架空戦記
項羽vs呂布

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

五丈原の戦いの裏側で活躍した魏の満寵とは?前編

この記事の所要時間: 243




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志のあの時、あの人」のコーナーです。

 

 

西暦234年2月、蜀の諸葛亮孔明は10万の兵を引き連れて五丈原に陣を張ります。

対峙するのは魏の大将軍・司馬懿仲達。

諸葛亮孔明は挑発行為を仕掛けますが、司馬懿仲達は動きません。

100日ほど過ぎて諸葛亮孔明が陣中にて病没します。

ここであの有名な「死せる孔明、生ける仲達を走らす」イベントが発生するのですが、

この時、五丈原の戦いの裏側、つまり呉と魏の戦いのほうはどうなっていたのでしょうか。

今回から2回に渡り西暦234年に起きた呉と魏の衝突について触れていきましょう。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:合肥の戦いで張遼が孫権を討ち取っていたら三国志はどうなった?




曹操亡き後の孫権との関係

 

以前にお伝えしてきましたが、曹操と孫権は合肥を巡って何度も衝突してきました。

孫権は張遼などに苦戦を強いられ、合肥を奪い獲ることはできませんでした。

やがて孫権は曹操に降ります。あくまでも建前上の話でしたが、

それでも休戦状態となり、合肥の戦線もしばらくの間は静かになります。

 

 

その間、孫権は荊州の関羽を攻めて討ちました。荊州を手にするために曹操と休戦したのです。

その曹操も関羽とほぼ同時期に病没しています。

すると、関羽の敵討ちと称して劉備自らが孫権の領地に攻め込んできました。

孫権は慌てて改めて正式に魏に臣従を誓い、曹丕によって呉王に封じられます。

 

 

曹操の後継者たる曹丕はこのときすでに魏の皇帝に即位していました。魏の文帝です。

西暦222年、呉王となった孫権は劉備を迎撃し、大勝します。

文帝は孫権に息子の孫登を人質に出すように迫りますが、孫権は面従腹背の構えでこれに応えません。

しかも勝手な元号を使い始める始末です。

文帝は怒って呉に兵を差し向けます。

孫権は蜀と外交を行い、関係の修繕をはかります。

西暦223年、孫権は魏軍を濡須口で破り、劉備が病没したタイミングですぐに同盟を結びました。

こうして合肥を巡る戦いがまた始まるのです。




文帝VS孫権

 

文帝はこの孫権の背信行為に激怒します。

孫権にいいように利用されていただけだと知って、

文帝はプライドをかなり傷つけられたのではないでしょうか。

それにしても孫権はしたたかですね。昨日の敵は今日の友とはまさにこのことです。

蜀の政治は諸葛亮孔明が指揮をとっていましたから、

孫権のしたたかさに苦笑いしながらも冷静に同盟を結んでいます。

諸葛亮孔明は蜀建国の志である簒奪者・魏の討伐を至上戦略としていたからです。

文帝は西暦224年と225年に自ら出陣し孫権討伐を試みますが、共に失敗に終わりました。

この二度の親征の失敗がさらに文帝に強烈なストレスをかけました。

西暦226年5月に文帝は崩御します。

文帝VS孫権は互いに領土拡大とはなりませんでしたが、

したたかさの上では孫権に軍配が上がりることになるのです。

 

明帝VS孫権

 

魏は曹叡(そうえい)が二代目の皇帝に即位しました。明帝の誕生です。

曹叡は祖父である曹操に、その聡明さを愛されていたといいます。

曹叡は明帝となって孫権と争うことになります。

西暦226年8月、孫権は文帝崩御で混乱している魏を攻めます。

しかし失敗に終わりました。

そして西暦228年8月、魏の明帝は曹休を総大将に任じ、10万の兵で孫権を攻めました。

 

 

守る孫権軍の総大将は陸遜。周鮑の偽りの投降の効果もあり、

石亭の戦いにおいて陸遜が曹休を大破します。

勢いに乗った孫権は翌、西暦229年4月に皇帝に即位し、呉が誕生します。

曹休は敗北から病になり死去、その後継者には満寵が選ばれます。

この満寵こそが呉の強力なライバルになるのです。

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

前置きが長くなりましたが、こうして満寵が登場してきます。

もちろんその前から満寵は活躍していましたけどね。

果たしてこの満寵、したたかな呉の孫権相手にどれほどの活躍をするのでしょうか。

 

続きは次回です。お楽しみに。

 

 

■記事の内容に関するお問い合わせ(誤植等のご報告など)はこちら

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

次回記事:五丈原の戦いの裏側で活躍した魏の満寵とは?後編

関連記事:三国志を否定するのは呉の張昭?三国間の不毛な争いを終わらせようとした政治家

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 【素朴な疑問】蜀漢って国内はどうなっていたの?蜀軍の配置から北伐…
  2. 三国志時代の離婚や再婚問題はどうなっていたの?曹文叔の妻を紹介
  3. 日本の外交官も参考にすべき?三国志の外交交渉能力ベスト10
  4. 超短気の甘寧、凌統・呂蒙との珍エピソード
  5. 後漢の時代のお金の常識に迫る!当時の金融はどんなモノだったの?
  6. 諸葛瑾(しょかつきん)ってどんな人?偉大な孔明の兄はどうやって乱…
  7. かわいそうな阿斗(あと)の壮絶な人生
  8. 三国志演義と正史・汴水の戦いを比較

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 中国古代四大美人のひとり貂蝉はどうやって生まれたの?
  2. 【特別企画】kawausoがあなたの夢を叶えます!三国志にタイムスリップしたら何したい?
  3. はじめての三国志 4コマ劇場 「長坂橋を死守する張飛くん」
  4. 【祝】はじめての三国志!月間50万PVを達成!
  5. もし呂布が曹操に斬首されず助命されていたらどうなったの?
  6. 【3分で分かる】王充(おうじゅう)とはどんな人?曹操にも影響を与えた合理的な人物

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

もうやってられない! 三国志の時代ではどのような理由で主を変えてたの? 中国四大美人も完璧ではないのです、欠点もあるんです(汗) 呉範(ごはん)とはどんな人?当たる占いをご所望なら私にお任せください!風占いの達人 太平道だけじゃない!後漢末はどんな宗教が流行ったの? 三国志怪奇談「曹丕、受禅台の怪」 曹丕、それはちょっとやり過ぎじゃね?孟達への溺愛っぷりがヤバイ! 皇甫嵩(こうほすう)とはどんな人?後漢最後の名将と言われた将軍 桃園三兄弟の別れ 関羽の死から夷陵の戦いまでを辿る

おすすめ記事

  1. 天才軍師・黒田官兵衛の最後の戦いまで神ってる
  2. 世界不思議発見!三国志の時代の日本、西洋、インドの秘密を探る
  3. 関羽廟だけじゃない!結構な人気がある張飛廟を徹底紹介!
  4. 許褚(きょちょ)ってどんな人?曹操のボディーガードとして自ら語る
  5. 石奮(せきふん)とはどんな人?真面目で頑固者な性格が愛されて富貴を手にした万石君
  6. 黥布(げいふ)とはどんな人?中国初!?顔に入れ墨を入れ歴史に名を刻んだ王
  7. 【シミルボン】戦だけが能じゃない?三国志の英雄達を詩で比較してみたよ!
  8. 【三国志作家】伴野朗のとんだ災難、事実は小説より奇なり?

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP