広告募集
北伐

はじめての三国志

menu

はじめての変

はじめてのプロ野球(三国志風)日本のプロ野球は人材の宝庫?

この記事の所要時間: 213




 

2017年に3月にはWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)で

世界を盛り上げたベースボール(野球)。

この記事を執筆しているのは開催前ですので、結果について記載することができませんが、

きっと日本代表は投打で感動する場面をたくさん作ってくれたことでしょう。

何を隠そう私、ろひもと理穂も大のプロ野球ファンのひとりです。

高校時代には学校をさぼって試合会場に行き、ヤクルトの試合を練習から観ていました。

自宅の部屋には私の名前を書いてくれた日本ハムの

田中賢介選手のサインとサインボールが飾ってあります。(一緒に車に乗ったこともあります)

と、いうことで三国志もネタが尽きましたので、今日から「はじめてのプロ野球」を始めます!!




女子にも人気の出てきたプロ野球

 

以前はパリーグの試合会場は閑古鳥が鳴いている状態でした。

熱狂的なファンはいても、その数は圧倒的に少なかったのです。

それが今やパリーグの日本ハムやソフトバンクに代表されるように、

地元球場は満員御礼の日もあるぐらいに盛り上がっています。

その要因のひとつに、女子ファンの層の増加があげられます。

若い女の子が試合会場はおろか、二軍の試合や春先のキャンプまで応援に行くのです。

広島カープの熱狂的なファン、「カープ女子」は流行語にもなったぐらいです。

その数は今や凄まじいものがあります。

ひと昔前の「プロ野球ファン=おっさん」という構図はもう当てはまりません。




野球のルール

 

さすがに「はじめてのプロ野球」と題しても、

野球のルールから話し始めているとかなりの時間を費やすことになります。

今や女子も野球に詳しい時代です。省略できる部分は省略していきましょう。

それでは、簡単に登場人物を分類分けすると、

 

①投手(ピッチャー)②野手(バッター)③監督 ④コーチ

以上の4種類に分けられます。

 

 

投手には球速や変化球の切れ、コントロールが要求されます。

野手には守備力や走力の他に、巧打や長打力が要求されます。

監督は指揮能力とカリスマ性が、コーチには育成能力が要求されるのです。

んん!?これって、三国志に登場する英雄たちの武力や知力、魅力や統率力と似ていますね。

そうなのです。野球は超人的で個性的な人間たちの戦いの場なのです。

武将や軍師、君主や文官たちが互いにしのぎを削った三国志の時代と共通する点は多くあるのです。

 

高校生から注目される選手たちと指導者たち

 

「高校野球大大大好き芸人」という人気番組のコーナーがあります。

これを観るとわかるのですが、プロ野球で活躍している選手の多くが、

少年時代から全国的に注目されているのです。

戦国時代でいうこところのちょうど元服したくらいの年齢でしょうか。

まだまだ体の線は細いですが、素質は将来性を感じさせる期待の若者が、全国にはたくさんいます。

しかし、プロ野球の世界で必ずしも活躍できるかというと、そうでもありません。

そこには優れた指導者の存在も必要不可欠になるからです。

プロ野球を盛り上げているのは、現場の選手だけでなく、

その能力を高め、磨き上げる監督やコーチの手腕もあるのです。

監督の采配次第で試合の流れは大きく変わります。

若手やベテランそして指導者たちが入り乱れて活躍し、盛り上げるのが、プロ野球の試合の醍醐味です。

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

今回は「はじめてのプロ野球」の前置きです。

次回からはいよいよ選手や指導者にスポットを当てて紹介していきます。

三国志に登場するカリスマの塊である曹操や劉備、武勇で知られる呂布や関羽、

知力の高い諸葛亮孔明や司馬懿、政治を司る張昭や荀彧、

彼らに匹敵する人材が日本のプロ野球にはゴロゴロしています。

もちらん武力と知性の両方を兼ね備えた「二刀流」の英雄だって存在するのです。

と、いうことで次回もお楽しみに!!

かっ飛ばしていきますよ!!

 

関連記事:はじめてのプロ野球(三国志風)まだまだいるぞ!日本球界の若きホープ

関連記事:はじめてのプロ野球(三国志風)日本球界が誇るレジェンド選手達

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 馬超の死後、一族はどうなったの?漢族の国家に仕えながら死ぬ寸前ま…
  2. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース15記事【5/1〜5/8】…
  3. 呂岱(りょたい)とはどんな人?三国志第一の老将で孫権からのミッシ…
  4. 【はじめてのスキッパーキ】船乗り犬?それとも牧羊犬?意外に謎の多…
  5. 卑弥呼は魏に何を献上したの?また魏国からの下賜品の差の謎に迫る
  6. 夏侯嬰(かこうえい)ってどんな人?劉邦を挙兵時代から支えた夏候惇…
  7. 公孫康(こうそんこう)とはどんな人?虚を捨て、実を取り遼東に安寧…
  8. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース20記事【12/5〜12/…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 武経七書(ぶけいしちしょ)って何? 兵家を代表する七つの書物
  2. 袁紹に殺された2000人以外にも歴代の皆殺しに注目してみた。ちょっぴり不謹慎
  3. 公孫瓚特集:悔しかったら雨を降らせてみろ・その2
  4. 【真田丸】NHK大河ドラマ決定記念!家康と劉備の黒歴史の共通点。クソ漏らし家康と死んだふりの劉備
  5. 末っ子は努力が足りない!?馬謖の素性を探る
  6. 134話:頑固な忠臣、張昭と孫権の対立がシュール

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

廬毓(ろいく)とはどんな人?曹氏三代に仕えた公平な人物 呉起(ごき)とはどんな人?各国を渡り鳥のように移った天才兵法家 眼球が飛び出て死亡!強烈すぎる司馬師(しばし)のエピソード【はじさん臨終図巻】 三国志の時代のお祭りは、どんな様子だったの? 霊帝は近衛軍創設の為に売官で資金を造った?実は優秀な皇帝の真実 超短気な三国志の人物を集めてみました、あなたの友達とどっちが上? これは不公平!趙雲が五虎将軍でドンケツの理由とは?格差の現実を徹底分析! 【袁家ファン必見】袁家はどうやって名門になったの?汝南袁氏の基礎を築いた袁安(えんあん)が超苦労人だった

おすすめ記事

  1. 始皇帝が求めた不老不死は現代科学ではどれだけ進展したの?権力者が追い求めたアンチエイジングに迫る!
  2. 皇甫嵩(こうほすう)とはどんな人?後漢最後の名将と言われた将軍
  3. 【三国志ミステリー】劉備はなぜ奥さんを何度も捨てて逃げたの?
  4. 舜水樹(しゅんすいじゅ)は実在したの?李牧の右腕は史実通りなのか?
  5. 取次制度って何?違った角度から戦国時代を見てみよう!
  6. 程昱(ていいく)は曹操の軍師となる前は一体何をやっていたの?
  7. 【新事実】漢の時代の市場はヤンキーの溜まり場だった!
  8. 曹操の名言から知る三国志の世界「徒に先の易きを見て、 いまだ当今の難を見ず」

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP