょしょう)とはどんな人?三国志時代のインフルエンサー 劉禅 六鞱(りくとう)とはどんな本?太公望が武王にマジギレ? 劉備と酒を交わす曹操 【劉備の逸話】大耳児のネーミングは曹操?大耳児の由来から劉備の逸話を紹介

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集郭嘉"
PAGE TOP