編集長日記
李傕祭り




はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第一話「井伊谷の少女」の見どころ紹介

この記事の所要時間: 257




おんな城主01 直虎

 

今年のNHK大河ドラマ「おんな城主・井伊直虎(いいなおとら)」が先日スタートしました。

大河ドラマの女の人が主人公で成功した例がほとんどないため、

井伊直虎がどこまで成長するのかが今から楽しみです。

さて第一話:「井伊谷の少女(いいのや)」をレンは見てみたので、

見どころをご紹介していきたいと思います。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:こっそりお教えします!NHK大河ドラマの通な見方。歴代大河ドラマも徹底紹介!




おんな城主井伊直虎の見どころその1:幼少期の子役による迫真の演技

 

おんな城主井伊直虎の一話は井伊直虎が井伊家の当主として君臨しているところから始まるのではなく、

井伊直虎の幼少期から始まります。

幼少期の直虎はおとわといい非常に可愛らしい名前で登場します。

また成長した直虎や井伊家の運命に大きく関わることになるおとわの許嫁である

亀之丞(かめのじょう)。

井伊家の家老である小野氏の嫡男・鶴丸も登場します。

第一話の見所としてはおとわ・亀之丞・鶴丸の子役三人の迫真の演技でしょう。

特にレンの印象に残ったのは亀之丞の父である井伊直満(いいなおみつ)が今川家に対して

謀反を起こそうとした罪により亡くなってしまいます。

その後亀之丞はやけになって許嫁であるおとわに強くあたってしまいます。

この時おとわは亀之丞を叱るのですがこの叱っている時の迫真の演技が印象強く、

一話にしては中々いいスタートを切ることができたのではないのかなと思いました。




おんな城主井伊直虎の見どころその2:テンポの良いストーリー展開

 

おんな城主井伊直虎の次なる見どころとして、

レンはテンポの良いストーリー展開を挙げたいと思います。

昨年の大河ドラマ「真田丸」では真田家を中心とした物語展開を繰り広げており、

真田家に関係ない関ヶ原などの合戦はバシっと切り捨てており、

ストーリー展開を重視しているんだなと感じました。

またそのほうが真田家以外に興味のない視聴者を飽きさせる事なく、

テレビの前に釘付けにすることができるのではないのかなと思いました。

今回のおんな城主井伊直虎はまだ一話であるため、

どれほど井伊家を中心としてストーリーを展開していくのかはまだわかりませんが、

ストーリー展開は悪くないんじゃないかなと思います。

しかしまだ一話でしかないので今後のストーリー展開が

果たしてテンポよく進んでいくことができるのかが

視聴者を逃がさない大きな分かれ目になると思います。

 

おんな城主井伊直虎の見みどころその3:ミステリアスで大河ドラマっぽくないかも・・・・

 

さて最後になりますがおんな城主井伊直虎のみどころのその3はミステリアスな点です。

今までの大河ドラマでは、ミステリアスな雰囲気を醸し出している人物

(レンが見た大河は少ないので何とも言えないですが、

葵三代や利家とまつ、などではこのような人物がいなかったはずでした)が

いなかった記憶があります。

また昨年の真田丸でもミステリアスな雰囲気を出す人物が、

真田家に出入りしている様子はなかったように思えます。

しかし今回の井伊直虎では今川家の家臣から送り込まれている小野という家老が井伊家におり、

この人物が中々ミステリアスもとい怪しい雰囲気を醸し出しているのです。

今後彼がどのようにして井伊の当主達にどのような影響を及ぼしていくことになるのか。

気になるところではあります。

 

戦国史ライター黒田レンの独り言

黒田廉

 

少し空白ができたのでここでは「大河ドラマ井伊直虎」に対する

レンの私見を述べさせていただきます。

さてレンの私見ですがこの大河どこまで伸びることができるのか少し不安ではあります。

おんなの人が主人公の大河ドラマは近年ほとんど成功していないように感じるからです。

しかしその懸念を払拭させる物として井伊直虎第一話の視聴率を調べてみました。

すると井伊直虎の視聴率は16%だったそうです。

真田丸があれだけヒットして気になる方が数多くいたのではないのかなと感じましたが、

ここからどれだけおんな城主井伊直虎が人気を伸ばすことが出来るのかおおいに期待を

かけたいと思います。

 

次回記事:【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第二話「崖っぷちの姫」の見どころ

関連記事:楽しみながら戦国時代のエピソードを学べる歴史マンガ3選

関連記事:おんな城主 直虎を100倍楽しむ!今川に呪われてしまった井伊家宗家

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【蜀軍キラー】劉備・孔明を恐れさせた張郃の対蜀戦での戦歴
  2. 秦が天下統一できたのは斉が他国へ何にもしなかったのが要因か!?
  3. 春秋時代を代表する名君・荘王にも面白い話があった!
  4. 陳矯(ちんきょう)とはどんな人?忠誠心と優れた決断力を持っていた…
  5. 荀攸(じゅんゆう)とはどんな人?地味だけど的確な献策を行った軍師…
  6. 龐統の意外な才能!人を育てて人物評価を得意としていた軍師
  7. 高漸離(こうぜんり)が始皇帝に復讐を行う、荊軻の親友の始皇帝暗殺…
  8. 韓宣(かんせん)とはどんな人?曹植が口喧嘩して勝つことのでき…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【キングダムで人気】藺相如(りんそうじょ)は中国史上最強の度胸の持ち主だった?
  2. 【戦国四君の食客の名言】人間関係を達観した馮驩の名言
  3. 戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる!
  4. 趙雲子龍は何歳だったの?五虎大将軍の年齢に迫る!
  5. 【シミルボン】ありえん?三国志の外交交渉が頓智勝負だった
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース18記事【3/6〜3/13】

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【ネオ三国志】第5話:兗州騒乱の終結と天子の擁立【蒼天航路】 【軍師特集】三国志、中国史、日本史にみる君主を支えた敏腕軍師たち 真田昌幸にとっての領土拡張戦略と沼田城の重要性 曹操を好きになってはいけない6つの理由 李広(りこう)とはどんな人?「飛将軍」と呼ばれた男は李信の子孫であった!? 劉備の蜀攻略戦で活躍したのは武将ばかりではなく、みんな知っている○○があったから 【シミルボン】三国志入門編、刺史と州牧はどう違うの? こんなに豪華!三国志演義の銅雀台の宴を再現してみるよ【前半】

おすすめ記事

  1. 三国志ならともかく戦国時代は興味がないから大河ドラマを見ないあなたへ。こうすれば真田丸も楽しめる!
  2. 暗君・劉禅も名君になれた?桓公と景公を教育した宰相・晏嬰と管仲のトップ教育法を用いれば三国一のダメ君主も覇者になれた
  3. ゾトアオとはどんな人?人間を超越している異民族の首領【前編】
  4. [ビジネス三国志]自分用のキャッチコピーを造り人脈を広げる
  5. 89話:龐統、涪水関を計略で落とす
  6. 【シミルボン】1800年前の三国志時代はご馳走が現代居酒屋風だった
  7. 趙娥(ちょうが)とはどんな人?復讐者兼暗殺者であった烈女・龐蛾親(ほうがしん)
  8. 保護中: 【保存版】はじめての三国志 登場人物・団体の一覧

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP