編集長日記
李傕祭り

はじめての三国志

menu

はじめての変

その裏切りはちょっと!!三国志の裏切りベスト10

この記事の所要時間: 338




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志渡る世間は鬼ばかり」のコーナーです。

 

 

三国志は乱世です。戦国の世では、人を騙し主君の寝首をかくなど日常茶飯事。

まさに生存競争のためなら何でもありの世界です。

いろいろありましたねー。三国志でもそれは許せんという裏切りが数々ありました。

今回はその裏切りはちょっと!!っていう最悪裏切り賞を決めていきたいと思います。

いつも通り、私の独断と偏見です。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:三国志で映画にしてほしいシーンベスト10




第10位から第6位

 

第10位は思い出したくもないあの事件「曹操の呂伯奢殺害事件」です。

正史であれば呂伯奢の子供たちが曹操の荷や馬を奪おうとしたという正当防衛が成り立ちますが、

演義では曹操の早とちりから殺害しています。

そのときの曹操のコメント

「私が天下の人に背こうとも、天下の人に背かせはしない」がヒトデナシ過ぎる。

 

 

第9はこれも酷い事件でした。

「降伏したのに反逆する張繍の曹昂殺害事件」。

一度は降伏しておいて隙をみて裏切るという卑劣なやり口。

曹操の護衛である典韋や曹操の長子である曹昂が殺されています。

曹操の女癖の悪さも問題になりました。

 

 

第8位はちょっとないですね。「袁術を見捨てて襲撃する雷薄・陳蘭事件」。

主君の没落を見かねて離反。

落ち武者狩りのように元の主君・袁術の軍を襲撃する雷薄と陳蘭。

忠も義もない。でも袁術も皇帝を自称しており、自業自得の声があります。

 

 

第7位はもう唖然。「女のために主君を殺した呂布の董卓殺害事件」。

どこまで真実かは不明ですが、重く用いてくれた董卓をあっさりと殺害。

その原因が女がらみだったというゴシップも話題になりました。

 

 

第6位はこれも酷い。

「流浪するところを拾ってもらいながら袁術を裏切る楊奉・韓暹事件」。

曹操に敗れて浪人状態の楊奉と韓暹。

そこを拾ってもらい、将として起用してもらいながらも餌につられて袁術を裏切るふたり。

最低です。これも袁術が皇帝を自称しており、自業自得の声があります。




第5位と第4位

 

だんだんと暗くなってきました。

気持を切り替えることもできずに、第5位の発表です。

 

 

第5位は、ショッキングの一言。

「裏切って関羽の逃げ道をなくした麋芳・士仁事件」。

裏切ったというよりも呉に降伏した感じなのですが、

そのせいで三国志の英雄・関羽を殺してしまう結果になったことがショッキングでした。

関羽の仕打ちに日ごろから憤慨していたという噂もありますが、

安易に降伏しすぎなのが酷い。

 

 

第4位は、理由が謎に包まれている「張邈の親友・曹操裏切り事件」。

まさに裏切りです。自分の家族を託すまで信頼していた男に、

自分が戦場に行った途端に裏切られ領土を奪われる。

曹操の怒りはどれほどだったのか。結果、張邈は三族皆殺しになりました。

 

第3位と第2位

 

どんどん人間不信になっていきます。

それでは第3位です。「張松、主君も領地も劉備に売る事件」です。

 

 

まあ確かにそこまで出世はできていなかったこともあるのでしょうが、

自分の主君と自国の領土を売る行為はあり得ない。

 

 

しかも攻略用の地図付きです。そこまでして出世したかったのでしょうか。

 

 

第2位は、外道の域です。

「出世のために義父の首を討つ呂布の丁原殺害事件」。

呂布の名をおとしめた最悪の出来事。董卓に篭絡され、

子供としてこれまで可愛がってくれた義父・丁原を討ちます。

これにより呂布は三国志一番の裏切り野郎の汚名を背負うことになるのです。

 

三国志最悪裏切り特別金賞(SSU)

 

それでは呂布を押しのけて第1位になったのは・・・・・ジャジャジャジャーン!

「出世のために内部情報を徹底漏えい、それで主家壊滅事件」です。

世にいう官渡の戦いで、圧倒的に不利な状況から曹操は逆転し袁紹を敗走させます。

その一番のきっかけを作ったのが、袁紹の幕僚であった許攸(きょゆう)です。

一部の重臣しか知り得ない機密情報である兵糧の基地のありかを曹操に売ります。

おかげで曹操は起死回生の攻撃を成功させることができたのです。

情報漏えいに見返りに一州を得ることが交換条件だったとか。

調子に乗り過ぎて後に許褚に殺されます。

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

あれ魏延は?とか。あれ孟達は?とかあると思いますが、私の独断と偏見でこういう順位になりました。

許攸は曹操と袁紹の宿敵同士の戦いに完全に水を差しましたね。盛り下るわー。

それにしても、曹操に関係する事件が多い気がしますね。

 

皆さんはどうお考えですか。

 

はじめての三国志アンケートはこちら

関連記事:忠誠心低すぎ!家臣にするのは難しい三国志ベスト10

関連記事:三国志一騎打ちの強さベスト10!一騎当千は誰だ!

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 伍子胥(ごししょ)とはどんな人?復讐の鬼となり、楚を滅亡寸前まで…
  2. 極悪人の董卓の参謀・李儒は董卓以上の悪人だったの?
  3. 三国志って何?はじめての人向け
  4. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース18記事【6/19〜6/2…
  5. 【シミルボン】異議ありまくり!三国志の時代の裁判風景
  6. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.3
  7. 1800年前に呂布がビーフバーガーを食べていた?気になる漢時代の…
  8. 赤兎馬ってどんなウマ?呂布も関羽も愛した名馬

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 刎頚の交わりを結んだのに・・・張耳と陳余の数奇な運命
  2. 【キングダム】用心深い男、王翦の幸せな最期を大胆予想
  3. 何でこんなに孫権は地味なの?
  4. 豊臣秀吉亡き後の天才軍師・黒田官兵衛の決断
  5. 卑しい身分から、曹操の正妃へ卞夫人 Part.2
  6. 『三国志大戦』2017 公式全国大会「覇業への道 英傑再臨」が10月7日より開催。「日本最強の君主」は誰だ!?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

93話:名将 張任、遂に堕ちる 孔融(こうゆう)とはどんな人?孔子の子孫だが、曹操を批判して身を亡ぼした学者 131話:新宰相・蔣琬(しょうえん)により変貌する蜀 22話:呂布と桃園3兄弟の大舞台、虎牢関の戦い 劉備と呂布を仲たがいさせよ!駆虎呑狼の計 合体!曹&袁コンビ!董卓軍をフルボッコに撃破する方法!! 武田信玄のおびき寄せに乗った哀れな徳川家康 三国志時代の笑い話は腹がよじれるほどシュールだった!?

おすすめ記事

  1. 曹操が呟いた「鶏肋(けいろく)」って何?楊修とばっちり
  2. これであなたも知ったかぶり!春秋時代をザックリ紹介!
  3. 【砕けた友情】刎頸の交わりで結ばれた二人の絆にヒビが・・・・
  4. 袁紹が死んでも息子たちが協力していれば曹操を倒せたの?
  5. 三国志の結末(最後)ってどうなるの?
  6. 【三国志作家】伴野朗のとんだ災難、事実は小説より奇なり?
  7. 62話:徐庶を手に入れたい曹操、程昱の鬼畜な計略を採用し劉備から徐庶を奪うの巻
  8. 徳川家康は孫権を参考にしていた?二人の共通する人材起用のポイントとは!?

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP