【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第一話「井伊谷の少女」の見どころ紹介




おんな城主01 直虎

 

今年のNHK大河ドラマ「おんな城主・井伊直虎(いいなおとら)」が先日スタートしました。

大河ドラマの女の人が主人公で成功した例がほとんどないため、

井伊直虎がどこまで成長するのかが今から楽しみです。

さて第一話:「井伊谷の少女(いいのや)」をレンは見てみたので、

見どころをご紹介していきたいと思います。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:こっそりお教えします!NHK大河ドラマの通な見方。歴代大河ドラマも徹底紹介!




おんな城主井伊直虎の見どころその1:幼少期の子役による迫真の演技

 

おんな城主井伊直虎の一話は井伊直虎が井伊家の当主として君臨しているところから始まるのではなく、

井伊直虎の幼少期から始まります。

幼少期の直虎はおとわといい非常に可愛らしい名前で登場します。

また成長した直虎や井伊家の運命に大きく関わることになるおとわの許嫁である

亀之丞(かめのじょう)。

井伊家の家老である小野氏の嫡男・鶴丸も登場します。

第一話の見所としてはおとわ・亀之丞・鶴丸の子役三人の迫真の演技でしょう。

特にレンの印象に残ったのは亀之丞の父である井伊直満(いいなおみつ)が今川家に対して

謀反を起こそうとした罪により亡くなってしまいます。

その後亀之丞はやけになって許嫁であるおとわに強くあたってしまいます。

この時おとわは亀之丞を叱るのですがこの叱っている時の迫真の演技が印象強く、

一話にしては中々いいスタートを切ることができたのではないのかなと思いました。




おんな城主井伊直虎の見どころその2:テンポの良いストーリー展開

 

おんな城主井伊直虎の次なる見どころとして、

レンはテンポの良いストーリー展開を挙げたいと思います。

昨年の大河ドラマ「真田丸」では真田家を中心とした物語展開を繰り広げており、

真田家に関係ない関ヶ原などの合戦はバシっと切り捨てており、

ストーリー展開を重視しているんだなと感じました。

またそのほうが真田家以外に興味のない視聴者を飽きさせる事なく、

テレビの前に釘付けにすることができるのではないのかなと思いました。

今回のおんな城主井伊直虎はまだ一話であるため、

どれほど井伊家を中心としてストーリーを展開していくのかはまだわかりませんが、

ストーリー展開は悪くないんじゃないかなと思います。

しかしまだ一話でしかないので今後のストーリー展開が

果たしてテンポよく進んでいくことができるのかが

視聴者を逃がさない大きな分かれ目になると思います。

 

おんな城主井伊直虎の見みどころその3:ミステリアスで大河ドラマっぽくないかも・・・・

 

さて最後になりますがおんな城主井伊直虎のみどころのその3はミステリアスな点です。

今までの大河ドラマでは、ミステリアスな雰囲気を醸し出している人物

(レンが見た大河は少ないので何とも言えないですが、

葵三代や利家とまつ、などではこのような人物がいなかったはずでした)が

いなかった記憶があります。

また昨年の真田丸でもミステリアスな雰囲気を出す人物が、

真田家に出入りしている様子はなかったように思えます。

しかし今回の井伊直虎では今川家の家臣から送り込まれている小野という家老が井伊家におり、

この人物が中々ミステリアスもとい怪しい雰囲気を醸し出しているのです。

今後彼がどのようにして井伊の当主達にどのような影響を及ぼしていくことになるのか。

気になるところではあります。

 

戦国史ライター黒田レンの独り言

黒田廉

 

少し空白ができたのでここでは「大河ドラマ井伊直虎」に対する

レンの私見を述べさせていただきます。

さてレンの私見ですがこの大河どこまで伸びることができるのか少し不安ではあります。

おんなの人が主人公の大河ドラマは近年ほとんど成功していないように感じるからです。

しかしその懸念を払拭させる物として井伊直虎第一話の視聴率を調べてみました。

すると井伊直虎の視聴率は16%だったそうです。

真田丸があれだけヒットして気になる方が数多くいたのではないのかなと感じましたが、

ここからどれだけおんな城主井伊直虎が人気を伸ばすことが出来るのかおおいに期待を

かけたいと思います。

 

次回記事:【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第二話「崖っぷちの姫」の見どころ

関連記事:楽しみながら戦国時代のエピソードを学べる歴史マンガ3選

関連記事:おんな城主 直虎を100倍楽しむ!今川に呪われてしまった井伊家宗家

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

関連記事

  1. 明智光秀 麒麟がくる
  2. 城の前を掃除する孔明
  3. 鍾会
  4. 明智光秀の親友・吉田兼見
  5. 武田信玄と徳川家康
  6. 戦場で活躍する佐久間盛政

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

PAGE TOP