三国志平話
英雄の墓特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【三国志の矛盾】二帝並尊をなぜ諸葛亮孔明は認めたの?




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志ミステリー」のコーナーです。

 

 

世の中には「なぜ?」と問いかけたくなることが多々あります。

どうしてあんな差別的な発言ばかりのドナルド・トランプがアメリカ大統領になったの?

とか、なんで九州放送のアナウンサーと不倫騒動を起こして離婚した小久保裕紀さんが

日本代表の監督になったの?とか、あげるときりが無いくらいありますね。

いちいち考えているとたいへんなことになるので、

私はまとめて「大人の事情」という答えで納得するようにしています。

現代の日本を騒がせている「籠池劇場」もそれで簡単に解決しますね。

三国志でもいろいろな「なぜ?」が存在しますが、

今回は諸葛亮孔明にスポットを当ててみましょう。

解答はすでに「大人の事情」と出てはいるのですが……。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:曹叡が孔明をDISる文章を発見!孔明はマゾでドけちだ!




蜀の建国の志

 

ここであらためて蜀が建国された理由を思い出してみましょう。

曹丕によって簒奪された漢王朝を復興させるためです。

魏は正統な王朝ではなく、皇帝の血を受け継ぐ劉備献帝の跡を継いだので、

蜀漢こそが正統な王朝である。これが言い分です。

しかし、蜀には劉備が皇帝に即位するのは早過ぎると異を唱えた人物もいます。

費詩がその筆頭でしょう。理由は劉備の素性がよくわからないからです。

姓が劉というだけで皇帝になれるのであればその資格を持っているひとは何千、何万といます。

 

 

実際に、劉備が皇帝になりたかっただけじゃん、

といって劉備ファンをやめた人たちも大勢いたそうです。

しかし諸葛亮孔明は反対せずに蜀漢の正統性を訴え続けました。

そして魏を討伐するために何度も北伐を繰り返すのです。

それこそが蜀の存在理由でした。




呉の誕生

 

しかし大きな問題が浮上します。

それが「呉」の誕生でした。

この時代の人たちは皆「え!?」って驚いたと思います。

魏は献帝から禅譲されたという大義名分がありましたし、

蜀には漢王朝を引き継いでいるという大義名分がありました。

呉には何もありません。そもそも孫氏って何?って感じです。

現代でこそ呉に違和感がないのかもしれませんが、

どさくさに紛れて何しているの?っていう話なのです。

そもそも中華の思想は正統論です。「天に二日なく、地に二王なし」が原則なのです。

周辺諸国にすらその思想を押し付けています。中華こそが世界の王であり、唯一無二なのです。

 

二帝並尊の思想

 

しかしそんな思想が常識のなかで、孫権は「二帝並尊」という奇天烈な発想をします。

だから私は呉の皇帝になりました。ということを蜀に押し付けてくるわけです。

何その思想!だったら魏と蜀が争う必要ないじゃん、って蜀の人たちは思ったでしょう。

それが成り立たないから蜀ができて、魏と死闘を繰り広げているのです。

絶対に認められない思想でした。受け入れたら蜀の存在意義にもかかわる事態です。

対応したのは蜀の丞相である諸葛亮孔明でした。

呉との同盟破棄を訴える人たちが多くいるなかで、

諸葛亮孔明の出した答えは、「仕方ないな」でした。

 

それで納得したのか

 

本当は諸葛亮孔明はこう言っています。

「権に応じ変に通じ、広く遠益を思う」と。

簡単に言うと「大人の事情」というやつですね。

蜀の今後を考えると呉と争うわけにはいかず。

呉と共同しないと魏は倒せないので、意味不明な思想も認めざるを得ないというわけです。

実際に蜀は陳震を使者に出して、魏を倒した後の領土の分割を真剣に話し合っています。

孫権はその後、兗州牧に任じていた(名前だけですが)朱然を解任しました。

兗州は蜀のものと決まったからです。孫権は本気でした。

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

いつの時代も「なぜ?」は大人社会につきものですね。

ちょっと毒舌が過ぎましたでしょうか。スミマセン。

 

皆さんはどうお考えですか。

 

 

■記事の内容に関するお問い合わせ(誤植等のご報告など)はこちら

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:木牛流馬って何?孔明の発明で輸送問題が解消し北伐で大活躍?

関連記事:孟達に全てがかかっていた!諸葛孔明の北伐は成功したかも?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 蜀の魏延 魏延がいれば陳倉の戦いは勝てた?それとも負けた?史実の北伐を解説…
  2. 暴れまわる異民族に困る梁習 羌族は何者?何度も反乱を起こし漢王朝のHPを削ったヒャッハー集団…
  3. 関羽 関索 蜀ファンに衝撃!実は関羽は劉備の部下ではなく群雄(同盟主)だった…
  4. 劉備だけじゃない、漢王室の末裔 劉虞
  5. 炙り焼肉にソーセージ?とりあえずビールと言いたくなる三国時代の食…
  6. 司馬懿仲達 司馬懿は屯田のおかげで曹魏を乗っ取れた?理由に迫る!
  7. 苛ついている曹操 曹操に意見を申す!魏の法律の欠点を指摘して新しい運用をアドバイス…
  8. 法正と張松 日本の外交官も参考にすべき?三国志の外交交渉能力ベスト10

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 五斗米道の教祖・張魯
  2. 始皇帝(キングダム)
  3. セミナリオ(教会)

おすすめ記事

  1. 王騎将軍は二人いた!キングダムのカリスマの真実
  2. 阿部正弘は大奥でモテモテ、それって史実どおりなの?
  3. 52話:袁紹を破った曹操は、中原最強の勢力に成長 官渡の戦い 曹操 勝利
  4. 季布(きふ)とはどんな人?一度承諾した約束は絶対に破らない事で天下に名を轟かせた名将【前半】
  5. 潼関の戦いの舞台関中はどんな土地? 長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)
  6. 霍弋(かくよく)とはどんな人?蜀の滅亡まで司馬昭に屈しなかった隠れた名将

三國志雑学

  1. 費禕
  2. 茶を飲む張角(太平道)
  3. 曹叡
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 細川勝元
  2. 幕末 帝国議会
  3. 徐庶
  4. 朱然によって捕まる関羽
  5. 義理の親子の契りを結ぶ曹豹と呂布

おすすめ記事

長州藩はどうしてああなってしまったのか?3つの理由 「耳で聞いて覚える三国志」をはじめました 司馬懿と諸葛亮孔明がライトアップされて驚く 【三国志トランプ】ジョーカーが諸葛亮と司馬懿である理由とは? 伊藤博文と井上馨、二人の絆の原点はトイレだった? 三国夢幻演義バナー 龍の少年 【三国夢幻演義 龍の少年】深いい解説その7「廬江の少年たち」 孫策涙目になるほどのフルボッコ!?小覇王をコテンパにした陳登 【感動!】公孫瓚が白馬義従を結成した経緯がドラマチック 【保存版】岳飛を映画化したオススメ作品5選

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP