袁術祭り
まだ漢王朝で消耗してるの?




はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第一話「井伊谷の少女」の見どころ紹介

この記事の所要時間: 257




おんな城主01 直虎

 

今年のNHK大河ドラマ「おんな城主・井伊直虎(いいなおとら)」が先日スタートしました。

大河ドラマの女の人が主人公で成功した例がほとんどないため、

井伊直虎がどこまで成長するのかが今から楽しみです。

さて第一話:「井伊谷の少女(いいのや)」をレンは見てみたので、

見どころをご紹介していきたいと思います。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:こっそりお教えします!NHK大河ドラマの通な見方。歴代大河ドラマも徹底紹介!




おんな城主井伊直虎の見どころその1:幼少期の子役による迫真の演技

 

おんな城主井伊直虎の一話は井伊直虎が井伊家の当主として君臨しているところから始まるのではなく、

井伊直虎の幼少期から始まります。

幼少期の直虎はおとわといい非常に可愛らしい名前で登場します。

また成長した直虎や井伊家の運命に大きく関わることになるおとわの許嫁である

亀之丞(かめのじょう)。

井伊家の家老である小野氏の嫡男・鶴丸も登場します。

第一話の見所としてはおとわ・亀之丞・鶴丸の子役三人の迫真の演技でしょう。

特にレンの印象に残ったのは亀之丞の父である井伊直満(いいなおみつ)が今川家に対して

謀反を起こそうとした罪により亡くなってしまいます。

その後亀之丞はやけになって許嫁であるおとわに強くあたってしまいます。

この時おとわは亀之丞を叱るのですがこの叱っている時の迫真の演技が印象強く、

一話にしては中々いいスタートを切ることができたのではないのかなと思いました。




おんな城主井伊直虎の見どころその2:テンポの良いストーリー展開

 

おんな城主井伊直虎の次なる見どころとして、

レンはテンポの良いストーリー展開を挙げたいと思います。

昨年の大河ドラマ「真田丸」では真田家を中心とした物語展開を繰り広げており、

真田家に関係ない関ヶ原などの合戦はバシっと切り捨てており、

ストーリー展開を重視しているんだなと感じました。

またそのほうが真田家以外に興味のない視聴者を飽きさせる事なく、

テレビの前に釘付けにすることができるのではないのかなと思いました。

今回のおんな城主井伊直虎はまだ一話であるため、

どれほど井伊家を中心としてストーリーを展開していくのかはまだわかりませんが、

ストーリー展開は悪くないんじゃないかなと思います。

しかしまだ一話でしかないので今後のストーリー展開が

果たしてテンポよく進んでいくことができるのかが

視聴者を逃がさない大きな分かれ目になると思います。

 

おんな城主井伊直虎の見みどころその3:ミステリアスで大河ドラマっぽくないかも・・・・

 

さて最後になりますがおんな城主井伊直虎のみどころのその3はミステリアスな点です。

今までの大河ドラマでは、ミステリアスな雰囲気を醸し出している人物

(レンが見た大河は少ないので何とも言えないですが、

葵三代や利家とまつ、などではこのような人物がいなかったはずでした)が

いなかった記憶があります。

また昨年の真田丸でもミステリアスな雰囲気を出す人物が、

真田家に出入りしている様子はなかったように思えます。

しかし今回の井伊直虎では今川家の家臣から送り込まれている小野という家老が井伊家におり、

この人物が中々ミステリアスもとい怪しい雰囲気を醸し出しているのです。

今後彼がどのようにして井伊の当主達にどのような影響を及ぼしていくことになるのか。

気になるところではあります。

 

戦国史ライター黒田レンの独り言

黒田廉

 

少し空白ができたのでここでは「大河ドラマ井伊直虎」に対する

レンの私見を述べさせていただきます。

さてレンの私見ですがこの大河どこまで伸びることができるのか少し不安ではあります。

おんなの人が主人公の大河ドラマは近年ほとんど成功していないように感じるからです。

しかしその懸念を払拭させる物として井伊直虎第一話の視聴率を調べてみました。

すると井伊直虎の視聴率は16%だったそうです。

真田丸があれだけヒットして気になる方が数多くいたのではないのかなと感じましたが、

ここからどれだけおんな城主井伊直虎が人気を伸ばすことが出来るのかおおいに期待を

かけたいと思います。

 

次回記事:【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第二話「崖っぷちの姫」の見どころ

関連記事:楽しみながら戦国時代のエピソードを学べる歴史マンガ3選

関連記事:おんな城主 直虎を100倍楽しむ!今川に呪われてしまった井伊家宗家

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 游殷(ゆういん)が的中させた人物評価が凄かった!ズバリ言うわよ!…
  2. 【九州三国志】『三國志』は中国だけじゃない!日本の三国志事情 P…
  3. 信濃守護職就任と武田晴信の出家
  4. 【おんな城主・井伊直虎ネタバレ感想】第41話「この玄関の片隅で」…
  5. 【三国志 魏の歴史事件簿】一体何が起きたのか!?曹芳の時代に起き…
  6. 三国志 Three Kingdomsのここがすごい!スリーキング…
  7. 宗預(そうよ)とはどんな人?孫権が涙を流して別れを告げた蜀の外交…
  8. 法正が「隗より始めよ」のことわざを引用して劉備に進言したけど、ど…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【3分でわかる】魏・蜀・呉はどうやって兵力を手に入れていたの?
  2. 孟達に全てがかかっていた!諸葛孔明の北伐は成功したかも?
  3. 月刊はじめての三国志2017年12月号 (桃園出版 三国舎)の販売を開始しました
  4. 秀吉のDIY?墨俣城(すのまたじょう)って本当に一夜で造られた?
  5. 【孔明死後の三国志に詳しくなろう】司馬師打倒の兵をあげた毌丘倹の反乱はなぜ失敗したの?
  6. 炙り焼肉にソーセージ?とりあえずビールと言いたくなる三国時代の食事

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【驚愕の事実】三国志ではなく五国志だった!士燮(ししょう)勢力の台頭 実は面倒くさい性格?関羽のクレーマー事案を紹介 15話:神をも畏れぬ暴虐非道後漢をブッ壊した独裁者・菫卓 【シミルボン】趙雲の記述は盛られていた!イケメン趙雲を生み出した別伝 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.4 【古代中国の伝説の聖剣】欧冶子が作った宝剣がとんでもない高価なモノだった!? 孫資(そんし)と劉放(りゅうほう)の綱渡り!曹叡の側近達による命懸けの戦い 孫策涙目になるほどのフルボッコ!?小覇王をコテンパにした陳登

おすすめ記事

  1. 始皇帝が中国統一後、わずか15年で秦が滅亡した理由は始皇帝がブサメンだったから?
  2. 月刊はじめての三国志2017年8月号 (桃園出版 三国舎)の販売を開始しました
  3. 【三国天武 攻略その1】全世界3000万人がプレイしている三国志の世界へ「内政編」
  4. 【センゴク】金ヶ崎の退口は何で起こったの?信長の最大の危機
  5. キングダム 526話 ネタバレ予想:馬南慈の気概
  6. 審配(しんぱい)とはどんな人?衰えていく袁家を支えた忠臣
  7. 董卓軍の軍事組織はどうなっていたの?暴君の軍隊をミエルカしたよ
  8. 【シミルボン】三国志の裏側:使い捨てられる兵士はどこからやってきたのか?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP