架空戦記
李傕祭り

はじめての三国志

menu

はじめての変

劉備と趙雲が出会う事になったきっかけを作ったのは袁紹のおかげ?

この記事の所要時間: 224




 

蜀の五虎将軍・趙雲(ちょううん)

彼は劉備の配下として武勇面で活躍。

劉備が亡くなった後も孔明率いる北伐軍に参加して活躍した武将です。

非常に忠義の厚い人物なのは三国志が好きなはじさん読者なら知っていると思いますが、

彼と劉備が出会うことになったのは袁紹のおかげであったことを知っていましたか。

今回は劉備と趙雲が出会うことになったきっかけをご紹介していきたいと思います。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:今まで有難う趙雲!劉禅や姜維の感謝の言葉に感涙




袁紹に嫌気がさして・・・・

 

趙雲は河北の常山出身の武将です。

ゲームなどで常山の趙子龍(ちょうしりゅう)見参。

などのセリフを聞いたことがあると思いますがこれは「俺は常山の趙雲だぞ」という意味です。

常山出身の趙雲ですが袁紹が冀州(きしゅう)の牧と称していたせいで、

常山の民衆は皆袁紹の味方をしてしまいます。

しかし彼は袁紹の味方となることに違和感を感じていたので、

常山で義勇兵を募って幽州(ゆうしゅう)を領有していた

公孫瓚(こうそんさん)に味方をすることにします。




苦笑いするしかなかった公孫瓚

 

公孫瓚は冀州の住民のほとんどが袁紹の味方をしていたにも関わらず、

趙雲が義勇兵を率いて自分に味方してくれたので大いに喜びますが、

自らが抱いていた疑問を彼へ尋ねるのです。

余計なことを尋ねないでそのまま彼を信用しとけばいいのに・・・・と思ってしまうレンです。

公孫瓚は趙雲へ「冀州の住民や常山の人々は全て袁紹へ味方したのになんで君は

私のもとへ駆けつけてくれたのかね」と疑問を尋ねます。

すると彼は「天下は騒然としており、誰が一体正しいのかわからない状態です。

私が住んでいた冀州の住民や常山の人々は名家出身の袁紹に味方しましたが、

私は殿に味方しました。

これはあなた様が正しいと思って味方したのではなく、

仁政を敷いてくれる可能性があると思って殿に味方したのです。

もし袁紹が仁政を敷いて領内を統治するのであれば、

私は袁紹の元に行くかもしれません。」ととんでもない返答を返します。

公孫瓚は趙雲の返答に対して苦笑いをするしかありませんでした。

 

劉備と出会う

 

趙雲は公孫瓚の配下として色々な戦場に赴くことになるのですが、

この時に同じ配下として活躍していた劉備と出会うことになります。

劉備と色々な話をして彼を気に入った趙雲。

劉備もまた趙雲に対して高評価を下して気にいっていたので、

二人はすぐに信頼関係を構築することになります。

しかし趙雲は兄貴が亡くなったことがきっかけで公孫瓚の元を離れることになります。

劉備は趙雲が帰国することを知ると彼の手を握って別れの挨拶を述べます。

すると趙雲は「私はあなたの元に必ず戻ってきます。」と言い残して去っていきます。

 

袁紹の元で再開する

 

劉備はその後公孫瓚の元を離れて袁紹に身を寄せることになり、

鄴(ぎょう)で懐かしい人物と再開することになるのです。

その人物とは趙雲でした。

彼は兄貴の喪が終わると各地を放浪した後、劉備が袁紹の元に身を寄せていると聞いて、

各地で義勇兵を募って劉備がいる鄴に帰ってくるのです。

こうして劉備軍に参加することになった趙雲は、

ここから歴史に名を残していくことになるのです。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

もし袁紹が冀州の牧を称することをしなければ、

趙雲が公孫瓚に味方することはなかった可能性が高いので、

劉備と出会うことははなかったのではないのでしょうか。

上記のように考えると袁紹のおかげで劉備と趙雲が出会うきっかけとなり、

彼が居なければ公孫瓚の元へ趙雲が配下として参加することもなく、

劉備と出会うこともなかったように思うのはレンだけでしょうか。

皆様はどのように思いますか。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志蜀書 今鷹真・井波律子著など

 

 

■記事の内容に関するお問い合わせ(誤植等のご報告など)はこちら

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:もし趙雲が魏に仕えていたらどうなっていた?【ろひもと理穂if考察】

関連記事:趙雲子龍は何歳だったの?五虎大将軍の年齢に迫る!

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【はじめての孫子】第5回:戦わずして人の兵を屈するは、善の善なる…
  2. キングダム 楚の宰相、春申君の最後が残念すぎる
  3. 陳宮(ちんきゅう)ってどんな人?溢れんばかりの才能を備えた知略家…
  4. 曹操の誕生日に孫権から贈られてきたとっても嬉しくない贈り物って何…
  5. 袁術へ強制的に仕えることになった華歆がマッハで彼に見切りをつけた…
  6. 劉備も茶を求めた?中国茶の種類
  7. 【センゴク】何で将軍・義昭は織田信長の和睦交渉に応じたの?それは…
  8. 伍孚(ごふ)とはどんな人?ゴフッ・・董卓を殺せなかった無念のアサ…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【はじめてのスキッパーキ】どうして?スキッパーキのしっぽ(断尾)の話【第3話】
  2. 荀況(じゅんきょう)とはどんな人?始皇帝の法治国家の形成や李斯・韓非の先生
  3. 馬超の死後、一族はどうなったの?漢族の国家に仕えながら死ぬ寸前まで遊牧民のプライドと一族を守ろうとした馬超
  4. 【失敗は許されない】李広利が汗血馬を手に入れた経緯を徹底紹介
  5. 袁盎(えんおう)とはどんな人?国家の為にあえて諫言を発し続けた政治家 Part.2
  6. 【曹操が慕った偉大な王様】天下の三分の二を所有するも王へ登らなかった周の文王ってどんな人?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【匈奴にも名言は存在していた】冒頓単于の名言「地は国の本なり」 【ビジネス三国志】みんな真似で天下を取った!群雄に学ぶ生き残り戦術 【キングダム】イケメンな始皇帝の意外な最期を大胆に考えてみよう! 【キングダム】残念!ファルファルおじさん騰 死亡のお知らせ 日本の外交官も参考にすべき?三国志の外交交渉能力ベスト10 中国人が冷たいビールを飲まないのは三国志の曹操のせいだった! 【曹操孟徳の心に残る名言】法を制して自らこれを犯さば、何をもって下を帥いん もし龐統が落鳳坡で亡くならなければ蜀はどうなった?

おすすめ記事

  1. 【天下分け目の最終戦】広武山の戦いで勝ったほうが天下の覇者になる重要な戦
  2. 楽しみながら戦国時代のエピソードを学べる歴史マンガ3選
  3. 魏や呉にもいた諸葛一族の話
  4. 38話:名門に生まれた策略家 袁術の非業の最期
  5. 【キングダム】李牧を死に追いやる佞臣、郭開(かくかい)とはどんな人?
  6. cha-ngokushiコラボ企画|はじめての八宝茶
  7. 64話:諸葛孔明の庵を3回尋ねる劉備、これが三顧の礼
  8. オルド将軍は実在するの?やっぱり最期は龐煖にバッサリ?

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP