はじめての三国志コミュニティ
はじめての三国志コミュニティ




はじめての三国志

menu

はじめての蜀

趙雲(ちょううん)ってどんな人?蜀の五虎将軍の中で寿命を全うした猛将

この記事の所要時間: 450




趙雲 子龍

 

蜀の武将として、劉備諸葛亮に仕えた趙雲(ちょううん)、字は子龍(しりゅう)。

三国志では長年に渡り活躍し、蜀のために数々の功績をあげた人物です。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:劉備と趙雲が出会う事になったきっかけを作ったのは袁紹のおかげ?

関連記事:五虎大将軍 趙雲の死因は何だったの?三国志一の美男子の最期




劉備(りゅうび)との出会い

 

趙雲は、中国の北東にある冀州(きしゅう)の出身で、

三国志の登場時は河北(かほく)の幽州(ゆうしゅう)を

治めていた公孫瓚(こうそんさん)に仕えていました。

劉備(りゅうび)公孫瓚は旧知の仲で、

放浪をしていた劉備公孫瓚を頼って河北を訪れていました。

劉備が公孫瓚の元を訪れたときの河北は、公孫瓚と袁紹(えんしょう)が激しく戦っていた時期であり、

劉備も公孫瓚軍の一員として戦いに参加します。

そこで一緒に戦ったのが趙雲です。




劉備と趙雲は相思相愛だが・・・

 

劉備は趙雲を気に入り、いずれ配下に加わるように誘いますが、

趙雲はすぐにでも配下に加わるように願い出ます。

しかし、劉備は「すぐにはだめだ、忠臣、二君にまみえず」と

公孫瓚と劉備の二人に仕えるようなことは信義に反すると、

趙雲の申し出を断ります。

その後、趙雲は兄の喪のために故郷へと帰ります。

そして、袁紹は公孫瓚を破り、河北を平定します。

 

【蜀のマイナー武将列伝】
魏のマイナー武将列伝

 

劉備との再会

 

劉備と趙雲が再会したのは、劉備が曹操に追われて袁紹の下にいるときでした。

公孫瓚は袁紹に敗北しこの世を去っており、フリーの身となった趙雲は山賊退治をしていました。

この時、趙雲の馬を奪おうとした、

関羽の配下になったばかりの周倉(しゅうそう)を徹底的に痛めつけます。

これにより趙雲は関羽と再会し、劉備の下を訪れるのでした。

劉備は、趙雲と再会できたことを、涙を流して喜んだといいます。

 

関連記事:捨てる神あれば、拾う神、劉備、趙雲と再会

関連記事:これはひどい・・関羽は深刻な方向音痴だった?迷走する関羽の千里行

関連記事:関羽千里行って有名だけど何なの?

 

長坂の戦いでの単騎駆け

趙雲 長坂の戦い

 

袁紹が官渡(かんと)の戦いで曹操(そうそう)に敗れた後、

劉備は荊州の劉表(りゅうひょう)の下に身を寄せます。

しかし、劉表がこの世を去った後、後継者である劉琮(りゅうそう)は、曹操に降伏します。

これによって、劉備の居場所がなくなり劉琦(りゅうき)を頼って、荊州を南下していきます。

この逃亡には、劉備を慕ってついて来た民もいたため、進軍は遅々として進みませんでした。

そして、長坂で曹操に追いつかれてしまいます。

劉備軍は、曹操軍の圧倒的な戦力で蹂躙されていきます。

この時、趙雲は劉備夫人と後の劉禅である阿斗(あと)の護衛をしていましたが、

見失ってしまい敵陣を探し回ります。

 

関連記事:劉表のお家騒動に巻き込まれて殺されかける劉備

関連記事:劉表死す、そして偽の遺言書で劉琮が後継者に

関連記事:迫りくる曹操軍50万、絶望的な退却戦 長坂の戦い

関連記事:はじめての三国志 4コマ劇場 「長坂橋を死守する張飛くん」

 

趙雲が曹操軍に寝返ったと劉備軍で噂になる

劉備 関羽途方 ぶち切れ

 

この様子を見ていた劉備軍に、趙雲が曹操に寝返ったと噂が流れます。

劉備は「趙雲ほどの武将がそう簡単に裏切るはずがない」とその噂を否定します。

張飛はそれでも信用できずに、陣中に戻った趙雲を問い詰めます。

しかし、趙雲は助けた簡雍(かんよう)を張飛(ちょうひ)に預け、

再び劉備夫人と阿斗を探しに敵陣に向かいます。

曹操軍からの猛攻をかわしながら、趙雲はついに劉備夫人と阿斗を発見します。

しかし、劉備夫人はケガをしておりとても助け出せる状況ではありませんでした。

趙雲はそれでも劉備夫人を助けようと奮闘しますが、

劉備夫人は足手まといにならないように井戸に身を投げてしまいます。

 

関連記事:壮絶、血を吐きまくる三国志武将ランキング

関連記事:張飛に怒鳴られて落馬して死んだ武将、曹丕の粋な計らい等、三国志を彩る変わった武将たち

 

趙雲は残された阿斗を劉備まで届ける

超雲 阿斗 守る ゆるい

 

趙雲は残された阿斗を体に縛り、敵陣を単騎で駆け抜けていきます。

趙雲が劉備の下に着いたときには、敵の返り血で全身が真っ赤だったといいます。

それを見た劉備は阿斗を投げ捨て、

「私の子供のために、大切な将を失うところであった。」と言葉をかけるのでした。

 

関連記事:かわいそうな阿斗(あと)の壮絶な人生

関連記事:実子劉禅(りゅうぜん)と養子劉封(りゅうほう)の明暗

 

 

諸葛亮の計略で劉備を救出

孫権 劉備 対立

 

赤壁の戦いの後、劉備軍と孫権軍は荊州の支配権を巡って冷戦状態にありました。

劉備は荊州について、孫権と会談をするために呉を訪れました。

もちろん、諸葛亮はこれに反対していましたが、劉備は諸葛亮の意見を聞かずに呉へと向かいます。

諸葛亮は、趙雲を劉備の護衛につけ、さらに困ったときに使うための計略を授けます。

かくして、劉備は呉に行きますが、

諸葛亮の読み通り「劉備を篭絡する計略」が周瑜を中心に進められていきます。

 

関連記事:レッドクリフを100倍楽しむ!赤壁の戦いを分かりやすく徹底紹介!

関連記事:周瑜(しゅうゆ)ってどんな人?赤壁の戦いで曹操軍を破った智将軍

関連記事:赤壁の戦いで孔明が東南の風を吹かしたじゃん?あれマジらしいよ?

関連記事:荊州争奪戦、荊州がどうしても欲しいんです

 

 

孫権の妹である孫尚香との縁談

劉備 婿

 

その一環として、孫権の妹である孫尚香(そんしょうこう)との縁談が持ち上がります。

これは劉備を暗殺するための計略でしたが、

劉備が孫権の母親に気に入られたことによって、失敗に終わります。

その後、結婚の祝いとして数日に渡って酒宴が行われます。

これに気を良くした劉備は、すっかり篭絡されていました。

ここまで黙って見守ってきた趙雲もこれには危機感を覚え、

諸葛亮から授けられた計略を実行に移します。

諸葛亮からの計略には、呉を脱出するための方法が記してあり、

趙雲が主導し劉備と孫尚香を無事に荊州へと逃がします。

 

関連記事:世説新語に書かれている曹操と袁紹の花嫁略奪がシュールすぎ(笑)

関連記事:孫尚香ってどんな人|孔明に曹操、孫権と並び評された人物

関連記事:三国志の劉備が愛した4人の妻を紹介

 

北伐の敗北

孔明 出師

 

劉備がこの世を去った後、長坂の戦いで命を救った阿斗こと劉禅が蜀を引き継ぎます。

その劉禅を諸葛亮が支え、蜀を盛り立てていきます。

諸葛亮は、曹操が支配する魏を倒すため、北伐を開始します。

趙雲は斜谷街道で囮を引き受け曹真(そうしん)と戦います。

これは、曹真を斜谷街道に引き寄せ、その隙に諸葛亮が祁山を攻める作戦でした。

作戦は成功しましたが、趙雲は曹真との戦いに負けてしまいます。

 

関連記事:諸葛亮の出師の表って、一体何が書いてあるの?

関連記事:孔明の北伐はノープランだった!?北伐の意図は何だったの?

関連記事:孔明の北伐の目標はどこだったの?

 

趙雲の男気と最期

趙雲

 

これにより趙雲は降格されますが、軍需品を捨てずに戦ったことを評価され、

諸葛亮は恩賞を出そうとします。

しかし、趙雲は何の功労も上げていないのに恩賞をもらうのはおかしいと固辞します。

曹真の注意を引くという危険な仕事を引き受けながらも、

見返りがないという結果になったのです。

この翌年、趙雲は天寿を全うし、70歳でこの世を去りました。

 

関連記事:趙雲ってどんな人?|投票ランキング1位の理由

関連記事:趙雲は何で桃園義兄弟ではないのか?

 

三国志ライター黒太子の独り言

黒太子

 

趙雲は三国志の中でも、長期に渡り活躍をした人物です。

その性格は、男気溢れ、時には冷静に、時には豪胆に行動し蜀に尽くした武将です。

長坂の戦いでは劉備の子を助けるために敵陣に突撃し、

劉備が呉に篭絡されたときは手際よく荊州へと連れ戻し、北伐での失敗も甘んじて受け入れる。

これは、劉備と趙雲の信頼関係があればこそできることで、

個人の功労よりも蜀のことを考えていたからだと思います。

蜀では、関羽(かんう)張飛の影に隠れてしまいがちですが、

間違いなく蜀を支えた重要人物です。

しかし、蜀のために命を賭けて助けた劉禅が、

蜀を滅亡させてしまうというのが、趙雲としてもやりきれなかったとのではないでしょうか。

一人ひとりの武将の活躍が、良くも悪くもその後に影響を与えていくのも、

歴史の楽しみの一つなのではないかと思います。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:趙雲の京劇風コスチュームって何?真・三國無双8をさらに楽しむ

関連記事:【子龍一身これ胆なり】趙雲はどのような活躍をして劉備に褒められることになったの?

 

■古代中国の暮らしぶりがよくわかる■

 




 

黒太子

黒太子

投稿者の記事一覧

自己紹介:

こんにちは、黒太子です。歴史については、日本から世界まで幅広く興味を持っています。

HNの黒太子は、ジャンヌダルクが活躍した百年戦争のエドワード黒太子からです。三国志は、歴史に興味を持つキッカケになった作品です。

噛めば噛むほど味が出るところ、知れば知るほど新しいことに出会うところに、特に魅力を感じています。

関連記事

  1. 88話:劉備を大歓迎する劉璋だが張松の失策で崩壊する
  2. 106話:関羽 傲慢すぎて魏と呉の秘密同盟のきっかけに
  3. 郤正(げきせい)とはどんな人?蜀のポンコツ皇帝を支えた文学者
  4. 黄月英(こうげつえい)はどんな人?実は名前さえ分からない謎の女性…
  5. 諸葛孔明の発明|伝説肉まんから紙芝居まで?
  6. 霍弋(かくよく)とはどんな人?蜀の滅亡まで司馬昭に屈しなかった隠…
  7. 蜀が好きな皆さんへ!五分で分かる桃園の三兄弟の逸話を紹介
  8. 劉邦や劉備も手本にした人物 「重耳」 とは?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 曹操が絶望詩人と化した兗州争奪戦を地図で紹介
  2. 黄巾賊はいったいどの辺を支配していたの?【素朴な疑問】
  3. 孫家三代もメロメロ、実は周瑜と双璧の名将 程普の伝説
  4. 陸遜の孫・陸機も犬をかわいがっていた!三国志時代の犬と人との絆
  5. 韓馥(かんふく)とはどんな人?三国志一被害妄想が激しく袁紹に怯え自殺してしまった武将
  6. 羅憲(らけん)とはどんな人?蜀のラストサムライ!奇跡の逆転勝利で蜀の意地を見せる

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

沮授はなぜか話を聞いてもらえない…主君に恵まれなかった人生 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース26記事【1/1〜1/8】 【シミルボン】あちこちにスローガンが一杯?賑やかな三国志時代の壁 【架空戦記】時空を超えた対決!韓信VS 諸葛亮孔明の一本勝負 【ネタバレ注意】キングダム542話 楔 レビュー&今後予想 驚愕!実は名築城家でもあった魏延の意外な才能! 「虎穴に入らずんば虎子を得ず」のことわざを作り出した班超って一体何者? 【徹底調査】諸葛恪の欠点とは一体何!?

おすすめ記事

  1. 孫策(そんさく)とはどんな人?たった26年の生涯を駆け抜けた小覇王
  2. 【悲報】ついに夏侯惇が最弱劉備に負けてしまう!!
  3. 【大三国志 攻略7】大注目!序列第1位のあの同盟が登場!天下乱舞はどうなっているのか!?
  4. キングダム 526話 ネタバレ予想:馬南慈の気概
  5. 王翦はどういう性格だったの?キングダムに学ぶつかみづらい男の処世術
  6. 【マイナス20℃極寒行軍!】魏の郭淮を陽谿で撃破した魏延と蜀軍1万
  7. 黄巾賊はいったいどの辺を支配していたの?【素朴な疑問】
  8. 石兵八陣(八卦陣)は実在した?陸遜が夷陵の戦いで破れなかった八卦陣

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP