はじめての列子
if三国志




はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

三国同盟の終わりと武田信玄の危機

真田丸 武田信玄




 

三国志でも同盟を破棄して同盟先の領土へ攻め込んだ例はいっぱいありますが、

その中でも特に有名なのが孫家と劉家の同盟破棄でしょう。

これは孫権側が一方的に劉備との同盟を破棄して荊州へ攻め込んだ事件です。

戦国時代にも同じような光景として甲斐の武田信玄が駿河の今川氏真との同盟を破棄して

駿河へ侵攻しております。

今回は三国同盟の終焉と信玄の危機についてご紹介します。

 

関連記事:暴走しているオヤジを追放して当主に就任した武田晴信(たけだはるのぶ)

関連記事:山本勘助(やまもとかんすけ)は実在したの?今まで架空の人物だとされていた勘助の謎




三国同盟の終焉

 

駿河の大名で海道一の弓取りと言われた今川義元(いまがわよしもと)が

織田信長(おだのぶなが)に桶狭間の戦いで討ち取られてしまいます。

この結果今川氏が支配していた駿河(するが)・遠江(とうとおみ)・三河に対する支配力が、

一気に低下。

そのため今川家に従属していた松平家は今川家から独立してしまいます。

このことを知った信玄は今川との同盟を破棄して駿河侵攻作戦を行う決意をします。

そして信玄はこのまま今川家と同盟している意味がないと判断し、

今川義元の娘を今川家に送り返して、同盟破棄を宣言して駿河へ侵攻することを決意します。

この今川と武田の同盟が切れたことで戦国最強の同盟と言われた甲斐(かい)・駿河(するが)

相模(さがみ)の三国同盟が終焉を迎えることになります。




駿河侵攻作戦は順調だったが・・・・

 

信玄は同盟を破棄するとすぐに駿河攻略へ向けて出陣します。

信玄自ら大軍を率いて迎撃に出てきた今川軍を打ち破り、今川の本拠地を陥落させます。

また信玄は駿河侵攻作戦を行う前に三河の徳川家康へ使者を送り

「共同して駿河と遠江(とおとうみ)の攻略をしよう」と申し伝えております。

徳川家康も戦国最強の武田家からの共同作戦を快諾してともに

今川家の領土を侵攻しております。

そんな中関東の覇者であった北条家が今川との同盟を維持することを表明し、

北条家当主である北条氏康(ほうじょううじやす)と嫡男氏政を引き連れて大軍勢を率いて

信玄の退路となっている薩埵峠(さったとうげ)に兵を駐屯させて、

武田軍の退路を遮断します。

信玄は北条軍に退路を絶たれたため危機的状況に陥ることになります

 

信玄の危機打開策

 

信玄は北条家を退路から撤退させるために北条の背後の勢力たちへ攻撃を仕掛けるように

呼びかけます。

しかし北条軍は全然退却するようするを見せませんでした。

また駿河に今川家の民衆が反乱を起こして攻め寄せてきており、この対応にも追われることになり

にっちもさっちも行かない状況になってしまいます。

そのため信玄はこの状況を打開して甲斐へ退却するため、

北条軍が駐屯している薩埵峠に軍を進めて決戦を行います。

しかし北条軍の兵数の多さと最初にこの地に布陣していたこともあり、

準備万端の状態であったため武田軍は敗北してしまいます。

武田軍は敗北してしまいますが、信玄はなんとか甲斐へ変えることに成功しております。

 

戦国史ライター黒田廉の独り言

 

駿河侵攻作戦は信玄の戦いの中でもかなり厳しい状態に陥った作戦だったのではと思います。

信玄は北条の背後の勢力以外にも武田家よりも弱い徳川家に使者を送ったりしており、

かなりうろたえていたのではないかと考えられます。

そして武田軍が駿河から一切手を引くと徳川軍が遠江の掛川城(かけかわじょう)へ逃れていた

今川氏真は命を助けてもらうことを条件として徳川に城を明け渡して降伏しております。

その後氏真は北条氏が居る関東へ逃れますが、

北条氏の元に居続けることが嫌になったのか敵であった徳川家康に仕えております。

「今回の日本の戦国時代のお話はこれでおしまいにゃ。

次回もまたはじめての三国志でお会いしましょう。

それじゃあまたにゃ~」

 

参考文献 新公新書 信玄の戦略 柴辻俊六著など

 

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:楽しみながら戦国時代のエピソードを学べる歴史マンガ3選

関連記事:え?武田勝頼って武田家二代目代理なの!?

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 三国志の武将も勉強嫌いだったけど勉強したら進化を遂げた蒋欽と呂蒙…
  2. 霍光(かくこう)とはどんな人?名将・霍去病の弟は違った意味でエキ…
  3. 明智光秀 麒麟がくる 明智光秀の好物は○○だった?意外にもグルメ家だった明智光秀
  4. 【三国志の食事】劉備・曹操・孫権も食べていた!?三国時代の食事風…
  5. 呉の周瑜、孫策、程普 呉の家臣団の組織関係が孫策時代と孫権時代が全く違い面白い
  6. 潘濬(はんしゅん)とはどんな人?劉備から孫権に主を代えるも孫権に…
  7. 韓非が作った故事成語「矛盾と守株」の真の意味とは?
  8. 前漢の景帝の尊厳を保たせるために行った領地削減政策は裏目になった…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 蜀の劉備
  2. 孔融と禰衡
  3. 顔良を討ち取る関羽
  4. 銅雀台の建造記念パーティーを行う曹操

おすすめ記事

  1. 【三国志RPG】DRAGON BLADE(ドラゴンブレイド)第2回 ドラゴンブレイドのアプリはやり込むほどに面白い!
  2. 【有料記事】少帝劉弁は本当に無能な皇帝だったのか? 小帝
  3. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.4
  4. 天璋院篤姫とはどんな女性?西郷どんの憧れの女性? 篤姫
  5. 中二病韓信 ヤクザ劉邦を大説得、神分析に漢軍大フィーバー
  6. はじめての三国志チャンネル 第1回目 – 自己紹介編 【001】

三國志雑学

  1. 費禕
  2. 親バカな諸葛孔明
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 蒼天航路
  2. ヨイショをする曹操
  3. kawauso編集長、おとぼけさん、コーノさん、廉さん
  4. 豊臣秀吉 戦国時代
  5. 宦官

おすすめ記事

平野国臣 平野国臣の銅像を見に行こう、その人生の最後はどんなだった? 劉備 呂布 裏切り 劉備と呂布を仲たがいさせよ!二虎競食の計 天下三分の計 65話:絶望する劉備に孔明が授けた天下三分の計 大村益次郎 幕末 徴兵制度とはどんな制度?富国強兵を目指した徴兵制度導入の目的とは 黄月英 三国時代の黄夫人(黄月英)とは、実際にいた人? 【素朴な疑問】三国志の時代のお葬式とは、どんなものだった? 眠る于禁 三国志の英雄も楽しんだ?日本とは少し違う三国志時代の蝉取り 趙雲 今まで有難う趙雲!劉禅や姜維の感謝の言葉に感涙

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP