三国志平話
潼関の戦い特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

閻行(えんこう)とはどんな人?韓遂の部下だが曹操の人質アタックに敗れる

この記事の所要時間: 420




 

蜀の五虎将軍の馬超(ばちょう)を殺す寸前まで追い詰めた人物がいたと聞くと、

意外に思う人もいるかも知れません。

その名を閻行(えんこう)と言い、関中の大物軍閥である韓遂(かんすい)の部下です。

しかし、そんな彼も最期には韓遂を裏切り曹操(そうそう)の計略に落ちてしまうのです。

今回は、三国志、魏書、張既(ちょうき)伝に引く魏略から閻行について紹介しましょう。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:韓遂の処世術が現代人にも参考になる!いつでもナンバー2!キングメーカー韓遂




馬騰韓遂がぶつかった時、若き馬超をボコボコにする

 

閻行は、字を彦明(げんめい)と言い、涼州の奥地の金城に生まれました。

すでに騒乱の時機を迎えていた涼州で、閻行は関中の軍閥、韓遂の指揮下に入り

対立していた馬騰(ばとう)との戦いに参戦、デビューしたばかりの二十歳そこそこの

馬超(ばちょう)を矛で突き刺して落馬させ、折れた柄で頸動脈を締め殴る蹴るを加え、

殺す寸前まで追い込みますが、馬騰の救援がやってきたので果たせませんでした。

 

戦の経験の違いを見せつけた閻行の勝利ですが、武勇に自信があった馬超は、

さぞかし鼻っぱしらをへし折られた事でしょう。




西暦209年、曹操に会い犍為太守に任命される

 

曹操が華北を平定して、関中に司隷校尉の鐘繇(しょうよう)を置くようになると、

関中の軍閥争いも一時小康状態になり、韓遂も曹操の下へ閻行を派遣します。

韓遂の勢力を削ごうと考えていた曹操は、閻行を厚遇し、彼を犍為(けんい)太守に

任命し同時に、父を鄴(ぎょう)へ連れてくるように命じました。

 

「これは、汝を信じるから言うのだ、汝の身内が鄴におれば、

帝もワシも要らぬ不安を覚えないで済む、な?そうだろう」

 

閻行は、曹操に色々吹きこまれて、帰ると韓遂に言いました。

 

「ボス、あなたが漢王朝に叛いたのは、好きでしたのではなく、

やむを得ない事情があっての事でした。

それは、私から曹丞相につぶさに伝えてあります、この辺りで矛を置いて

共に漢王朝の繁栄の為に尽くしていこうではありませんか?」

 

韓遂が変な顔をしていると、さらに閻行が言います。

 

「私も、ボスと共に戦場を駆けまわる事三十年以上、兵も私も疲れてきましたし

領地も味方も減るばかりです、実は、私は丞相の勧めで父を鄴へ住まわせています

ボスも、御子息を鄴に送って恭順の意を示した方がいい」

 

韓遂は、長年の仲間に説得されて考え込んでしまいましたが、

もうしばらく様子を見ようと言い、即答を避けました。

 

韓遂、馬超と結んで謀反を起こす。

 

韓遂は、考えた末に子供を鄴に送りだしました。

西暦211年、韓遂は西で張猛(ちょうもう)を討ち、旧領には閻行を置いて守らせます。

しかし、曹操が漢中討伐を決意した事で関中の自分達の立場も危ういと考えた

馬超は、韓遂を呼び出し、共に叛こうと密議を持ち掛けました。

 

韓遂は馬超の提案に乗り気ではありませんでした。

曹操には、もう人質を出しているのです、叛いたらどうなるか?

待っているのは、人質皆殺しという現実だけです。

 

それでも馬超は説得します、鄴には馬超の父、馬騰及び親戚一同もいますが、

自分はそれを捨て韓遂を親とするから、あんたも俺を息子と思ってくれという

強引なものでした。

 

韓遂は謀反を決意します、馬超の熱意に打たれただけではありません。

漢中が平定されれば、あの曹操が関中だけを軍閥の支配に任すわけもなく、

理由をつけて兵を取り上げられるか、悪ければ殺されると見たのでしょう。

 

閻行は、韓遂を説得するが耳を貸さない

 

それを知った閻行は、韓遂にすぐに会いに行き変心を願います。

 

「何をしているんですボス、あの跳ねっ返りに協力して我が子を

殺されたいのですか!!」

 

「もう言うな!彦明、叛いたのは跳ねっ返りだけではない・・

羌族も氐族も関中の軍閥も味方についている、これは天命だ

ワシらだけ反対しても、味方に殺されるだけじゃ」

 

閻行は止むなく、韓遂に従い、馬超の反乱に加担する事になります。

 

韓遂と閻行は馬上で曹操と会談、そこで曹操は・・

 

こうして、潼関(どうかん)の戦いが始まりますが、

一時は優勢だった馬超と韓遂の連合軍と曹操の戦いは膠着状態になります。

曹操は、何とか和睦に持ち込もうと、単身にて馬上での会談を韓遂に申し込みます。

このような会談形式を交馬語(こうばご)と言います。

 

韓遂と曹操は若い頃、洛陽でバカをやった仲間であり、

時折、共に手を叩き笑い合う程に思い出話に花を咲かせます。

そこで、曹操は、韓遂の背後に閻行の姿を見つけると、目ざとく声をかけます。

 

「おーい、彦明よ、親は大事だのぅ、親孝行はせんといかんぞ!」

 

閻行は、今更ながらに曹操に父親の命を握られている事を思い出し、

生きた心地がしませんでした。

 

閻行、曹操の手紙により陥落、、韓遂を裏切る

 

やがて、この交馬語からの不信が原因になり、馬超は韓遂を疑い連合軍は崩壊、

馬超は漢陽郡に逃げ、韓遂は金城に戻り、閻行もそれに従います。

そして、恐れていた通り、曹操により韓遂、そして馬超の一族が皆殺しにされた

という情報が入ってきます。

 

ですが、その中に、閻行の父親の話はありませんでした。

疑心暗鬼になっていると、そこへ曹操からの手紙が届きます。

 

「文約はバカな男だ、あれだけ手紙で忠告してやったのに叛いた、、

もう、忍耐してやる事は出来ぬ、だから人質を殺したのだ。

それはそうと、彦明、君の父は牢獄に入ってはいるが元気に暮らしているぞ、、

だが、元々、牢獄は人を長く養う場所ではないし、牢獄も公費で賄っている以上、

いつまでも他人の親を置いてもおけぬ、さて、どうしたものか・・」

 

このまま、韓遂の元にいるなら、父親がどうなるか保障できないと言いたげな

脅迫の手紙でした。

それを知った漢遂は、閻行の父も曹操に殺させて未練を断たせようと、

少女を嫁として閻行に与え、閻行はそれを断れませんでした。

 

曹操は不信感を強めますが、その頃、閻行は韓遂の命令で西平を領有。

そこで、とうとう韓遂に反旗を翻します。

韓遂は、これを撃破しますが、閻行は逃れて曹操の下に走ります。

 

三国志ライターkawausoの独り言

 

曹操は逃げてきた閻行を歓迎し、彼を列侯に封じたと言います。

基本的に遊牧民は家族単位で動いているので身内を思う気持ちが厚く、

曹操は、そこを利用して閻行を離反させたのです。

 

韓遂にとっても、三十年来の戦友である閻行の離反は痛恨事で、

その後、「もう蜀に逃れようか」とぼそっと呟いたりし、

部下の成公英(せいこうえい)に叱責されたりしています。

 

■記事の内容に関するお問い合わせ(誤植等のご報告など)はこちら

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:まさにバーリトゥード!首絞め、刺殺、兜取り!何でもありだった。リアルな三国志の一騎打ちで馬超をフルボッコにした男がいた!

関連記事:馬騰(ばとう)とはどんな人?馬超のパパで知られる荒れ地の猛将

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 蜀滅亡後、安楽公として余生を楽しんだ劉禅の最期と心情
  2. 【曹魏クロニクル】220年~239年までの魏の歴史を紹介
  3. 119話:孔明君のジャングル探検?南蛮討伐本戦
  4. 張郃と顔良強いのは一体どっちだ?
  5. レッドクリフ超え!魯粛(ろしゅく)の知られざる逸話
  6. 三国時代の船はどうなっていたの?三国志の海戦は目的別に船が用いら…
  7. 司馬懿は大軍を率いていながら孔明にビビって逃走したってほんと?
  8. 【発見】諸葛亮の軍略の後継者は姜維だけではなかった!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 白眼視の元になった竹林の七賢の阮籍、三国時代の故事成語
  2. 始皇帝はどんな人?不老不死を求めた中国史上初の皇帝の人生を解説
  3. 第4話:三国夢幻演義 龍の少年「地獄の淵で」配信中
  4. 劉備暗殺計画|甘露寺の婚儀と錦嚢の計 その2
  5. 【忠臣・魏延に迫る】何で劉備は魏延をあれほど重用したの?
  6. 楊阜(ようふ)はどんな人?馬超へ復讐することを誓った魏の報復者

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 韓非の本を熟読して感銘を受ける政

おすすめ記事

そんなカバな!!赤兎馬はカバだった?関羽は野生のカバに乗って千里を走った?(HMR) 三国時代の空には仙人たちが舞っていた!? 諸葛亮の病状に温度差?二つの三国志演義を比較 意外と知らない楚漢戦争時代の戦い!命からがら逃げれた滎陽城篭城戦 【はじめてのセンゴク】毛利家の暗躍と荒木村重の反乱 兵法三十六計(借屍還魂)の古今東西 明智光秀は悪人だったのか? 諸子百家って何?春秋戦国時代に花開いた思想の数々をご紹介

おすすめ記事

  1. 【お知らせ】はじめての三国志メモリーズに馬超を追加しました
  2. 子産(しさん)とはどんな人?超弱国を強国にした春秋時代の名宰相
  3. 10話:実は、最初から作戦に失敗していた黄巾賊
  4. 【古墳時代】初代神武天皇から26代継体天皇まで一挙紹介
  5. 勝海舟と西郷隆盛!江戸を戦火から守った2人の真実とは?
  6. 俺の膝はお前に預けた!三国時代に大流行男同士のひざまくら
  7. 【真田丸】日本一の兵と称された真田幸村と魏の張遼、名将の類似点を紹介!
  8. 台湾出兵とは?明治政府最初の海外出兵を分かりやすく解説 西郷従道 幕末

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP