曹操孟徳特集
黄巾賊




はじめての三国志

menu

はじめての変

はじめてのプロ野球(三国志風)日本のプロ野球は人材の宝庫?

この記事の所要時間: 213




 

2017年に3月にはWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)で

世界を盛り上げたベースボール(野球)。

この記事を執筆しているのは開催前ですので、結果について記載することができませんが、

きっと日本代表は投打で感動する場面をたくさん作ってくれたことでしょう。

何を隠そう私、ろひもと理穂も大のプロ野球ファンのひとりです。

高校時代には学校をさぼって試合会場に行き、ヤクルトの試合を練習から観ていました。

自宅の部屋には私の名前を書いてくれた日本ハムの

田中賢介選手のサインとサインボールが飾ってあります。(一緒に車に乗ったこともあります)

と、いうことで三国志もネタが尽きましたので、今日から「はじめてのプロ野球」を始めます!!




女子にも人気の出てきたプロ野球

 

以前はパリーグの試合会場は閑古鳥が鳴いている状態でした。

熱狂的なファンはいても、その数は圧倒的に少なかったのです。

それが今やパリーグの日本ハムやソフトバンクに代表されるように、

地元球場は満員御礼の日もあるぐらいに盛り上がっています。

その要因のひとつに、女子ファンの層の増加があげられます。

若い女の子が試合会場はおろか、二軍の試合や春先のキャンプまで応援に行くのです。

広島カープの熱狂的なファン、「カープ女子」は流行語にもなったぐらいです。

その数は今や凄まじいものがあります。

ひと昔前の「プロ野球ファン=おっさん」という構図はもう当てはまりません。




野球のルール

 

さすがに「はじめてのプロ野球」と題しても、

野球のルールから話し始めているとかなりの時間を費やすことになります。

今や女子も野球に詳しい時代です。省略できる部分は省略していきましょう。

それでは、簡単に登場人物を分類分けすると、

 

①投手(ピッチャー)②野手(バッター)③監督 ④コーチ

以上の4種類に分けられます。

 

 

投手には球速や変化球の切れ、コントロールが要求されます。

野手には守備力や走力の他に、巧打や長打力が要求されます。

監督は指揮能力とカリスマ性が、コーチには育成能力が要求されるのです。

んん!?これって、三国志に登場する英雄たちの武力や知力、魅力や統率力と似ていますね。

そうなのです。野球は超人的で個性的な人間たちの戦いの場なのです。

武将や軍師、君主や文官たちが互いにしのぎを削った三国志の時代と共通する点は多くあるのです。

 

高校生から注目される選手たちと指導者たち

 

「高校野球大大大好き芸人」という人気番組のコーナーがあります。

これを観るとわかるのですが、プロ野球で活躍している選手の多くが、

少年時代から全国的に注目されているのです。

戦国時代でいうこところのちょうど元服したくらいの年齢でしょうか。

まだまだ体の線は細いですが、素質は将来性を感じさせる期待の若者が、全国にはたくさんいます。

しかし、プロ野球の世界で必ずしも活躍できるかというと、そうでもありません。

そこには優れた指導者の存在も必要不可欠になるからです。

プロ野球を盛り上げているのは、現場の選手だけでなく、

その能力を高め、磨き上げる監督やコーチの手腕もあるのです。

監督の采配次第で試合の流れは大きく変わります。

若手やベテランそして指導者たちが入り乱れて活躍し、盛り上げるのが、プロ野球の試合の醍醐味です。

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

今回は「はじめてのプロ野球」の前置きです。

次回からはいよいよ選手や指導者にスポットを当てて紹介していきます。

三国志に登場するカリスマの塊である曹操劉備、武勇で知られる呂布関羽

知力の高い諸葛亮孔明や司馬懿、政治を司る張昭荀彧

彼らに匹敵する人材が日本のプロ野球にはゴロゴロしています。

もちらん武力と知性の両方を兼ね備えた「二刀流」の英雄だって存在するのです。

と、いうことで次回もお楽しみに!!

かっ飛ばしていきますよ!!

 

関連記事:はじめてのプロ野球(三国志風)まだまだいるぞ!日本球界の若きホープ

関連記事:はじめてのプロ野球(三国志風)日本球界が誇るレジェンド選手達

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 黄忠や厳顔のような老兵は実際に戦争では最前線に立っていたの?
  2. 三国時代やキングダムの時代にもお風呂はあったの?
  3. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース14記事【8/1〜8/7】…
  4. 刑顒(けいぎょう)とはどんな人?三国志時代の曹植家に仕えていた執…
  5. 錦馬超の武勇はどこまで本物なの?正史と演義を比較してみよう
  6. 袁術のもと、孫家を守り抜いた孫賁(そんふん)、孫輔(そんほ)兄弟…
  7. 【余裕をみせすぎて大失態】やっちゃった感が否めない曹操のやらかし…
  8. 孫権は何であれほど合肥城を狙い続けたの?理由をわかりやすく解説(…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 東方明珠のへなちょこ洛陽旅行記 その1
  2. 曹嵩(そうすう)はどこの誰なのか?徐州大虐殺の切っ掛けにもなった曹操の父親
  3. 蜀は龍を。呉は虎を。魏は狗をで知られる諸葛誕の一族が一番優秀だった!?
  4. 関羽・張飛・趙雲の息子達は勇将だったの?蜀の二代目特集
  5. 三国志時代は拓本だらけでまるでスタンプラリー状態だった?石碑乱立の秘密
  6. 【権力を巡る兄弟の確執】曹丕&曹植 VS 後白河天皇&崇徳天皇

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第30話「潰されざる者」の見どころをご紹介 今更勉強しにくい鎌倉時代ってどんな時代なの?アンゴルモア 元寇合戦記を100倍楽しむ! 徐庶くんはマザコンだった?劉備と孔明を引きあわせた立役者 孫臏の魔術がスゴイ!どの国からも侮られていた斉兵を強兵に変えた改革 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース26記事【7/17〜7/23】 「燕」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介 徳川慶喜の大政奉還は日本国大統領の布石だった!? 【後漢王朝はこうしてダメになった】外戚VS宦官の争いってどうして起きたの?

おすすめ記事

  1. 孔子・孟子・筍子?儒教(儒家)ってどんな思想?
  2. 【楚漢戦争】劉邦をイジメ、苦しめた、いじめっ子雍歯(ようし)
  3. 【保存版】曹叡時代の魏の国内で起こった不思議な現象3選
  4. 関羽のワガママ死は孫権の無節操が原因だった?
  5. もし荊州を趙雲に任せたらどうなったの?【ろひもと理穂if考察】
  6. 三国志に出てくる鮮卑族ってどんな民族?
  7. 黒田官兵衛は活躍したのになぜ領地はびっくりするくらい少ないの?
  8. 秦王政はなんで始皇帝と名乗り始めたの?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP