法正特集
if三国志




はじめての三国志

menu

はじめての変

楊奉が袁術から離反しなければ官渡の戦いは袁術vs袁紹になっていた!?

楊奉




黄巾賊

 

白波賊とはもともとは黄巾賊の一派です。

黄巾賊が各地で官軍によって一掃されて後も河東郡で独力勢力を築いていました。

頭目のひとりである楊奉(ようほう)は、

長安にあって朝廷を牛耳る李傕(りかく)に降り、その配下となります。

楊奉は勇猛果敢な武将として活躍しており、あの曹操(そうそう)をして

楊奉の軍は精鋭であると脅威を感じさせています。

さらに楊奉の配下には猛将・徐晃(じょこう)がいました。

白波賊の頭目は他に、

韓暹、李楽、胡才がいて、

楊奉が献帝を守りながら長安から洛陽へ逃げ延びていく際に協力しています。

 

関連記事:黄巾賊はいったいどの辺を支配していたの?【素朴な疑問】

関連記事:三国志は黄巾の乱から始まった




献帝の洛陽帰還の立役者

楊奉 ゆるキャラ

 

楊奉なくして献帝の洛陽帰還はありえなかったでしょう。

追撃してくる李傕郭汜の兵を迎え討ったのが楊奉の兵たちです。

ただし多勢に無勢、楊奉は李傕の追撃に一度は敗れています。

ここで楊奉は古巣である白波賊に救援を求めるのです。

韓暹や李楽、胡才が献帝の保護に加わることで、

楊奉は李傕と和睦を結ぶことができ、洛陽に帰還することに成功しました。

戦闘並びに外交と、まさに献帝の側近として尽力し、結果を出します。




董承との対立

暗殺計画自慢の董承01

 

洛陽に着くと、楊奉は董承張楊らと主権争いを繰り返します。

このときの楊奉の官位は車騎将軍です。まさに頼れる大黒柱といっても過言ではありません。

しかし董承、ならびに張楊、そして董昭の策謀によって、

洛陽に曹操の兵を招き入れることに成功すると、不意を突かれた楊奉は曹操の軍に打ち破られます。

楊奉は韓暹らを率いて寿春の袁術を頼って落ち延びていくのです。

徐晃はこのとき曹操に降っています。

もし、楊奉が政権争いで董承に遅れをとっていなければ曹操の介入を防ぐことができたことでしょう。

そしてそのまま袁術と組んで献帝を盛り立てていたかもしれません。

 

関連記事:世界一お粗末! 菫承の曹操暗殺計画。間男の恨みでぶち壊しに!

関連記事:ブチ切れる献帝、曹操暗殺を指示

 

袁術配下の武将としての楊奉

袁術祭り

 

徐州支配を狙う袁術は、当初は呂布との同盟を考えていましたが、

その使者を呂布に斬られたことから方針を一転し、武力をもって徐州を奪うことを実行に移します。

総大将に張勲をつけ、橋蕤ら古参の将とともに楊奉や韓暹といった新参者も将軍に任命しました。

軍勢は20万を超えていたと云われています。

呂布勢力下にあった名士の陳珪が一計を案じて、これを見事に成功させます。

それは新参の楊奉、韓暹を袁術から離反させるというものでした。

かなりの好条件が用意されていたはずです。餌はおもに兵糧だったと云われています。

さらに袁術が帝位を専称したことも楊奉の離反への動きに拍車をかけたのだのではないでしょうか。

献帝を救い、信頼されることで、楊奉の心は漢帝国に強く傾いていたのかもしれません。

 

楊奉の離反により袁術軍は瓦解

袁術

 

楊奉、韓暹の裏切りによって袁術軍の戦陣はずたずたになります。

名将の張勲であっても態勢を立て直すことができず、呂布軍に攻め立てられて崩れました。

離反した韓暹はこのとき、袁術軍の将軍を数名斬っているそうです。

もし楊奉、韓暹が離反しなければ袁術は呂布を破って徐州一帯を手に入れていたこでしょう。

そうなると曹操もおいそれとは袁術を倒せなかったはずです。

なぜ新参者の楊奉と韓暹をそこまで信頼してしまったのか、袁術の内心はうかがい知ることはできませんが、

恨むべき曹操を追い落とすことで両者の目標は一致していたのでしょう。

 

関連記事:袁術が評価される日も近い?スーパー袁術の凄い所7連発!!

関連記事:袁術は実はベトナムに逃げ延びていた!?【歴史ミステリー】

関連記事:自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.1

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

ろひもと理穂

 

献帝の身を守った救国の英雄でもある楊奉。

彼が袁術を見限ることをしなければ歴史は大きく変わっていたかもしれません。

ちなみに楊奉はその後、呂布に徐州全域を奪われた後の劉備によって謀殺されています。

楊奉の兵を奪うことが劉備の目的だったようです。

その死は、かつての主君であった袁術よりも早いものでした。

もし袁術が呂布の勢力を吸収していたら、官渡の戦いは「袁紹VS袁術」になっていたかもしれませんね。

 

関連記事:KOEI 三國志の産みの親!襟川陽一はココが凄い!シブサワ・コウの意外な側面6連発

関連記事:はじめての三国志スタッフが選ぶ三国志おすすめゲーム3選

 

—自称皇帝の袁術をたっぷり紹介!—




よく読まれている記事

袁術

 

よく読まれている記事:【これは悲しすぎる】今や忘れさられた袁術の墓

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:ろひもと理穂

ろひもと理穂

■自己紹介:

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。

 

■好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

 

■何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 「後漢の州人口」から読み解く群雄の力!曹操が袁紹の本拠地を欲しが…
  2. 三国志や古代中国史を科学的視点から丸裸にする良記事まとめ7選
  3. 嬴政(始皇帝) 【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵…
  4. 関羽の一騎当千 【保存版】関羽が生涯に斬った主な敵将一覧
  5. 司馬昭と司馬師 三国志に登場する兄弟最強は誰だ!?三国志最強兄弟賞(SSK)
  6. 木牛流馬 実はガラクタ疑惑も諸葛亮が発明した木牛流馬とは?
  7. 陸遜 陸遜はイケメンだった?三國無双でも人気武将にランクインされてる理…
  8. 三国志ロワイヤルDeNAにおとぼけが突撃じゃ!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 関羽に無視される孫権
  2. 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  3. 公孫淵
  4. はじめての三国志 画像準備中
  5. 悪来と呼ばれた典韋
  6. 明智光秀は鉄砲の名人 麒麟がくる

おすすめ記事

  1. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【9/11〜9/17】
  2. もし荊州を趙雲に任せたらどうなったの?【ろひもと理穂if考察】 五虎大将軍の趙雲
  3. 蜀と孔明を最大限称えよ!三国志演義 諸葛孔明019
  4. 三国時代のトレンドファッションは? 大喬と小喬
  5. 上杉謙信の墓はどこにある?林泉寺と林泉寺へのアクセス方法と歴史雑学 亡くなる上杉謙信
  6. 驚愕!蜀漢の塩の精製が意外にハイテクだった! 蜀の兵士

三國志雑学

  1. 尹夫人と曹操
  2. 三国志っておいしいの
  3. 痛い目にあう孫権
  4. 曹操
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 李儒と三国志
  2. 騎馬兵にあこがれる歩兵
  3. 明智光秀 麒麟がくる
  4. キングダム 始皇帝

おすすめ記事

献帝(けんてい)とはどんな人?後漢のラストエンペラーの成人期 孔明の罠 曹操敗れる|幾重にも張り巡らされる孔明の罠 秦の旗を掲げる兵士 戦国策【秦策】王者を操り野心を抑制するの巻 曹丕 そうだったのか!?曹丕はスイーツ男子。詩にスイーツの想いを込めちゃったよ! 幕末極悪な尊攘派志士と正義の新選組 鈴木三樹三郎とはどんな人?実は剣術が下手な新選組だった? 周瑜 死 赤壁の戦い後の江陵攻防戦(曹仁VS周瑜) キングダム54巻amazon キングダム599話ネタバレ予想「堯雲は戦う?戦わない?徹底予想」 曹操躍進 27話:良い事が無かった曹操に勝機が訪れる!青州兵誕生秘話

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP