曹操孟徳特集
朝まで三国志悪




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

五丈原の戦いの裏側で活躍した魏の満寵とは?前編

この記事の所要時間: 243




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志のあの時、あの人」のコーナーです。

 

 

西暦234年2月、蜀の諸葛亮孔明は10万の兵を引き連れて五丈原に陣を張ります。

対峙するのは魏の大将軍・司馬懿仲達。

諸葛亮孔明は挑発行為を仕掛けますが、司馬懿仲達は動きません。

100日ほど過ぎて諸葛亮孔明が陣中にて病没します。

ここであの有名な「死せる孔明、生ける仲達を走らす」イベントが発生するのですが、

この時、五丈原の戦いの裏側、つまり呉と魏の戦いのほうはどうなっていたのでしょうか。

今回から2回に渡り西暦234年に起きた呉と魏の衝突について触れていきましょう。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:合肥の戦いで張遼が孫権を討ち取っていたら三国志はどうなった?




曹操亡き後の孫権との関係

 

以前にお伝えしてきましたが、曹操孫権は合肥を巡って何度も衝突してきました。

孫権張遼などに苦戦を強いられ、合肥を奪い獲ることはできませんでした。

やがて孫権は曹操に降ります。あくまでも建前上の話でしたが、

それでも休戦状態となり、合肥の戦線もしばらくの間は静かになります。

 

 

その間、孫権は荊州の関羽を攻めて討ちました。荊州を手にするために曹操と休戦したのです。

その曹操も関羽とほぼ同時期に病没しています。

すると、関羽の敵討ちと称して劉備自らが孫権の領地に攻め込んできました。

孫権は慌てて改めて正式に魏に臣従を誓い、曹丕によって呉王に封じられます。

 

 

曹操の後継者たる曹丕はこのときすでに魏の皇帝に即位していました。魏の文帝です。

西暦222年、呉王となった孫権は劉備を迎撃し、大勝します。

文帝は孫権に息子の孫登を人質に出すように迫りますが、孫権は面従腹背の構えでこれに応えません。

しかも勝手な元号を使い始める始末です。

文帝は怒って呉に兵を差し向けます。

孫権は蜀と外交を行い、関係の修繕をはかります。

西暦223年、孫権は魏軍を濡須口で破り、劉備が病没したタイミングですぐに同盟を結びました。

こうして合肥を巡る戦いがまた始まるのです。




文帝VS孫権

 

文帝はこの孫権の背信行為に激怒します。

孫権にいいように利用されていただけだと知って、

文帝はプライドをかなり傷つけられたのではないでしょうか。

それにしても孫権はしたたかですね。昨日の敵は今日の友とはまさにこのことです。

蜀の政治は諸葛亮孔明が指揮をとっていましたから、

孫権のしたたかさに苦笑いしながらも冷静に同盟を結んでいます。

諸葛亮孔明は蜀建国の志である簒奪者・魏の討伐を至上戦略としていたからです。

文帝は西暦224年と225年に自ら出陣し孫権討伐を試みますが、共に失敗に終わりました。

この二度の親征の失敗がさらに文帝に強烈なストレスをかけました。

西暦226年5月に文帝は崩御します。

文帝VS孫権は互いに領土拡大とはなりませんでしたが、

したたかさの上では孫権に軍配が上がりることになるのです。

 

明帝VS孫権

 

魏は曹叡(そうえい)が二代目の皇帝に即位しました。明帝の誕生です。

曹叡は祖父である曹操に、その聡明さを愛されていたといいます。

曹叡は明帝となって孫権と争うことになります。

西暦226年8月、孫権は文帝崩御で混乱している魏を攻めます。

しかし失敗に終わりました。

そして西暦228年8月、魏の明帝は曹休を総大将に任じ、10万の兵で孫権を攻めました。

 

 

守る孫権軍の総大将は陸遜。周鮑の偽りの投降の効果もあり、

石亭の戦いにおいて陸遜曹休を大破します。

勢いに乗った孫権は翌、西暦229年4月に皇帝に即位し、呉が誕生します。

曹休は敗北から病になり死去、その後継者には満寵が選ばれます。

この満寵こそが呉の強力なライバルになるのです。

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

前置きが長くなりましたが、こうして満寵が登場してきます。

もちろんその前から満寵は活躍していましたけどね。

果たしてこの満寵、したたかな呉の孫権相手にどれほどの活躍をするのでしょうか。

 

続きは次回です。お楽しみに。

 

 

■記事の内容に関するお問い合わせ(誤植等のご報告など)はこちら

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

次回記事:五丈原の戦いの裏側で活躍した魏の満寵とは?後編

関連記事:三国志を否定するのは呉の張昭?三国間の不毛な争いを終わらせようとした政治家

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 洛陽に続き、長安でも好き放題をした董卓
  2. 理屈は確かにそうだけど・・中2病的な袁術の皇帝即位の理由とは?
  3. 呉にもラストサムライが存在した!孫呉の最後を飾った張悌に迫る!
  4. 【曹操の人心掌握術】身内よりも部下を優先せよ
  5. 三国志の人々の精神に影響を与えた論語(ろんご)って何?
  6. 孔明とは違うのだよ!天才姜維の斜め上北伐とは?両者の徹底比較
  7. 王朗はいかにして「噛ませ犬」になったのか
  8. 魏の五都の人口は?魏は斉になっていた?斉・呉・蜀の三国志

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 江戸期は『三国志』の二次創作が大ブームを巻き起こしていた!?
  2. 三国志で映画にしてほしいシーンベスト10
  3. 曹真を憤死させた演義の孔明の悪口ってどんだけ~
  4. 赤壁の戦い後の江陵攻防戦(曹仁VS周瑜)
  5. 馬融vs鄭玄的中率100%占いから逃れた鄭玄の知略とは?
  6. 卑弥呼はなぜ死んだの?卑弥呼の死の謎に迫る!

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

宮本武蔵や土方歳三のような剣豪が三国志時代にも存在した?後漢末期の流派も紹介! 【まさかアッチ?】美女を退けた関羽の劉備愛が凄い 桜田門外の変とは何?桜田門外の変を簡単に解説 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.7 曹家の文才「三曹七子」って何? 黄巾賊はいったいどの辺を支配していたの?【素朴な疑問】 そんな!諸葛亮は曹操を目指していた?似てる二人を解説 営業マン必見!諸葛亮孔明から学ぶ営業術。これがビジネス三国志だ!

おすすめ記事

  1. 三国志の二次小説が江戸時代に書かれていた
  2. 衝撃の事実!三国時代に魏・呉・蜀なんて『国』は存在しなかった!?
  3. 【ドラゴンブレイド番外】古代ローマ版曹操?カエサルの生涯が凄すぎる
  4. なぜ司馬遷は腐刑を受けることになったの?驚きの理由とは!?
  5. 【素朴な疑問】三国志に海上での戦いってあったの?
  6. 劉備も曹操もハッキヨイ!三国志の時代にも流行していた相撲
  7. 試験に出ます!九品官人法(きゅうひんかんじんほう)の理想と弊害
  8. 【九州三国志】『三國志』は中国だけじゃない!日本の三国志事情 Part.2

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP