よかミカンの三国志入門
夷陵の戦い




はじめての三国志

menu

はじめての変

劉備と趙雲が出会う事になったきっかけを作ったのは袁紹のおかげ?

この記事の所要時間: 224




 

蜀の五虎将軍・趙雲(ちょううん)

彼は劉備の配下として武勇面で活躍。

劉備が亡くなった後も孔明率いる北伐軍に参加して活躍した武将です。

非常に忠義の厚い人物なのは三国志が好きなはじさん読者なら知っていると思いますが、

彼と劉備が出会うことになったのは袁紹のおかげであったことを知っていましたか。

今回は劉備と趙雲が出会うことになったきっかけをご紹介していきたいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:今まで有難う趙雲!劉禅や姜維の感謝の言葉に感涙




袁紹に嫌気がさして・・・・

 

趙雲は河北の常山出身の武将です。

ゲームなどで常山の趙子龍(ちょうしりゅう)見参。

などのセリフを聞いたことがあると思いますがこれは「俺は常山の趙雲だぞ」という意味です。

常山出身の趙雲ですが袁紹が冀州(きしゅう)の牧と称していたせいで、

常山の民衆は皆袁紹の味方をしてしまいます。

しかし彼は袁紹の味方となることに違和感を感じていたので、

常山で義勇兵を募って幽州(ゆうしゅう)を領有していた

公孫瓚(こうそんさん)に味方をすることにします。




苦笑いするしかなかった公孫瓚

 

公孫瓚は冀州の住民のほとんどが袁紹の味方をしていたにも関わらず、

趙雲が義勇兵を率いて自分に味方してくれたので大いに喜びますが、

自らが抱いていた疑問を彼へ尋ねるのです。

余計なことを尋ねないでそのまま彼を信用しとけばいいのに・・・・と思ってしまうレンです。

公孫瓚は趙雲へ「冀州の住民や常山の人々は全て袁紹へ味方したのになんで君は

私のもとへ駆けつけてくれたのかね」と疑問を尋ねます。

すると彼は「天下は騒然としており、誰が一体正しいのかわからない状態です。

私が住んでいた冀州の住民や常山の人々は名家出身の袁紹に味方しましたが、

私は殿に味方しました。

これはあなた様が正しいと思って味方したのではなく、

仁政を敷いてくれる可能性があると思って殿に味方したのです。

もし袁紹が仁政を敷いて領内を統治するのであれば、

私は袁紹の元に行くかもしれません。」ととんでもない返答を返します。

公孫瓚は趙雲の返答に対して苦笑いをするしかありませんでした。

 

劉備と出会う

 

趙雲は公孫瓚の配下として色々な戦場に赴くことになるのですが、

この時に同じ配下として活躍していた劉備と出会うことになります。

劉備と色々な話をして彼を気に入った趙雲。

劉備もまた趙雲に対して高評価を下して気にいっていたので、

二人はすぐに信頼関係を構築することになります。

しかし趙雲は兄貴が亡くなったことがきっかけで公孫瓚の元を離れることになります。

劉備は趙雲が帰国することを知ると彼の手を握って別れの挨拶を述べます。

すると趙雲は「私はあなたの元に必ず戻ってきます。」と言い残して去っていきます。

 

袁紹の元で再開する

 

劉備はその後公孫瓚の元を離れて袁紹に身を寄せることになり、

鄴(ぎょう)で懐かしい人物と再開することになるのです。

その人物とは趙雲でした。

彼は兄貴の喪が終わると各地を放浪した後、劉備が袁紹の元に身を寄せていると聞いて、

各地で義勇兵を募って劉備がいる鄴に帰ってくるのです。

こうして劉備軍に参加することになった趙雲は、

ここから歴史に名を残していくことになるのです。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

もし袁紹が冀州の牧を称することをしなければ、

趙雲が公孫瓚に味方することはなかった可能性が高いので、

劉備と出会うことははなかったのではないのでしょうか。

上記のように考えると袁紹のおかげで劉備と趙雲が出会うきっかけとなり、

彼が居なければ公孫瓚の元へ趙雲が配下として参加することもなく、

劉備と出会うこともなかったように思うのはレンだけでしょうか。

皆様はどのように思いますか。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志蜀書 今鷹真・井波律子著など

 

 

■記事の内容に関するお問い合わせ(誤植等のご報告など)はこちら

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:もし趙雲が魏に仕えていたらどうなっていた?【ろひもと理穂if考察】

関連記事:趙雲子龍は何歳だったの?五虎大将軍の年齢に迫る!

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 蜀は龍を。呉は虎を。魏は狗をで知られる諸葛誕の一族が一番優秀だっ…
  2. 諸葛孔明と黄月英の間に生まれた子供達を一挙紹介!
  3. さよなら2015年!年忘れだよ♪三国武将の名言・珍言語録
  4. 張裔(ちょうえい)とはどんな人?あぶねぇ~もう少しで呉の文官にな…
  5. 孫権の本拠地である建業は始皇帝の嫉妬によって街の名前が変わった?…
  6. 袁盎(えんおう)とはどんな人?国家の為にあえて諫言を発し続けた政…
  7. 【赤壁の戦いの裏側】劉備軍は周瑜に深く関わろうとしなかった!
  8. 諸葛亮が劉禅の教科書に選んだ『韓非子』とは?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 鄧芝(とうし)ってどんな人?|敵国孫権に愛された蜀の名使者
  2. 篤姫の江戸城無血開城における役割とは?
  3. 【井伊直虎の細腕城主一代記】婚期を逃した戦国女の意地とプライド
  4. 【三国志の疑問】女性を巡る男の戦いはどこまで真実なの?史実と演義を比較
  5. 郤正(げきせい)とはどんな人?蜀のポンコツ皇帝を支えた文学者
  6. 孫皎(そんこう)とはどんな人?孫氏一族の文武兼備な将軍。しかし関羽の呪いで……

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【匈奴にも名言は存在していた】冒頓単于の名言「地は国の本なり」 三国志:前半戦のまとめその1(董卓登場まで) キングダムでついに韓非子の名が!韓非子ってなに? 三国志ファンの後漢(五感)をふるわさす三国志フェス2015に参戦しよう! 孫堅が早死しなければ、袁術が天下統一をした?元海賊狩りから異例の出世をした漢に迫る! 舛添都知事「五千万問題」三国志の時代だと、どんな罪? 張飛の武勇って一万人と一緒だったってマジ!? うち結婚しないから!自ら両耳と鼻を切り落とした夏侯令女が烈女すぎる

おすすめ記事

  1. 尼子晴久(あまごはるひさ)とはどんな人?毛利家最大の敵として立ちはだかった中国地方の戦国大名
  2. 大発明!耕しながら戦う曹操のフロンティアスピリット
  3. 儒教(儒家)ってどんな思想?|知るともっとキングダムも理解できる?
  4. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース26記事【7/17〜7/23】
  5. 郭解(かくかい)とはどんな人?悪いことの全てをやり尽くした遊侠人
  6. 江東の虎・孫堅が次世代の息子たちに残したものとは?
  7. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【10/31〜11/6】
  8. はじめての三国志チャンネル 第1回目 – 三国志に興味を持ったきっかけ 【002】

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP